服なんかいらないっ! 1

>裕里様

はじめまして、なぎさといいます。『露出っ娘大好き!』のサイトは前から知って

いて、ロムオンリーでテキストを読ませていただいています。都内の私大に通う露出

好きの女子大生です。

時折パートナーと野外露出を楽しんでいますが、祐里様から課題をいただきたくて

メールしました。よろしくお願いします。



>なぎさへ

こんにちは。いつも読んでくれているのかな、ありがとう。

なぎさは野外露出にも慣れているようね、そういうことでいい?課題も、出す方は

簡単でいいけど(笑)あなたの好き嫌いが分からないと、ね。

もう少し、プレイの傾向とか、こんなことをしてみたいとか、メールで送ってくれ

る? パスワードも添付したから、それであなたの部屋に入れるわよ。





>裕里様

私の部屋ができてますね、嬉しくてびっくりしました(^^;;あんな、要領を得ない

メールだったのに‥どうもすみませんm(__)m

今のパートナーの遙は、3つ年下で高1の女の子です(逆算しないでくださいね(笑)

遙との関係は説明が長くなるんですがもう2年近く、一緒に露出したり、レズっぽい

こともしたりしています。

好きなのは‥‥裸にコートの後ろ手錠で散歩させられたり、キチッと縛られて放置

露出かな。ホントに他人に触られたりするのは想像するのも怖いけど、ギリギリの

スリルはすごく好きです。あと、そのぅ‥‥遥に虐められて、イかされてしまうのも。

遙は、見られることそのものが快感みたいです。

こんな感じでよろしいでしょうか? また、メール送ります。



>なぎさへ

年の話はやめましょう。少なくとも私の前では、ということで(笑)

冗談はさておき、パートナーの子の名前の読み方は「はるか」でいい?複雑な関係

みたいだし、2人で露出を始めたきっかけを知りたいな。あと、責め、受けの関係も

教えて。なぎさは遙ちゃんをイジめることはある?

裸にコートでお散歩かぁ‥‥かなり本格的ね。人との接触を怖がってるようだけど、

スリルと快感は表裏だし、一歩超えればずっとステップアップするはずよ。

そうね‥‥じゃ、1つめの課題です。最近したプレイを、読まれることを意識して

なるべくイヤラシく教えてね。なぎさたちの露出の傾向が知りたいわ。

 ウソは、ダメよ(笑)



>裕里様

はい、「はるか」です。そんな、裕里様が期待するほどのドロドロした話でもない

ので、次のメールあたりで彼女とのなれそめを書きます。

そうそう、課題でした。さっそく‥‥

つい3日前、お台場のとあるホテルに、遙と2人で泊まったんです。

夜景がキレイだというプール露出するのが目的で、私も遙もレッグカットのきつ

い、露骨な感じのビキニ着替えました。

事前に何をするかは決めてません。お互い呼吸も分かってるし、いつHなコトを始

めるのか、緊張するのがいいんです。

メインのプールはテラス側がガラス張りで、レインボーブリッジまで一望できまし

た。外には露天風呂まであって、客の大半は家族連れで夜景を楽しんでます。

ライトアップされた空間が、ゆらゆら幻想的です。

「あ、ねえ、ジャグジーがある。気持ちイイから、行こ」

遙は楽しげに手をひっぱります。丸いジャグジーは私と遙が入っただけで一杯の大

きさで、くすぐったいぐらい泡がボコボコ出ています。

「ふふっ、アタシがさあ、なんでジャグジーに誘ったか分かってるぅ?」

急に遙は目を細めて、淫らな目で私を見るんです。

「あのさ‥‥水着、とっかえようよ。ここで脱がしっこしてさ」

「ふええ!? も、もう?」

おおいかぶさるように私のカラダを泡の下に沈めると、片手で背中のホックを外し、

下の紐も解いちゃうんです。たちまちすっ裸にされた私は、小さくなって泡の集まっ

てる方に逃げました。

そしたら、彼女がそっと持参したポーチから‥手錠を取り出すんです。

あれれ、いつのまにこんなモノ‥なんて思ってるうちにガチャコン、と右手に手錠

をかけます。先を越されて、私はすっかり受け身モードです。

「ナギっち、右手はお股の前。左手はお尻の後ろについてくれる?」

「え、うん‥‥遙、こんな感じでいい?」

お股をくぐらせた手錠を左手にはめられた私は、別の手錠で両足首までつながれま

した。最初は、何の意味があるのかも分からなくて、

「このカギ、大事なモノだからしっかり閉まっておくわ」

でもすぐ、彼女のおそろしいたくらみに気づいたんです。遙ったら、ポーチの中に

カギをしまうと、ジャグジーのへりに置いちゃうんですよ。

そう、鎖が邪魔をしてポーチに手が届かないんです。

アソコが鎖で擦れて、切ない喘ぎがこぼれちゃいます。遙はネチネチと指で私を奥

までかき回して、弱いトコばかり責めてきます。

「ナギっちの中、すごいよぉ。ジャグジーより熱いおつゆで潤ってる」

はためには仲のいい女の子2人がじゃれあう光景なんでしょう。でも本当は、手錠

をされた裸の女の子を、もう1人がいじめてるんです。

そんな事、誰も気づかなかったと思います。微笑ましそうな顔でこっちを見ている

利用客もいたんですから。

「ナギっちのせいで汚れちゃったね、アタシの指」

口元に指を差しだされて、もちろん、逆らいようもありません。

そっと舌先をのばすと、たしかに温水と違う、ねっとりしたお汁が絡んでて、ピチ

ャピチャしゃぶらされてる自分に、どんどん興奮してくるんです。

はあはあ息を弾ませてると、カラダを丸めて水着を取りかえた遙は脱ぎたてを私に

渡してさっとジャグジーから出ました。オレンジからオーバルグリーンの水着に変わ

った彼女を見て、近くにいた男の子が目を丸くしてます。

「アタシ外の露天行ってるから、ジャグジーに飽きたら来てね」

そ、そんな、手錠は‥‥驚いた私は口をぱくぱくするばかり。

テラスに出ていく遙を見ているうち、やっと状況がつかめてきて‥‥

さあっと血の気がひきました。

遙が足首にまで手錠をしたのは、お股の手錠を抜き取らせないためなんです。この

格好でカギを取るには、立ち上がっておっぱいもおま*こも丸出しにしないといけま

せん。

利用客は少ないようでもあちこちにいます。そんなの、ムリです。

ジャグジーの泡で全身が隠れているとはいえ、いつ誰が入ってきてもおかしくない

状況でした。焦っていろいろ試したんですが、どんな前かがみになってもお股から鎖

を抜けるわけじゃないし、ポーチにも手が届きません。

泡のかたまりに素肌を揉みほぐされて、乳首が勃ってきちゃいます。こんな、手錠

で自由を奪われて、感じちゃってるのを誰かに見られたら‥

ヤバい、超ピンチだよ、どうしよう‥‥

生暖かい汗がうなじをしたたって、緊張してますます濡れてきます。

「おおい、ナギっち、こっちの露天気持ちイイよぉ、早く来なってばあ」

彼女の声に、みんなが私を見ます。首まで泡につかってニコニコしますが、内心は

冷汗びっしょり。意地悪だと分かってても、思わずカラダがカアッとほてって、ジク

ジク疼いちゃうんです。

ど、どうしよう‥‥怖いのに気持ちイイ、うう、イキたいなあ‥‥

思わず知らず、手錠の鎖を前後にこすりつけて。

「ママあ、ジャグジーだよ、パパもきてきて」

背後で声がして、私は硬直しました。5・6歳の女の子がポンとジャグジーに飛び

込んできたんです。でも本当に飛び上がったのはその直後。

「マ~ヤ、いけません、他の方の迷惑でしょう?」

プールの入り口から、親が歩いてきます。大変だ、見られちゃう!

その時、ふっと閃いたんです。

「ねえマヤちゃん、そこのポーチからカギを取ってくれないかしら」

「え~、どうしたの?お姉さんの方が近いじゃん」

「うん、ちょっと水着が脱げそうでね、手が離せないのよ」

その子はびっくりしたように目をくりくりさせて、すぐカギを取り出してくれまし

た。手錠で縛られてる姿も、大事なところも隠しつつ精一杯腕を曲げてカギを受け取

ると、もどかしい不自然な体勢で手足のカギを外して、水着をつけます。

ギリギリのところで、親御サンに会釈しつつ手錠を隠してジャグジーを上がりまし

たが、雲の上で跳ねてるみたい、膝なんかもうガクガクでした。

やっと駆けつけた遙は手を合わせて謝ってましたが、当然私は怒ってたし、罰とし

彼女にもたっぷり冷汗をかいてもらいました。

もちろん、この夜は2人で目にクマができるまで楽しみましたとも(笑)

ホント‥‥思い出すだけで、パンティがぐしょぐしょです。

後で気づいたんですが、うっすらカラダがネバついてました。ジャグジーは循環が

激しいし、あの親御サンたちは温水がヘンだったかもしれません(^^;;



>なぎさへ

たはは‥‥ジャグジー全体がなぎさのおつゆでべとつくほど濡れたような気がして

いたのね。最初からすごい内容で驚かされたわ。予想以上にドキドキ読ませてもらい

ました。うーん、エッチな告白(^o^;

なぎさ達は本当に深い所で信頼しあってるわね。だからこそ、ココまでハードにで

きるんだ。遙ちゃんにどんな罰を与えたのかも聞きたかったかな。





                         Totaldaily-



Draft Back Next bbs ENTRance



服なんかいらないっ! 







>裕里様

 こんばんは、なぎさです。

 楽しんでいただけたようでホッとしました。私だけじゃなくて遥も真っ赤になって

このページを読んでたみたいです。

 私がどんなお仕置きをしたかお訊ねでしたので、あの後、遥にどんな責めをしたか、

告白を続けたいと思います。

 プールから上がった私はそのまま更衣室に向かいました。横目で軽く睨むと、遥は

すまなそうにうつむいてます。やりすぎたって気づいたんでしょうね。二人の力関係

が逆転したわけです。

 私の方は、お仕置きの内容を考えて内心ニヤニヤしてましたけど(笑。

 更衣室は人が多すぎて、一度シャワールームに戻ります。

 シャワールームに二人で入った私は、バイブをアソコに入れて落とさずに部屋まで

歩くよう遥に命じました。もちろん私のお仕置きはそれだけじゃないんですが、遥は

ホッとしたような顔でむしろいそいそと命令に従うんです。

 バイブは市販の小さいリモコンタイプでしたが、シャワーの水音にまぎれてお股を

広げさせ、充血し始めたおま*このふちを焦らしながら奥まで押し込んであげると、

気持ち良さそうに目を閉じて、うっと喘ぎ声を洩らしたりしています。

「ふふ、ダメよ遥。オシオキなんだから、喘ぎ声だしたら追加でイジワルだからね」

「う、ぅぅ‥‥分かってるけどォ」

 自分が責められる番になると途端に弱い遥。声だって甘いおねだりになっちゃって、

このギャップが私のイジワルな心を煽るんです。

 ひょっとしたら彼女、自分がされたい事を私にするのかもしれないですね。

「さ、行くわよ。着替えて食事しよう」

「う、うん」

 うなずきながらも、遥はうわのそら。

 感じすぎて抜けちゃいそうなのか、しきりにもじもじしてスカートに手をやります。

 着替え終わってもそんな感じ、私との会話もいい加減で。

 だから思いついたんです。

「ねぇ遥、両手を背中にまわしてジッとしててね」

「う、うん」

 びくっと震えつつも、遥は従順に言われた通りの姿勢をとります。その手を後ろ手

に組ませて、重ねた小指の根元を髪止めのゴムできつぅく縛っちゃいました。

「‥‥そ、そんなぁ」

 なにをされたか分かって、遥の顔がみるみる奴隷の色に溶けていきます。しきりに

もぞもぞ悶えてますが、そんな程度じゃほどけません。Hな小説で覚えた縛り方で、

簡単そうでも意外にほどけないんですよ。

「さ、行くわよ。私よりのろのろ歩いてたら、一つづつメモリを大きくするからね」

「なぎっチ‥‥優しく、して」

「うふふ、それはあなた次第ねぇ」

 さっきとはうって変わって心なしかベソ顔の遥。私を苛めるときの遥も好きですが、

Mモードですがってくる遥を突き放すのもゾクゾクッと感じてしまいます。

 プール前のラウンジには、のんびりと一休みしている人たちがたくさんいました。

それこそ家族連れやカップルも多くて、膝丈何センチなんて計るのがバカらしいほど

短い大胆なミニスカート姿にオドロキの目を向けてきます。

「良かったわね、遥。あなた注目の的よ、もっと見られたいんでしょ」

「‥‥」

 遥は頬を赤くしちゃって、何度もイヤイヤをしてします。快感をこらえているんで

しょうね、声も出せないって感じで、バイブがお股からずり落ちそうなのか歩き方が

もう内股なんです。

 さっきのジャグジーでの私と同じ。

 せっぱつまって、それが全部快感に変わっちゃうアレ。

 露出っ娘じゃないと、このクセになる味は分からないですよね(笑)

 で、ちょっとイジワルしたくなった私は、とりだしたハンカチを床に落としました。

「あ、ゴメンね遥。ハンカチ取ってくれないかしら? 当然、手を使わないでね」

「う、うそぉ‥‥ナギっち、その‥‥ここで、やるの?」

 私は黙ったまま、微笑むだけ。

 これ、私と遥が良くやる露出ゲームの一つです。ノーパンでわざとしゃがんだり、

階段でパンプス直すフリして下から来る男性に見せつけたり。

 やめようよぉ‥‥すがりつく上目づかいの遥を愛おしく眺めて、リモコンをカチリ。

とたんにブルブルッとミニスカート姿がよじれ、膝が砕けそうになります。

 「‥‥うぅぅ」

 本気だって分かったらしく、目を伏せた遥はおそるおそるしゃがみこみました。

 後ろ手のまま、いかにもぎこちなく屈みこんで床のハンカチを咥えようとする遥。

床に顔を這わせ、そっと唇を開いて‥‥今、彼女のなかでは快感と羞恥が葛藤してる

んです。それを思うと、命じた私までがどきどき興奮して、忘れていた惨めさに身体

の芯が疼いてきちゃいます。

 ほの暗い照明の中で、空調の風にスカートがふわりとめくれます。

 つるっと滑らかな、それでいてむっちり肉づく悩ましいお尻が丸出しになった瞬間、

さぁっと波が引くようにラウンジが静まりかえりました。エッチなお尻に、ワレメに

うずもれたバイブの蛍光色までがはっきり覗いて、いやらしすぎる光景です。

「‥‥!!」

 自分の姿に気づいたんでしょう。遥の身体が大きく跳ね、痙攣しました。ぷるんと

弾んだ下半身から、ぬらついた雫がゆっくりしたたって絨毯を汚していきます。宙で

お尻が何度も揺れて、それでも遥はハンカチを咥えるのをやめようとしません。

 私が許さないって、知っているからなんですね。

 呆然として声もない中、彼女がもう少しで咥そうになるたび、リモコンをいじって

遥を悶えさせます。やっと許した時には、しゃがんだ膝から太ももまでがドロドロに

汚れて、足元の絨毯にしずく溜まりができていました。

「よくやったわ、遥。大好きよ」

「んッ」

 人目もかまわず濃厚なディープキスをごほうびに重ねて、すぐにその場を離れます。

 その後も、意味もなく2階のロビーまで下りてホールの階段をつれまわし、最後は

部屋の前の長い廊下で、思いきりバイブを生み落とさせました。

 廊下の真ん中で大股開きのはるかは、目に涙を溜めて快感に酔っていました。

 お互い、虐める時には容赦しないってのが、快感に溺れるコツかなって思います。

なんかまた長文ですみません。オシオキは以上です(^^



>なぎさへ

 リクエストに応えてくれてありがとう。あなたたちの告白、読者の反響が多いわよ。

今月の会誌にも、この間許可をもらったあなたたちの写真も掲載しておいたわ。パス

ワードを使ってページにアクセスしてみてね。他の子の告白や写真なんかも、きっと

なぎさたちの刺激になると思うから。

 それより、なぎさの責めの方がずっとキツイように思ったのだけど、どうかしら。

露出仲間というより二人は恋人同士みたいね。それにSMそのものへの興味が大きい

ようだし‥‥その辺の話なんかも聞かせて欲しいわ。



>裕里様

 そ、それは‥‥遥がハードなの好きなんです(アセアセ

 裕里様のメールを見て「ナギっちも、早くキツい責めになれなきゃ」なんて笑顔で

迫ってくるんです。これは、この次が大変かもしれません。

 あと、私たちは最初SMが好きになって、それから見られる快感を知ったので、他

露出っ娘の方たちとはちょっと違うのかもですね。

 レポートがたまってて今月は忙しいですが、いずれその辺もお話します。



>なぎさへ

 やっぱりか。SM好きな子が露出の快感にめざめるってのもけっこう多いみたい。

なぎさたちも、そっちからだったのね。

 送ってくれた写真もね、かなりすごいの。会員じゃない読者のために説明すると、

公園らしき場所で、子供たちの真ん中で彼女が裸になってほほえんでいるって写真。

昼間、それも人気の多いところみたいで、かなりリスキーな露出なのよね。

 あなたたちの馴れ初めも、そうね、聞かせて欲しいわ。

 そういえば、まだほとんど露出の課題を出してあげていないのよね(笑

 ま、もう少し、あなたたちの話を聞かせてね。



>裕里様

 ごぶさたしております、なぎさです。

 大学のレポート、間に合わなくなって教授に大目玉でした(T0T)

 資料を調べなければいけないので大学図書館を利用しているんですが、遥がキャン

パスまでついてきちゃったんです。それで、ヒドイ事になって‥‥

 うちの図書館ってPCのモニタでデータベースを検索できるので、ちょうどネット

カフェみたいにブースに座ったままで資料を調べることができます。そのブースって

言うのが、パーテーションと腰までの高さのドアで区切られていて、使用中かどうか

分かっても、中で何をしているのかまでは分からないようになっています。

この話、以前なにかの折にうっかり遥に教えちゃったんです。

 いま思えばそれがマズかったですよね~。電話で会話している時に、レポートの話

を知った遥が手伝うって言いだすんです。

「で、明日はあのミニスカート履いてきてよ。この間、一緒に買った服、ナギっちが

着てるのみたことない~」

「ヤダよ、あれすごい短いから。大学じゃイヤ。私は勉強に行くんだよ、高校生

「わ、年上風を吹かすかぁ? あの服、なぎっちに似合うのにぃ」

 のにぃ、の語尾にハートマークがつく口調っていえば伝わるでしょうか(笑)

 しまいには、

「なんだよ~、ナギっちが着てこないならアタシが恥ずかしい格好してくるから!」

「ちょ、ちょっと遥ったら」

 デートの予定つぶされたくなかったんでしょう、遥は。

 だけど、その遥の一途さが、翌日とんでもないことを引き起こすんです。

 ちょっと長くなるので、続きます。





                         Totaldaily-



Draft Back Next bbs ENTRance



服なんかいらないっ! 







>裕里様

 こんばんは、なぎさです。

 楽しんでいただけたようでホッとしました。私だけじゃなくて遥も真っ赤になって

このページを読んでたみたいです。

 私がどんなお仕置きをしたかお訊ねでしたので、あの後、遥にどんな責めをしたか、

告白を続けたいと思います。

 プールから上がった私はそのまま更衣室に向かいました。横目で軽く睨むと、遥は

すまなそうにうつむいてます。やりすぎたって気づいたんでしょうね。二人の力関係

が逆転したわけです。

 私の方は、お仕置きの内容を考えて内心ニヤニヤしてましたけど(笑。

 更衣室は人が多すぎて、一度シャワールームに戻ります。

 シャワールームに二人で入った私は、バイブをアソコに入れて落とさずに部屋まで

歩くよう遥に命じました。もちろん私のお仕置きはそれだけじゃないんですが、遥は

ホッとしたような顔でむしろいそいそと命令に従うんです。

 バイブは市販の小さいリモコンタイプでしたが、シャワーの水音にまぎれてお股を

広げさせ、充血し始めたおま*このふちを焦らしながら奥まで押し込んであげると、

気持ち良さそうに目を閉じて、うっと喘ぎ声を洩らしたりしています。

「ふふ、ダメよ遥。オシオキなんだから、喘ぎ声だしたら追加でイジワルだからね」

「う、ぅぅ‥‥分かってるけどォ」

 自分が責められる番になると途端に弱い遥。声だって甘いおねだりになっちゃって、

このギャップが私のイジワルな心を煽るんです。

 ひょっとしたら彼女、自分がされたい事を私にするのかもしれないですね。

「さ、行くわよ。着替えて食事しよう」

「う、うん」

 うなずきながらも、遥はうわのそら。

 感じすぎて抜けちゃいそうなのか、しきりにもじもじしてスカートに手をやります。

 着替え終わってもそんな感じ、私との会話もいい加減で。

 だから思いついたんです。

「ねぇ遥、両手を背中にまわしてジッとしててね」

「う、うん」

 びくっと震えつつも、遥は従順に言われた通りの姿勢をとります。その手を後ろ手

に組ませて、重ねた小指の根元を髪止めのゴムできつぅく縛っちゃいました。

「‥‥そ、そんなぁ」

 なにをされたか分かって、遥の顔がみるみる奴隷の色に溶けていきます。しきりに

もぞもぞ悶えてますが、そんな程度じゃほどけません。Hな小説で覚えた縛り方で、

簡単そうでも意外にほどけないんですよ。

「さ、行くわよ。私よりのろのろ歩いてたら、一つづつメモリを大きくするからね」

「なぎっチ‥‥優しく、して」

「うふふ、それはあなた次第ねぇ」

 さっきとはうって変わって心なしかベソ顔の遥。私を苛めるときの遥も好きですが、

Mモードですがってくる遥を突き放すのもゾクゾクッと感じてしまいます。

 プール前のラウンジには、のんびりと一休みしている人たちがたくさんいました。

それこそ家族連れやカップルも多くて、膝丈何センチなんて計るのがバカらしいほど

短い大胆なミニスカート姿にオドロキの目を向けてきます。

「良かったわね、遥。あなた注目の的よ、もっと見られたいんでしょ」

「‥‥」

 遥は頬を赤くしちゃって、何度もイヤイヤをしてします。快感をこらえているんで

しょうね、声も出せないって感じで、バイブがお股からずり落ちそうなのか歩き方が

もう内股なんです。

 さっきのジャグジーでの私と同じ。

 せっぱつまって、それが全部快感に変わっちゃうアレ。

 露出っ娘じゃないと、このクセになる味は分からないですよね(笑)

