思いもよらない出来事がおこった。
いつものバイトの帰り道、俺が歩いている道路の反対側の路側帯に、
見なれた、いや、見なれ過ぎて逆に不自然な人物を見つけた。

それは俺がいつもながめている、CDのジャケットや雑誌や、壁のポスターの中の存在、aikoその人だった。
心臓がギュッと何かに掴まれてちぢんだような気がした。

あり得ない、と思いつつも、何度も目をこらして、それはやっぱりaikoだった。
ふわふわ揺れるゆるいウェーブの長い髪、小さな体に不釣り合いなくらいの大きめのリュック。

見なれたジーンズに、今までCDや雑誌などで見続け-----
、憧れ続けてきたaikoが、
今まさに俺の目の前を通り過ぎ、歩いていく。
俺は心の中で戸惑いながらも、自然と後戻りしaikoを追っていた。

メディアの中でしか見ていられなかった彼女が、今手の届くすぐそこにいる。
ファンとして声をかけてもいいのに、俺はなぜかそうするわけでもなく、
距離をはかるようにaikoの後をつけていた。

ただ行く先が気になった。aikoがどこへ行きなにをするのか。
あわよくば彼女の自宅を突き止めることができるかもしれない。
もしそうしたところで何がしたいわけでもない、ただ、
ファンとして、好奇心から行動していた、つもりだった。
まだ、その時は。
ずっと、心のなかで追い続けていたんだ。

原付を適当なところで停めて、先程尾行してきたマンションへ辿り着く。
マンションの中へ入っていくのに、どうしようか少し考えた。
思い付きと勢いだけで行動してきたから、細かいところまで考えていなかったのだ。
怪しまれないように携帯をひらいてカモフラージュしながら少し迷っていると、
ちょうど人が歩いてきて、マンションに入って行く。

俺の前を通り過ぎるとき少し会釈したので、つられて会釈しかえす。
そして何ごともなかったように、その人についてマンションに入っていくことができた。
嬉しい偶然に高鳴る鼓動を押さえることができず、思わず早足になる。
aikoが消えていった2階のマンションへ迷わず足を運んだ。

しばらく歩くと、aikoは閑静で見るからに高そうなマンションへ入っていってしまった。
マンションの中まではさすがについていけないので、踏み止まり様子を伺う。
様子から見て、友達の家に来たなどという感じはせず、どうやら自宅のようだ。
離れた位置から伺うと、2階の廊下をaikoが歩いているのがみえた。
そのまま、端のドアを開け中へ入って行く。

ファンとしてあるまじき行為だ。
自宅をつきとめるなど、してはいけない行為だ、
そうは思いつつも、はやる思いはどこか落ち着いていて、昏い欲望が渦巻いていた。
俺は一度引き返す。場所は覚えた。
自分がこれから何をしようとしているのか、自覚したくはなかった。
それは、偶然の出逢いに授かった、あってはならないくらい黒い欲望だった。

早鐘のようになっていた心臓はどこか落ち着きを取り戻している。
家路につき、小さめのボストンバッグにデジカメを詰めた。
それから、ナイフ、ガムテープ。
使うつもりはないけれど、もしものための用意だ。

何をするつもりか、明瞭な目的が自分の中で露になる。
目的はたったひとつ。aikoを犯すことだ。
簡単にいかないかもしれない。捕まるかもしれない。
だけどこんなチャンスはめったにない。この欲望を押さえ込むことも不可能だ。
ゆっくりと頭のなかで段取りを考えながら、それでも逸る思いは押さえられなかった。
準備も確認もそこそこにして、俺は原付に跨がった。

ドアの前で少し考えた。
また外出していなければ、この向こうにaikoがいるはずだ。
思わずのどを慣らして唾を飲む。
とうとう焦燥が限界にきて、考え無しにベルをならしてしまった。
ブツ、と音がして、『はい?』と女の声がした。
聴き慣れた、声、aikoだ。

その声にまた興奮のボルテージがあがる。
どもった口調で今考えたばかりの、あとから考えてみれば明らかに怪しい口実が口をついてでた。

「あの、昨日3階に越してきた者なんですが」
「あ、そうなんですか」
どうもaikoは不用心なようで、またブツ、という音がした。
それからぱたぱたと足音、そしてドアがあいた。
息をのんだ。本物のaikoが今目の前に立っている。

少し化粧は薄かったけれど、見なれた顔で、さっき見たままの姿で目の前に立っていた。
暫く妙な感動を覚えて何も言えなくて、じっと見つめてしまった。

「…あの?」
「あ、すいません。あの…aikoさん…ですよね?」
わかっていて来たはずなのに、へたな演技をしてみる。aikoは少し微笑んで「はい」と言った。
はにかんだような笑顔が愛しくなる。

