あの日以来、おじさんと顔を合わすのが恥ずかしいような気まずいような感じがしてたけど、毎日、新聞を届けるので、イヤでも顔を合わせるしかありません。
でも、おじさんは『ヒロカちゃんおはよー。
今日も暑いね。
ごくろうさん』と何事もなかったかのような感じで私に接してくれました。
あの出来事は夢だったのかな…。
とさえ思えました。
あの日の次の日曜日もその次の日曜日も『ジュースあるから、今日来れたらおいで』って誘われていました。
でも、もしおじさんの部屋にまた行ったら、きっとあの日と同じことされると思うと、恥ずかしいし、怖いし…私がその行為を了承したような感じになるので『今日は家の用事があるので。
とか、友達と約束があるので』と理由をつけて断ってました。
でも、あの日から3週間くらい経った日曜日のことです。
おじさんが『アラベスクのレコード買ったからヒロカちゃんにもテープに録ってあげるから今日おいでよ』と誘われました。
おじさんは私がアラベスクが大好きなのを知っていました。
前に、『もし、アラベスクのレコード買ったら録音してください』と頼んでいたのです。
私は『ホントですか!?行きます♪』と答えて配達を急いで終わらせに行きました。
配達を終え、一旦家に戻りカセットテープを持っておじさんの部屋に自転車で急ぎました。
10時くらいにアパートに着き階段を駆け上がると、おじさんは『お、来たね待ってたよ。
上がって』と笑顔で迎えてくれ、私は『お邪魔します』と部屋に上がりました。
私は『これにお願いします』とおじさんに生のカセットテープを預けました。
おじさんは『一時間くらいかかるからジュース飲んで待っててね』と言い、前と同じようにコップにオレンジジュースを注いでくれました。

私は前と同じことされるのかなと不安でドキドキしながら、いつもよりおじさんから離れて座りました。
その日もこないだ以上に暑い日で、おじさんの部屋はエアコンもなく、ひとつしかない窓を全開にして扇風機を私にあててくれました。
部屋内はすごく暑く、おじさんはランニングシャツにステテコを穿いていました。
私はノースリーブのシャツに、下はこないだとは違うスポーツ用の短パン姿でした。
家から濡らしてきたハンカチを持ってきていたので、今日は自分で汗を拭きながら、アラベスクのレコードジャケットを見ていました。
10分くらい経った頃です。
おじさんは私の隣に来て、『どれ、おっぱい大きくなったかな…』といきなりシャツの上から胸を触ってきました。
私はびっくりして、ビクっと反応してしましたが、体が固まってしまい、抵抗できませんでした。
やっぱりきたこないだと同じことされるのかなと心臓がバクバクしてるのがわかります。
おじさんは私が抵抗しないことを確認するとシャツの中に手を入れて、スポーツブラの上からいやらしい手つきで胸を揉みはじめました。
『6年生にしては小ぶりなおっぱいだね。
同級生でヒロカちゃんよりおっぱい大きいコいっぱいいるでしょ』と聞かれ私は『はい…』と答えました。
おっぱいはこうやって揉んだ方が大きくなるんだよ』といいながら今度はスポーツブラをずらして直接揉んだり乳首を摘まんだりしてきました。
しばらく胸を弄った後、今度はシャツをめくり上げて乳首を見て、『大分固くなったみたいだね…』と言って、おじさんは乳首を口に含み舌を動かしてきました。
私はくすぐったくて、『いや…』といいながら身体をひねりましたが、それでもおじさんのいやらしい舌がついてきます。
私は『くすぐったい…』というと少し力を抜いて舐めてきました。
そして、おじさんの左手の指が短パンの裾の脇から入ってきて、下着の上から私のあそこを触りはじめました。
おじさんの指は丁度クリトリスの上にあたり、そこをなぞってきました。
おじさんは『またここきれいにしてあげるからね。
ここ気持ちいいでしょ』と下着の上からクリトリスを摘まむようにコリコリしてきました。
気持ちいいけど、私は恥ずかしくてうつむいていました。