 で、ちょっとイジワルしたくなった私は、とりだしたハンカチを床に落としました。

「あ、ゴメンね遥。ハンカチ取ってくれないかしら? 当然、手を使わないでね」

「う、うそぉ‥‥ナギっち、その‥‥ここで、やるの?」

 私は黙ったまま、微笑むだけ。

 これ、私と遥が良くやる露出ゲームの一つです。ノーパンでわざとしゃがんだり、

階段でパンプス直すフリして下から来る男性に見せつけたり。

 やめようよぉ‥‥すがりつく上目づかいの遥を愛おしく眺めて、リモコンをカチリ。

とたんにブルブルッとミニスカート姿がよじれ、膝が砕けそうになります。

 「‥‥うぅぅ」

 本気だって分かったらしく、目を伏せた遥はおそるおそるしゃがみこみました。

 後ろ手のまま、いかにもぎこちなく屈みこんで床のハンカチを咥えようとする遥。

床に顔を這わせ、そっと唇を開いて‥‥今、彼女のなかでは快感と羞恥が葛藤してる

んです。それを思うと、命じた私までがどきどき興奮して、忘れていた惨めさに身体

の芯が疼いてきちゃいます。

 ほの暗い照明の中で、空調の風にスカートがふわりとめくれます。

 つるっと滑らかな、それでいてむっちり肉づく悩ましいお尻が丸出しになった瞬間、

さぁっと波が引くようにラウンジが静まりかえりました。エッチなお尻に、ワレメに

うずもれたバイブの蛍光色までがはっきり覗いて、いやらしすぎる光景です。

「‥‥!!」

 自分の姿に気づいたんでしょう。遥の身体が大きく跳ね、痙攣しました。ぷるんと

弾んだ下半身から、ぬらついた雫がゆっくりしたたって絨毯を汚していきます。宙で

お尻が何度も揺れて、それでも遥はハンカチを咥えるのをやめようとしません。

 私が許さないって、知っているからなんですね。

 呆然として声もない中、彼女がもう少しで咥そうになるたび、リモコンをいじって

遥を悶えさせます。やっと許した時には、しゃがんだ膝から太ももまでがドロドロに

汚れて、足元の絨毯にしずく溜まりができていました。

「よくやったわ、遥。大好きよ」

「んッ」

 人目もかまわず濃厚なディープキスをごほうびに重ねて、すぐにその場を離れます。

 その後も、意味もなく2階のロビーまで下りてホールの階段をつれまわし、最後は

部屋の前の長い廊下で、思いきりバイブを生み落とさせました。

 廊下の真ん中で大股開きのはるかは、目に涙を溜めて快感に酔っていました。

 お互い、虐める時には容赦しないってのが、快感に溺れるコツかなって思います。

なんかまた長文ですみません。オシオキは以上です(^^



>なぎさへ

 リクエストに応えてくれてありがとう。あなたたちの告白、読者の反響が多いわよ。

今月の会誌にも、この間許可をもらったあなたたちの写真も掲載しておいたわ。パス

ワードを使ってページにアクセスしてみてね。他の子の告白や写真なんかも、きっと

なぎさたちの刺激になると思うから。

 それより、なぎさの責めの方がずっとキツイように思ったのだけど、どうかしら。

露出仲間というより二人は恋人同士みたいね。それにSMそのものへの興味が大きい

ようだし‥‥その辺の話なんかも聞かせて欲しいわ。



>裕里様

 そ、それは‥‥遥がハードなの好きなんです(アセアセ

 裕里様のメールを見て「ナギっちも、早くキツい責めになれなきゃ」なんて笑顔で

迫ってくるんです。これは、この次が大変かもしれません。

 あと、私たちは最初SMが好きになって、それから見られる快感を知ったので、他

露出っ娘の方たちとはちょっと違うのかもですね。

 レポートがたまってて今月は忙しいですが、いずれその辺もお話します。



>なぎさへ

 やっぱりか。SM好きな子が露出の快感にめざめるってのもけっこう多いみたい。

なぎさたちも、そっちからだったのね。

 送ってくれた写真もね、かなりすごいの。会員じゃない読者のために説明すると、

公園らしき場所で、子供たちの真ん中で彼女が裸になってほほえんでいるって写真。

昼間、それも人気の多いところみたいで、かなりリスキーな露出なのよね。

 あなたたちの馴れ初めも、そうね、聞かせて欲しいわ。

 そういえば、まだほとんど露出の課題を出してあげていないのよね(笑

 ま、もう少し、あなたたちの話を聞かせてね。



>裕里様

 ごぶさたしております、なぎさです。

 大学のレポート、間に合わなくなって教授に大目玉でした(T0T)

 資料を調べなければいけないので大学図書館を利用しているんですが、遥がキャン

パスまでついてきちゃったんです。それで、ヒドイ事になって‥‥

 うちの図書館ってPCのモニタでデータベースを検索できるので、ちょうどネット

カフェみたいにブースに座ったままで資料を調べることができます。そのブースって

言うのが、パーテーションと腰までの高さのドアで区切られていて、使用中かどうか

分かっても、中で何をしているのかまでは分からないようになっています。

この話、以前なにかの折にうっかり遥に教えちゃったんです。

 いま思えばそれがマズかったですよね~。電話で会話している時に、レポートの話

を知った遥が手伝うって言いだすんです。

「で、明日はあのミニスカート履いてきてよ。この間、一緒に買った服、ナギっちが

着てるのみたことない~」

「ヤダよ、あれすごい短いから。大学じゃイヤ。私は勉強に行くんだよ、高校生

「わ、年上風を吹かすかぁ? あの服、なぎっちに似合うのにぃ」

 のにぃ、の語尾にハートマークがつく口調っていえば伝わるでしょうか(笑)

 しまいには、

「なんだよ~、ナギっちが着てこないならアタシが恥ずかしい格好してくるから!」

「ちょ、ちょっと遥ったら」

 デートの予定つぶされたくなかったんでしょう、遥は。

 だけど、その遥の一途さが、翌日とんでもないことを引き起こすんです。

 ちょっと長くなるので、続きます。





                         Totaldaily-



Draft Back Next bbs ENTRance





服なんかいらないっ! 4

をご覧下さい)





>裕里様

「いいわ。じゃナギっち、立って」

 遙の命令に、私は耳を疑いました。

 だってそうです。いくら奴隷の誓いをしたからって、私がこの大学で自分の性癖を

隠してるのは遙だって知っているし、お互い相手の嫌がることはしないっていうのが

私たちのルールなんです。

「ど、どうして」

「うふふ、だってナギっち、カラダが見られたがってるよ?」

「‥‥ウソッ!」

学校の中をひきまわしてあげるって、言わなかったっけ?」

 動揺してたじろくと、ギシッと縄が締まり、声にならない惨めな吐息があふれます。

 遙‥‥本気だ。目が全然笑ってない‥‥

 ゾクゾクゾクッと、心底からおののきの止まらないカラダ。熱い火照りとシンクロ

して、おさまるどころかますます意識が昂ぶらされて。

「ほら、立つの」

「‥‥ンッ、ンクッ」

 縄を曳かれれば縛められた身の哀しさ、痛みまじりの被虐感が全身をつらぬいて

反発の気力を奪ってしまいます。まるで、ペットかなにかのように扱われる浅ましさ。

必死になって後ろ手の手首をもがかせ、上半身を揺すり上げて。

「ダメよ。抵抗するの」

「ンッ!!!」

 ふっと顔をかぶせられるなり、再び唇を奪われました。

 ピチピチ陸の上で弾む魚のように無意味に跳ねる手首をつかまれ、指を絡められて。

恐怖と、わななきと‥‥トクンとわきあがりだす、幾重にも重なった愉悦の波。

 それらすべてを、遙のいとおしいディープキスが飲み込んでいきます。

「ねぇ、ナギっち」

「‥‥」

 私は返事もできないくらい怯えて、きゅっと眉をひそめていました。力が抜けたら

泣きだしてしまいそうで、震えをこらえるのが精一杯。

 その私に、後ろ手に縛られた緊縛姿の上からジャケットをはおらせて。

 抱きしめられたまま、ほっそりと私を狂わせる指先が、汚れたショーツをつつっと

ずり下ろしていって。たえまないキスの雨に感じさせられながら膝を曲げさせられ、

片足ずつショーツを脱がされて。

 ついに、下半身はパンプスとソックスだけの丸裸に剥かれてしまったんです。

 奉仕させられる緊縛奴隷にふさわしい惨めな裸身。

 思うだけで、キュンとカラダの芯が痛いぐらいにうずいてしまって。

「本当はナギっち、キャンパスの中で虐められたい、調教されたいってひそかな願望

があるでしょう」

 真摯な囁きに、ぎゅっと背筋がよじれそうになります。

 たしかにそうかもしれない‥‥けどこんな唐突に、奴隷にされてしまっただなんて。

「今なら人も少ないし。アタシを信じて。守ってあげるから」

 それとも、と唇を湿らせ、取りだした変装用のだてメガネを私にかけながら、

「ご主人さまが、信用できないの?」

 に、と笑う、セーラー服姿の年下女子高生

 大胆で、無邪気で、トラブルも良く起こすけど、でも、だからこそ。

 私は、彼女を、パートナーに選んだんです。

「‥‥守って、ね」

「うんうん。トイレまで歩かせてあげるから。たっぷり濡れて欲しいナ?」

「い、いつもの言葉を言って‥‥お願い、ご主人さま」

「愛してるわ、なぎっチ」

「‥‥うん」

 自分からカラダを預けると、一度だけ彼女が私を抱きしめ、周囲をたしかめて。

 そうして、縄を打たれた下半身まるだしの姿で‥‥

 私は、図書館の中を歩かされることに、なったんです。

 静寂にみちたブースの廊下には、たしかに人の気配が満ちています。真面目に勉強

する学生たちの雰囲気。そんな中、ひとりマゾの快楽に溺れ、奴隷の悩ましさに身を

焦がして裸身をよじらせているのは、もうどうしようもない感覚で‥‥

「おちついて。顔、あかくなりすぎ」

「‥‥ッッ」

 あふれそうな艶やかな吐息も必死でのみこみます。

 全身の肌という肌が、性感帯になったみたい。かすかな空調の流れさえもが毛穴を

なぶりたて、クラクラと気の遠くなるような刺激をもたらすんです。

 トップスの上からかっちり、SMの本格的な縛りを施されてしまって。

 後ろ手のままはおらされたジャケットがあまりに頼りなく、今にもめくれてカラダ

がさらされそうな心細さが心をすくませます。しかも、そのジャケットもショート丈。

お尻のラインが、濡れて煌く肉色のクレヴァスが、べったりはりつく縮れ毛が‥‥

「‥‥」

 すべて、丸見えになっているんです。

 一歩ごとに、ブースを離れるごとに足が浮き上がり、地についてない感じでした。 

肩を支えて隣を歩いてくれる遙だって、もしこの現場を人に見られたらどうしようも

ないでしょう。検索ブースを区切る扉がちょうど腰の高さで不透明だから、あらわな

下半身を人に見せずにすんでいるだけの話なんです。

奇跡めいた偶然に支えられた、まさに紙一重のハードな露出プレイ。

「‥‥恥ずかしいね、ナギっち。びっしょびしょ」

「う‥‥ぅン」

 うわ言のようにうなされ歩く廊下のなんと長いことか。

 言葉責めをしてくる遙の声まで上ずってしまうほど‥‥ううん、彼女の意地悪さえ

耳に届かないほど、私はグズグズに下腹部をとろけさせ、熱く淫靡な疼きに身を灼か

れていたんです。

 ひく、ひくと痙攣する縄掛けの身をよじらせ、かすかな物音や椅子の回転する音に

ビクンビクン反応しながらの道行き。

 ‥‥けれど、それはほんのプロローグだと、私はすぐに思い知ることになりました。

「あ、‥‥ウソ、まさか」

「行くのよ、ナギっち。奴隷がご主人様に逆らったら、きついオシオキなんだから」

「だ、だって、ここ‥‥」

 そう。

 それは、吹き抜けの近代的なホールにかかったキャットウォーク。

 図書館のエントランスにあたる階下には、まばらながらもひっきりなしに学生たち

が出入りするさまが見てとれます。私の姿を隠すのは絨毯敷きのキャットウォークと

胸ほどの高さの曇りガラスの壁のみ。

 けれど、そこを抜けないとどうしても、トイレにはたどりつけないんです。

 柱の影でブルブルと硬直してしまった私に背中からはりつき、遙が早口で囁きます。

「ここで凍っててもいいけど、いつ誰がトイレに出入りするか分からないわ」

「!」

「背筋をのばして、知らんぷりして歩いていれば気づかれないって‥‥ナギっちが、

まさか下半身すっぽんぽんのマゾ奴隷だなんて」

「ぃぅッ!」

 ヒドイ言葉でいたぶられ、それだけでコプコプとあふれだす熱いオツユ。掌にすく

われ、アリの門渡りからお尻の穴の周りにまで塗りつけられて、歯をかみ鳴らしつつ

ムリヤリに浅いアクメへと何度も昇りつめていってしまうんです。

「イイ? 合図したら、自分から出て行くのよ」

 私は縄を握って後ろからついていってあげるから、と命令を吹きこむ遙。

 ガクガク乱れっぱなしのまま、もう抵抗する余力も意識もなく、苛め抜かれながら

従順な奴隷そのままにコクコクうなずいて。

 3つも年下のご主人様に、ただただ言うなりに調教されていく惨めな気持ちよさ。

 愛しい遙の責めは苛烈で、それだけに私を狂わせてしまいます。

 緊縛され、下半身丸出しにされ、縄を曳かれてすっかり出来上がってしまった私。

このまま、焦らされっぱなしで半ばイキかけたカラダが疼くのを我慢しつつ、平静を

よそおってこの奴隷のカラダでキャットウォークを渡りきるしかないんです。

 絶体絶命の羞恥責め。

 くいと縄をとられ、よろめく足に力を込め、パンプスをもつれさせながら。

 もう逃げ場なんてどこにもないから。

「う‥‥ンンッ、狂っちゃ、死んじゃうょォォ‥‥」

 呟きつつ、私は渡り廊下に足をかけ、引き返せない道行きに踏みだしたんです。

 ガクガク笑う膝。

 熱くたぎって、ひくひく渦巻くおま*この奥。

 2・3歩歩かないうちに、ざわっと小さな声が階下で上がります。

 その理由がなんなのか‥‥確かめる勇気すらなくて、ただただ横顔を耳まで染めて。

違う。私の事じゃない。そう思っても、つきささる視線を意識してしまうんです。

 ウソ、ウソ‥‥みんなに見られてる‥‥

 私が下半身すっぽんぽんだって、バレかかってるぅ‥‥

 いくら半透明といっても、曇りガラスを通して階下に映るのは、のっぺりした肌色

一色の下半身。そんな女性がうなじまで上気させ、わざと胸を突きだすポーズで歩い

ていたら。それはどう見えるのか。

 考えるまもなく理性が吹き飛び、廊下の感触さえおぼろになってしまうんです。

 見られて、想像されて、視線から逃れるすべなどなくて。

 しかも実態はそれどころじゃないんですから。ジャケットの下で縛られて、手首を

しっかり握られながら歩かされているんですから。

「‥‥ンァ、ふ、ンく」

 喉だけがひりつき、永遠の無限のような視線を、ようやく振りきって‥‥ 

 向こう側の女子トイレに入ったとき、私はもはや立っていられず、ガクリと両膝を

崩してタイルにへたりこんでしまっていました。

 頭がズキズキと熱く、意識の隅にはもやさえかかってしまっていて。

「よくやったわ、ナギっち」

「は、遙ァ」

 もう、たまらなくて。刺激に身を焦がされ、焦らされきったカラダは悶絶しそうで。

見下ろす遙の足にカラダを押しつけると、遙がひそやかに微笑んで‥‥

「いいわ、ごほうびあげるから。たっぷり、イッてね?」

「‥‥‥‥!!!!」

 そのあとは、もう‥‥

 グチャグチャにオツユで汚れてしまったクレヴァスのほとりを指でかきわけられ、

快感を求めてひくつきよがり狂うその部分に遠慮なくバイブレーターをつきこまれて

‥‥

 一声、のような声をあげたところまでは覚えています。

 あわてた遙にボールギャグをはめられたことも。

 でも、そのあとはただただ、延々とイカされ続けて‥‥

 その日一日、淫らな縄化粧のまま、私は検索ブースに戻ったあとも遙のおもちゃ

されてしまったんです‥‥

 だから、その日は、アウトラインだけ作った原稿もそのままで、レポートは未完成。

そのせいで、サブゼミの教授には後日たっぷり油を絞られてしまいました。





>なぎさへ

 おつかれさまー。すごく丁寧に書いてあって、私も楽しめました。

 やっぱり思うのは、なぎさはパートナーにめぐまれているのね、ってこと。3歳も

下なのに、遙は充分、調教師の素質を持っているみたいね。

 さて、せっかくだから、少し注文とかつけてみようかしら。なにしろ、この間から

課題らしい課題を出していないものね(笑

 今回の露出、悪くないけど、もっと深いものにはできたと思うわ。

 たとえば、キャットウォークのシーンもあらかじめスカートや手錠の鍵がトイレ

個室にあって、どうしても取りにいくしかない、なんてなると露出プレイのスリルや

必死感が増すんじゃないかしら。

 せっかくギリギリの、それこそ大学生活をかけてスリルを味わっているんだから、

もっとスパイスを効かせてもいいと思うしね。

 とにかく、堪能させていただいたわ。また読者のファンが増えたんじゃないかしら。

なかには「うちの生徒かも」なんて心当たりのある学生もいたりしてね(^^;





>裕里様

 それは、ちょっとカンベンです(汗>心当たりの

 やっぱり遙と一緒だから、彼女だから、カラダを、自由をまかせられるって思いは

あります。あの子も、私と一緒だから露出プレイに興奮するっていってくれますし。

お互い少し嗜好は違うけど、相手を求め合っているのは一緒なんですね。

 提案、非常に興味深く読みました。

 もっともっとエッチにできるんですね、そうやっていくと。うーん、目からウロコ

です。次は、色々と試してみたいなぁと思います。





>なぎさへ

 うふふ、頑張ってね。

 ところで、課題をひとつ思いついたので、期限は切らずに言っておきます。

 あなたたちの告白を読み返して思ったのだけど、だいたいいつも二人が交互に責め

役と責められ役、ご主人様と露出っ娘をやっているわよね。

 相性がいいのは素敵だけど、でも今のは結局、守ってくれる人がいるから安心して

露出しているって感じがしてならないの。本当に追いつめられた、ギリギリの感じが

しないのはそのせいじゃないかしら。

 そこで、課題です。

 なぎさと遙、二人で裸になって、露出プレイをしてみてちょうだい。

 今度はだれも守ってくれないわ。通行人に見つかったら、二人一緒に犯されるかも。

すごく危険だし、怖いけど、でも快感のステージも違うはず。

 場所は指定しないわ。まずは、自分たちでできるところからやってみて。

 報告、期待しているわね。





                         Totaldaily-



Draft Back Next bbs ENTRance





服なんかいらないっ! 5

服なんかいらないっ! 4

をご覧下さい)