胸の昂りがおさえられず、頭に血がのぼってしまい、それからの行動にはもう、理性なんか残ってはいなかった。
ぐっとaikoの肩をおさえ、部屋に押し入り壁のすみに押さえ込む。

「なっ…」
玄関に足をもつらせたaikoがその場で体制を崩した。
ドアがしまったのを見て、俺はすぐさま片手でaikoをおさえ、もう片方の手で施錠する。
展開の早さについていけなかったのか、aikoはぼうぜんとした目で俺をみつめた。
そのaikoを見下ろす俺の目は、多分情慾で染まって、ひどく冷たい目をしていたんだと思う。

秋も深まり、窓は閉めてある。カーテンも半分かかっているし、
なによりこの場にもし誰かがいたら、と思いもしていたが、幸いaikoの他に誰もいなかった。

我にかえったaikoが、やっとまともに口をひらいた。
「な…何すんの!離し…」
片手で口を閉ざすのは雑作もないこと。自分の手のひらにaikoの口があたり、
暖かい息が当たるのがわかって、胸が高まった。
涙目のaikoを押さえながら、ポケットに入れていた自分のタオルで猿轡をさせる。

そして部屋の中までaikoを引っ張り、ガムテープで手首をぐるぐる巻きにした。
その間aikoはずっとくぐもった声を漏らし続けていたけれど、俺にはなんとも思えない。
不思議と、冷静にaikoを犯す段取りを考えていた。

床に転がされ手首を縛られたaikoをじっと眺め、そのあと軽く部屋を見渡す。
キーボード、ソファ、テレビ、スヌーピーのぬいぐるみ。
aikoを押さえ込んだ玄関には、レゴで作られた犬。俺の思い描いていたとおりのaikoの部屋だった。

素早くカーテンを閉めると、ドアにチェーンをかけた。
起き上がれないでいるaikoのそばに近づくと、aikoが何か言っている。
猿ぐつわのおかげで何も聞き取れないけれど、その声は俺の大好きな声だった。
我慢ができず体を触る。aikoは抵抗したけれど、大した力もなく、男の俺の前では悲しい抵抗だった。

服の上から胸を鷲掴むと、aikoが首を振って涙をこぼす。
大きくない胸の頂を弄ると、aikoが抑えきれない声を漏らした。
この上なく興奮したのは、言うまでもない。
ぐり、ぐりっと何度も弄る。
aikoは目に涙をためて首をふりいやいやをした。
その仕草がいっそう、俺の嗜虐心を煽った。

服の上から感触を、さんざん楽しんだあと、次は生の感触を味わいたくなってきた。
「はぁ、はぁ…」
自分の呼吸がどんどん荒くなっていく。
まだ少し冷えている手を、aikoの服の裾から差し込んだ。

「うぐっ…」
声を出せないaikoが身をよじる。
逃がさぬように片手で押さえ、腹からゆっくり、感触を確かめた。
吸い付くようなきめ細かい肌は、衣類に隠れてまだ見えなくとも、十分興奮した。
「んうっ、むぅっ!」
顔を背け目をかたくとじることしか抵抗できないaikoは、先ほどより激しく身をくねらせた。

カッと頭に血が上り、『あこがれの歌手』だとか、『大事に扱わないと』だとか、
そういった理性が欲望によって打ち壊される。
ギュッと下着の上から、強く右胸を掴んでやった。

「うぐぅっ…」
強く握りすぎて痛いのか、少し動きが鈍くなる。
半分開かれた彼女の目からは涙がこぼれていた。
その涙ですら、これから汚される彼女の体を想像すると、何とも思えなくなった。

背中に手をまわし、下着のホックをはずす。
緩まった胸に手をまわし、強く揉みしだいた。
愛撫とは言えないくらいの力に、aikoはしきりにもがいたが、
俺の理性はとうに崩れどこかへいってしまっていた。

力の加減などできるはずがなく、彼女を好き放題嬲り倒すことしか頭になかったのだ。
ガバッと着ていたカットソーを首の付け根まで上げる。
そこには、白桃のような乳房がふたつ並んでいた。
小振りで可愛らしい胸の中心に、少し膨らんだ乳首がある。

ピンと人差し指で弾くと、aikoが頬をそめて反応した。
顔を背けてはいたが、明らかに感じている反応だ。
それを見て嬉しくなり、ついにやりと笑みがこぼれる。
何度も弾き、そして我慢できずに吸い付いた。

