ある晩、私はC君に呼び出され、カラオケBOXに行きました。

C君はK大のアメフト部で、ルックスも良く、女の子達に人気があります。私はつい最近、 C君と付き合い始めたばかりですが、もう離れられないと感じていました。

浮気性で強引で利己的だけれど、はっきり言って、私は彼のセックスの虜だったのです。
 
C君は鍛え抜かれた体と甘いマスクだけでなく、あっちの方もすごいんです。
彼は私に、器具で弄ばれる悦びを教えてくれました。彼はその器具を、ローターと呼んでいました。

逞しいペニスで私を貫き、激しく突き動かしながら、快感にのたうち回る私の最
も敏感な部分にローターを当てがうのです。

初めて彼に抱かれたとき、私はそれまでに味わったことのない快感に打ちのめされ、痙攣しながら絶頂を迎えました。

そして何度も抱かれるうちに、ローターの刺激だけで連続してイケるようになり、今では、その小さな低い振動音を聞いただけで、心臓が跳ね、が緩んでしまうようになりました。
 
カラオケBOXで合コンをやっているが、女の子が足りないから来てくれ、とC君は電話で言っていました。

アメフト部の先輩も来ているので、俺の顔を立てる意味でも、超セクシーな格好をしてこいとも言っていました。

馬鹿な私は何の疑いも抱かず、上は胸の谷間を強調するピッタリしたシャツ、下は限界スレスレのミニスカートで、その上からコートを羽織って出かけました。
 
カラオケBOXに着き、遅くなって御免なさいと断りながら部屋に入ると、いきなり雰囲気がおかしいことに気づきました。

女の子なんて、一人もいません。それでもいぶかしげな態度は失礼になると思い、コートを脱ぎました。

その途端、獰猛なケモノの様な視線が、私の全身に粘り付いてきたんです。

私は改めて暗い部屋の中を見渡しました。C君を含めて、5人の男の人がいます。
みんな、大きな体です。アメフト部の仲間なのでしょう。ニヤニヤ笑っています。
 
ヒューッと、一番ふんぞり返って偉そうにしている男が、口をならしました。
「なるほど、本当に、いい女じゃないか。C。」
「でしょう。Aさんにも気に入ってもらえると思って、仕込んどいたんですよ」

C君はへつらうように言うと、私を見やりました。その目は、いつもの優しいC君のものではありませんでした。私をモノか何かのように見ている、冷たく軽蔑しきった目でした。
 
Aが目配せをしました。二人の男が私を両側から押さえつけます。私はパニック状態になり、自分でも信じられないような大きな声を出して抵抗しました。

でも、声はカラオケBOXの騒音に紛れ、二人の大男の腕はびくともしません。
「おい、D、E、やれ」
C君が、いえ、Cが命令しました。私はCの後輩らしいDとEによって、ソファーに仰向けに押さえつけられました。

犯される! 私は泣き叫んで許しを請いました。でも、彼らは顔色一つ変えません。それどころか、ますます興奮してきているようです。脳味噌が筋肉でできているので、人の痛みを理解できないんです。
 
Aが私の上に乗ってきました。その圧倒的な重量感は、私の抵抗しようとする意志を、一瞬にして消沈させてしまいました。

「本当に、いい女だ…」
Aはギラギラ光る目で私を見つめ、大きな手で私の全身を撫で回しました。服の上からおっぱいを揉まれ、ウエストや太腿を触わりまくられました。私は恐怖の余り、石のようになっていました。

「よし、C。お前の“仕込み”の出来を見せてもらおうか」
Aがそう言って私から離れると、替わってCが乗ってきました。

「E。お前、童貞だったよな」
「ウッス」
「お前にも楽しませてやるからな。女体の神秘ってのを、よく見ておくんだぞ」
「ウ、ウッス!」
 
Cは、ポケットから何かを取り出しました。それを、私の耳元に近づけます。小さな低い振動音。
「やめてっ!」
私は顔を背けました。私の意志とは全く関係なく、体が反応しそうになったからです。

でも、DとEに押さえつけられている以上、顔を背けたぐらいでは何の抵抗にもなっていませんでした。

Cは、私のうなじや耳の中にまで、ローターを這わせ、そのモーター音を、聞かせ続けます。
私は特に耳の穴がウィークポイントなのですが、Cはそんなことは先刻ご承知とばかりに責めたててきます。

背筋から、お尻の穴、そして頭の天辺まで、甘い快感の予兆が走り抜けました。
「いや、いやよ!」
私は屈辱感に耐えきれず、首を激しく振って否定します。でも、私の体は、その音を聞いただけで、見る見るうちに変化を起こしていきました。

「E、乳首を見て見ろ」
「ウッス!」
「ピンと立ってるだろう」
「ウ、ウーッス!」

薄地のシャツを通して、固くなった乳首の形がはっきりと見えるのでしょう。
自分でも、乳首が張りつめているのが分かり、その先端から弱い電流のようなものが流れている気がします。ものすごく、敏感になっているんです。