そのまましばらく触られた後、おじさんは『あっちに行こう…』と言って私を抱え上げて、おじさんがいつも寝ていると思われる、清潔とはいえない、少し黄ばんでいて、ペチャンコになっている煎餅布団に私を寝かせました。
そして私に扇風機をあてて、おじさんは私の短パンを下げ、下着に指をかけるとスルリと脱がせ、足首から短パンと下着を取りました。
おじさんは少し乱暴に足を拡げ、おじさんの上半身の体重で、足を固定すると、少しだけ生えている産毛のような陰毛を撫でながら私のあそこの割れ目を指で開いて観察しています。
2回目なのでこないだ程の恥ずかしさはありませんでしたが、私は怖くなり、足を動かそうとしたけど、全く動きません。
おじさんは『ヒロカちゃん、やっぱりおまんこきれいな形してるよ。
今日は濡れて糸ひいてるね!?』と言い指で弄りはじめました。
『やっぱりここ弄られると気持ちいいでしょ』と指でクリトリスをヌルヌルと撫でて聞いてきたけど、私は恥ずかしいので『よくわからないです…』と答えました。
自分のあそこがこんなに濡れたことなんてないと思います。
他人に触られるなんてなかったから…。
おじさんは割れ目を指で開いて、またこないだのように口を付けてきました。
膣の方からクリトリスにかけて、いやらしく舌を動かし、膣から出てくる体液を吸いとるように下から上へと舐めあげる度に、『にちゃにちゃ…』といやらしい音が聞こえてきました。
こんなところ舐めて汚くないのかなと思いましたが…おじさんの舌は何度も何度も行き来して、じっくり味わうように舐めあげてました。
そして今度は舌でクリトリスの皮の内側を何度もつついてきます。
私はたまらず、『いや…あっ…』みたいな声を出してしまいました。
しばらく舐めた後、おじさんは一旦口を離し『ヒロカちゃん、ここ固くなってきたよ。
声出していいからね。
エッチなことたくさん考えて』と言い、今度はクリトリスを下から上にリズミカルに舐めはじめました。
私は息が少し荒くなり、自然と出る『あっ…ん…』というような声に我慢できませんでした。
リズミカルに舐めるおじさんの舌は、こないだの舐め方とは明らかに違いました。
部屋の脇には線路があり、電車が通る度にアラベスクの音楽がかき消されます。
何回電車が行き来したか…そのリズミカルな舐め方で、こないだより長い時間が経ったと思います。
私のあそこから感覚的にむず痒いような何かが…だんだんと込み上げてくる感じがしてきて、なんだろうと考えていたら、それがゆっくり近づいてきて、思わず『いやっ!!あーっ』と少し大きな声をあげて、クリトリスを舐めていたおじさんの顔を手で押しのけてしまいました。
私のあそこはピクピクと痙攣して、息も完全に乱れてパニック状態になりながらも、その快感の余韻に耐えていました。
私が生まれてはじめてイッた瞬間でした。
おじさんは『ヒロカちゃんイッたんだねここピクピクしてるでしょはじめて』とまたクリトリスを触ってきたので、私はくすぐったくて『いや』と言いながらおじさんの手を払いのけました。
おじさんは『気持ちいいでしょこれがイクってことだよ』と教えてくれました。
そして、おじさんは『ヒロカちゃんエッチですごくかわいいよまだパンツ穿かないでね』と言って立ち上がり、とっくに終わってるアラベスクのレコードのA面の録音を、B面の録音に変えると、また音楽がかかりました。
私はイったショックで呆然としていると、おじさんはステテコを脱ぎ、ブリーフ姿でまた私の隣に来て、『今度はおじさんもイかせてほしいな。
ヒロカちゃん、おじさんのおちんちん触ってくれる』と言って私の手をとってブリーフの上から股間を握るように触らされました。
ブリーフの上からでも、おじさんのおちんちんがもの凄く固くなっているのがわかります。
私は人形のような状態になり、その固くなっている物をぎこちなく触ってましたが、おじさんは我慢できなくなったのか『はい、じゃあバンザイして』と言って私が着ているノースリーブシャツとスポーツブラを脱がし、全裸にしました。
