奈々はまた固まってしまい、中々服を着ようとしませんでした。そしてしばらくすると・・・奈々:「・・・あの・・・最後までしなくていいんですか?」僕 :「は?別にいいよ、今抜いたばっかだし」奈々:「・・・あの・・・さっきの・・・・・」僕 :「なんだよ!終わったから帰れよ!もういいだろ?」奈々:「・・・さっき・・・まだイッてないから・・・」僕 :「なんだよ!ハッキリ言えよ!」奈々:「・・・さっきの続きをして欲しい・・・」僕 :「は?お前ヤリてーの?なぁ?」奈々:「・・・はい」撲 :「あははは、お前超ドスケベじゃん!脅された知らない男にイカせてほしいの?」
奈々:「・・・はい・・・」 僕 :「だってお前彼氏いるだろ?帰ってイカしてもらえよ!」 奈々:「・・・彼だと・・・イカないんです・・・」 僕 :「なんで?好きなんだろ?好きでもない俺よりいいだろ?」 奈々:「・・・彼、普通っていうか・・・あまり積極的じゃないから・・・」 僕 :「なんだよ!ハッキリ言わねーなら帰れよ!」 奈々:「下手なんです!・・・それに・・・あそこも小さくて・・・元気ないし」 僕 :「は?じゃあ不満ばっかじゃん、別れれば?」 奈々:「・・・でも一緒にいると楽しいから・・・」 僕 :「じゃあ彼氏がつまんねーセックスしてるから、こんなにおまんこビッチョリさせてんの?おらぁ!」 奈々:「ああ、ああああん、ああ、そうです、ハァハァ、だから、お願いします、あああああ」 僕 :「だったら最初から素直にやらせろよ!最低な男とか言ってたじゃねーかよ!」 奈々:「あああ、あっ、すいません、ハァハァ、すいません、最初は・・・でも今は違います、ああああん、ああっ」 僕 :「お前みたいな巨乳はセックスしかねーだろ?」 奈々:「ああ、あっ、はいいいい、すいません、ハァハァ」 僕 :「犯して欲しかったら股開いてお願いしろ!」 奈々:「ハァハァ、お願いします、ハァハァ、いっぱいイカせて下さい、お願いします」 僕 :「何で彼氏じゃダメなんだよ!」 奈々:「彼氏、下手だから・・・お願いです、イカせて下さい、ハァハァ」 僕 :「じゃあこれからはおまんこ使いたい時に呼び出すからすぐ来いよ!」 奈々:「はいい、いつでもすぐに来ます、だから、ハァハァ」 僕は電マのスイッチを入れると、奈々のクリに押し付けました。 奈々は待ちかねた刺激で、絶叫に近い声をあげて喜んでいました。 「いやああああああ、ダメえええええ、すぐイッちゃうううううううう」と言い出したのですぐに電マを放しました。 そうしたら奈々は大騒ぎです! 会社で見るイメージとは全然違い、ただのスケベな女です! 「いやあああ、やめないで、お願い、お願いしますうううう、イカせて、イカせてええええええ」と叫びまくっていました。 何回か繰り替えして、いよいよイカせてやると、もの凄い事になっていました。 体中は汗まみれで、ヨダレは垂らしまくり、マン汁でシーツはビッチョビチョ、太ももは痙攣して終始振動して、段々腰がブルブル揺れて高く上がって、仕舞いにはブリッジする形になったとおもったら、噴水の様に大量の潮が噴き出して、「ひぐううううううううううう」と叫びながらイッてしまいました。 待ちに待った快感で、奈々は一本釣りされたカツオみたいにビチビチと跳ねまくっていました・・・・・ 激しくイッて、ベッドで魚みたいにビクビク痙攣している奈々のおまんこにちんぽを当てがいました。 奈々は気付いたみたいで、勝手に腰を押し付けて入れようとしています。 僕はゆっくりと生のちんぽ入れていきました。 奈々はちんぽが奥に入るほど大きな声になっていきました。 そして奥まで「ブチュッ」と入れると「うはぁあああ、気持ちイイ、ハァハァ」と言っていました。 ゆっくりとピストンをすると、あっと言う間にちんぽの竿の部分が真っ白の液体でヌルヌルになってしまいました。 そして「奈々、生だけどいいだろ?」と聞くと「えっ、やっ、ゴムは?