5人の男どもに、そんな恥ずかしい乳首の様子を見られている…、そう思っただけで「ああ…」と溜息が出てしまいました。

「触ってもいないのに、感じてるのか?Cの言う通り、好き者の女だな」
Aが下品な声で私をなじり、乳房の上に大きな手を乗せました。その瞬間、私の全身に稲が走り、私はあられもない声を上げてのけぞりました。

「ホーント、いい女…」
Aはまた目をぎらぎらさせて、私を触りまくります。今度は先ほどとは違い、明らかに私を感じさせようという意図を持った触り方でした。

レイプされかかっている。5人を相手に。押さえつけられて。無理矢理愛撫を受けている…。

そんな状況だと言うのに、心では嫌で嫌でしかたないというのに、私の体は反応し始めました。それも、普段より何倍も激しく…。
 
Aの愛撫は相変わらず服の上から続けられました。シャツのボタンが飛び、開きかけた胸元から、乳首のぞきそうです。

力ずくで開かれた両腿の間にAの腰が入り、ミニスカートはおヘソまでめくれ上がっています。

片手で乳首を軽く摘まれ、もう一方の手で腿の内側を撫で上げられたとき、私の抵抗は限界に達しました。どんなに感じても、声だけは出すまいと心に決めていたのに…。

「あああああっ…」
「すっげえな、この女。こんなに濡らしてる!」
Aははしゃいで叫びました。

私はまだ下着を付けています。それなのに、濡れていることが分かるなんて、きっとその部分は、ものすごくイヤらしい光景になっているに違いありません。

「軽く、イカしてやりな。何秒でイクか、計ってやる。Dはビデオ回せ」
Aの指示で、Dが私から離れました。でも、状況は少しも変わりません。E一人の力で、十分、私を動けなくしておけるのです。

替わりにCがやってきました。ローターを無造作に下着の中に滑り込ませます。そして上から、手のひらで押さえつけて揺さぶりました。

「あああああああああっ、ああああああっ!」
全身がクリトリスになったような気がしました。避け用のない快感が、猛然と襲ってきたんです。

のたうち回りたいのに、動けません。それが快感を倍増させ、たちまち私を絶頂へと導きました。
 
痙攣する私を見おろしながら、Aは嘲るように言いました。
「25秒でイッたぜ。イッてから、15秒間、イキッぱなしだった」
男どもはげらげらと笑い、私は屈辱感に打ちのめされました。

どうして、どうしてイッてしまったんだろう。こんな最低のケダモノ達におもちゃにされているというのに…。
 
しばらく何も考えられませんでした。しかし、その間にも、男どもは作業を進めていました。

私の下着をはぎ取り、シャツを左右に開ききり、ブラジャーをずらしました。私は乱れた胸元から乳房を覗かせ、ノーパンのままミニスカートをまくり上げられた、世にも淫らな姿にされてしまいました。

「でかくて形のいい胸してるぜ。もきれいだしよ。見れば見るほどいいオンナだ。なんたって、淫乱なところがいいねえ。ここを見てみろ。男を欲しがっ て、ヒクついてるぜ」
 
Aはいつの間にか裸になっていました。
私をまたぎ、天を向いている巨大なモノを、私に見せつけます。

Aの言うことは本当でした。私のアソコは、先ほどのオルガスムスの余韻に、わなないていたんです。

Aはその中心に、自分のモノをあてがいました。もう止めて、と言いかけて、私はあきらめました。この状況下で、止めてくれるわけがありません。全員が私を犯さなければ、気が済まないでしょう。

できれば、さっさと終わって欲しい。私はそう思い、あえて抵抗しませんでした。
 Aが腰を沈めてきました。

「……!」
声が出そうになるのを、必死にこらえます。
大きい…。Cのモノよりも、一回り太いのかも知れません。根本まで入れただけで、私の中の全ての部分が、同時に征服されたような感じがします。

「お前みたいにいいオンナで、しかも淫乱な女を、俺のビッグ・コックでド突き回すのが夢だったんだよ」
Aは訳の分からないことを言って、腰をゆっくり前後にスライドさせ始めました。

「いやあああああっ!」
太いモノが刺さっている場所から、信じられないような快美感が噴き上がりました。すべての膣壁が同時に刺激されるんです。スライドされ、こねくり回され、ありとあらゆる方向に、私のイヤらしい部分がこすられます。

刺さっているモノが太すぎるので、クリトリが巻き込まれ、膣壁もろとも犯されます。私はたちまちイキそうになり、夢中で叫びました。
「すごいイイイ!こんなの、初めてエエエエ!」