>裕里様

「いいわ。じゃナギっち、立って」

 遙の命令に、私は耳を疑いました。

 だってそうです。いくら奴隷の誓いをしたからって、私がこの大学で自分の性癖を

隠してるのは遙だって知っているし、お互い相手の嫌がることはしないっていうのが

私たちのルールなんです。

「ど、どうして」

「うふふ、だってナギっち、カラダが見られたがってるよ?」

「‥‥ウソッ!」

学校の中をひきまわしてあげるって、言わなかったっけ?」

 動揺してたじろくと、ギシッと縄が締まり、声にならない惨めな吐息があふれます。

 遙‥‥本気だ。目が全然笑ってない‥‥

 ゾクゾクゾクッと、心底からおののきの止まらないカラダ。熱い火照りとシンクロ

して、おさまるどころかますます意識が昂ぶらされて。

「ほら、立つの」

「‥‥ンッ、ンクッ」

 縄を曳かれれば縛められた身の哀しさ、痛みまじりの被虐感が全身をつらぬいて

反発の気力を奪ってしまいます。まるで、ペットかなにかのように扱われる浅ましさ。

必死になって後ろ手の手首をもがかせ、上半身を揺すり上げて。

「ダメよ。抵抗するの」

「ンッ!!!」

 ふっと顔をかぶせられるなり、再び唇を奪われました。

 ピチピチ陸の上で弾む魚のように無意味に跳ねる手首をつかまれ、指を絡められて。

恐怖と、わななきと‥‥トクンとわきあがりだす、幾重にも重なった愉悦の波。

 それらすべてを、遙のいとおしいディープキスが飲み込んでいきます。

「ねぇ、ナギっち」

「‥‥」

 私は返事もできないくらい怯えて、きゅっと眉をひそめていました。力が抜けたら

泣きだしてしまいそうで、震えをこらえるのが精一杯。

 その私に、後ろ手に縛られた緊縛姿の上からジャケットをはおらせて。

 抱きしめられたまま、ほっそりと私を狂わせる指先が、汚れたショーツをつつっと

ずり下ろしていって。たえまないキスの雨に感じさせられながら膝を曲げさせられ、

片足ずつショーツを脱がされて。

 ついに、下半身はパンプスとソックスだけの丸裸に剥かれてしまったんです。

 奉仕させられる緊縛奴隷にふさわしい惨めな裸身。

 思うだけで、キュンとカラダの芯が痛いぐらいにうずいてしまって。

「本当はナギっち、キャンパスの中で虐められたい、調教されたいってひそかな願望

があるでしょう」

 真摯な囁きに、ぎゅっと背筋がよじれそうになります。

 たしかにそうかもしれない‥‥けどこんな唐突に、奴隷にされてしまっただなんて。

「今なら人も少ないし。アタシを信じて。守ってあげるから」

 それとも、と唇を湿らせ、取りだした変装用のだてメガネを私にかけながら、

「ご主人さまが、信用できないの?」

 に、と笑う、セーラー服姿の年下女子高生

 大胆で、無邪気で、トラブルも良く起こすけど、でも、だからこそ。

 私は、彼女を、パートナーに選んだんです。

「‥‥守って、ね」

「うんうん。トイレまで歩かせてあげるから。たっぷり濡れて欲しいナ?」

「い、いつもの言葉を言って‥‥お願い、ご主人さま」

「愛してるわ、なぎっチ」

「‥‥うん」

 自分からカラダを預けると、一度だけ彼女が私を抱きしめ、周囲をたしかめて。

 そうして、縄を打たれた下半身まるだしの姿で‥‥

 私は、図書館の中を歩かされることに、なったんです。

 静寂にみちたブースの廊下には、たしかに人の気配が満ちています。真面目に勉強

する学生たちの雰囲気。そんな中、ひとりマゾの快楽に溺れ、奴隷の悩ましさに身を

焦がして裸身をよじらせているのは、もうどうしようもない感覚で‥‥

「おちついて。顔、あかくなりすぎ」

「‥‥ッッ」

 あふれそうな艶やかな吐息も必死でのみこみます。

 全身の肌という肌が、性感帯になったみたい。かすかな空調の流れさえもが毛穴を

なぶりたて、クラクラと気の遠くなるような刺激をもたらすんです。

 トップスの上からかっちり、SMの本格的な縛りを施されてしまって。

 後ろ手のままはおらされたジャケットがあまりに頼りなく、今にもめくれてカラダ

がさらされそうな心細さが心をすくませます。しかも、そのジャケットもショート丈。

お尻のラインが、濡れて煌く肉色のクレヴァスが、べったりはりつく縮れ毛が‥‥

「‥‥」

 すべて、丸見えになっているんです。

 一歩ごとに、ブースを離れるごとに足が浮き上がり、地についてない感じでした。 

肩を支えて隣を歩いてくれる遙だって、もしこの現場を人に見られたらどうしようも

ないでしょう。検索ブースを区切る扉がちょうど腰の高さで不透明だから、あらわな

下半身を人に見せずにすんでいるだけの話なんです。

奇跡めいた偶然に支えられた、まさに紙一重のハードな露出プレイ。

「‥‥恥ずかしいね、ナギっち。びっしょびしょ」

「う‥‥ぅン」

 うわ言のようにうなされ歩く廊下のなんと長いことか。

 言葉責めをしてくる遙の声まで上ずってしまうほど‥‥ううん、彼女の意地悪さえ

耳に届かないほど、私はグズグズに下腹部をとろけさせ、熱く淫靡な疼きに身を灼か

れていたんです。

 ひく、ひくと痙攣する縄掛けの身をよじらせ、かすかな物音や椅子の回転する音に

ビクンビクン反応しながらの道行き。

 ‥‥けれど、それはほんのプロローグだと、私はすぐに思い知ることになりました。

「あ、‥‥ウソ、まさか」

「行くのよ、ナギっち。奴隷がご主人様に逆らったら、きついオシオキなんだから」

「だ、だって、ここ‥‥」

 そう。

 それは、吹き抜けの近代的なホールにかかったキャットウォーク。

 図書館のエントランスにあたる階下には、まばらながらもひっきりなしに学生たち

が出入りするさまが見てとれます。私の姿を隠すのは絨毯敷きのキャットウォークと

胸ほどの高さの曇りガラスの壁のみ。

 けれど、そこを抜けないとどうしても、トイレにはたどりつけないんです。

 柱の影でブルブルと硬直してしまった私に背中からはりつき、遙が早口で囁きます。

「ここで凍っててもいいけど、いつ誰がトイレに出入りするか分からないわ」

「!」

「背筋をのばして、知らんぷりして歩いていれば気づかれないって‥‥ナギっちが、

まさか下半身すっぽんぽんのマゾ奴隷だなんて」

「ぃぅッ!」

 ヒドイ言葉でいたぶられ、それだけでコプコプとあふれだす熱いオツユ。掌にすく

われ、アリの門渡りからお尻の穴の周りにまで塗りつけられて、歯をかみ鳴らしつつ

ムリヤリに浅いアクメへと何度も昇りつめていってしまうんです。

「イイ? 合図したら、自分から出て行くのよ」

 私は縄を握って後ろからついていってあげるから、と命令を吹きこむ遙。

 ガクガク乱れっぱなしのまま、もう抵抗する余力も意識もなく、苛め抜かれながら

従順な奴隷そのままにコクコクうなずいて。

 3つも年下のご主人様に、ただただ言うなりに調教されていく惨めな気持ちよさ。

 愛しい遙の責めは苛烈で、それだけに私を狂わせてしまいます。

 緊縛され、下半身丸出しにされ、縄を曳かれてすっかり出来上がってしまった私。

このまま、焦らされっぱなしで半ばイキかけたカラダが疼くのを我慢しつつ、平静を

よそおってこの奴隷のカラダでキャットウォークを渡りきるしかないんです。

 絶体絶命の羞恥責め。

 くいと縄をとられ、よろめく足に力を込め、パンプスをもつれさせながら。

 もう逃げ場なんてどこにもないから。

「う‥‥ンンッ、狂っちゃ、死んじゃうょォォ‥‥」

 呟きつつ、私は渡り廊下に足をかけ、引き返せない道行きに踏みだしたんです。

 ガクガク笑う膝。

 熱くたぎって、ひくひく渦巻くおま*この奥。

 2・3歩歩かないうちに、ざわっと小さな声が階下で上がります。

 その理由がなんなのか‥‥確かめる勇気すらなくて、ただただ横顔を耳まで染めて。

違う。私の事じゃない。そう思っても、つきささる視線を意識してしまうんです。

 ウソ、ウソ‥‥みんなに見られてる‥‥

 私が下半身すっぽんぽんだって、バレかかってるぅ‥‥

 いくら半透明といっても、曇りガラスを通して階下に映るのは、のっぺりした肌色

一色の下半身。そんな女性がうなじまで上気させ、わざと胸を突きだすポーズで歩い

ていたら。それはどう見えるのか。

 考えるまもなく理性が吹き飛び、廊下の感触さえおぼろになってしまうんです。

 見られて、想像されて、視線から逃れるすべなどなくて。

 しかも実態はそれどころじゃないんですから。ジャケットの下で縛られて、手首を

しっかり握られながら歩かされているんですから。

「‥‥ンァ、ふ、ンく」

 喉だけがひりつき、永遠の無限のような視線を、ようやく振りきって‥‥ 

 向こう側の女子トイレに入ったとき、私はもはや立っていられず、ガクリと両膝を

崩してタイルにへたりこんでしまっていました。

 頭がズキズキと熱く、意識の隅にはもやさえかかってしまっていて。

「よくやったわ、ナギっち」

「は、遙ァ」

 もう、たまらなくて。刺激に身を焦がされ、焦らされきったカラダは悶絶しそうで。

見下ろす遙の足にカラダを押しつけると、遙がひそやかに微笑んで‥‥

「いいわ、ごほうびあげるから。たっぷり、イッてね?」

「‥‥‥‥!!!!」

 そのあとは、もう‥‥

 グチャグチャにオツユで汚れてしまったクレヴァスのほとりを指でかきわけられ、

快感を求めてひくつきよがり狂うその部分に遠慮なくバイブレーターをつきこまれて

‥‥

 一声、のような声をあげたところまでは覚えています。

 あわてた遙にボールギャグをはめられたことも。

 でも、そのあとはただただ、延々とイカされ続けて‥‥

 その日一日、淫らな縄化粧のまま、私は検索ブースに戻ったあとも遙のおもちゃ

されてしまったんです‥‥

 だから、その日は、アウトラインだけ作った原稿もそのままで、レポートは未完成。

そのせいで、サブゼミの教授には後日たっぷり油を絞られてしまいました。





>なぎさへ

 おつかれさまー。すごく丁寧に書いてあって、私も楽しめました。

 やっぱり思うのは、なぎさはパートナーにめぐまれているのね、ってこと。3歳も

下なのに、遙は充分、調教師の素質を持っているみたいね。

 さて、せっかくだから、少し注文とかつけてみようかしら。なにしろ、この間から

課題らしい課題を出していないものね(笑

 今回の露出、悪くないけど、もっと深いものにはできたと思うわ。

 たとえば、キャットウォークのシーンもあらかじめスカートや手錠の鍵がトイレ

個室にあって、どうしても取りにいくしかない、なんてなると露出プレイのスリルや

必死感が増すんじゃないかしら。

 せっかくギリギリの、それこそ大学生活をかけてスリルを味わっているんだから、

もっとスパイスを効かせてもいいと思うしね。

 とにかく、堪能させていただいたわ。また読者のファンが増えたんじゃないかしら。

なかには「うちの生徒かも」なんて心当たりのある学生もいたりしてね(^^;





>裕里様

 それは、ちょっとカンベンです(汗>心当たりの

 やっぱり遙と一緒だから、彼女だから、カラダを、自由をまかせられるって思いは

あります。あの子も、私と一緒だから露出プレイに興奮するっていってくれますし。

お互い少し嗜好は違うけど、相手を求め合っているのは一緒なんですね。

 提案、非常に興味深く読みました。

 もっともっとエッチにできるんですね、そうやっていくと。うーん、目からウロコ

です。次は、色々と試してみたいなぁと思います。





>なぎさへ

 うふふ、頑張ってね。

 ところで、課題をひとつ思いついたので、期限は切らずに言っておきます。

 あなたたちの告白を読み返して思ったのだけど、だいたいいつも二人が交互に責め

役と責められ役、ご主人様と露出っ娘をやっているわよね。

 相性がいいのは素敵だけど、でも今のは結局、守ってくれる人がいるから安心して

露出しているって感じがしてならないの。本当に追いつめられた、ギリギリの感じが

しないのはそのせいじゃないかしら。

 そこで、課題です。

 なぎさと遙、二人で裸になって、露出プレイをしてみてちょうだい。

 今度はだれも守ってくれないわ。通行人に見つかったら、二人一緒に犯されるかも。

すごく危険だし、怖いけど、でも快感のステージも違うはず。

 場所は指定しないわ。まずは、自分たちでできるところからやってみて。

 報告、期待しているわね。





                         Totaldaily-



Draft Back Next bbs ENTRance













>裕里様

>メールで読者に読まれることで感じているのかもね

 はい、これはもう、間違いなくそうです(笑

 遙と私のエッチな告白に共感してくれる女の子や興奮してる男性がいると思うだけ

でドキドキしてしまうんです。隠さなければいけない性癖なだけに、同じ嗜好を持つ

人に読んでもらえるのが嬉しいのだと思います。

 それと、初の課題ありがとうございます。さっそく遙と実行のプランを練りました。

「それって、二人とも奴隷になるってこと?」

「あはは、まぁ遙のイメージも間違っちゃいないけど」

「二人して、裸に手錠で路地をうろついて、酔っ払いに虐められちゃったりして」

「や、やだよぉ、絶対‥‥」

「こんな風に縛られて‥‥胸をもまれちゃったりするんだ、二人一緒に」

「や、遙‥‥ンっ、ちょっ‥‥」

 だいたいこんな感じの話しあい、だったかな?(笑

 裕里様の指摘通り、プランを練っているうち二人とも想像以上に興奮しちゃって、

ついベットの上でエッチな行為に及んでしまいました(笑。

 できればSMチックにやりたいのですが、長いこと使っていた手錠が壊れて悩み中

です。まぁ、玩具みたいな安物だったので、嵌めている最中がなかったのが幸いかな。

裕里様オススメの手錠でもありましたら、ぜひ教えてくださいませ。



>なぎさへ

 壊れたって‥‥ちょっと、大丈夫?

 実は告白をうけた最初から不安があったのだけど、あなたたちはずっと危険なシン

グルロックの手錠を使っていたのね。そのタイプはラチェット(ギザギザの部分ね)

がどこまでも締まるから、壊れやすいだけじゃなくて手首や足首にひどい怪我をする

こともあるの。

 なぎさはSMショップでダブルロックの手錠を買いなさい。いいわね。

 ダブルロックの手錠は、手首に嵌めたあと鍵の尖った部分で手錠のロックボタンを

押しこんでラチェットを固定するの。安全にスリルを楽しむために、よく検討してね。

 まぁ、でも‥‥

 そうねぇ、あなたたちなら手錠じゃなくて革の手枷を使った方がいいかもしれない。

手錠は金属がじかに手首にあたるから、革の手枷の方がハードな拘束向きだわ。



>裕里様

 そ、そうだったんですか‥‥(冷汗

 今まで知らずに危険な綱渡りしていたんですね。手錠をかけている最中に壊れたら

と思うとゾッとします。そのぅ‥‥ちょっと、興奮も、しちゃいますが(笑

 ダブルロック、調べました。

 でも、これだと手錠をしたあとロックボタンを押すためにカギが必要なので、露出

プレイのスリルが半減しますね。やっぱり、カギがなくて外せない被虐感が『露出

娘大好き!』の告白を読んでドキドキしたり、自分で試して感じちゃうツボですから。

 悩み中ですが、バイトの給料も入ったし思いきって手枷に行きそうです。

 ホンモノのSMグッズは高いですよねー。

 そこが苦しいところです(><



>なぎさへ

 ふふ、やっぱりなぎさは拘束大好きのMっ娘ちゃんなのね。SMグッズは高いけど、

あなたたちはハードなプレイが多いから、きちんとしたものを使った方が安全に楽し

めるわ。うちの商業リンクから、ネットの通販サイトをたどってもいいと思うわ。

 報告、期待しているわね。



>裕里様

 裕里様の課題、実行してきました。

 住宅街が寝静まった夜半すぎ、そっと二人でアパートを後にします。手には買った

ばかりの革の手枷やボールギャグ、首輪、ニップルチェーンの入った大きめのバック

肌寒いけどコートは着ないで、目的の場所に急ぎます。

 しばらく歩いて、目的の公園に到着。5分くらいの場所ですね。

 街中によくある児童遊園で、ホームレスもいないし、ざわざわ寒風に木々が揺れる

ばかりで人の気配もありません。淡い半月の光に照らされ、ジャングルジムや滑り台

が黒々と影を落としています

 お互いうなずいて、道路から見えにくい公園の影に移動。

「始めるよ」

「うん」

 ひそひそ話しあう遙も私も、初めての興奮とスリルで声がうわずっています。

 目を閉じた遙がイチョウの木に背中を預けました。その両手をバンザイさせ、密着

した私がファーのついたブルゾンを、そしてトップスを脱がせていきます。

 腰から胸にかけて、魅惑的なくびれが‥‥

 ノーブラのバージスラインが少しづつのぞいていくのが、まぶしくて。

 誰にいつ見られるか分からない屋外で、パートナーを裸にしていく緊張とおののき。

 いつのまにか、恋人のように足をからめあっていました。

 震える膝と膝をつきあわせ、脱がせていく指先が遙の裸身をなぞるたびに、彼女

小さく呻きをもらします。カァァッとなった素肌が、興奮をより増幅させるんです。

「‥‥!!」

 ミニスカートのホックを外しながら片手をお股にもぐりこませると、焦ったように

太ももがギュッと閉じます。でも、そんな抵抗は無意味。じっとり湿ったショーツの

奥に指を侵入させて、爛れきった女の子のとばぐちを爪の先で攪拌してあげるんです。

「うンっ、ひぅ‥‥!」

 かすれた声で悶えつつ、目をうるませた遙がしがみついてきます。

 すでに上半身は生まれたまま。下半身も、私がずり下げたショーツをぐしょ濡れの

布きれにして本気で恥じらっています。外で脱がされる調教めいたシチュエーション

が遙をドロドロに溶かしているんです。

 膝を高く上げさせて、ショーツを抜き取って、これで彼女は完全なヌードです。

「な‥‥ナギっちの、番だよ」

「‥‥」

 うん、て声が出ないままコクコク頷きます。

 背中を木にあずけた私に、全裸の遙が迫ってきて、もたれかかってきます。滑らか

な手つきでジップつきスウェットをさぁっとはだけられ、ブラを外され、あっという

間にジーンズをずりおろされて‥‥

 もちろん遙も私も裸になりやすい露出ッ娘の格好をしていたんですけど、それでも

なれた遙のてさばきで、あっというまに手首、足首から衣類が抜き取られ、気づいた

時にはスニーカーきり、一糸まとわぬ姿でした。

「じゃ、カギかけてしまっちゃうぞー」

「い、いちいち確認しないでよー」

 恥ずかしさと興奮で頭がぼっと沸騰して、遙の言葉が遠く響いています。持参した

バックに衣類をつめこみ、南京錠でジッパーに鍵をかけます。これでもう、家に帰る

までは衣服を取りだすことはできません。

 作業する遙も、立って見守る私もともに全裸。しゃがみこんだ遙のお尻が、見るか

らにイヤらしい、誘うような曲線を描いて揺れています。

「ナギっち‥‥」

 気づいた時、私と同じくらい真っ赤な顔の遙が、私の唇を奪っていました。

 ぴったり胸をおしつけあい、尖りきった乳首をむにむに擦りつけながら強引なキス

気が遠くなりそうなほど感じて、私はお股を彼女の足にわりこませ、軽くなすりつけ

ていました。したたる熱いしずくが、彼女の膝を汚しています。

「ハァ、ハァ‥‥すごいよ‥‥おかしくなりそ」

「ナギっち‥‥アタシのも‥‥」

「うん」

 彼女の下腹部に指を飲み込ませると、チュプンと淫靡な音が響きます。きゅうっと

指を締めつけてくる女の子の部分。そこを、じっくり曲げた指でかきみだしてあげて。

上気したカラダでもどかしく慰めあい、キスキスをむさぼるんです。

「‥‥」

「‥‥‥‥」

 ようやく少し落ち着いたところで、私は用意したSMの小道具を取りだしました。

バネの弱めになったニップルクリップとチェーンを、それぞれお互いの乳首につけて

あげます。

「んっ、ふわァ」

 洩れる声は、痛みよりむしろ過敏な乳首に食い入る刺激の大きさから。

 甘酸っぱいしびれめいた存在感が、乳首をむしろカチカチに勃起させていくんです。

声を殺して、快感をしばしむさぼって。

「どうしようか」

「‥‥ナギっちに、任せるよ」

 はふ、はふと息を喘がせる遙のカラダはうっすら汗で光っています。

 ちょっとだけ悩んで、私はネットの通販で買った革の手枷をだしました。腕輪には

U字型の金具を取りつけ、バックルごと鍵をかけられるようにしてあります。

「‥‥」

 遙は目を光らせ、ツバを飲み込んで私の手元を見つめていました。

 革の手枷を取り出し、手首に嵌めます。

 まず自分の左手にまきつけ、それから遙の手をとってその右手首に。自然と、遙の

しなやかな指先が、私の指にからみついてきました。恋人のように手をつなぐ格好‥

‥といえば、分かるでしょうか。

 つかのま、黙って彼女を見つめます。

 私と同じ。生まれたままの、かすかに鳥肌だったティーンエイジャーの裸身を月の

光にさらして、興奮と火照りと恥ずかしさで肌をうるませている姿。

 隠しようもない乳房がふるふると揺れて、ツンと尖りきった乳首があざやかで。

 とてもいやらしくて、とても感じている女の子のからだつき。たぶん私の乳房も、

あそこも、彼女と同じように熱くたぎり、ドロドロになっているんです。

 手首同士をつなぐ手枷の鍵はアパートのなか。そこまで取りに戻らないかぎり、私

たちはもう服を着ることもできないんです。手首をつないだのは、そういう意味。

 今ならまだやめられる。だけど‥‥

「いい?」

「‥‥うん。して」

 まるでねだるように、こくんと遙がうなずいて、そして。

 革のベルトがはまった2つのU字型の金具に南京錠を通し、カチリと施錠しました。

 後戻りのできない、絶望的な拘束の音。

 ツゥンといたいけな感触が、全身をつらぬきます。

 ドクンと大きく鼓動が乱れて、甘やかな被虐のおののきが背筋を走り抜けていって。 

「アタシたち、奴隷だね」

「‥‥うん」

「ご主人様のいない、おそろいの奴隷だね」

 もうどうしようもない手首を見下ろして、私は息を飲んでいました。

 お互い、片方の手は自由なんですが、それがかえって恥ずかしい。だって、自分で

そういう格好をしているってことですから。

 からみついた遙の指が、優しく、包み込むように手を握りかえしてきます。

 恥ずかしい。

 人に見られたら、追いかけられたら。言い訳も聞かないスニーカーだけの格好が、

無防備で守ってもらえないことが、こんなに。

 こんなに、イイ‥‥‥‥

 なんて。

 遙が、自分自身と私の首に、おそろいの光沢ある首輪を嵌めます。施錠もできない

普通の革の首輪なのに、むきだしの肌に触れるそれが奴隷のいやらしさを引き立てる

気がして。

 さらに、これ見よがしのボールギャグを、首にかけます。

 嵌めるわけじゃない‥‥でも、こんな格好を人が見たら、見るからに調教中の奴隷

ですよね。もし、襲われてボールギャグで口をふさがれてしまったら、助けさえ呼べ

ないで犯されちゃうかもしれません。

 ドクンドクンと鼓動はもうめちゃめちゃに弾みっぱなしなんです。

「行こう。ナギっち」

「‥‥ん」

 遙に手を引かれ、もうろうと陶酔しきった意識のまま、私はよろよろ歩きだします。

 つぅ、つぅーっと、幾筋ものしずくが、爛れたオツユが、アソコから流れくだって

いきます。下腹部の毛はすっかりへばりついて、オツユまみれです。

 飛びだした公園外の路地はまるで異界。

 飽きるほど歩いたはずの道が、それこそ見知らぬ危うい風景として目に飛びこんで

きます。街灯の投げかける光のかすかな揺れにおびえ、塀の向こうの樹木のざわつき

に思わず身を固くして。

 血液で沸騰した頭には、いつもの地図さえ入ってはいないんです。

 なんどか道を間違い、人の気配を遠くで感じては二人、焦って十字路を走り抜ける。

一人きりなら、例えば電柱やポスト、曲がり角で隠れる事もできるでしょう。だけど、

拘束された二人の裸身を隠せる場所なんて、狭い路地にはどこにもないんです。

 焦って身をよじったり、屈みこむたびに手枷の鎖が大きな音を立て、ボールギャグ

が首元ではねて、自分の恥ずかしい姿を再確認させられます。

 弾むニップルチェーンはおそろしい痛みと、狂おしい疼痛にじんじん鳴り響いて。

 乱れきったクレヴァスに自分から指をさしこんで、気を失うまでいじり回したい。

そのくらいのもどかしさと、そんなことできるはずないという焦燥感が、私のなかで

葛藤をくり返しています。

 遙のカラダに肩を押しつけて、たまに相手のニップルチェーンを揺すってあげては、

切なげに身悶えるパートナーの姿態を堪能したりもしつつ。

 とにかく、心臓が口から飛び出しそうな思いを何度かして、冷えていく外気に気が

つかないほどたらたらと汗まみれになって、灼けるようなカラダを、渦をまく下腹部

の疼きを押し殺しながら、私たちはアパートまでの道のりを急ぎました。

 30分‥‥いや、もっとかな。かかったと思います。

 実を言えばアパートの前が一番緊張しました。同じアパートの住人に見られる可能

性が一番高いですし、エントランスが煌々と照らしだされていて、隠れ場所がないん

ですね。だから、人通りがないことを幾度もたしかめて、耳を尖らせながらそっと、

忍び足で入っていきました。

 エレベーターも怖くて使えず、私の部屋に戻ったのは夜中の2時過ぎ。

 下半身がぐずぐずになっていて、玄関口で二人、へたりこんでしまいました。猛烈

にカラダだけが疼いていて、ものたりなさにいても立ってもいられなくて、そのまま、

上がり口のマットの上でカラダを重ねあって遙と愛しあったのを覚えています。

 私も彼女もかってないほどグズグズにアソコがたぎっていて、指がふやけるぐらい

相手の中をかき回し、思いきりクレヴァスをかきみだしてもらって、お互いの嬌声を

キスでふさぎあいながら気絶するまでイカせあってしまいました。

 本当に‥‥

 すごい、感じてしまったんです。

 露出っ娘の快感って、これだったんですね。

 ようやく、裕里様の言ってたことが言葉でなく感覚で理解できた感じです。



>なぎさへ

 うふふ、じゃ、なぎさも遙も、ようやく本当の露出っ娘に一歩近づいた‥‥って事

なのかしらね。もともと、あなたたちにはハードな拘束露出ができる素質があるの

だから、今回の体験でいっそうディープな露出っ娘になれると思うわ。

 それと、試して分かったと思うのだけど、そうした露出プレイは想像以上に時間が

かかってしまうものなの。だから、次からは十分に時間をとって、本当に危なくない

ようにあそんでみてね。

 露出っ娘の大敵はお巡りさんだから(笑)