おじさんもシャツとブリーフを脱ぎ捨て全裸になった途端、少し乱暴に私を布団に押し倒すと、『少しじっとしてるんだよ』と言って、固くなったおじさんのおちんちんを私の下腹部に押し付けてきて私を力一杯抱きしめ、腰を振りはじめました。
おじさんは汗いっぱいかいていて、私の身体はおじさんの汗でびっしょりになりました。
この時は、膣には挿入されませんでしたが、私の恥丘部分に、おじさんの固くなったおちんちんを何度もこすりつけています。
12分くらい経ったときにおじさんは『ヒロカちゃん、おじさんもイクよ…』と言って激しくこすりつけたと思ったら、ものすごい量の精液を私のお腹の上から胸にかけて吐き出し、ツーンという生臭い臭いがしました。
おじさんは余韻に浸ってるみたいで、精液を出した後もしばらく私を抱きしめていました。
しばらくして、私から離れると、おじさんは『これが男の人の精子だよ』と教えてくれながら私の身体をティッシュで拭いてくれました。
そしておじさんは『ヒロカちゃん、生理はもうきてるの』って聞いてきました。
私は『いえ…』と小さな声で答えながら首を横に振りました。
おじさんは『じゃあ大丈夫だね。
少し入れてみようか…』と言い、射精したばかりでも、まだ固くなっていて、精液が付いているおじさんのおちんちんを私の膣にあてがってきました。
私は事態が飲み込めず、え、どういうこと!?と考えていたら、おじさんの固いおちんちんが私の膣にズブズブと入ってきました。
生まれてはじめてイって、たっぷりと濡れていたけれど、こんな大きな物が入ってきて痛くないわけありません。
私は『痛い痛い痛い』と何度も叫びましたが、おじさんは根元まで入ったおちんちんをゆっくりと動かして『最初だけちょっと痛いけど、すぐ馴れるよ今日はちょっとだけ練習ね』と言って、正常位の格好でまたゆっくり腰を動かしました。
とにかく私は『痛い』しか言ってなかったです。
おじさんは『じゃあ、3分経ったらおちんちん抜くから、ヒロカちゃん3分だけ我慢してヒロカちゃんのおまんこの中、すごく気持ちいいよ…』と言って、おじさんは私を強く抱きしめ、膣の中を堪能しています。
私はあまりの痛さに涙が出てきて、早く3分経たないかそれだけを考えていました。
そして、おじさんは2回目の射精をしたかわかりませんが、約束通り3分くらいでおちんちんを抜いてくれました。
おじさんは台所に行って、タオルを濡らして持ってきて、出血している、私のあそこを拭いてくれました。
おじさんの布団にも、私の膣から出たたくさんの血が付いていました。
おじさんは『ヒロカちゃん痛かったけどがんばったね。
』と頭を撫でてくれました。
私はまさかおちんちん入れられるなんて思っていなくて、もうセックスしちゃった…と罪悪感にかられました。
おじさんは録音し終わったカセットテープを私に手渡してくれ、私は『ありがとうございます』と受け取ると、時間をみて2時間近く経ってることに気づき、『急いで帰らないといけないです』と言って急いで服を着ました。
おじさんは『あ、そうだね。
もうお昼近いね。
じゃあ、ヒロカちゃんまたねお父さんやお母さんにはこの事は内緒だよ』と念をおされ、おじさんの部屋から出てきました。
両親にこんなこと言ったらもの凄く叱られると思い、絶対に言えませんでした。
あと、10日もしたら夏休みで、今後の展開は、おじさんの部屋に行く機会が増え、夏休み期間中、何度もおじさんとセックスをさせられ、新聞配達を辞める中学一年生の終わりくらいまで関係が続きました。

そのことから、もう32年も経ちますが、私にはもの凄くトラウマな出来事で、普通の恋愛が出来なくなり、今でも独身です。
あのおじさんの舌使いやセックスのテクニックが忘れられず、私よりずーっと歳上じゃないとダメな体になってしまいました。
今でもたまに、あの三角の部屋があった場所の前を通りますが、今はもうあの建物はなく、違う普通のアパートが建っています。
建物はありませんが、あの場所の前を通るとあのおじさんを思い、アソコが濡れてくるのです。