それを聞いたAは、急に動き方を変え、荒々しく突いてきました。容赦のない快感が、一突きごとに襲ってきます。
「イヤ、イヤ、ダメエエエエ!イッちゃう、イッちゃダメー!」

とても耐えられません。イキたくなんかないのに。犯されてイクなんて、絶対にイヤなのに。全身をガクガク震わせながら、私はあっけなく昇り詰めてしまいました。

今度こそ本当に、見知らぬ男のペニスに犯され、快楽に屈してしまったんです。

 「しっかり撮ったか?」
「ばっちりッス!」
Aの問いに、Dは軽く応えました。今のを、ビデオに撮られたんだ…。私が犯されて悦び悶える姿を…。多くの男達が、私の姿を、イヤらしい目で見るに違いありません。
また、このビデオをネタに脅迫され、この男どもに、何度も犯されるに決まっています。

絶望的な心境でした。ところが、そう思ったとたんに、今イッたばかりのアソコが、フルフルと疼きだしたんです。どういうこと?私は、本当に淫乱だったの?
 
Aが終わり、次にCが挿入してきました。私の体は、それを何の抵抗もなく受け入れてしまいました。それどころか、まるで吸い付いて離れないかのような動きで、Cのモノをくわえ込みました。

「やっぱりこれが一番フィットするだろう。でもな、今日はいつもとは違うぞ」
Cは意地悪く言うと、ローターをクリトリスに押し当てながら、激しく突いてきました。

私はいつもそうやってイカされていたんです。体がその手順を覚えているのか、私は急上昇していきました。

その上、2回もイッた後なので、異常に敏感になっているんです。私は犯されていることも忘れて、甘えたような声を上げてしまいました。

しかし、イク寸前になると、Cは腰の動きをピタリと止め、ローターを離してしまいました。そんなことをされたのは初めてでした。

タイミングを外されて、私の快感は行き場を失い、アソコが悲鳴を上げました。

イキそうな感覚が少しづつ冷えていくと、またローターで責めながら突いてきます。イキそうになると、また止めてしまいます。それを、何度も繰り返すんです。3回、4回、…とても数えてなんかいられません。気が狂いそうです。

私は涙を流し、Cに目で懇願しました。でもCは、軽蔑しきったようにあざ笑うんです。

欲しかったら言って見ろと、Cは言いました。お前は犯されているんだぞ。それなのに、もっと男が欲しいのか。なんて淫乱な女だ。もっと突いてと言え。イカせて下さいと言え。そんなことを言いながら、私を責め続けるんです。

私は何度も恥ずかしい言葉を言わされました。その都度、そんな言い方ではイカせてやれない、そんな態度なら止めてしまうぞと意地悪をされては責められました。

とうとう私は、犯されていることを十分承知の上で、大きな声で懇願しました。
「私をその立派な男根で犯して下さい。犯される快感をお与え下さい。ローター
でイカせてください。何度も何度もイカせてください。私は淫乱です。犯され
ないと生きていけません。欲しいんです。激しく犯しまくって下さい。お願い
です!」
 
その途端、私は大きな快感の波に襲われ、痙攣しながら達しました。
未だかって味わったことのない快感でした。Cのペニスとローターで操作されながら、私は果てました。
 
次は俺だと叫びながら、ビデオを構えたままDがやってきました。
ハメ撮りは初めてだとか叫びながら、おおはしゃぎの様子です。でも、私はぐったりし て、殆ど関心がありませんでした。

Dが入ってきました。さっきまで静かだったのに、急におしゃべりになったようです。すっげえいいパイオツだとか、結合部がうまく写せないとか、わあわあと騒がしい男です。

Eに命令して、私のオッパイを揉ませ、それを写しながら腰を動かします。
 
しかし、そんな状況下でも、私の体は反応を始めました。もう、声を抑える気力もない私は、あられもないヨガリ声を上げてしまいます。

Dは一旦離れ、Eに命じて私をうつ伏せにさせました。四つん這いの恥ずかしい格好にさせ、後ろから犯そうというのです。

Dのモノが再び入ってきたとき、私はものすごく感じてしまいました。ソファにしがみつき、爪を立てて声を上げました。

これなら結合部がバッチリ写ると、Dは更にはしゃぎます。はしゃぎながら、スバズバとピストン運動を繰り返し、私をイカせました。

もう、私の体は、誰に犯されても感じる、何をされてもイク、そんな状態になっていたんです。
 
Dが出る、出ると大騒ぎしながら終わった後、Aが言いました。
「よく我慢したな、E」
「ウッス」
「なんだ、我慢汁でパンツが染みてるぞ」
「ウッス?」
「よし、お前の番だ。行け!」
「ウーッス!」