 見つかるとひどく怒られるし、親御さんにも通報されたりするしね。

 さて、次の課題を出すわ。

 あなたたち、せっかくSM慣れしているんだから、今度は拘束しての露出プレイに

挑戦してみて。他の子の告白にも、後ろ手錠で全裸で家まで、みたいな課題があった

でしょう。それを、二人同時にやってみること。



>裕里様

 わ、わぁ‥‥(ドキドキドキドキ)

 遙と二人、赤くなった頬をよせあってモニタをのぞいてしまいました。

 過激、ですね‥‥ううん、本当にそういうのに憧れていたと思うんですけど、でも

怖さも先立っていたり。

 十分に計画を練って、次のプレイをしたいと思います。





                         Totaldaily-



Draft Back Next bbs ENTRance



服なんかいらないっ! 6

服なんかいらないっ! その6



Draft Back Next

(※当アトリエは成人向け・SM小説サイトです。検索等でお越しになられた方はまず こちら をご覧下さい)





>裕里様

 こんばんは、なぎさです。ちょっと間が空いてしまいました。

 あれから遙と一緒に色々検討しました。考えれば考えるほどドキドキしちゃいます。

 後ろ手に拘束された全裸での恥ずかしいお散歩‥‥

 それも遙と私、二人並んで‥‥

 誰にも助けを求められない絶望的な状況下で露出にふける。そんなの、考えただけ

で気が遠くなりそうなほど感じてしまうんです。遙もそう。いますぐにも試したい。

でも、逆に言えば十分準備したいし、本当の限界ギリギリのスリルに挑戦して、味わ

ったこともないような快感に酔いしれたい。そんな感じで。

 欲張りになっているんですね。快楽に。

「やっぱさぁ、フツーに手錠じゃない拘束がしたいよ。ナギっちもそう思うっしょ?」

「そうねー。『私たちだから』みたいな感じのを」

「そ、そ。せっかくSM大好きなんだし、もっとハードな緊縛とかで露出したいナ」

「でも遙、ソレ、問題があるの‥‥」

 そうなんです。

 正直、いまソコに一番悩んでいます。

 2人でお互いを緊縛するってできないですよね。もちろん絶対不可能ってわけじゃ

ないですけれど、でも縛られた後ろ手でもう一人を縛るのって現実的に時間かかりす

ぎですし、できるかどうかもわからないですし。

 手枷とかじゃなく、本物の全身拘束衣は高くて、ためらってしまいます。

 この間拘束グッズを買ったばかりで、お金のないのが一番の問題だったり。なんか

アレな露出っ娘ですけれど、ね(笑



>なぎさへ

 ふふ、そう思う?

 自分でも不可能じゃないって言っているじゃない。最初に準備できる時間と場所が

あれば、2人並んで縄で緊縛、なんてのも絶対無理じゃないと思うわ。反対の手順で

縄をほどけるから緊張感がないって言うなら、最後に後ろ手に手枷はめても良いし。

それなら、南京錠をかけられるから、絶望感も味わえるでしょう?

 実際、ちゃんと胸も絞って二の腕も制限して、みたいな全身拘束衣は高いのよね。

 いろいろ方法はあるだろうから、頑張ってトライして。

 そして、エッチな結果を聞かせてね♪



>裕里様

 ‥‥‥‥‥‥‥‥う、わぁぁ(赤面。

 すみません‥‥その、裕里様の提案を読んで真っ赤に、なっちゃいました。

 そう、ですよね。不可能じゃ、ないですよねー。遙と2人で仲良く後ろ手に縄掛け

されている光景をイメージしちゃって‥‥その、ちょっと、PCの前でイケないこと

しちゃってました。手が震えてます。凄い興奮しちゃいます、ね。

 遙にも読ませました。

 私とおんなじくらい真っ赤になって今も隣でモジモジしています。

 実は、ですね。

 それができちゃう場所、今日見つけちゃったんですよ。

 最初に人気のない場所で十分準備の時間が取れて、しかもあとでキッチリとハード

露出をせざるを得ないところを。裕里様の条件に最適の場所です。

 どこだと思います?

 驚くなかれ、市営のスポーツセンターなんです、そこ。

 街のはずれの住宅街の一角にあってやや寂れぎみ。普段から人は少ないんですが、

裸を見られた時に絡んできそうなティーンエイジャーとかは少ない。地元の高齢者が

利用している施設なんです。隣の市だから顔もバレにくいですし。

 なので、今回の露出はおそらく、真昼間になると思います。

 信じられないような偶然が重なって背を押されること、あるんですねー(///▽///

 全身緊縛で、露出で、しかも昼間。

 たぶんいまだかってないハードな露出調教(ほとんどSMですし、そう呼んでイイ

ですよね)になると思います。何がおきるか分からないので、裕里様も無事を祈って

いて下さいませ。

 明日、平日ですけれど、遙と2人、この緊縛調教にチャレンジしてきます‥‥



>なぎさへ

 どうやら覚悟を決めたようね(*^0^*)

 大事なのは道具じゃなく、決心だってこと。露出っ娘はいつだってリスクとスリル

を秤にかけながら露出をするの。絶対に安全なんてない、だから裸でいることに興奮

しちゃうのね。

 あなたたちの幸運を祈っているわ。

 ステキな結果を、それと、もし可能だったらステキな写真を、見せてね。



>なぎさへ

 あれから連絡がないのだけれど‥‥大丈夫?

 この前はああして少し突き放すように言ったけれど、やっぱり危険な露出でしょう。

本当をいうと心配で心配で、返事のないのがなお気になっています。

 そろそろ一週間ぐらいたつのだけれど、実行したのかしら?

 ひょっとして、警察に捕まったりしている?

 もし中止したのなら早めに教えてね。でないと、不安でパソコンの前から離れられ

ないから。



>裕里様

 なぎさです。その‥‥遅くなってすみません。

 いろいろとトラブルがあったのですが、それはおいおい、説明させてください。

 メールを頂いた次の日に実行してきました。

 前日は遙が私のマンションに泊まりました。実際に後ろ手だけでパートナーを縛る

練習をしたかったのと、興奮のあまり一人ではいたたまれなかったんです。縛りっこ

してるうちに彼女も私もおかしくなっちゃって‥‥

 恥ずかしながら、翌朝はちょっと寝坊してスポーツセンターに向かいました。

 フェンスで囲まれた広いグラウンドの周囲は閑静な住宅街。仮にトラブルが起きて

あたりの路地に逃げこんでも隠れ場所がないんです。うちのマンションからも遠く、

裸のまま外に飛び出したら無事に帰りつくのはまず無理でしょう。

 同じことを思っていたのか、遙が意地悪そうな顔でニヤリと囁きかけてきます。

「陸の孤島じゃない? 脱出不可能、みたいナ」

「やっ、やめて遙、エンギでもない。わざと怖がらすの最低」

露出狂のヘンタイはたいーほだ。裸のまんまで連行されちゃうゾ。ん?」

「やだよー、もう」

 ギュッと腕をからめる遙に脅かされ、そんなのでまた、カラダがジクりと疼きます。

 ちらほら出入りする高齢者にまじって中へ。

 入ってすぐの本館は吹き抜けのホールの左右にプールや体育館があり、連絡通路を

渡ったさきの別館には卓球場やジム、バッティングセンターや軽食堂など。開放施設

なので警備員はごくわずかです。

 事前のチェック通り、今日はどのフロアも貸切などはなく一般開放でした。利用者

が少ない反面、どこで出くわしてもおかしくないということ。

 しだいしだいに、緊張とスリルが指の先々にまで染み渡っていきます。

 まず本館の体育館更衣室拘束具のスペアキー一式を預けます。トラブルが起きた

時のバックアップですが、この場所は広々したエントランスホールの一番奥なので、

裸でここに戻ってくる時は最悪の状況になるわけです。

「もう2度と服をきてここを通れないかもね、ナギっち」

「‥‥」

奴隷としてじゃなく歩くのもこれで最期かも、ね」

 シニカルに呟く遙にうながされ、螺旋階段を昇っていくとしんと静寂が広がります。

予想通り、朝から2階の剣道場や柔道場を使う人などいないんです。吹き抜けのテラ

スからホールを見下ろしても、客は大抵別館かプールへ流れていきます。

「おっけ。大丈夫みたい。始めるよ、遙」

「う‥‥ん」

 意外な震え声にふりむくと、遙は頬を火照らせ、泣きそうな顔になっていました。

 それで、ようやく分かったんです。

 彼女も不安で一杯で、だから冷やかしばかり口にしていたんだって。すっかり対等

のパートナーだと思っていたけど、遙はまだ高一の女の子なんだって。そうですよね。

 もし縄が解けなかったら‥‥人に見られたら‥‥通報されてしまったら‥‥

 高校生彼女の方が、プレッシャーはずっと大きいはずなんです。

 だから近づいて、震えるきゃしゃな肩を抱き寄せて、その手を私の胸に導いて。

「私もう、こんな壊れそうに興奮してる。遙もでしょう? いっぱい感じちゃうよね」

 吊り目がちの瞳が、おののいて私にすがりついてきます。

 深くのぞきこむ瞳の奥に灯るのは、後悔と、怖れと‥‥たまらない、陶酔のしびれ。

「‥‥うん」

「普段と違って守ってあげられない。今度は私も無力な奴隷だから。だから離さない。

私を遙の、遙を私の、モノにして‥‥私を、調教して」

「うん‥‥アタシも、ナギっちのモノになる‥‥モノにして。いっぱい、虐めてね」

 従順に呟く遙と柔らかく口づけを交わし、舌を絡め合わせて。

 そして、私たちは露出を始めたんです。

 誰もいない女子トイレへと入り、個室の中で手早く相手の服を脱がせていきます。

いくら人が少ないと言え、時折プールの反響や子供の声がワァァンと響いてくるのが、

どうしようもなく刺激的で。

 裸になってしまうと、暖房の効いた屋内なのにぶるりとカラダが震えて、反射的に

乳首もつんとしこりだします。ひさしぶりの、それも2人そろっての露出

 誰も助けてくれない‥‥その思いだけでカラダは火照ります。

「ええっ、ナギっちガーターストッキング履いてるぅ! やぁン、えっちぃよこの人」

「しぃぃ! 人が入ってきたら怪しまれるでしょ」

 たしなめつつも、遙が元気を取り戻したのが嬉しくて私はニヤニヤしていました。

 やっぱり、エッチな方が遙も燃えてくれかなと思って。

 案の定、まとめて服をバッグにしまった遙は目をキラキラさせて、もう一つの調教

バッグから麻縄を取りだしました。使いこんだ麻縄の束。私の肌を知りつくし、汗を

たっぷり吸ったいやらしい縄がざらりと肌に噛みついてきます。

「さ、背中を向けて、両手を後ろ手に組んで、ナギっち」

 囁く声は女王様のそれ。

 狭い個室でぴったり密着した遙が慣れた縄さばきで私の裸身を縛り上げていきます。

むろん私も抵抗などはせず、遙の心地よい縛めに身をゆだね、自由を奪われていって。

緊縛だけでも頭にカァッと血が上ってしまうのに、このあとを考えたら‥‥

 股縄をアソコに食いこまされて、思わず伸び上がってしまいます。

「できた‥‥よ、ナギっち好みの股縄も追加で」

「ンッッ、ふわァ」

 遙がささやき、キリリ、と縄をたぐりよせました。

 ビチビチっと後ろ手に縄目が食い入ってくる亀甲縛り。上気した肌を縛めに擦られ、

いやおうなく躯がくねるんです。昼間から公共施設の中で緊縛されてしまった、それ

だけですごい刺激。だけど、今日ははるかな深みがその先に待っています。

「じゃ‥‥遙も、縛ってあげるね」

「お願い。いつものように、アタシをナギっちの奴隷に、して」

 ほぐした麻縄の束を私の手に押しつけ、羞じらう遙が背中で手首を重ね合わせます。

二つ折りの縄をしっかり握り、背中合わせにお尻をくっつけて、もどかしく遙の手に

縄をまきつけだすんです。

 縛り上げられた裸の奴隷が、パートナーの少女を縛っていく調教風景。

 自ら犯すタブーの危うさに意識はくらみ、手馴れたはずの指先は痙攣しっぱなしで。

首を揺すって髪をどかし、背中を覗きこみながらたどたどしく手首を縛り上げ、遙を

膝立ちにさせて自分でカラダをねじらせながら、胸縄をかけていきます。

 何度も指から縄がこぼれかけ、もつれる縄を結びなおし、焦れる躯が跳ね、そして。

「‥‥で、できた、と思う」

「う、うん」

 ちょっと滑稽な姿で、遙がコクンと頷いていました。

 オーソドックスに後ろ手の縄の残りで胸の上下を縛ったはずなのですが、縄の一部

がほつれ、彼女おっぱいを斜めに横断しちゃっています。当然結び目の処理なんか

めちゃくちゃ。普段なら、2人して笑っちゃうような下手な縛りです。

 でも、遙はしばらく躯をもががかせてから、

「この縄、肝心なトコはキツキツ‥‥すぐにはほどけそうもないよ‥‥」

「‥‥」

 彼女の台詞に、ふるり、と背がよじれて。

 トプンと熱い波が、溶けた熱が、下腹部にじわじわ溜まっていきます。

 2人とも、自力で抜け出せないように緊縛されて。

 遙はソックスだけ、私はエッチくさいガーターきりの全裸で。

「手錠、はめるね」「私もしてあげる」

 ささやき交わす吐息も、もう異常なくらい熱くて、淫靡な響きがこもっちゃって。

お互い、相手の縛られた手首に手枷をはめます。結び目にかぶせて手枷を巻き、外せ

ないよう南京錠でロックしてしまうんです。

 カチッ‥‥無情に響く金属の冷ややかな音は心にまで突き刺さって。

「ッ、ァァン」

「ひぁ」

 思わず知らず吐息が零れ、私は火照りきった躯で遙にキュッと抱きついていました。

腕を回して相手を受け止められない、縄掛けされた奴隷同士の抱擁。熱心に応じる遙

の胸が、いびつな縛りでひしゃげたおっぱいが私のおっぱいを揉み潰し、とろける肌

の触れあいは倒錯した気分を一気に加速させ、煽り立てちゃうんです。

 これで、もう、2人ともが完全な露出奴隷

 麻縄とローヒールだけの緊縛姿でお預けされたまま、手枷のカギを取りに行かない

かぎり、ぜったい縄抜けできない状態にされてしまったんです。

 しかも、当然カギはトイレの外。センターのずっと奥の喫煙コーナーにあります。

そこまで、人目に怯えつつ発情したハダカで歩いていくしかないんですから。

「ヤダ、やだ、アタシ怖くなるよぉ‥‥ナギっちぃ‥‥おかしくなるぅ」

「ンァッ、私も、私もよ‥‥すご‥‥きちゃう、来ちゃうのォ」

 ふくれあがる焦燥感が爛れた体をさらに発情させ、とろりとおま*こを開かせます。

時間がたてばたつほど利用客は増えるのに、露出プレイは難しくなるのに、ドロドロ

に疼いた性感がそれどころじゃなくて、遙を求めてしまうんです。

 いつのまにか‥‥

 欲望に理性を凌駕された私たちはただただレズりあっていました。熱心にお互いの

唇をむさぼり、物欲しげな腰を擦り合わせ、お尻を振りたてて‥‥

「ダメ、駄目だよ遙、人が来たら‥‥先に、んっッッ」

「ひどいよ、ナギっち躯がおかしいの‥‥ふぁぁ、まだ行かないで、先に、んク‥‥」

 結局、最期は人の気配に耳をそばだてる余裕もなく。

 私たちは、トイレの中で浅いアクメへとのせ上げられ、イッてしまったんです。

 時計をたしかめると、ほんの30分くらい。それほど時間はたっていませんでした。

名残惜しく遙と唇を離し、その圧倒的ないやらしさに目のふちを染めながら、最初の

予定通り彼女の手枷をトイレの配水管につなぎとめて。

「ハァ、ハァ‥‥ん、まだカラダ、疼いてるよ」

「アタシ、本当のナギっちの奴隷だね。ナギっちが帰ってきてくれないと、終わりだ」

「そうね。それまで、そのオモチャで楽しんでいて。声は控えめにね」

「んもう、分かってるよォ。こんな姿だもん」

 口を使ってバッグからとりだした双頭のレズの女の子用バイブレーターが、顔を赤

らめた遥のエッチなクレヴァスに刺さっています。リモコンは、彼女の手の中です。

彼女の代わりに私が手枷のカギをとってくる。そういう手はずなんです。

 だから‥‥絶対に見つかるわけにはいかないから。

「‥‥」

 ウィンクして、そっと、個室のドアを押しあけ、私は外に飛び出したんです。

 ぞわりと肌をなで上げる館内の空調に、縛りあげられたカラダを震わせて。

 ‥‥つづきます。





                         Totaldaily-



Draft Back Next bbs ENTRance

服なんかいらないっ! 8

服なんかいらないっ! その8



Draft Back Next

(※当アトリエは成人向け・SM小説サイトです。検索等でお越しになられた方はまず こちら をご覧下さい)