ゴムして!」と言ったので、僕は勢いよくちんぽを「ぶるんっ」と抜きました! 同時に奈々のアソコから「ブシャッ」と潮が噴き出しました。 僕は「ゴムするんだったらもういいや、つまんないから!」と言いました。 奈々は泣きそうな顔で「えっ、ハァハァ・・・やだよここまでして・・・お願い・・・彼氏にも生でさせてないの・・・」と言うので「じゃあもういいよ、帰れ!」と言いました。 奈々は黙ってしまって動かないので、奈々を四つん這いにさせて、何も言わないで後ろからちんぽを穴に当てました。 奈々は徐々にこっち側にケツを押し付けてきて、すぐに亀頭が入ってしまいました。 僕は「ゴムしてねーぞ!」と聞いても奈々は無言でおまんこを押し付けてきていました。 奈々は諦めたようなので、後ろから激しく突いてやりました。 奈々は嬉しそうに「あああ、すっごい、あああん、すっごいイイ、気持ちいい」と叫んでいました。 激しくピストンを繰り返すと、ポイントによっては奈々のおまんこから潮が噴き出しました。 奈々は完全に狂ってしまったようになって「ああああ、すっごいイイ、おまんこ狂っちゃう、おまんこ狂っちゃう」と言っていました。 そして奈々は潮を噴きながら「イクううううう、ひぐうううううう、オおまんこがイイ、イクううううううううう」と叫んでイッてしまいました。 さっきの余韻もあるのでしょうか?死にそうな人みたいに声も出せない、呼吸も出来ないみたいになっていました。 僕もさっきのパイズリから完全復活したので、正常位にしてからまた激しく突きました。 僕 :「奈々、俺も出すぞ!」 奈々:「ハァハァ、あっ、あっ、うん、ハァハァ」 僕 :「中に出すからな!」 奈々:「えっ、ハァハァ、らめえ、ハァハァ、中は、あっ、あっ、ダメ、あああん」 僕 :「ダメだ、中しか許さねーよ」 奈々:「あああ、お願い、ああああ、あん、中は結婚する人だけなの、お願い、ああ、ハァハァ」 僕 :「しらねーよ!出したいから出すわ!」 奈々:「お願い、他なら何処でもいいからああ、何でもするから、お願いしまうううう」 僕はまた勢いよく「ぶるんっ」とちんぽを抜きました。 奈々は切ない顔でこっちを見ています。 そして「帰って下手くそな彼氏としろよ!」と言いました。 奈々は「そんなに怒らないでよ・・・」と涙目になっていたので「じゃあ中に出すぞ」と聞くと、返事が無かったのでそのままもう一度ぶち込みました! 奈々は無抵抗で、結局自分も腰を振っていました。 僕 :「奈々、いいか?出すぞ?イクぞ!」 奈々:「いやあああああ、ひどいよ、ハァハァ、あんっ、あああああん、ああああああ」 僕 :「ほらあ、出してって言えよ!中に出してって!」 奈々:「いやあ、言えないよそんなの、あんっ、あっ、ああああん」 僕 :「じゃあもう止めるぞ!いいか?」 奈々:「やだあ、ひどいよ、あああん、ああああ、あっ、あああん、出して、中に出して、ああああああ」 僕 :「彼氏にも謝れよちゃんと!名前言って!おらぁ!」 奈々:「もう、ひどいよ、ああん、あああああ、キヨちゃん、ああああん、ああああ、ゴメンね、あああ、出されちゃう、ああああああ、いやああああ、気持ちイイ、ああああ、すっごいイイ」 僕 :「イクぞ、奈々、イクぞ、あああああああああ、イク、イク」 奈々:「いあああああ、ああああ、すっごいイイ、激しいのイイ、イク、イク、あああああああああ、イクううううううう」 二人とも同時にイッて、奈々の奥には大量の精子が流れ込みました。 奈々は結局開き直ったのか、両足で僕の胴体をがっちり絞めて、まるでもっと奥に注がせるような勢いでした。 その後も奈々はすぐには帰らなくて、彼氏の電話も無視して二人でハメまくりました。 もちろん全部中出しです。 そして会社でも、トイレ目隠しをさせて犯したり、屋上でしゃぶらせたりさせて、しばらく使っていました。 オフィスの女子社員1  2  3  4