うつ伏せのままの私に、Eが覆い被さってきました。動物のように犯されます。
Eは動物そのものでした。鼻息も荒く腰を蠢かせました。

「アッ…」
私が感じ始めて声を漏らした瞬間、
「ウッ!」
と短くうなって、Eが終わりました。私の体は中途半端なまま、置き去りです。
 
「さあ、いよいよ真打ち登場かあ?」
Cが大きな声を上げ、男どもは手拍子を始めました。今まで沈黙を守っていが男が、ゆっくりと服を脱ぎ始めます。5人の中で、一番背の高い男です。

「Bさんのうなぎ責めを見るのは、久しぶりだなあ」
「頼んだぜ、B!」
「Bさん、拝ませてもらいまス!」
Bと呼ばれた男は、私を再び仰向けに返しました。

私は、Bの股間から生えている機関を見て、驚愕しました。長い!それは見たこともない長さを持つ男性器でした。

Bは私の両手を取り、自分のモノを握らせました。信じられない!
両手で持っても、まだ半分は残っています。細く見えたけど、それはあまりにも長すぎてそう思っただけでした。太さは普通です。ただ、ものすごく長いんです。
 
驚いた私の顔を見て、Bは満足そうに笑いました。そして、その長いモノを、愛液でぐしょぐしょになっているアソコにあてがい、静かに挿入して来ました。
本当に、「挿入」という感じでした。

「うああああああああああああっ!」
挿入されるときの、あの独特の快感が、普通の2倍も長い時間続いたんです。
体の奥で、何か、当たっている感じがしました。異常に長いペニスの先が、子宮を突いているのでしょうか。

Bのモノが、ズズズズズズズーッと引き抜かれ、また、ズズズズズズズーッと挿入されます。そのたびに、私の口からは、狂おしいヨガリ声が発せられます。
何度目かの出し入れの時、とうとう私は、屈しました。

「もう、ダメーッ!イッちゃうーっ!」
「なんだあ?もう、気をやったのか?」
体を硬直させる私に向かい、Bは低い声で言いました。

「気をやる」…始めて聞く表現です。でも、オルガスムスに達する様子を表現するのに、これほどピッタリしていて、これほどイヤらしい言葉は無いでしょう。

私はその言葉を聞いただけで、また次の絶頂へ向けて感じ始めました。
「また気をやるつもりか?こんなにイキやすい女は初めてだ。うなぎ責めで、死ぬほどイカせてやるぜ。へ、へ、へ、へ、へ」
Bは不気味に笑うと、私の体から手を放し、アソコだけで繋がった格好になりました。

そのまま、腰をパーン、パーンと打ちつけてきます。私は絶叫を上げてソファの上でヨガリ狂いますが、Bのモノが異常に長いので、抜けることがありません。

もう、私を押さえつけているものは何もないんです。それなのに、私は何の抵抗もできず、ただ犯されるままに犯されているんです。
「アウッ!、アウッ!、アウッ!、アウッ!…」
ケモノのような声を上げる私。槍のように長いモノに突きまくられて、ソファの上で跳ね飛びます。当たるんです。子宮の入り口に・・・。

Bが腰を浮かせ気味にして、スピードを上げてきました。
「あああっ、ああああっ、そこ、そこおおお!」
その角度で責められると、私の快感が急上昇して行くんです。どんなに快感から逃れようと暴れても、串刺しにされた私は、みじめに手足をばたつかせるだけです。
 
回りから、男どもの手拍子が聞こえてきます。
「うなぎ責め!、うなぎ責め!…」
と言っているようです。手拍子に合わせて、Bの動きがリズミカルになりました。

もう何度もイッているのに、もう何度も、始めての快感に浸り、酔い痴れ、味わい尽くしたのに、私は更に強烈な快美感の中にいました。

リズムに乗って、快美感が押し寄せます。波のようです。悔しいとか、恥ずかしいとか、そんな感覚が瞬間的に見え隠れしましたが、Bの性技の前ではまったく意味をなしません。

私はめちゃくちゃに突かれました。ソファの背もたれとBの腰の間を何度も往復して、乱れながら跳ね飛びました。

涙を流し、感じていることを訴える言葉を叫び、狂ったように首を振りながら、突かれました。

「イク、イク、イク、イクーッ!!」
声が涸れるほど叫びました。アソコは勿論、手も足も胸もお腹も、背中も顔も頭も、体中のすべてで気をやりました。

それなのに、Bのうなぎ責めは止みません。次から次へと繰り出されるオルガスムス。私は、地獄のような絶頂感から、抜け出すことが出来ませんでした。果てることさえ許されない、快感地獄…。それが、うなぎ責めだったのです。

「狂っちゃう、狂っちゃうー!」
そこがどこで、自分が誰なのか、一体誰としているのか。そんなことすら、私の頭の中からは消えて無くなっていました。
 
…もう、普通のセックスでは、満足できない…。いろいろな体位をとらされて、めちゃくちゃに突かれながら、朦朧とした意識の中で、私はそう思いました…。