>裕里様へ

「ンッ、あぅぅン、く、フゥゥムンン」

 いいよォ‥‥

 すごいの、カラダが‥‥壊れちゃ‥‥

 よがり泣く喘ぎ声だけは響かせまいと、ふにふに唇に歯を立てて絶頂を噛みしめる、

その我慢がさらにエクスタシーの純度を高め、透徹な歓喜のキワへ私を舞い上げます。

たたらを踏み、ねっとりした空気を泳ぐ躯をもつれさせて壁に寄りかかります。

 緊縛姿の痴女がよがりくるう浅ましい絶頂ショー。

 まるで、残酷な私がもう一人の私自身を嬲りつくし、悦ばせるためのステージです。

 でも、本当は‥‥現実は、違っています。

 休憩コーナーの反対の壁は薄曇りのガラス張り、その向こうは3階まで吹き抜けの

広いプール。まばらながらも、うつろな瞳を向ければ数人が下で泳いでいるんです。

 もし、あの中の誰か一人でも顔を上げ、上の待合室を見上げたら。

 全裸の縄掛け姿を見られてしまうかもしれない。

 露出癖のあるヘンタイの自虐的なプレイを、一部始終、顔までくっきり記憶されて。

通報され、この姿のまま警察に曳き渡されても文句はいえません。

 どころか、この場に来られ、犯されでもしたら‥‥

 こんな妄想だけじゃ済まず、本当に遙ともども奴隷にされてしまうかも‥‥

「んっっ、ふく、ぅぁぁ」

 喉のそこがヒリヒリと灼けつくようで。

 見られたい、見せつけたい、ののしられたい、欲情されたい‥‥なのに、怖い‥‥

あらゆる矛盾した思いが心をかけめぐりメチャメチャにしていきます。

 おそらく、エクスタシーの恍惚は、せいぜい5分ぐらい。

 けれど、それはまさに永遠のようでした。

 立ち尽くした私は手首を激しく軋ませ、悩ましく腰を振りたてていたんですから。

なみなみと、私という器のふちまでそそぎこまれた羞恥が一気に決壊したのでしょう。

たえまない引き戻しにガクガクと上体を弾ませ、ようやく、ようやく‥‥

 意識が、理性のかけらが、じわじわ戻ってきます。

 ふぅ、ふぅぅと乱れきった呼吸。

 感じてイッてしまったからといってすべて解決したわけじゃなく、むしろその逆。

体力を消耗し、ぎちりとねばりつく縄によって固く縛り上げられた私は無防備なまま。

自分の姿を見下ろせば、恥ずかしいぐらい乳首がコチコチに尖り、よじれたガーター

が亀甲縛りにからみついています。吊られたストッキングに一筋つうとシミを残した

オツユの変色が、たまらなくエロティックな光景で。

 ショーツ代わりの股縄はたっぷり蜜を吸い、ビラビラを押し拡げて恥丘をきっちり

左右に盛り上がらせています。爛れた色は、それだけ私が楽しんでいることの証‥‥

 周囲をたしかめると、3階は、しーんと静まり返っていました。

 警備員の足音や気配もなく、まずはホッと息を吐きます。

 プールの方でも何の動きもなし。すべては退屈で平穏なスポーツセンターの姿です。

ふらふらしたのか、廊下からもプールからも死角となる奥の壁にもたれかかったのが

幸いしたのかもしれません。

 ちろり、と舌先で唇を湿らせて。

 まだ蕩けた笑みを口元にかぶせたまま、横並びのベンチのうち、足の1つが欠けた

ににじりよって。おきっぱなしの手枷のカギを背中側の手首でつかみとり、私は

かすかに恥ずかしい匂いのたちこめたその場をあとにしました。

 ふたたびお尻をふりたて全裸で歩く廊下。今度はおま○この匂いを漂わせつつです。

 足取りは、まだフルフルと怯えを残しています。

 直角の角を二回曲がると、そこが監視カメラに丸見えの廊下。唯一のルートです。

 どうしよう‥‥でも‥‥早くしないと‥‥

 しばしためらい、やがて思いきって足を踏みだします。

 誰もいないのに冷徹な機械の目に監視されるあの感触。あれは人の視線に晒されて

いるのとは全然違う怖さがあって、どうしても苦手です。

 顔をあげることなど当然できぬまま。

 よろよろ引っ立てられる囚人の足取りで、不自由な身を縮めながら歩きます。

 踊り場までほんの10メートル足らずが、熱したフライパンの上のようでしたから。

暗い階段を下りながら、あれほど快楽をむさぼった躯が、またもひりつきだします。

 わけもなく、唇に浮かぶ淫らな自虐の笑み。

 まだまだ物足りなくて、感じたがって、ドロドロになりたがっている。

 ホントはしたないのは私の躯。始末に終えないマゾの業、と言った感じでしょうね。



 女子トイレの前で、ふと意地悪ないたずらを思いつきました。

 手枷のカギを足の指にはさみ、コツコツと靴のような足音をたてて入ったんです。

 一瞬、びくっとおののく気配がありました。

 ほんのわずかですが、遙がドアの向こうで怯えるのがはっきり分かります。

 恥ずかしく括られた遙。自由を奪われ、気持ちイイバイブに酔いつつも声を出せず、

ひたすらだるい足をつっぱせているんだろう。想像するとゾクゾクとしてきます。

 たった一つだけ閉じた一番奥の個室の前で止まります。

 静寂。

 耳を澄ませば、ジィィーというバイブの振動音がはっきり聞こていました。

 どうしてずらっと並ぶ個室に入らないのか‥‥なぎさは裸足で出て行ったのだから、

この人は誰なのか‥‥何をするつもりか‥‥今頃、遙はおののいているのでしょう。

 腰をひねり、やっと動かせる手首の先だけでノックします。

 とたん、あきれるほど大きくガタンと扉が揺れ、やがて焦ったようにパタパタ前後

に弾みました。きっと突っ張らせた足なんかガクガクに痙攣しちゃっているんですね。

足先でノックし返そうとして失敗してんですから。

 ぱくんぱくんと開閉しかかる扉の動き。そんなの、明らかに異常ですから。

 さらに強くノックすると、そのノックだけで扉が内側に開きそうになっちゃいます。

またプルプルと扉が引き攣けを起こし、やがて。

「は‥‥、はひッ、入って‥‥ます‥‥ぅぅ‥‥」

 戦慄、でした。

 あの時の、その、その声ときたら、

 たぶん、今まで遙を虐めてきた中で一番エロエロな、裏返ったすすり泣きでした。

 どろっどろに凌辱され、涙で顔をぐしゃぐしゃに汚した遙の顔が目に浮かぶくらい。

心の芯からわなないていて、なのに、ほんのわずか、晒し者になってしまうことへの

期待がにじみでていて、それがなおさら縛られた遙の裸身を溶かし、そそりたて‥‥

 耳にした私まで、ぶるぶるっと震えあがってしまう喘ぎ。

 膝の力が抜けかかり、私のお股からもあらたなオツユがぐじゅりと染み出します。

 だって‥‥この、おかれた状況の倒錯具合ときたら凄いですよね。

 薄い個室のドア一枚はさんで浅ましい縄掛けに狂わされた二匹のペットが、お互い

様子をうかがいながらお股をべとべとにひくつかせているんですから。

 本当はもっとじっくり焦らすつもりでした。でも、限界。

 我慢できなくなった私は、肩からドアを押しのけて飛び込んでいました。 あっ、

とつんざく悲鳴を上げた遙が、私に気づいてみるみる顔を紅潮させます。

「あっ‥‥あっ、あぁぁっ、あっ、あヒ‥‥ヤッ、やぁぁァン!!」

 恥ずかしさなのか。

 惨めさなのか。屈辱、そのものなのか。

 恐怖、それともおそれだったのか。

 あるいは‥‥安心した瞬間こみあげた、それまで抑圧していた快楽だったのか‥‥

 何が彼女の心をみたしていたかは分かりませんが、でも、確かに。

 私の顔を見つめ、はさみを振りあげたカニのようにみっともなく宙で大股開きの足

を凍りつかせたまま、遙はめくるめくエクスタシーにのまれていました。

 呆けていく表情。あふれだすオツユ。その透明な色に黄金の流れがまじり、すぐに

勢いを増して私の太ももにも跳ねかかり‥‥

「だっ、ダメェェ‥‥だから、あぅ、酷いよぉ‥‥あぁぁ」

 ろれつのまわらぬ唇でなにか私に訴えかけながら、とうとう遙はちょろちょろっと

お漏らしまで始めてしまったんです。つんとしたアンモニアの匂いが、エッチな遙の

体臭とまざって、どきどきと疼く私の動悸を激しくさせてしまって。

「うふふ」

 気づかぬうち、私はなまめかしい笑顔を浮かべていました。

「酷いじゃない遙、感じたからって、私の足まで汚して」

「あぅ‥‥うぅ、ゴメンなさい‥‥」

「ゴメンじゃだめよ、ちゃんと、誠意をもって‥‥分かるでしょう?」

 便座の縁に私が汚れた右足をのせると、前屈みに身をのりだした遙が従順な仕草で

首をつきだし、おしっこのかかった内股に舌を這わせていきます。待ちわびた直接の

甘い刺激。ぬらぬらと敏感な部分をペッティングされ、喉の奥からくうくうと呻きが

あふれてしまいます。

「ンッ、いい‥‥イイよ、遙‥‥すごい、感じる」

「ン、でも、でも酷いよぅ。ナギっち、アタシをだまそうとしたよね」

 会話は切れ切れで、私も彼女もひさしぶりの密接な愛撫に無我夢中になってました。

それこそ手が自由なら、彼女の頭を抱きしめ、胸の谷間に埋めてしまいたいぐらい。

嫌がりもせず、私のために自分のおしっこを舐めとる姿を見下ろす‥‥どうしようも

ないほどサディスティックな光景に酔いしれます。

「ッ、ふぁぁァン! は、遙ぁぁ!!」

 それがいきなりすごい快感になって、私は嬌声をほとばしらせてしまいました。

 気づいたら、遙がいつのまにかお股にまで顔をうずめて、股縄を歯でずらしながら

私のおま○こをぺろぺろしているんです。カァァッとなったのは、何より恥ずかしさ。

あれだけ濡れてイきまくって、きっとすごく匂いだってしていそうなのに‥‥

「ナギっちココもすごい、鼻が曲がりそう」

「‥‥や、やァッ!! ウソ!」

「ウソじゃない、おしっこの匂いどころじゃないの、おかしく‥‥ハァ、なるよ‥‥」

「いわ、言わないで‥‥」

 あっという間の攻守の逆転で、言葉責めにあっさりカラダが意志を裏切って火照り

はじめます。そのお股の蠢くヒダに舌をもぐらせつつ、遙が私を虐めだすんです。

「ねぇ‥‥ナギっち‥‥オシオキだよ‥‥アタシと、つながって」

「え、あっぁっ。ン、ぅん」

「一緒に、イこう」

 つぅっと名残惜しげに顔をはなす遙。舌といわず鼻といわず、ねっとりした愛液

残滓が私のお股から糸を引いています。そうして、ブルリと予感にふるわせた下半身

には、使い込んだ双頭のバイブレーターが私を誘っていて。

 ‥‥我慢なんて、しろという方が意地悪でした。

 個室の扉さえ閉めるのを忘れ、ゆだった遙の顔に、いとしい表情に何もかも忘れて、

私は自分から不自由な身をよじらせつつ、そっと彼女の股から生えるもう一つの分身

に熱くたぎった腰を沈めていったんです。

 馴染みぶかい軟質ゴムの双頭バイブは連結部が自在に曲がるから、嵌めあったまま

体位を入れ変えたり、腰の角度を変えたりできます。

 狭い個室だから、なおのこと。

 ぴったり裸身もアソコもよりそうような密着感が欲しくって、いとおしくて‥‥

 くち‥‥

 まぎれもない粘液の水音。顔を赤らめさらに体重をかけていくと、あっけないほど

キチキチとおま○この奥へバイブが入ってきます。さっきまでの股縄の感触とは比べ

ものにならない充足感。濡れそぼった女の内側にそって、うつろな肉ヒダを太いもの

が抉りぬいていく、あの至福の感触です。

 ギシリ、ギシリと縄打たれた上半身をうねらせ、不自由な体勢を何度か直しつつ。

 対面座位の形で、下から腰を浅く突きだす遙に太ももを預けていきます。

 みっちりと、火照ったおま○こが満たされていく悦び。

 クレヴァスをなすりあう貝合わせも嫌いじゃないけど、でも、特に手が使えない時

は刺激が乏しくて、貝合わせはもどかしいばかりなんですよね。

「ぜ、全部入った‥‥よ」

「ウン。アタシとナギっちと‥‥深くつながって、オツユ流れてくるの」

「熱いね‥‥遙のお股もくっついて、汗ばんで、ドロドロ」

 恥ずかしく囁きかわす会話そのままに、私の中からかきだされたしずくがバイブ

を伝って遙のワレメに注ぎ込まれていきます。2人で一番感じる場所を探りながら、

うわごとのように喋りあい、ぎしりぎしり腰を蠢かすんです。

 ようやく‥‥ぴっちりワレメとワレメが擦れ合うくらいまで密着して。

 恥ずかしくて敏感なところを、混ざり合った2人の愛液がベショベショに汚してて。

見下ろす私、見上げる遙。どちらも淫蕩な縄の拘束をまとわりつかせた、マゾ奴隷

裸身そのものです。

 狂おしい縄掛けの身で喘ぐ二匹のメスが選んだ凌辱の形は、変形の松葉崩しでした。

左の太ももを遙に預け、高く掲げた遙の足は私の右足に絡みついて下へ押しさげます。

恥ずかしいくらいお股が開ききってしまって、その分バイブが芯まで深くめりこんで

くるんです。

 半ば騎上位となった私が、彼女のお股に体重をあびせて、腰を使いだします。

「イイ‥‥うん、いいよ、遙」

「分かった。じゃバイブ‥‥う、動かすよ、ナギッチ」

 コクンとうなずくより早く、遙が止めていたバイブのスイッチを入れました。

「お願っ‥‥ンァァァッ!!」

「ひぅッ、きぅ!!」

 声が途切れてしまうほど、カラダの芯まで、アソコをかきみだす機械仕掛けの振動。

しゃべりかけた唇から涎がこぼれ、焦ってそれを啜る間もなくとめどない快感の波が

下からさざ波のように伝わってきます。

 ぬちゅ、ぬちゅと淫らがましい音をたて、肉ヒダに、充血した粘膜がへばりついた

バイブがぬめぬめと入ったり出たりをくりかえして。私も遙も、しだいしだいに我を

忘れ、相手のお股に自分のアソコをくっつけるくらいの勢いで腰を弾ませます。

 ローターの振動でおま○こを攪拌されながら、咥えこんだそれに抜き差しを加えて。

 ずぶりずぶりと肉ヒダを削りたてる上下運動がどんどん激しくなります。

 ちゅぷ。

 びちゅ、にちぃ‥‥つぷン、とぷ、とぷぷ‥‥

 ジブ‥‥ジュブブブ‥‥ズリュ‥‥!!

 不自由だからこそ。

 これ以上ないほど完璧に縛り上げられているからこそ。

 パートナーを抱きしめたい、慰めあいたいのにできないもどかしさがあればこそ‥‥

 つながりあった下半身にイヤでも意識が収束し、よりなまなましく、より浅ましく。

お尻の肉がたぷたぷと弾け、あふれ、混ざりあって濁るオツユは、火傷でもしそうに

熱くって。夢中になってあやうく抜けおちそうなほど激しくカラダをのたうたせ‥‥

「あぁ、んンァァン、遙ぁぁ」

「なぎっ‥‥チ、いいよぉ、イク、アタシ、イク‥‥」

 ガクガクと身をゆすぶらせ、便座に押しつけられてのたうつ遙のかわいさときたら。

舌ったらずな声がいとしくて、上から腰をグリグリグラインドさせ、無理やり上体を

かがめて汗まみれの乳房をふにふにと歪ませあいます。

 双頭バイブの連結部が壊れそうな音を立てて、ほとんどUの字に折れ曲がって。

 ムチャな体勢で裸身をなすりあう2人。

 いつも以上にドロドロと愛液がしたたりおち、呆けた唇が半開きになっていました。

 遙も私もなじみ深い、いつものエッチな儀式。

 けれど、それをわざわざ公共の場所でしちゃっていることに、いつ他人が来るとも

わからないスリルに、すっかり身も心も狂わされてしまって。

 カッカと火照るお互いの肉体が、バクバクと響く鼓動が、なお2人を高めあって。

ぐいぐいとのしかかっていは、淫らな動きの一突きごとに深い腰使いを送りこまんで、

双頭のディルドウから湿っぽく水音をまきちらしながら。

「んぁ、ぁ、ぁぁあ‥‥ぁぁ」

「ひぁ、ン、クッ、ゥ‥‥」

 最後はもう、上ずって声も出せず、もはや周囲のことさえ気になれないほどでした。

 快楽への欲求が、羞恥心も、恐怖さえかなぐりすててしまうほどに‥‥

 夢中でカラダを倒し、遙の唇を奪って、ううん、奪われたのかもしれない‥‥

「‥‥」

「‥‥‥‥」

 舌と舌を、乳房と乳房を、おま○こをぴったり触れ合わせて。

 熱っぽく揺れ、いまにも泣きだしそうな情感のこもった遙の瞳に吸い込まれるかの

ようにして、私の頭の中も、カラダの反応に続いてぱぁっと‥‥真っ白に灼けついて

しまったんです。

 バイブでつながった下半身を、グズグズに粘液まみれにして。

 はぁ、はぁ、はぁ‥‥

 余韻はとどまることなく、酸素をむさぼる呼吸のなか、何度も口づけを交わします。

 思わず私は口をついて言っていました。

「‥‥良かった、ほっとした」

「なんで?」

「エッチしてるとき、人がこなくて良かった。やっぱココ人が少な‥‥」

 ギッ。

 その‥‥

 まさにその瞬間でした。

 女子トイレの扉を押し開けて、誰かが中に入ってきたのは。

 ほとんど刹那の反応で、まだみっちり繋がっているまま私も遙も片足を跳ね上げ、

個室のドアを蹴りつけるように閉ざします。

 まさに間一髪。

 緊縛された2人の少女を隠すのは足で押しつけた内開きのドア一枚きり。

 その危うさを、今さらながらに、思い知って‥‥

 のろのろと入ってきた足音が、のろのろ個室に入り、やがて、ノロノロ出て行く。

 その間‥‥

 私たちは、血の気の引いた顔を見合わせながら‥‥

 いつでも見られていたかもしれない恐怖にあらためて自分たちの油断を後悔しつつ。

舌と舌を絡ませあい、のぼせるようなキスで再びあふれてきた奴隷の快感にただ悶え

くるっていたんです。

 抱き合うことも叶わぬ躯の惨めさ。被虐の悦びで私の瞳はとろんとなっていました。

 ‥‥その表情が、遙の暴走を引き起こしてしまうとも知らずに。

 

「次はアタシの番だよ‥‥ナギっち。分かってるよね」

「‥‥」

「さっき虐められた分、倍返しで、いつものように泣かせてあげるから」

「‥‥く、くふっ」

 ニヤニヤと遙が笑って、ふっきれた危ない表情で私を見つめます。

 利用客がトイレを出て行ってから、たぶん、30分ぐらい。

 さっき意地悪をした罰だと責められ、今の私は、遙のいいなりになっていました。

否定も肯定もできない私の唇から、噛まされたリングギャグの孔をつたってたらたら

ヨダレが首元へしたたっていきます。

 その不快さを取り除きようもない私は汗を吸った緊縛姿のまま。

 遙自身も私の手によってギリギリと食い込む高手小手の縄掛けを施されています。

たわわな乳房を、乳首を頂点に十文字の縄でくびれさす無残な緊縛彼女自身がこう

望み、この手間のかかる方法で私に縛らせたんです。

 夏みかんのように4つに割れた左右のオッパイ。その中央、結び目に虐め抜かれた

乳首が、ツゥンと高く尖りきっています。見てるだけで私の方が疼いてくる格好です。

その姿のまま、遙は私に目隠しし、外へ連れ出そうとするんです。

 な、なに? 私、なにをされちゃうんだろう‥‥? 本当に、大丈夫なの?

 イヤな予感に嫌がる私をよそに、遙はどんどん私をリードしていこうとするんです。

 このとき。

 目隠しされていた私は、大胆に歩く遙の足が興奮で震えているのを私は知りません

でした(あとで、遙がそう告白してくれたんです‥‥)。

 ほんの少し歩いたと思う間もなく、ふたたび扉をあけてどこかへ。たじろぐ私の背

を押すように、かたわらを歩く遙にうながされて歩きます。

 冷やりとしたタイルの感触。あれ、これはさっきのトイレと同じ‥‥

 ‥‥

 ‥‥‥‥

 ‥‥‥‥‥‥まさか!?

「恥ずかしい姿ね、ナギっち。すごぉい、お股グジュグジュ。犯されちゃうよ?」

「くっ、ぶフゥゥ」

 カチンと首輪のリードを繋ぐ音。

 気づくと、私は立ったまま、何かつめたいボックスのようなものの前に足を開いて

立たされていたんです。

「男子トイレにつながれたマゾ奴隷。うん、さまになる。すごいヤラしー!」

「ん、ンンンーッッ」

「何よ! さっき私にひどいことしたバツなんだから!」

 そんな‥‥そんな‥‥!!

 あの時、洩れた悲鳴は、本当の恐怖でした。

 もう疑う余地もない。こんな全裸以上のカラダで男子トイレの便器をまたがされて。

待って、おいていかないで‥‥

 せめて、目隠しだけでも‥‥

 慌てた時にはすべてが手遅れでした。

 リングギャグの下で呻く私一人を男子トイレに残したまま‥‥ぱたぱたっと、おぼ

つかない足取りで、遙は外へ出て行ってしまったんですから。





                         Totaldaily-



Draft Back Next bbs ENTRance



服なんかいらないっ! 9

服なんかいらないっ! その9



Draft Back Next

(※当アトリエは成人向け・SM小説サイトです。検索等でお越しになられた方はまず こちら をご覧下さい)





>裕里様

 まさか、こんな場所に‥‥

 このままじゃ、男子トイレの小便器につながれて放置されてしまう‥‥!!

 全身を駆け巡るみだらな恐怖と、晒し者にされてしまった戦慄。恥ずかしいことに、

後ろ手で悶える裸身は、私の意思をうらぎって凌辱の期待にうるみだしていたんです。

「大丈夫だよナギっち。清掃中のプレートを外のノブにかけておくから」

「ンフッ、カハ、んぁぁァ!」

 必死の訴えかけも空しく、あっというまに扉の閉じる音がして。

 バタバタっと興奮気味の足音が遠ざかっていきます。

 私以上にきつく縛りあげられているはずなのに、あんなのぼせた危うい足取り‥‥

 耳にしたこっちの方がハラハラしてしまうんです。

 ふたたび、たちこめる静寂。

 それは、いままでのどんな静寂とも違う、重圧めいた無言の圧力を伴っていました。

 ヒリヒリ柔肌を絞りだす縄目にそって爛れていく裸身。

 目隠しに猿轡までねっとり噛まされて、もはや私は幼児の悪戯にさえあらがえない

ほどの無抵抗な肢体にされてしまったのです。いえ、奴隷よりなお悪い野ざらしの身。

犯してくださいといわんばかりに設置された、発情中の牝のなんですから。

 噛まされたリングギャグは、フェラチオ奉仕専用の器具。

 SMショップだと、マウスストッパーとか、フェイスクラッチマスクなんて名称で

売られていますね。排水溝めいた金属の太い円筒を歯並びにそってしっかり食ませ、

無防備に口の中をこじあけてしまう猿轡。あれです。

 中央が丸く開いた金属の太いリングは、強制的に男性のモノで口を犯すための道具。

歯を立てさせず無抵抗な奴隷フェラチオをさせる口枷、さらには流しこんだ精液や

おしっこを吐き出させないようゴム栓で孔をふさぐことさえ可能で。

 まさに、今の私は、肉便器そのものでした。

 文字通り、咥えさせられた奴隷を残酷な目にあわせる処刑道具を噛みしめるばかり。

 あまりになまめかしすぎる、凌辱へのお膳立てを施された裸身。

 遙に仕立て上げられた、この抜群のいやらしさ‥‥

 こうして立ちつくす私の格好は、性欲処理のためのカラダそのものなんです。

 相手の顔が確認できない‥‥悲鳴が出せない‥‥そのせいで男性が誘惑に駆られる、

私が暴行される敷居だってぐっと低くなっています。

 私を守るのは、遙が事前に用意したらしい「清掃中」のネームプレートのみ。

 けれどそんな偽物がどれほど効果あるか。

 むしろ怪しまれたり、注意をひきつけることになってしまわないのか‥‥

「ん、ンン、ぉぶッ」

 喉奥からヨダレがしたたり、また一すじ胸元へ垂れていきます。

 そんな刺激でさえ、ビクビクッと狂ったようにおののいて跳ねてしまう私の乳房。

 待つしかない恐怖。

 あられもない裸身をさらして、一切の抵抗を封じられて。

 耳の奥を流れる血液の音さえ、私をあざ笑うかのごとく緩慢で。

 後ろ手に固く厳しく縛り合わされたカラダが跳ね踊り、無意味にあがきまわります。

幾重もの結び目でがんじがらめに縄留めされた両手首がヒクヒクのたうち、細い指先

ばかりが無残に宙を泳いで、解けるはずもない、諦めきった緊縛にあらがいだす‥‥

くりかえしくりかえし無抵抗な私自身のカラダをたしかめ、そのたびに下腹部が痙攣

するほどの被虐的な疼痛に襲われてよろめき、ふらつくばかり。

 それほどの。

 それほどに、放置された奴隷の身は熱く駆りたてられ、あおられ、そそられて‥‥

たまらなく濃密でいたたまれない羞恥のひとときが、トロリロリ流れていくんです。

 無力なカラダであることがめくるめく快美をもたらし、

 無力なカラダであることが、めくるめく恐怖で身をよじれさす‥‥

 ただ立っているだけ。

 私にできるのは、遙を信じて待つことだけ。

 ううん、それ以外の事ができないよう、念入りに拘束を施されてしまったわけです。

 抵抗も反発も、人らしい尊厳のいっさいを剥ぎ取られて、分かっているのに。

 なのに‥‥

 バイブの刺激さえローターの振動すらもない中で、私はいくども足をもつれさせ、

おま○こを抉り擦る股縄の痛みに、鋭い嗚咽を漏らしてしまいます。

 あとからあとからこみあげる震えは収まる気配もなく。

 痙攣しきったおま○こがミチミチ股縄のコブを内側へ引き込み、念入りにオツユを

まぶして咀嚼していきます。果てしなくのろい時の歩みをまちわびるのが辛いんです。

 いくらスリルが、晒し者にされて興奮するマゾだからって。

 これではあまりにリスクが大きすぎで‥‥

 私はただ壊れたように手足をギクシャクさせ、快楽と恐怖のジレンマに板ばさみに

なって、文字通り淫らな舞にひくひくのたうちまわっていたんです。



 どれぐらいたったのか‥‥

 冷たいタイルを踏みしめる足の裏が、どれほど熱を奪われた頃か‥‥

 ぺたぺたいう足音に、私はハッとうなだれていた顔を上げました。真っ暗な視界の

せいで鋭敏になった耳が、廊下を近づいてくる足音としずかに扉が開いていく軋みを

捕らえたんです。

 どくんと、それこそ耳で聞き取れるぐらいに激しく動悸をうちはじめる心臓の音。

 遙、はるか‥‥だよね?

