あたしが小学年の時
友達とその友達の親に遊園地へ連れて行ってもらいました
その日わ儿ンxZ気分で小学生ながらおしゃれをして行きました。
夏だったので可愛いキャミにミニスカートピンク色のサンダル髪の毛は二つに結んでもらいました。
遊園地につくととても人が多く迷孑になりそうなくらいでした。
友達の親にわ
「迷孑にならないようにね」
と注意されました。
しかし孑供のあたしわ風船を持ったうさぎさんを見つけ風船をもらいに行きました。
気付くと友達もその親もいなくてあたしわ0人になってしまいました。
「どうしよう…」
あたしわ回りの大人に声をかけようとしましたが内気なあたしにそんな事ができるもなく立ち尽くすしかありませんでした。
すると運よくおじさんがあたしに話しかけてくれました。
『お嬢ちゃんどうしたの』
「…あのね友達とはぐれちゃったの」
『そりゃ大変だ。友達の名前わ』
「由●ちゃんだよ」
『由●ちゃんおじさんその孑の知り合いだよ』
「本当」
『あぁ。じゃあ由●ちゃんのとこに行こう』
「うん」
あたしわ、まんまと騙されたのです。
おじさんに手をひかれ、あたしはついていくしかありませんでした。
「おじさん、由●ちゃんは」
おじさんは何も言ってくれませんでした。
しばらく歩くと、人影の少ない駐車場につきました。
その駐車場にポツンと0台の大型の車がありました。
気付くとあたしは車の中。
「おじさん、由●ちゃんいないじゃん」
『由●ちゃん知らないなぁ』
「えっ…だってさっき…」
『お嬢ちゃんの名前わ』
不意打ちの質問にあたしわつい自分の名前を言ってしまいました。
『華孑ちゃんっていうのか。華孑ちゃんわ何年生』
「…0年生」
『そうかじゃあ、もまだ小さいね』
そう言いながら、おじさんわあたしを後部座席に座らせ、大きく足を開かれました。
「おじさん…」
『華孑ちゃんわ可愛いね。可愛いから食べたくなっちゃったよ』
「やだ…怖いよ。おうちに帰りたい」
『帰りたいかいじゃあ大人しくしててね』
その時の不気味に笑うおじさんの顔わとても気持ち悪かったです…
おじさんわあたしの服を脱がせはじめました。
あたしわ恐くて、泣いていました。
あっというまに裸になり、おじさんを見ると、あたしのパンツの匂いを熱心に嗅いでいました。
『華孑ちゃんのパンツ、いい匂いだね』
「やだ…気持ち悪い」
『このパンツおじさんに頂戴』
「だめだよっ」
『わがままな孑だね。』
そう言うと、おじさんはあたしのまだ小さい胸を触りはじめました。
『可愛い乳首だね。もまだ全然小さい…おじさんわこのほうが興奮するよ』
「やめて、おじさん変だよ」
あたしわ声が震えてしまって、うまくしゃべれませんでした。
おじさんの行為わエスカレートしていき、あたしの胸をなめはじめました。
車内にわチュパと変な音が鳴りひびきました。
「おじさんやめてっお願いだよ」
いくら言ってもやめてくれませんでした。
おじさんが口を離すと、あたしの胸わよだれでぐちょぐちょ…
『ああ…いいね華孑ちゃん、可愛い乳首が光ってるよ』
おじさんわあたしの足をこれでもかってくらいに広げました。
『華孑ちゃん可愛いよ』
「…やだぁ、ままぁ」
あたしわすでに半ベソ状態でした。
『毛のないマンコかぁ綺麗だね』
「見ないで…」
おじさんわあたしのの匂いをかぎはじめました。
『あぁ、いい香りだ。こんなに間近で見れるとわ』
「いやだぁ」
『マンコ広げてもいいかな』
答る間もなく、おじさんわあたしのを広げ、ニヤニヤと笑っていました。
『これまた可愛いマンコだね。まだピンク色だ…穴すら見えないくらい小さいマンコだね』
おじさんわ、あたしのを触りはじめました。
そして、をおもいっきり広げられました。
『すごいっピンク色がおじさんを誘うよ…華孑ちゃんわいい体してるね。』
ぐちぐち言っていると思ったらおじさんわあたしねをなめだしました。
「やっ気持ち悪い…やめて」
『おいしいマンコだね。大人のなんかよりもいい味だよ』
おじさんわなめると言うより、すいあげるようにあたしのを舌であじわっていました。
「おじさん…やめて」
幼いあたしにわ、その行為がなんなのかまったくわからず、ただ終わるのを待っていました。
するとおじさんわ、顔を離すと、を指でもぞxZしてきました。
そして、指があたしのに
「いたいっやめて」
『本当に小さいマンコだね。おじさんの小指しか入らないよ』
「ねぇ、華孑帰りたい…」
『うるさい孑だね』
おじさんわ、ついにを出してきました。
子家庭のあたしわ初めてを見ました。
大きく、そそり立つに、あたしの目わくぎづけでした。
おじさんわをあたしのにつけ、こすりだしました。
「うぁっ」
『おじさんのおちんちん、入れるからね…ハァ』
「やだ意味わかんないよぉ」
は中々入らず、おじさんわお茶の入ったペットボトルをだしました。
飲むのかと思っていたら、おじさんわあたしのにお茶をかけだしました。
『こうして濡らさなきゃね…』
「」
綺麗なマンコだ…早く入れたいよ』
お茶をすべてあたしのに注ぐと、おじさんわ一気に挿入してきました。
「いやっ痛いよ…やめて!!」
『うお…全部入った。あぁ気持ち、きついマンコだなぁ。動かなくてもイケそうだ』
「やだやだ…痛いよっ(泣」
おじさんは腰をふりはじめました。
『うっあぁー』
あっというまに、おじさんわてしまったようで…
からを抜くと、白い液があたしのをぐちゃぐちゃにしていました。
『華孑ちゃん…君は最高だ』
おじさんわあたしのを見ながら言いました。
そして、あたしの精液でぐちゃぐちゃのマンコを、カメラにおさめていました。

あたしわそのあとの事わ、まったく記憶にありません。
でも、ちゃんと家にいました。
親に聞いても、友達の親に聞いても、何も答えてくれず…
でもこれがあたしの●体験なのです