「むぐっ!うぐぅっ、んうぅっ」
ひどく反応し、体をビクつかせはじめる。
先ほどより固くなっている乳首に気を良くした俺は、何度も執拗に胸を責め続けた。
散々舐りたおすと、aikoの胸に夢中になっていた体を一度起こし、カメラに手を伸ばす。

かばんから取り出されたカメラに、aikoも何をされるのか感づいた様子で、
必死に体を起こそうとした。
だが、俺が上に乗っているため抵抗も虚しく、俺はまず一枚カメラに納めた。
そこには顔を赤らめ必死でカメラに写るまいとしている、胸をさらけ出したaikoだった。
涙をこぼし唸る彼女を、更に何枚か撮り続ける。

何枚か撮影し終えると、カメラをaikoの手の届かない場所に置き、見下ろしにやりと笑った。
「どういう意味かわかるよね?猿ぐつわ外すから、大声あげないでね」
aikoは何も言えずに、涙でぬれた目で俺を睨みつけている。

彼女唾液濡れになった猿ぐつわをはずし、ポイッと投げ捨てる。
「それじゃあ、セックスの続き」
俺はaikoの唇にむしゃぶりついた。小さな唇は、一生懸命俺の舌の侵入を拒んでいる。
にゅる、と歯列をなぞると、小さな体はブルッと震えた。

その隙を逃さず、口内に侵入する。冷たい舌を無理矢理絡めとり吸ってやると、溢れた唾液がつたいこぼれた。

唇を楽しんだあとは体に目がいく。
「……………。」
手首はしばられたままのaikoは涙をこぼしながらじっと俺を睨んだままだ。
無視してジーンズを脱がしにかかると、意外とかたいデニムで少し苦労した。
白い足があらわになり、どきどきしながら触れた。

「うっ…ぃゃぁ…」
蹴飛ばす等の反抗はみられない。どうやらあきらめたようだ。
それをいいことにすべすべした肌触りを楽しむ。
しっとりと汗ばみ、太ももの部分にはうっすらと産毛が生えている。
手のひらと唇で、こちらも散々感触を楽しんだ。

下着は水色のサテンだった。
だが、理性のとんだ俺にすでにそんなものに興味はなく、いっきにはぎとる。
「ひっ…」
恥部が外気に触れ、さすがに恥ずかしいのか、嫌悪からか、aikoが体を収縮させた。

両足をぴったりとくっつけ隠しているが、無理矢理こじあける。
そこには、濃いめのヘアに隠れた陰唇が、若干濡れてヒクついていた。
独特の香りに引き寄せられ、夢中になって舌を這わす。

「やっ!やっあ…やめてぇっ…」
aikoが体をくねらせて嬌声をあげた。
その声に更に反応し、ピチャピチャとわざと水音をたてるように舐め上げる。
ジュル、と吸い、クリトリスを軽く食み、刺激を与えた。
「いやゃっ…あう!ぅぁあっ」
舌を膣内に差し込み、くねらせる。とにかく夢中で、一心に舌を動かし続けた。

「はあぁっ…やあぁっ…もうイヤぁぁっ…!」
体がビクつき、絶頂が近いのがわかる。
指先でクリトリスを弄って、舌をくねらせるとあっけなく達した。

「はぁっ…はぁっ…」
お互いに息が荒くなっている。
俺はもう我慢ができず、愛液でぐしょぐしょになったそこへ、己を突き入れた。
「ひぃっ…!いっ…ううぅぅっ…!」
イったばかりでまだ回復していないところへやってきた、新たな快感にこらえきれないaikoは、我を忘れ快楽に身を委ね、ただただ声をあげていた。

「ああっ!あっ、あっ、いいっ…ふああぁ…っ」
ぬめる膣内に何度も突き入れ、ピストン運動を繰り返す。
両足を大きく広げ恥ずかしい格好のまま犯すのもよかったが、
途中で体位をかえ、今度はバックから出し入れした。

「あっ!あっ!あかん、だめぇ…いいぃっ」
パンパンと肌と肌のぶつかりあう音がして、先ほどより深い挿入感にすぐイキそうになる。
それをこらえ、快楽を貪った。

aikoの白いをパチンパチンと叩きながら挿入を繰り返したので、白かったは少し赤く腫れた。
を叩かれたaikoが急に締め付け、俺もイってしまった。
aikoの子宮にとどくように、最奥で精液を放った。どくどくと注ぎ込まれていく。

「いっ…いくぅぅ…ふあぁぁっ」
ザーメンを放たれ、aikoも2度目の絶頂に達した。






-----

【レイプ体験談・痴漢体験談 新着】