 そこにいるのは、声もなく立っているのは‥‥遙、でしょう?

 私の姿をみてビックリしてる男性とかじゃなくて‥‥そうだよね、そうだと‥‥

 言って‥‥!

「ひふ‥‥ぐふっク」

 たまらず、惨めな低い呻きがもれてしまいます。

 それでも、なお沈黙。

 足音をしのばせ、その気配がゆっくり私の背後に回りこんできます。

 緩慢な動きがかえっておそろしくて。それこそ、蛇に睨まれた蛙さながらでした。

この人は何をしているんだろう。まさか、遙じゃない? 便器に繋がれている全裸

女性に興奮してしまった、正真正銘の、男性の利用客とか‥‥なの‥‥?

 そうだとしたら、本当に私は逆らう術さえない‥‥

 カラダはただただ棒のよう。筋肉がこちこちになり、膝が笑っています。汗みずく

の裸身を、発情した下半身を、必死に鎮めようとして。

 次の瞬間、でした。

「‥‥‥‥ひぁぁァァァ!!」

 ぴとっと、熱っぽく爛れた柔肌がむきだしの背にひっついたんです。

 絞りだすくぐもった悲鳴が自分のものだと気づくまで、軽く一秒以上はかかったと

思います。情けないほど怯えきり、爪先だって小便器に身を押しつけながら逆海老に

背を反り返らせて‥‥昂ぶった四肢を震わせ、遙のオッパイで背中を愛撫されながら、

私はキリキリと、エクスタシーの波頭へ突き上げられてしまうんです。

 限度を越えてイかされてしまう辛さ。おそらく裕里様ならあの辛さが分かることと

思います。イって、イきまくってなお愉悦の波が暴れまわり、苦しい裸身を鎮めよう

にも縄打たれた身では残された自由などたかがしれていて‥‥

 伸び上がった遙が、器用に口をつかって目隠しを奪いとります。

 ギクリ、ギクリと股縄のへばりつく腰を揺すりあげる私の耳たぶに甘く噛みついて、

「おしっこ‥‥ねぇ、ナギっちも、だよ」

「‥‥」 

「立ちションだよ。縄好きのマゾ奴隷にはそのくらい惨めーなのがお似合いだよね」

「!?」

「ほら。ここで立ちションしないと、許さないから。放置して帰っちゃうからね」

「う‥‥うぶゥゥ!!」

 振りかえった遙の顔は歪んで見えました。

 きっと、涙目でふぅふぅ吐息をもらす私はすがるような眼差しだったんでしょう。

不自由なカラダで抱きつかれ、その熱が、背をくすぐる乳首の尖り具合が悩ましくて。

 だから、かもしれません。

 遙に背徳めいた命令を囁かれ、そして、まとわりつくようにしゃがみこんだ彼女

私のお股に顔を差しこんで股縄をペロペロとしゃぶりだした瞬間に‥‥

「ほグッ、ヒッ、ひヤァァァ‥‥ッッ!」

「キャッ」

 かわいい悲鳴をあげた遙が顔を引くのと同時。

 水量を増して激しくあふれだしたおしっこは股縄にはばまれ、当然、男性用の便器

に正しくおさまるはずもなく、めちゃくちゃな飛沫のスプレーとなって勢いよく私の

下半身を汚しはじめていったんです。



「うふふ。最悪。アタシこんな匂う奴隷イヤだなぁ」

「‥‥う、うぅ」

「なーんて。ウソだよぉ。ナギっち、すんごくかわいいーー」

ねっとりと顔中を舌先で愛撫する遙の柔らかい舌先。

その感触にゾクゾクと、背筋も、身も心もしびれさせつつ、私は遙の言いなりのまま。

同じ奴隷の縄化粧だというのに、すっかり従属の味を覚えた私のカラダは遙の一挙手

一投足に反応してひくついてしまいます。

 首輪から伸びる長い細いチェーンは、今は私と遙の首輪をつなぐリード。

 下半身の汚れもそのまま。微妙なアンモニア臭がますます私を惨めに火照らせます。

 足首に巻かれたのはゴムのわっか。予備のカギやお財布、最低限身を包むコートを

しまった本館入口のロッカーのカギです。これを使うのは最悪の事態のとき。

 さらに‥‥

 何を思ったのか、遙は私たち2人の足にそれぞれ1個づつ手錠をはめたんです。例

の壊れた玩具の手錠を、しかも片足のみ施錠して。開きっぱなしのもう一個の環が、

不安をあおるように足元で跳ねます。

「この意味分かる?」

「‥‥」

 フルフル首を横にふる私。

「つまり、歩いているとき、うっかりもう一個の手錠が反対の足に嵌まったら、その

瞬間にジ・エンドってこと。両足を施錠されたら、あとは晒し者になるしかないよね」

「‥‥!!」

 ゾクゾクッと、さらに痛烈に背筋を舐め上げる愉悦のおののき。

 なんて‥‥

 なんて怖いことを、いやらしい仕掛けを思いつくんだろう、この子は‥‥

 おののきながらトイレの外へ連れだされ、彼女の先導でよろよろと歩きます。一歩

ごとが恐怖と安堵。ただでさえ感じすぎて愛液でおま○こが爛れきり、股縄の埋れる

股間がむず痒いのに、その上、足元の手錠に気を使いながらの、本当の意味での亀の

足取りでしたから。

 のろのろと、ゆっくりと、一足づつ、歩を進めていきます。

 さっきと違うルートで廊下を曲がると、外の眺めが見下ろせる大きな見晴らし窓の

ある廊下に突然出てしまって、あまりの陽射しのまぶしさにギョッとして凍りついて

しまいます。

 ビシッと肌に、二の腕に食い入る縄の感触。その痛みに呻きつつ、それでも。

「すご‥‥すごい、ドキドキ‥‥」

「ン」

 ポウッと上気して振りかえる遙に、私も自然と頷きかえしていました。

 さんさんと注ぐおだやかな陽射し。くっきり影を落とす太陽に、あますところなく

火照りきった裸身をさらけだして、全身をすっぽり包まれて‥‥

 あのとき感じた、あれほどの解放感を‥‥今だかって、私は知らなかったんです。

 露出って、全裸って‥‥何もかもをさらけだすことって‥‥

 ホンット、気持ちイイんですよねぇ‥‥

 世間体も気恥ずかしさも疚しさも、なにもかも押し流す、あの圧倒的で自由な感覚。

 隠しようもない裸体で露出していることが、遙と2人奴隷の姿で濡れそぼっている

ことが、本当に、心の底から‥‥ドクドクお股を汚すほど、気持ちよかったです。

 窓の外‥‥

 2人して、よろめきながら覗きこみます。

 出ることのできないテラスの装飾壁の向こうに、スポースセンターのグラウンドが

広がってました。小さな子供たちがキャッチボールで遊んでいて、女の子が鬼ごっこ

みたいので遊んでて‥‥そんな場所に、私たちが縄掛けされたカラダでいるんです。

 背徳感、ふつふつわきあがる倒錯の悦び‥‥表現、しきれないですね。

 私たちはだから、暖かく湿ったカラダをからめあって、ちょっとの間そこから屋外

を見下ろしていました。瞳を重ねて、おそらくは同じことを思いながら。

 見られたい‥‥

 見せつけたい‥‥

 私、こんなにも感じてて、アソコを濡らしてて‥‥

 気持ちイイんだから‥‥!!

 どのくらい、そこにいたんでしょう。

 われしらず膝まずいた私は遙を窓に押しつけて、リングギャグの淵から舌を伸ばし

じっくりそのカラダに這わせだしていました。

「ひゃ、ひゃぁァン、ナギ、ナギッ‥‥感じちゃ‥‥ん、ぅぅ」

 嬌声をもらしかけ、あわててかわいく唇を噛みしめる遙を上目づかいにたしかめて。

 もちろん、これだってあまりに危険でリスクを考えてない行為です。

 いつ廊下の向こうから誰が来るかなんてわからないんですし。

 でも、もう、そんなこと全然気にならないくらい、ナチュラルに私も遙も発情して、

カラダの交歓を味わいだしていたんです。暖かくぬめる舌と口枷の冷たい金属の筒の

ギャップがいいのか、ひときわ遙が悶えます。

「や、ひゃぅ‥‥うぅゥン、ダメだよぉ、ナギっちぃぃ」

「んふ、んふぅぅ」

 鼻を鳴らしてとりあわず、汗ばんだ肢体を下へ下へとなめていく私。遙の声だって

本気で甘くとろけて、嫌がるのも口だけ、カラダがおねだりしてるんですから。4つ

に潰されたたわわな乳房を縄目に沿って吸いつくし、バージスラインから腰、やがて

下腹部へ‥‥

 濡れそぼったそこは、さっきにもまして大洪水でした。もう、ビショッビショです。

敏感なヒダを左右に裂く形で股縄に広げられていた遙のそこは、私など比にならない

ほど、ねっとり淡い透明のオツユでみたされていました。

 舌の先で半剥けのクリちゃんをつっついて、ツプンと雫溜まりに舌をひたして。

 とたん、ビタビタビタっと‥‥

 遙のオツユがリングギャグの円筒の孔を伝って、本来の用途どうりに一滴もあます

ことなく私の喉奥にながしこまれてくるんです。

 いつもよりずっと濃密で粘度の高い遙の愛液は、私をちょっとむせさせました。

 それでも喉を鳴らす私に気を良くしたか、遙だって腰を落としてきて。

 逃げられなくなった私は、その場でとめどなくいやらしいお汁を飲み干したんです。

 ようやく立ち上がった足は、あまりに感じすぎてガクガクでした。

 お互い中途半端に焦らされ、愛撫されて‥‥

 自由を剥奪されたカラダだから、それ以上の行為に没頭することができなくて‥‥

女だからこその無情の悦び。いくらでも、イってもイっても、とめどなくこみあげる

甘やかなマゾの陶酔とダイナミズムに酔いしれて。

 思えば、羞恥心が決壊するあのときのための準備は、この時整っていたんでしょう。



>なぎさへ

 うん、うん‥‥

 で、続きはどうなっているのかな?

 この頃、メールフォルダを覗いてばかりなの。意味深な展開で焦らされっぱなし。

よほど深刻なトラブルがあったのね? ちょっとぐらい雑なメールでいいから、早く、

早く送ってきてね?(笑

 

>裕里様

 なぎさです。

 伏線を張っているつもりじゃないのですが、はい。どんどん話を続けます。

 窓のそばを離れ、反響してこだます施設内の雑踏にカラダの芯を痺れさせつつ、私

はふらふらと遙に曳かれていきました。恐怖より悦楽に上半身をのたうたせ、内股を

たえずよじりあわせながら階段を昇っていって‥‥その足が動かなくなって。

 おそれとためらい。

 ピタリと足が止まるのも当然。遙に導かれたのは、あの、監視カメラの廊下でした。

 ウソ‥‥どうして、また‥‥

 ここは、ココだけは、怖い‥‥記録されてしまうのが‥‥

「ナギっち、どうしたの。グズグズしないで」

「ンぶぅ、いぁぁぁァァ」

 ぐいぐいとカラダごと首輪のリードを引きずられて、カメラに丸見えの廊下にとう

とう私は連れ出されてしまいます。

 今度は2人そろって、逆らいようのない縄掛けの身を丸見えにしてしまった‥‥

 雲を踏みしめる、あのおぼつかなさに怯えながら‥‥

 おののきつつ、なおジワジワと下腹部に熱をはらませながら‥‥

「何してんのナギっち、もう。この先にカギがあるんだから、仕方ないでしょ」

「‥‥ぃぅぅ」

 引きずられるようにして、さっきと同じ3階奥の休憩コーナーまで進みます。動悸

はもうメチャクチャで、緊張しきった足は言うことを聞かず、前屈みにアソコを庇い、

キツい股縄の食い込みで不覚にも喘がされながら。

「なに怯えてんの。ここ、夜以外は監視カメラ作動してないって。事前に電話で確認

したじゃん、アタシが。ナギっち忘れたの?」

「‥‥ん、んンッッ」

 ようやくなだめられてコクンと頷いて、それでも、お股はニチャニチャでした。

 ためらいつつ、死角にも誰もいないことをたしかめ、ようやく安堵の一息。

 そっか‥‥遙の言い分が正しければ、見られずにすんだんだ‥‥

 そう思うと今度は人に出会わなかった物足りなさがふつふつとこみあげてくる‥‥

自分でも本当に、呆れるぐらい貪欲な露出マゾなんだなぁって感じてしまいます。

「うふふ‥‥やっぱ、だよね?」

「?」

「ナギっちもアタシと一緒。もっと酷い目に会いたいって顔してた‥‥オシオキだね」

 お仕置き‥‥

 単純な、そんな単語でさえ肩がぴくりと揺れてしまう。

 顔を上げると、遙本人も恥ずかしげに、頬を真っ赤に染めていました。

「だってアタシも同罪だもん。同じお仕置き受けるんだから」

 ベンチに置いた鞄を器用に口でひらいた遙が取りだす器具を目にして、私は思わず

後じさりしていました。だって、そこにあったのは、まだ買ったばかりの‥‥



 まがまがしい砲弾型をした、バルーンプラグ‥‥だったんですから。



 ええ。裕里様に勧められたサイトで見つけた新製品なんです。

 お尻の孔を性器として扱うために拡張させるアナル栓。ほんの2・3度しか試して

ないけど、ひどく苦しくて、本当におかしくさせられてしまう‥‥悪魔の小道具‥‥

逃げ腰の私を壁際に追いつめ、遙がお尻をつきださせます。

「ほら、力を抜いてってば」

「んぅぅ、ん、ふぅう」

 首を横にふる私にかまわず、バルーンプラグを歯でつかんだ遙は逆三角形に広がる

カサの先端を、嫌がるお尻の孔にじわじわ穿ちだすんです。

 緊張してキュゥッとすぼまった後ろのヒダをこじあけ、異物が食い込んできます。

 あまりに異様‥‥うんちを無理やり押し戻すような、むずがゆい悪寒が止まらずに。

「こら! 逃げるな、ナギっち」

「んふぅぅ!!」

 たゆんとお尻を震わせる私の体内へ、どんどん太くなるバイブがめりこんできて。

ぐいぐい侵略される太さに喉がつまり、背をのけぞらせかけた瞬間、ヌポンと音高く

バルーンプラグはお尻の内側に嵌まりこんでいました。

「カッ、あはぁァ」

 ギクギクッとカラダをうねらせ、いやな脂汗を額ににじませます。

 矢のように一箇所すぼまった根元を、お尻がしっかり咥えこんじゃったんですね。

ちょっと力んだくらいじゃ引っかかったプラグは抜ける気配もなく、むしろメリメリ

お尻のすぼまりの方が開け、裂けそうな感覚をおぼえてしまうんです。

 おま○こを良くさせる甘いバイブとは全く異質の刺激。

 イヤなのに、辛いのにお尻だけが灼りついて。

 ふぅぅ、ふぅーと息だけが熱くなり、下腹部全体が熱を帯びていきます。

 これだけでも辛いのに、ポンプをつないだ遙が空気を送りだすと、とたんに直腸を

占領したバルーンプラグがみりみりと球形にふくらんでいくんです。

「うほック、あふぅ、ひ、ぃぃぃ‥‥」

 この、たまらなさ。

 激しく圧迫される、イケナイところへのヘンタイじみた刺激。

 後ろの穴から伝わる拡張感はすごくて、ひくひくお尻のとば口が蠢きっぱなしです。

ここまでガッチリ膨らまされて、その栓の部分にロックまでされて、これでもう私の

アナル栓はカギなしでは二度と外せません。排泄の自由を完全に失ってしまうんです。

「く、うぅぅ‥‥んンン。自分でするの‥‥きつい、ヨォ」

 私の横で悲鳴をあげつつ、遙もまた自分からバルーンプラグをお尻に咥えこみます。

 同じように体内で膨らまされたプラグが、私のモノとチェーンで連結され‥‥

 バルーンプラグ同士によって、遙と私は繋がったんです。

 白桃のような谷間からのぞく黒々と卑猥なプラグの円筒。そこから尾さながらに

金属のチェーンがのび、ガッチリ私と遙を一体にしてしまっているんです。

 そう、だから。

 プラグのリモコンを入れると同時に、いくえにも振幅した微弱な振動がチェーンを

伝って私と遥のバックバージンを激しく虐めだすんです。

「ヒァ! ぁぁン‥‥らめぇ‥‥手伝ってよぉ、一緒に奴隷でしょぉ‥‥」

「ンギィ‥‥くっ、はぅっッ‥‥っっぷゥゥ‥‥」

 命令を下す遙でさえ、ろれつの回らぬよがり声でむせび泣いています。

 お尻をびりびり嬲られつつ、言われるがまま、不自由な後ろ手で遥にボールギャグ

を噛ませてやり、用意してあったプラカードを首から下げてやって。

 ひんやり胸にあたるカードには、

『私たちは縛られてよがり狂うマゾの露出っ娘です。この格好も自分から望んでして

います。どうか警察は呼ばないで下さい』

 と書いてあります。前日、ほんの冗談で書いた、まさか使うはずもない紙なんです。

もともと人に見つかったらジ・エンドだから、こんな紙必要ないはずなのに。

 そのうえ2人とも縄掛けされた両手の指先に、ダメ押しの指錠まで嵌めさせられて。

 わざとらしいほど、過剰なほどのSMプレイ。

 限界スレスレまで自由を奪われ、追い込まれていくんですから。

 もちろん、そうされるのが気持ちイイし、だからこそこんな露出をしてはいます。

 でも。

 おかしい、なんか変だ‥‥よ?

 遙、暴走してない? これ、やりすぎじゃないかなぁ‥‥

 頭の底にかすかに灯る危険信号は、けれどとっくの昔にもうろうとした理性に溶け、

私の意識はお尻の異物感に根こそぎ持っていかれていました。

 圧迫感、そして閉塞感。

 くわんくわんと発熱する下半身のだらしない愉しみ。

 それこそ、自分の意志と無関係に凌辱されているこの状況は奴隷の姿そのものです。

 もはや、お互いに会話を交わす自由さえ放棄して‥‥

 うるんだ瞳を見交わし、互いの哀れな裸身をじっくり観賞する猥褻なひととき。

 そうして‥‥

「‥‥」

「‥‥」

 首をかしげた私に、何かを伝えようと言いかけ、代わりにヨダレを流す遙。

 どこかへ私を連れて行こうとしている‥‥おそらくはバルーンプラグの空気を抜く

ためのリングキーやらなにやらを取りに行きたいのでしょう。

 分からないけれど、でも。

 コクンと頷いて、胸をどきどきと弾ませながら、私は遙のあとに従ったんです。



 監視カメラの下を歩いていく、二匹の奴隷の姿‥‥

 それがどんなものか、想像もできません。あの時の私は、悩ましいバルーンプラグ

の律動にすっかり心奪われて、ピクピク足の指先まで反り返らせていたんですから。

すうすうとカラダをねぶる空気が心地よくて。

 性的な刺激って、一線を越えてしまうと本当に良すぎて、周りなんかどうでも良く

なってしまうんですよね。ホントそういう感覚でした。むしろ静謐な廊下を歩きつつ

人の視線に飢えて躯がうずいてしまうぐらい。

 こんなにも熟れたカラダを、どうしても見せつけずにはいられない‥‥

 なかばは自虐的で、なかばは陶酔じみた露出の快感なんです。

 遥の足取りがおぼつかなくなったり、急に歩幅がかわると途端にそれがチェーンを

通してダイレクトな衝撃となってアナルプラグを引っぱり、お尻の粘膜をめくられる

かのようなその痛みが、さらに被虐的な官能をぐいぐい加速させていって‥‥

 あてもなくふらつく散歩が、惨めすぎて快楽そのものでした。

 どこをどう引き回されたか‥‥同じ階の別のトイレへ連れて行かれます。そっか、

やっぱりトイレの中にカギを隠したんだと、遥の思考をかわいらしく思いつつ彼女

身をゆだね、後について入って‥‥

 うっとり瞳を薄く閉ざしていた私が、異変に気づいたのはしばらくしてでした。

「カフッ、んぶ、んんんーーーンン!」

 焦りにみちた遥の叫び。

 それが意味することに気づいて、目を開けて、半狂乱であちこちの隅をのぞきこむ

遙を目の当たりにして、ようやく蕩けた私の中に、状況がしみこんできました。

 何を必死になっているのか、すぐにわかること。

 あるはずのカギが、一切合財、丸ごとなくなっていたんです。

 なにかおかしい‥‥危ない、イヤな予感がする‥‥

 ゾクゾクッと背中がひきつれて、逸る気持ちを封じこめつつもつれる足で二階へと

急いで戻っていったんです。考えてみれば、あの時ちょっとでも冷静なら、トイレ

中にあるはずのカギがなかった理由が、トイレがきれいに磨き上げられていた理由が

分かったはずなのに。

 突如としてもたらされた計画の破綻は、遙を心からおびえさせ、思考力を奪って。

 ペタペタっと、それこそ緊縛されたカラダではせいいっぱいの勢いで2階トイレ

扉を、子供だましの『清掃中』プレートが外されていた扉を、肩で押し開けて。



 それが、初めての、ことでした。



 私たちの前には。

 見慣れた鞄を、服のつまった鞄を清掃用のカートに載せた掃除のオバサンがいて。

がんじがらめに縄打たれた私たちの乱入を、唖然とした顔で見つめかえしていました。

 初めて‥‥

 私たちは、自縛した全裸露出姿を、人に見られてしまったんです。





                         Totaldaily-



Draft Back Next bbs ENTRance





服なんかいらないっ! 10

服なんかいらないっ! その10



Draft Back Next

(※当アトリエは成人向け・SM小説サイトです。検索等でお越しになられた方はまず こちら をご覧下さい)





>裕里様

 見られてしまった、見つかってしまった‥‥‥‥‥‥!!

 間に合わない、隠しようのない、破廉恥にも縄化粧を打たれた躯をすべて‥‥!!

 一瞬にして意識が弾けとび、狂い乱れた動悸の苦しさにガクンと前にのめります。

 他人の視線によって羞恥をよみがえらされる惨めさ。

 たとえるならばそう、恐怖という冷水をあびせられたことで、それまでとめどなく

アクメのほとりを転げ回り、歓喜にのたうっていたマゾの裸身が、いきなりキュウッ

とブレーキをかけられ、辛さと反動で蛇のようにうねってしまうんです。

「あ、あんたたちっ、ど、どうしたの‥‥!!!」

「ひぅっ」

「くひ‥‥ぃぃっ」

 仰天して絶句した掃除のオバサンと、口枷ごしの悲鳴がシンフォニーを奏でます。

 オバサンがみるみる真っ青になったのも無理のないことでしょう。

 こんな市井のスポーツセンターのトイレに、いきなり扇情的な縄しか身にまとわぬ

裸の女性が転がり込んできたんです。レイプされたか暴行されたか、犯罪か何かだと

思うのが普通ですよね、それは。

「だっ、大丈夫かい、大丈‥‥うえッ」

 おろおろ近づきかけたオバサンが、ふと大きく顔をしかめ、鼻をおさえこみます。

「くっ‥‥あ、あんたたち‥‥なによ、その、匂い‥‥」

「‥‥!!!!」

 いわれた瞬間、ボッと頭の芯まで血の気が逆流しました。

 そう。

 発情し、露出のカイカンにイきまくっていた私たちは、思わず同性の顔をしかめさ

せるほどアノ匂いでどろどろに臭くなっていたんです。

 今度こそ嫌悪の表情をあらわにしたオバサンは、ゴホゴホとむせながら、

「なにこれ‥‥ひどい匂いじゃない」

「うふぅぅッ!!」

「あぉぅ‥‥‥‥ン!!」

 深々とボールギャグ、リングギャグをかみしめ、反応して惨めに鼻をならす私たち。

 人の言葉を奪われた二匹のケモノに反駁の自由などあるはずもなく。

 恥ずかしい匂いなんて自分じゃそんなに意識しないものなのに、オバサンの仕草を

みせつけられ、もわーんと立ちこめる汗とアソコの匂いとを強烈に感じて、私も遙も

喜悦のよがり声をあふれさせてしまったんです。

 私たちって、こんな嫌がられるくらいメスの匂いをたれ流してる‥‥

 むしろ、自覚は痛烈に背をよじれさせ、かきたてられた羞恥は恥ずかしいばかりに

裸身をくねらせて。アソコにトロトロ雫がたまっていきます。

 遙も、また、同じように‥‥

「とっ、とにかく。あんたたち。だ、誰にされたのか知らないけど‥‥今、ほどいて

あげるからね、待ってて‥‥」

「ふぅぅう!」

 近づかれ、反射的に遙が飛びのこうとして足をもつれさせました。

 とたん、グジッとお尻を内側からめくりかえされ、ネコソギ引きずりだされそうに

なって。ほとんど悶絶しかかった私は、喘ぎさえだせずビィンと爪先立った下半身を

つっぱらせてしまったんです。

「‥‥!!」

 イク、イク、またイクッ‥‥

 こんなに躯がさめきって、冷たい汗にまみれて、理性を保ったまま‥‥

「うぐ、んぅぅゥゥ」

 鼻から先へ抜けていくような、甘い蜜の嬌声。

 心臓が飛び出そうなほどの衝撃とおののきなのに、オバサンに凝視され、縄目から

プックリはみだす乳房がみるみるただれだすんです。

 身じろぐだけで刺激にあえぎかけるほど敏感になった裸身に、オバサンが手をかけ

‥‥‥‥

「あ、はぁぁぅぅン‥‥ンッ、ぅぅン!」

「ちょっ、イヤだ、なに!?」

 無造作すぎる手に胸縄をつかまれて、乳房をゆがまされて‥‥

 絶頂の悦びにおどろいたのでしょう、後じさった彼女は、ようやく胸のプレートに 

気づいたんです。そう、遙に用意させられた、マゾ奴隷の宣言の、プレートに‥‥

「あ、あ‥‥」

 文字を持っていた彼女の顔が赤くなり、声が大きくなります。

「あんたたち、まさか、好き好んでそんな格好をしているのかいッッ!!」

「っふ、ふぅぅ‥‥」

 ふるふると、否定も肯定もできずに私たちは固まっていました。

 見知らぬ女性に肌をさわられたくない‥‥でもこのままじゃ、私たちは露出狂‥‥

 驚き、呆れ、そして理解とともに、あからさまな侮蔑の色が掃除のオバサンの顔を

染めていきます。

 今度こそ全身を舐めつくし、犯しつくす視線。しかも女性だからなおさら。同性の

あの冷ややかな目は、本当にカッと裸身が燃えあがっていたたまれない羞恥なんです。

「そうかい、そうかい。とんでもない話だね、あんたたちは」

 否定しない‥‥そのことが、彼女の印象をさらに悪くしたようでした。

「子供も利用するってのに、あんたたち、その格好を見せびらかして喜んでるんだね。

回りのことも考えないで、最低だよ。許さないからネッ」

「いぅぅぅ!!」

 ギリッと胸縄を引っぱりあげられて、ミシミシと後ろ手の全身がきしみをあげて。

そんな苦痛さえ、刺激を求める肌が快楽に刷り変えていって。

 ふぅふぅと怯えた目で肩を寄せ合い、うかがう私たちを、オバサンがすごい形相で

にらみかえします。

「なんだい。媚びて許してもらおうったって、そうはいかないんだよ。その目で男を

たらしこむのかい。警備員呼んでくるから、ここにじっとしてるんだよっ!!」

 そのまま‥‥

 彼女は足早に、カーゴさえ残したまま激した足取りでトイレを立ち去ったんです。

 首輪同士を結わえるリードを洗面所のノズルにぐるぐる巻きにされ、逆らうすべも

なく不自由な中腰で、文字どおり緊縛の身を繋がれてしまった私と遙を残して‥‥

「うぅ、うぐぅゥゥ!!」

「ひぃ‥‥ン!!」

 ヨダレまみれの口枷をぎゅうと噛み絞り、アナルバルーンに蕩けきって喘ぎます。

恐怖と屈辱で涙にぬれた遥の瞳‥‥キスさえできぬ体をこじりつつ、鼻をくっつけ、

躯をよせあってお互いを慰めあうんです。

 大丈夫、とりあえずこの場さえしのいで、隠しておいたバックを見つかれば‥‥

まだ失敗じゃない、逃げ出せばいいんだ‥‥そう思って、気力を振り絞って。

 さいわい、いい加減に括ってあったリードは少しもがくとたるんで外れました。

 ガクガク震える膝に活を入れ、さっきの個室をのぞきこんで。

 やはりバックはありません。ということは、清掃中だったらしい、このトイレ

中なら‥‥そう。掃除のオバサンが残していったカーゴの底に他の掃除用具などと

交じって、見覚えのあるバックが、そして3階に遙がおいたカギさえも入っていて。

 考えればすぐ分かること。

 清掃中に忘れ物を見つけて、この大きなカーゴにしまっただけなんですよね。

 だから、あとはこの中からバックを取りだしてカギを手にするだけ‥‥

 そう、取りだすだけ‥‥

 どうやって?

「‥‥」

「‥‥‥‥!?」

 まだ気づいてないのか、不審げな瞳を投げてくる遙を見つめ返す私。きっとあの

オバサンと同じくらい青ざめていたはずです。

 底の深いカーゴは、幼い子供の背丈ほどもあります。

 その中のバックを‥‥どうやって、緊縛された後ろ手で取ればいいんでしょう?

 普通なら手を伸ばしてすぐの深さ。それが、絶望的な深みなんです。

 狂ったようにカラダを逆海老にそらせ、亀甲縛り縛りあわされた身をギリギリと

縄鳴りする位たわませて‥‥それでもなお指先どころか指錠のチェーンさえ、カーゴ

の中身にかすめもしないんです。

 あまりにも残酷でいやらしい囚人の末路。

 頭をかすめたのは、鼻先にニンジンをぶら下げられた馬の話でした。

 あるんですよ、まさに、目の前に。

 すぐ手の届く深さに、私たちを解放する、自由にしてくれる拘束具一式のカギが。

この匂いたつ恥ずかしい裸身をつつみかくす服が。

 なのに。

 首輪とシッポで連結された緊縛姿では、絶対に、その中身をとりだせないんです。

リングギャグを噛まされ、排水栓をされていては口で咥えることさえ不可能で、中に

入って屈もうにもバルーンプラグのチェーンに引き戻され足をあげることさえできず。

 これほどに遥の縄目を、容赦ない縛めの味をうらむことがあるだなんて。

 まさに、想像さえしたこともありませんでした。

 悶えのたうちあがきまわって、思い知ったのは、たしかな絶望の苦味だったんです。

 半狂乱になって、後ろ手の指先をカーゴの中にさしのべようとする私。

「‥‥、ッ、ふぅぅ‥‥」

「くぅぅ、ンッ、んく」

「んーーー!」

 なにか言葉にならぬ呻きをもらし、遙が私のうなじにギュッと顔を寄せます。

 身投げ寸前の同僚を抱きしめるように、ギュッと肌をからめあわせて‥‥

 それが、決別の合図でした。

 もう、どうしようもならない‥‥今はとにかく、警備員を呼ばれる前に、この場を

立ち去るほかない‥‥その焦りが、触れあう肌をとおしてひしひし感じられたから。

バックもカギも見捨てないと、捕まったらジエンドだから。だから‥‥

 ふりむいて頷きかえし、涙にぬれた相手の顔を凝視して。

 火照りつづける忌まわしいカラダのまま、私たちはトイレから逃げ出したんです。 



 絶望の味。

 自縛の失敗の味。

 よろめき、ただ足をふらつかせる道行き‥‥

 時々、裕里様のサイトの他の方の体験談でも目にするこうした経験を‥‥

 実際身をもって経験した、あの時のショックと喪失感は相当なものでした。なにも

かもメチャクチャで、冷静な思考なんか消し飛んで、なのに、躯だけは沸騰し続ける

ポットのようにヒクヒクと、チリチリと、性感にもだえきっていて。

 歩きながら、人をおそれて階段を下りながら、いくどとなく踊り場の暗がりで遙を

求め、そのたわわな胸乳に顔をうずめてむしゃぶりつきます。パートナーの暖かい肌

をあやし、鼻でくすぐり

 びっちり十字に縄掛けされた遥のオッパイなんか、いたいたしく乳首があさってを

向いたまま尖りきっていて、乳首乳首でさすりあう摩擦の刺激が痛みさえともなう

ほどなんです。

 潤滑油の汗がおいつかないほど、かっかと火照り爛れる裸身。

 不自由な後ろ手で、与えられるのは焦らしの股縄と場違いなお尻の刺激のみなのに。

人肌のぬくもりと蜜汁になじみきった股縄が、ねっちょり爛れた粘膜と一体化して、

ひたすら甘美に私をイかせつづけるんです。

 どこまでもつづく、浅いアクメ、みたされぬ発情の連鎖する地獄。

 そんな雲を踏む足取りの中、かろうじて理性が残っていたんでしょう。唯一の脱出

路めざして、私は遙を従え、廊下を歩いていきました。

 このプレイの最初に、遙が口にした言葉。

??もう2度と服をきてここを通れないかもね、ナギっち??

 それが、避けがたい現実となって迫ってくるんです。

 ええ、残された一つきりのバックアップ。スペアのキーと身を包むコートをしまう

エントランス奥のロッカールームへの道行きです。でも、それは同時に、この緊縛姿

で出て行くということ。たえず出入りする利用客、入口わきのカウンターの職員‥‥

その全員に見られてしまいます。

 それがイヤなら、さっきのトイレ警備員に捕まり、縄をほどいてもらうしか。

 でもそうなったら、女子高生の遙は、学校や、保護者にまで通報されかねない‥‥

「んぁっ、あひ、い、イィィ」

 アナルバルーンの振動そのままに痙攣し、遙ががんじがらめの指錠を揺らします。

親指、人差し指、薬指‥‥いくえにも食い入り、効率よく指を拘束する施錠のせいで、

もはや後ろ手は使い物にならず、縄を解くことなど不可能そのもの。

 隠れているだけでは、閉館までずっと緊縛の味を噛みしめ、みずから望んだアナル

バルーンに責め嬲られてしまうんです。

 助かる見込みもなく、絶望を舐めつつひたすらよがらされて‥‥

 ‥‥選択は、これのみ、でした。

 だから、震える遙に厳しい目をやり、そうして、私は覚悟を決めて。

 廊下の暗がりから、吹き抜けのエントランスへと、大胆に足を踏みだしたんです。

 

 最初は誰も気づきませんでした。

 たまたま、だったのか。幸運だったのか。

 私たちがお楽しみの間に時間はだいぶ経ち、エントランスの時計は午後の1時過ぎ

でした。昼時がおわって人の流れが一息つく時間。そのせいか、まばらな利用客が、

ベンチに腰かけたり、歩いていたりして。

 けれど、均衡が破られるのはあっというまのことでした。

 隠れる場所もものもない、だたっぴろいエントランス。そんな場所をアヒルの如き

足取りでふらついている私たちが、見つからないはずがないんです。

 それは、本当にあっというまのこと。

 顔をうつむけ、歩いていた躯が、みるみる桜色に、さらにさらに発情していきます。

ちりちり肌を刺し、躯を苛む刺激‥‥それが、それこそが、無言で、それゆえ圧倒的

な、視線の圧力なんです。見られてる、凝視されている、どころか、ありとあらゆる

躯の部分を、どんな突起も、どんな窪みも、あまさず視線で舐め這いまわされる‥‥

 乳房のラインを目でさすられ、乳首のてっぺんをつっつかれて。

 躯の輪郭をみっちりと這う縄目をたぐりよせた視線に、ぐっと後ろ手を吊られて。

 汗の跡にそって太ももを這いあがるまなざしに、股縄をにちりと揺すられて。

 アナルに犯すバルーンプラグを‥‥

 ボールギャグを‥‥

 首輪を‥‥

 完璧に極まった亀甲縛りを、乳房をくびらせる縄目を‥‥

 なにもかもを、メチャクチャに触られ、虐められ、いじりたおされて、心ゆくまで。

「ッ‥‥ふクっ、みぃぃ」

「ぁぁン」

 静かな凌辱

 晒し者になるという感覚が、これほどのものだったなんて。

 火照ったカラダをどこにも隠すことができない。ありのまま以上に鮮烈で背徳的な

縄掛けの身を、無抵抗で求め潤っているおま○こを、ありったけの見世物にしてなお

とどまることを知らない欲望に蹂躙され‥‥

 威圧的で不自然な沈黙が、エントランスに落ちていました。

 異常なほどの静けさ。

 怖くておののいて、怯えれば怯えるほど、いっそう不自由な自分自身を、犯される

寸前の倒錯した情欲にカラダを燃えさからせてしまいます。

 たまらずに咥えこんだギャグに歯をたててしまう、ヨダレと一緒に喘ぎをもらして

しまう‥‥いやらしい無数の目にしゃぶりつくされて、羞じらいのあまり火ダルマに

なってしまう‥‥したたるオツユさえ見られたくなくて、その恥ずかしさがかえって

グジュグジュに蜜を分泌させてしまう‥‥

 もはやたとえようもない、獲物をねぶりまわす狩人の、凌辱者のまなざし。

 間違いなく、あれは視線による凌辱

 視線によるレイプ視姦そのものだったんです。

 その場にいたの利用者のほとんどは50~60代なかば。物腰の柔らかい、あるいは背

のまがったお年寄り、中には中年の男性まで‥‥

 息をつめ、ざわざわと遠巻きのささやきごえを遠雷に響かせながら、片時も目を離

さずに私たちの動向を見つめているんです。

 すっかり濡れそぼり、固く固く緊まった股縄がおま○この奥にまで繊維をつきたて。

胸のプレートを読んだのか「マゾだって」「変態?」「助けなくて」「放っておけ」

などと、幻聴のようにとぎれとぎれの声が聞こえてくるんです。

 今襲われたら、縄をつかまれたら、本当に抵抗一つできないんだ‥‥

 浅ましいことに、この期に及んで、この露出散歩の味をカラダがむさぼります。

 めくるめく視線の暴力を浴び、嬲られ犯され抜く裸身はむわーんと発酵した香りを

まきちらして男を誘っていて。

 ちらと目を落とせば、乳首なんかかって見たこともないほど、ツンツンに高く尖り、

しこってそそりたっているんですから。遙なんかもうボールギャグを噛みしめる表情

そのものが恥辱に染まって真っ赤なんです。

 ガチャリガチャリと足首で響く手錠におののき、小刻みに、内股をすりあわせて。

真っ白に溶けきりスパークしきった頭は、もはやどのくらい経ったかさえ分からない

ほど。露出の、被虐の官能にただ翻弄され、思うがままにもてあそばれて。

 汗を弾いて双乳をたぷんたぷんと震わせるのが‥‥

 バルーンプラグの尾を生やした双丘の谷間をむちむち揺らすのが‥‥

 あれほどにもイイ‥‥だなんて。

??まるで、誘われるように人にカラダを見せたくなる??

 

 他の方の告白で読んだことがありますが、あれがまさにそうなんでしょうね。

 ごまかしようもなくお尻の孔で連結させられ、それどころか共振するアナルバイブ

の激烈なうねりにわれを忘れてよがりまわされている現実。

 ホンモノの、正真正銘の晒し者になってしまった‥‥

 覚悟のうえの露出散歩が、感極まってむせびなく私と遥の裸身を煽り舞わせます。

広い広いエントランスを、オツユをこぼして床を汚しながらのろのろと進み、やがて

ようやく柱の影に、角を曲がって、奥のロッカールームに隠れるように飛び込んで。

 ようやくの一息‥‥けれど、無残な緊縛はそのまま。

 いえ、たっぷり汗を吸い、むしろますます縄が巧緻に緊まってきます。

 ざわざわとやかましくなったエントランスで飛びかう「痴女が」とか「警察」とか、

ゾッとするような会話にせきたてられて‥‥

 焦りつつ、遙が私の足首にはめたスペアキーを目で指し示します。

「んっ‥‥ひへぇぇ‥‥ッッ!!」

「ぎゥ!!」 

 うなずいてバッと屈みかける遙の仕草は、もうビリビリに張りつめていたお尻の孔

を限界まで引っぱっていました。潰れた苦鳴をあげ、言葉もなくかがみこむ私と遙。

ひゅーひゅーと喉奥で息がうずまいて、涙がボタボタしたたって。

 本当に‥‥普段ならなにげないことなのに、異様な拘束のせいで、あらゆることが

困難に、そして被虐的に、カラダを虐めることばかりにつながっていて‥‥

 でも、そのせいで、カギを取る方法が分かりました。

 立ったままロッカーに寄りかかって足を折り曲げ、遙にとってもらったんです。

 あとは、高手小手の遙が、ちょっと高い位置にあったロッカーにカギを差し込んで。

これも正直失敗でした。あとで来るとき、縛られてることを想定して、もっと低い、

取りやすい位置にスペアはしまうべきだったんですね。

 ともかく、ようやくのことで指錠を外したあたりで、にわかに外がさわがしくなり。

 私と遙はその場で縄を解くまもなく、あわただしくもう一つの出口から廊下に出て、

別館の方に逃げ出すことができたんです。

 お尻を繋がれて、チェーンを鳴らしてお尻をふりふり‥‥

 あんなにエッチに狂ってしまったのは、たぶん、はじめてのことだと思います。

 本当に怖い体験でした。

 しばらくはもう、私も遙も、露出はもう満足っていう気分です(笑



>なぎさへ

 おつかれさまでした。たしかに大冒険だったようね。

 無事に帰ってこれて何よりだったし、2人して見られるカイカンを楽しめたみたい

じゃない。他の露出っ娘にできないプレイよね。うらやましがる子、多かったりして

(笑

 縄もとかずに逃げ出したっていうのは、別館の方が全然安全だったってことかしら。

ムチャな動きして、だいぶアザとか残ったんじゃない?



>裕里様

 はい。バッティングセンターとか、その辺のお父さん世代向けの施設が多いので、

別館側は週末でなければわりと閑散としてるんです。本館側で露出プレイをしたのも

スリルを求めてで‥‥まさかこんななるとは思いませんでしたが。

 あと、あのあと、ドキドキしすぎて、2人ともおま○こべチャべチャだったので、

無人なのをいいことに別館側の卓球場でスリルを感じながらまたイキまくってしまい

ました。

 あのあと、しばらくはおま○こがずっとヒリヒリいっていて、3・2日はずっと

腫れ物にさわるような具合でした。今までも股縄とか普通に使っていましたけれど、

やはり敏感な部分なだけに衛生には相当気を使わないといけませんね。





>なぎさへ

 なるほど。

 ところで、拘束具とかバック、置きっ放しにしていったようだけど、回収できた? 

案外、取りに戻ってまた恥ずかしい目に会うかもしれないわね。監視カメラ、動いて

いたんでしょう? バッチリ撮影済みよねぇ。

 あの時のエッチな子だってバレたりしたら、大変なことになりそう。

 



>裕里様

 はい、置き忘れのバックには服に交じって拘束具なんかも奥の方に入っていたので、

翌日覚悟して取りに行きました。遙はつれていきません。もし何かあっても、せめて

私のカラダだけですます‥‥ぐらいの覚悟で行ったんです。

 でも、大丈夫でした。拍子抜けするくらい。

 他の忘れ物と一緒にまとめられていたせいか、係りの人もあのトイレで見つかった

ものだと気づかなかったようですね。お掃除のおばちゃんにも会わなかったし、無事

取り返せました。

 監視カメラのですが、それとなく騒ぎの話を振って聞いたところ昼間は動いてない

そうです。プライバシーがどうだかで、運用も大分制限しているとか。

「僕も見たかったよー。裸の女の子でしょ?」

と口を滑らせた係りの人の心象は、かなり私の中で下がりましたが(笑



>なぎさへ

 良かったわね。SMの道具って高いものね。買い直すと大変だから、大事に使って。

 それはそうと‥‥

 このところ、ずっとこの話を聞いていたけれど、このプレイって随分前のことよね?

最近はどうしてるのかな? その辺も聞きたくて仕方ないのよね、私としては。

 新しく買ったプラグ、それ、例えばお尻同士をチューブでつないで浣腸しあったり

とか、かなりハードなスカトロ系のプレイもできるのよ。だから、そうね‥‥

 次は、その手のプレイをしてもらうわ。お尻をつないで浣腸しつつ露出

 かなりシビアな課題よ。場所はあえて問わないことにするから。

 それと‥‥最近どんなことをしてるのか、その辺も教えてちょうだい。よろしくね。





                         Totaldaily-



Draft Back Next bbs Toriaezu



服なんかいらないっ!



>裕里様

 エッチな露出とかはわりとやっています。

 以前試したプレイとか、飽きもせず毎回楽しんでいますね。裸に手錠で露出とか。

 ‥‥ありきたりな告白、かな?

 ハードな緊縛プレイ目当てでココ読んでる人はがっかり、でしょうか。

 裕里様はお分かりと思いますが、スポーツセンターでの脱出劇みたいな、ああいう

本格的な自縛露出っていうのは本当に念入りに準備が必要なので、簡単にはできない

んですよね。もちろん、ずっとしたいのを我慢して(おなきん、でしたっけ?)準備

するあの焦らされ感もドキドキなのですが、やっぱり緊張したり、くたびれてしまう

のが大きいです。

 だから、他の方みたいにわりとライトま拘束露出のスリルを楽しんだりも多いです。

二度目・三度目は拘束オプションが増えたりしますけれどね(笑

 後ろ手で革手錠して、近所をぐるっと一周することを自分たちに義務付けたりとか。

ゾクゾクしながら夜が更けるのを待って、全裸で口枷、首輪に指錠、女の部分はすっ

かりほころんでポタポタ熱いオツユをしたたらせた全裸拘束の裸身で。その状況下で

お尻お尻をチェーンつきのアヌスプラグで連結されてしまうと、もう‥‥

 ホント、たまらないんです。

 何をするにも胎内をひくひくえぐられて、イケないところをみっちり埋められ満た

されてしまって刺激が深いから、まともに走ることもできないし繋がってるから電柱

の陰に隠れることもできない。カラダとカラダを内側から連結されて、それこそ本当

人身売買の危ない組織から逃げだしてきた(逃げきれていない)二匹のマゾって感じ。

いやがおうにも奴隷の気分でスイッチ入っちゃいます。

 私も遙も、露出っ娘としての自覚がより深くなったのでしょうね。

 初めての時は片手が自由だったのに快感よりむしろ怖さで頭がぼうっとしてたのが

慣れてきたのか、今では外気を感じて拘束をかみ締めた瞬間、軽いアクメに爪先まで

反ってしまう、みたいな。

 イキかけ、茹りがちな肌を艶色に染めて、人気もないシンとした路地をトボトボと

歩いたりします。こみあげる背徳感と、倒錯した被虐的な深みが気持ちイイんです。

何がイイって、拘束具のカギなんかは全部家に置きっぱなしで、あえてスリルに身を

さらすためだけにこういうムチャな露出散歩をはじめてしまう自分たちのはしたなさ

がとめどないマゾの快楽に2人をいざなうんですよ。

「んふ、ンッ、ンッふ、はくぅぅ」

「‥‥ぅ、ぅぅぅ」

 ひくひくと甘くのけぞり、腰を屈め、ハスキーに喜悦の呻きをこぼす遙を隣にして

私自身も淫らな刺激に襲われてしまっているんです。あらがえるはずないんですよ。

一緒に昇りつめて、注意も散漫になって、緊張と陶酔にかわるがわる犯されて。 

 一体感と、絶頂と、終わらぬ愉悦と。

 遠くの車の音にビクッとなって、路地のど真ん中でしゃがみこんでしまったり。膝

なんかガクガクで、しゃがんだ内股がねっとり淫靡なオツユに汚されていきます。

 遙にカラダをすりよせて。

 絡み合えぬ、口づけもできぬ唇を寄せ合って。

 昼間なら5分もかからないルートが、何十分もの道のりになります。

 ぐるっと路地を歩ききるまでは家に帰ることができない。その間、私も遙も襲って

くださいといわんばかり、通りすがりの変質者にサインを出さんばかりの発情ぶりで。

おまけに手錠と指錠のコンボ、お尻を嬲られててらてら濡れそぼったおま○こなんか

まるで無防備ですからね。いつ何をされるかわからない、そんなおののきがますます

満たされない亀裂をジクジクさせます。

 やっとの思いでアパートの前まで戻ってきて、見慣れた玄関にホッと歩き出すのも

つかのま、急に誰かが中からでてくるんです。

 とっさにあとずさる‥‥それより早く。

 「キャン!!」

 「ッひ‥‥ン、ンク‥‥ッッ」

 焦った遙が飛びのくように階段を2段まとめて飛び降りたものだから、ギジジッと

お尻を、菊花の奥で腸壁を引っかきむしられ、2人して植え込みの影に餅をつき、

ボールギャグに声を吸い取られて悶絶してしまっていました。

 ほとんど痛みまじりの律動。アナルバイブの振動が、拡張されたお尻の中を、その

圧倒的な太さと引っかかるコブで縦横に嬲り貫くんです。

 さいわいにもそのおかげで、地下の駐車場に続くスロープの方へしりぞいた私たち

の悲鳴も身悶えも気づかれずにすみ、九死に一生を得たのですが。

 しばらく‥‥

 そう、10分ぐらいはその暴力的な刺激に犯され、遙と2人むせび泣いていました。

立ち上がるというより前屈みで、おそるおそるすり足で歩き、やっとの思いで部屋に。

翌日もヒリヒリして、さいわい出血とかなかったので大丈夫でしたが、その晩はすぐ

拘束を解く余力もなく、2人してベットに倒れこんでいました。





>なぎさへ

 どこがライトなのかしら?(笑

 かなりハードな危ういプレイをしているじゃない。肛門裂傷とかのケガをしなくて

よかったものの、読んでいてヒヤヒヤしたわ。

 あとご近所の場合、むしろ知り合いの目が怖かったりもするわよね。通報されたり、

変な目で見られるようになったり。言うまでもないけれど、よく注意して欲しいかな。

 毎回、毎回、なんて話ぶりから察するに、まだまだ体験談はあるみたいね。

 マンネリでもいいのよ。恥ずかしい気持ちを告白して再体験するのが良いんだから。

他にもあるんでしょう。白状なさい。





>裕里様

 他にも、ですか?

 うーん‥‥正直言えば、ありすぎて書ききれないのですが(爆

 スポーツセンターでの一件以来、遙はもうすっかり露出緊縛の虜になってしまった

ようなんですね。SM好きの私としては、『私の奴隷になってね作戦(笑』が順調に

進んでいるともいえますが、前よりずっと積極的に野外でのギリギリの緊縛プレイ、

視線を感じつつのセックスとか、そういうのに夢中なんです。

 あれだけ怖い思いをしたのにケロリとした顔で「またお外でしようよー」なんて。

遙は暴走しがちなので、その辺怖いですよね。

 告白に関しては、うーんと。

 たしかにまだ飽きる段階まで行かずに同じプレイで毎回感じちゃってます。でも、

家に戻って文章起こすまでに情熱が薄れちゃうんですね。特殊な体験というより、今

では拘束露出そのものが日常のリズムに溶け込んでいますから。

 ‥‥あ、そっか。

 そうですね。私たちの日常なんてお話、たまにはいいかもしれません。

 特別な露出体験とかじゃないんですよ。日常の、お話です。



 遙との待ち合わせは彼女の授業が終わった放課後。

 近くの駅前で待ち合わせていると、改札から息を切らせて遙が駆け出してきます。

冬服のセーラーをひるがえして、ぱたぱた走ってくる姿にいつも見とれてしまいます。

大人びた雰囲気や大胆さに驚かされることもしばしばですが、こうして見ると元気で

かわいらしくて、年頃の女の子なんですよね、遙は。

「ただいまナギっち。授業めんどかったー」

「うん、おつかれ」

 家族の会話みたいでも、違うのはしっかり腰に手を回してハグしていること、人目

を盗んでついばむようにキスしてしまうこと。なにを期待してか上気した遙の色目に

あてられて、私までジクっと腰が疼きだします。お互い部活やゼミで忙しいのですが、

今は一番大事な人が目の前に。平日からいちゃついてられるのは、やはり学生の特権

なのでしょう。

 手をつないでおしゃべりしながら戻ると、お隣の主婦が出かけるところでした。

「あら、後輩の方でしたね。前にもお会いしたかしら」

「はい」

「そう、仲がいいんですね」

 にこっと会釈して歩いていく主婦の背を見つめながら、なぜか遙は悔しそう。

「‥‥後輩だって。アタシたち、もっとずっと深い仲なのに」

「こらッ」

 ギュッと手を握り返し、周囲に目を配ってから、遙のあごをつまみ、唇を奪います。

あっという悲鳴さえ飲み込んでねっとり、彼女の口の中を愛撫してあげて、

「ダメでしょう、外では秘密なのよ」

「‥‥うん」

 いつのまにかうっとり目を閉じている遙。鳩のようにまつげが小さく震えています。

 私が住むアパートの隣人たちは、私たちの関係を知りません。

 先輩・後輩の間柄だと説明してあって、みんな微笑ましくみているようなんですね。

もちろん、ただの先輩後輩の関係じゃないのは、つないだ手と手がしっかり指先まで

絡み合っているのを見ればバレバレかもしれませんが。

「でもアタシ、今日はナギっちのことばっか考えてて、ずっとして欲しかったからー」

「ふぅん‥‥そうね」

 ちょっと意地悪な目で遙を眺め、彼女の手を背中にひねりあげて。

「次の待ち合わせは、家からここまでずっと後ろ手で指錠つきで歩かせてあげようか」

「うあぁぁ、ヤダよォ」

 とたんに遙はビクンと背をつっぱらせます。

 目を開けそうになったのでそっとまぶたを撫でたら、ひくひくしながらもう一度目

をつむって、すっかりMモードです。 

「指錠にチェーンひっかけてね。遙のお股に通しちゃうの。ヒヤッとしてすごい濡れ

ちゃうかもよ。気づかれないように、頑張って普通にしてなくちゃね」

「うぅぅ、遙ったらァ」

 唇を尖らせながらも抵抗はしません。そういえば遙は私と反対に、生理直前が一番

エッチになっちゃうんだっけ‥‥なんてこと思いだしつつ、いやらしい妄想を耳たぶ

に吹き込みながら部屋の中へ。

 ドアを閉めて、鍵をかけた瞬間からしがみついてきた彼女と激しいディープキス

靴箱の陰に忍ばせておいた拘束具に手を伸ばし、私はゆっくり遙を抱きしめて、彼女

の手首を背中にひねっていきます。

 2人だけの、淫靡で、ただれた、秘密の露出の始まりです。



「どう? 遙ったら震えちゃって、こんなので感じてるんじゃないの?」

「ふぉ、ふぉんなことはいったらぁ」

「本当に?」

「な、なぎッ、っあ、はぁン、ふぁぁァ」

「うふふ。いやらしい子。これがお気に入りなんだー。足で乳首いじってもらうのが」

「ひやァッ、はぁぁァン」

 聞き返しながら足先をちょんちょん揺らすと、あっという間に遙の喘ぎが悩ましく

舌足らずにうわずっていきます。制服をまくりあげられてツンと尖りきった乳首を足

の指ではさまれ、しごかれ、私のやりたいようにオッパイを揉みつぶされて、こらえ

きれずに声があふれてしまうんです。

 アパートはやけに静かで、響くのは私と遙の囁き声ばかり。

 一日待ちわびた刺激を与えられた遙は両手を背で束ねたまま全身をよじって揺らし、

それでも逃げる気配もみせず、いたぶられる自分の乳首にとろりとした視線を絡めて

いるんです。

 ‥‥これのどこが露出なのかって、そう思います?

 もちろん、わざわざここで告白するぐらいだからただのエッチじゃありません。

 大事なのは私たちのいる場所。

 広々してて、たっぷり日光浴できるように古いビーチマットなんか敷いちゃって、

エアコンの室外機が埃をかぶり、頭上では洗濯物がはためている‥‥

 そうです。

 アパートのベランダ、なんです。

 一応、隣室との境には塀もあり、ベランダの床から20センチぐらい段差があって

柵もあるから下からは見えにくい。万が一に備えてシートで目張りした室外機の脇に

転がりこめば晒し者の視界からは逃れられます。

 でも、ベランダという場所が屋外そのものなのは感じてもらえますよね。

 肌をなぜる風が、響く車の音が、なにげない物音すべてが私たちをおかしくさせて。

しかもここは三階なんです。よじのぼれない高さじゃない。そんなところで裸の女が

カラみあっていたら、見ないでくれと文句言う方がムチャ。どこからだって丸出しの

まな板ショーです。

 立てた膝を広げて腰を下ろし、腰と腰をお互い自分からくっつけあうようにして。

 アパートにいながら感じられる、最高のスリルと愉悦。

 緊縛の身をよじらせる恐怖と加速する焦り。

 唯一の救いは隣人が出かけたばかりだって言うことと、下の路地はアパートの裏側

でベランダの正面は雑木林だということ。でも、近くに高いビルだってありますし、

これ見よがしに下着なんか干していますから、万が一にも下着泥棒がここまで登って

きたりしたら‥‥

 想像だけでカラダも頭も沸騰して、カァァッと惨めに灼りついてしまうんです。

 いやらしい想像はとめどなく、ううん、むしろ自分たちでそんな妄想を加速させる

かのように、わざと使いもしないボールギャグを首から下げてみたりして。

「今も見られてるかもね、遙」

「ふぅっ、はぅぅぅ」

「2人してボールギャグで口を封じられて、助けも呼べずに犯されちゃったり?」

「う、うぐぅぅ!」

 大丈夫、あの突き刺さるような人の視線も、人の気配も感じられないから‥‥

 まだもう少し、ベランダでじゃれあっていられる‥‥

 ギリギリのところでスリルを楽しむ露出特有のテンションがぐっしょりと下半身を

反応させてしまいます。見られたくて、晒し者にされたくて、彼女の躯を弄り回し、

お互いに胸を、あそこを、不自由な太ももをおしつけ、絡みつくわけです。

「ダメよ、口から離したらオシオキしちゃうから」

「ひぉいよぉ、ひぉいよぉ、ナギっひ」

「何言ってるのよ、虐められにきたくせに。このマゾっ娘がー」

 セーラー服の裾を口に咥えたまま、ふぅふぅ呻く彼女

 その、爛れきり熱くぬめりだすカラダの輪郭に、なまめかしく映える光沢と艶‥‥

ほっそりした手と二の腕同士を縛める革手錠のきしみときたら。交差した遙の手首は

高々と高手小手に吊られ、手錠の鎖が背中側で首輪につなぎとめられています。それ

どころか左右の腕にも手枷が嵌められ、その鎖がそれぞれ手首に連結されて、完全に

上半身を後ろ手に固めてしまっているんです。

 ときおり指先をひくつかせるらしく、光が目を射ます。

 奴隷の証である革の首輪にもう少しで指が届きそうなくらい、縄だったら合掌縛り

にちかい厳しい拘束を施されて、その指先にさえ鈍く指錠がきらめいているんです。

手の甲を重ねて右手の親指と左手の中指、左の親指と右の中指を、それぞれ固く拘束

されて‥‥ためしに指をからめると分かりますが、この状態は完璧に指が動かせなく

なります。

 突き指しないように手を丸めているのがやっと。モノを握ることもやっと、まして

手枷や縄を解くのは不可能。単純ながらも実に効果的な束縛じゃないでしょうか。

「縛られるの好きだもんね、遙。マゾっ娘だね」

「うぅぅ‥‥」

 恨めしげに、でもはっきりと甘い媚びたまなざしが私をとらえます。

 私の地道な調教が功を奏してか、ようやく遙も拘束だけで感じるようになってきて。

拘束の味をカラダが覚えたみたいなんです。気持ちイイのに声を我慢させられるマゾ

の喜びに酔いしれる遥の姿がかわいくて、私まで乳首が勃ってきて擦れちゃいます。

 絶望的にあがく遙を見せつけられ、ゾクゾクッと下半身から頭のてっぺんまで痺れ

きってしまう私。

 なぜって‥‥

 足で乳首を責め嬲り鳴かせている私自身、遙の水着の上から縄を打たれた躯だから。

高校に入る前の水着だとかでものすごいパッツンパッツン。その窮屈な圧迫感と学校

指定の水着をこの年で着せられた恥ずかしさだけでおま○この濡れ具合がすごいのに、

その上からいつものように念入りに後ろ手の縄掛けを施され、躯のくびれとオッパイ

充血具合が信じがたいほど、極限までいやらしく強調されているんです。

 いつかスポーツセンターでの遙の姿と同じ、オッパイを4つにくびるように縛り

合わされ、結び目のコブが敏感な突起をコリコリ虐めてきます。手首も腕も首すじも、

どこかしら躯を動かしただけで微細な身じろぎがすべて刺激となって乳首を責めたて

てきちゃうんです。

 しかも‥‥

 ご丁寧に水着の胸元、まさに私の乳首があたる部分に小さく穴があけられていて、

そこから飛びだす乳首が根元からぎゅっと水着に絞り上げられ、痛いくらいコチコチ

に尖って元に戻らないんです。そうして爛れた先端を、ひたすら縄のコブに揉み潰さ

れるいじましさ。こうして遙を虐める仕草で、私自身も虐められてしまいます。

 私も遙も、どっちも負けないくらいヘンタイさんの格好で。

 遠くから見られてたって分からない。むしろ見せつけて、ひどい目にあわされたい。

本気で、オッパイから広がる痺れときたら、疼いて、疼いて、たまらなくて‥‥

「うふふ」

 わけもなく淫らに微笑み、躯中を揺すりたてて緊縛の苦しさにしばらく酔いしれて。

遙とおそろいの首輪をぎっちり締め上げられ、仲良く快楽をむさぼりあう奴隷

形だけは私が責めていても、2人してマゾの快感を楽しんでいるのですから。

「ほらほら、ガマンは躯に毒だよー、はるかったらぁ」

「ン、ンン??」

 背筋を甘く凍らせながら、遙の上にのしかかっていきます。

 濃紺の冬服の生地と、海老のようにのぼせあがった肌と、食い込むつややかな革枷。

たった二つの手枷で上半身の身悶えを奪われ、遙は目をとろんとさせていて。

 彼女の上をもそもそと這い回り、指先から内股にかけてをつうっと唾液で濡らして

いきます。ジタジタ暴れていた彼女もいつのまにか私の下で向きを変え、私の太もも

を鼻先でふうふうつついていて。

 眩いばかりに透明な秋の陽射しが、火照った裸身をすみずみまでさらけだします。

 こうして、すぐにはほどくこともできない奴隷の体で、お互いをなすりつけあって

甘く快感をせびっている、その実感がとにかくすごく良くて。

 抱き合ったまま、遙の舌を一心に吸い上げながら、ころころとビーチマットの上を

転がりまわります。回る視界に空がみえて、隣のベランダがみえて、ふりそそぐ陽射

しの眩しさに目を細めて‥‥

 不意になまなましい戦慄がゾクンと躯のなかを抉って、息がつまっていました。

「あっ、ちょ、遙ァァ」

「ン、ンフフ」

 くぐもった鼻声。それが、私の股間から聞こえてきて。

 いつのまにか私の言いつけを破って、遙が舌と唇を器用に布地に割り込ませ、私の

濡れそぼった場所にざらざらと舌を差し込んできたんです。

「ひぃ、あはぁァ」

「なぁによ。ナギッちだってこぉんなに濡らしてェ。アタシのこと、ん、言えない」

 途切れ途切れに喋りつつおま○こを慰撫されて、溺れてしまいそうなほどどんどん

エッチな雫があふれてきて。今度必死に喘ぎ声をこらえるのは私の番。

 どうにか反撃しようと首をのばし、遙のお股にしゃぶりついて。

「ん、ンフゥゥゥーーー」

「くぅぅーー」 

 あとは、もう、ケダモノの欲求で頭が真っ白でした。

 ガマンできない。

 今、イマ、シタイ‥‥シタクテ、タナラナイ‥‥!!

 お隣の部屋でガタンと音がして、さっきの主婦の人が帰ってきているのが分かって、

ホントならそこでとっとと室内に戻るべきなのに燃え上がった私たちはやめ時なんて

分からずに、ひたすら相手のおま○こを貪りあって。

 重なり合い、入れ替わり、くんずほぐれつして不自由な裸身をうねりまわせて。

 後ろ手でマットを握りしめて追い上げられる絶頂をこらえ、悲鳴も出せずに長々と

すすり泣くような吐息をはきだし、それすら相手の唇に吸い取られて‥‥

 最後には、ぴったりオッパイをおしつけあって、遙の(私の)暖かさに痺れつつ、

暗くなるまでずっと抱き合い、お互いのソコを太ももになすりつけて楽しんでしまい

ました。

 ‥‥まぁ、その。

 最近の日常の話の中でも飛び切りハードだったんですけれどね、あの日は。

 今思うと、露出しつつ止め時を失っていたので一番危ない状態だったと思います。

あと、あんな時こそアナルバイブ使ってれば、一緒にイケたのにな‥‥‥‥と(笑





>なぎさへ

 ベランダかぁ‥‥たしかに目の付け所はいいし、怖いわよね。

 外からじゃ部屋の番号なんて分からないけど、調べればすぐバレてしまうものね。

スリルはたしかにすごいと思うわ。

 それにしても本当、露出していなくても、あなたたちは縛っただけで感じてしまい

そうね。露出っ娘というのは、ちょっと的外れかもしれないわね。

 本当はもっとそっちを頑張ってもらいたいのよ?





>裕里様

 

 あははは‥‥本当です。言われるだろうなぁって思ってました。

 だからこそ日常です、なんて逃げ口を用意してみたりしたのですが(笑

 でも、全部脱がないでも、恥ずかしい露出ってできますよね。ショーツだけ脱いで、

おま○こ丸出しで、ミニスカはいて露出、とか。そんな時、手が縛られていたりしたら

上半身に防寒具を着込んでいても立派に露出かなぁと思います。

 自分の意志で隠さない、隠せない状況を作り出すのが本当に楽しいです。

 そういう想像ばかりしているせいか、今では後ろ手で外出するだけでパブロフの条件

反射みたいにアソコが潤ってしまったり。

(あ、もちろん本当に後ろ手拘束でお出かけするって意味です。気分だけじゃなく(^^;)

 あと、指錠はちょっと怖いですね。

 あれを嵌められてしまうと、無意識に他の指も突っ張ってしまって‥‥このあいだ、

危なく突き指しそうになりました。こういうの、私たちだけ?(笑



                         

友達とのエッチを強要すると友情が壊れる事が多いので、性欲はで発散しておきましょう♪