■海の家の倉庫に連れ込まれて(主婦の告白) 32歳の主婦です。まさか、子持ちのおばさんがこんな目に遭うなんて・・7月に3歳になる我が子と主人と3人で海水浴に行きました。主人と子供は海で散々遊んだので、疲れてパラソルの下で寝てしまいました。一人で退屈になってしまい、海の家に飲み物を買いに行きました。店員金髪の10代らしき男の子でした。親切にも奥の座敷で休んで行けとのことでした。 屈託のない笑顔に全く不信感を感じずに休憩室に入りました。そこは仕切りを立てた半個室のような状態でした。座って買った飲み物を飲もうとした、その時でした。私の背後から男の子がタオルを紐状にして首を絞めてきたんです。
声も出せず、意識が飛んでしまいそうになりました。 グッタリしそうになった時に別の男が私の口にガムテープを貼り付けました。  完全に声を出せない状況にされた時、二人は私の手と足をそれぞれ持ち上げて、奥の食品倉庫に運ばれました。 口にガムテープを貼られて声が出せない状況の私に殴ったり蹴ったり、お腹の上に缶詰を落とされて吐きそうになりましたが、どうすることも出来ずに涙を流しながら、ただ終わることを願いました。  倉庫の中に先ほどの金髪店員が入って来ました。 先ほどの笑顔とは全く別人のようなイヤらしくにやつきながら。 手にはビデオカメラと竹刀を持っていました。 一人の男が私を後ろ手に縛って無理矢理四つん這いにさせられて、金髪店員におを突出す格好にさせられました。 涙が止らない私は更に恐怖と恥かしさで死にたいぐらいでした。 ビデオカメラを受け取った男が撮影を始めました。  最初は私の顔を、その後カメラを向けられた金髪店員は「残虐ショーのはじまり」と甲高い声で叫び、3人の男は大声で笑っていました。 撮影が続く中で、金髪店員は私の短パンをずらし、ビキニが少し露出した状態に竹刀を振り下ろしました。 激痛が走り、私は犬のように逃げましたが別の男に頭を抑えられて、更に金髪は竹刀を何度も振り下ろします。 その度に狂ったように笑いながら。 短パンとビキニを脱がされて、生身の上から竹刀で叩かれ始め意識が薄れそうになってから、本当の残虐ショーが始まりました。 [PR]綺麗人妻と素敵な不倫してみませんか?★人妻NET[PR] 何度目か竹刀で叩かれて膝から折れてしまいました。 金髪店員は腫れ上がってるで あろう私のお舐め始めました。 叩かれるよりも悍ましい気持ちが込み上げて来ました。 舐めながら、金髪の指が私のアソコに入って来ました。 乱暴に掻き回られ て、濡れてはいけないのに濡れて音を立て始めました。  金髪はわざと音が大きくな るように触って卑猥な言葉を投げ掛けます。 私の頭を抑えていた男が口のガムテー プを乱暴に外して、私の唇は切れて血だらけになりました。 流れる血を男は舐めに来ました。 臭い息を吐き出しながら私の唇、歯、舌そして顔中を舐め回します。 舐め終わった時に私のパーカとビキニのブラを脱がし、ニヤニヤと私の胸を眺めながら自分のズボンとパンツを脱ぎ捨てました。  目を覆うようなグロテスクな性器は見たこともないぐらい大きなモノでした。 見た途端に悲鳴をあげてしまった私に怒り狂い、乳首が引きちぎれそうになるくらい噛み付かれました。 「黙れ!」と低い声で言われて全く声が出せないようになった私の口をこじあけて、グロテスクな性器 を押し込んで来ました。  更に頭を掴まれて乱暴に前後に揺すります。 喉がつまって何度もむせ込みました が、当然止めることはなく激しさを増していきます。 カメラを回していた男が近付いてきて、性器を咥えさせられた私の顔をアップで撮ります。 「うまいか?」「うま いか?」と何度も聞かれて反応しなければビンタをされて涙を流しながら、声にならない状態で「美味しい」と言わされました。  そんな姿を見て男は声をあげて笑っていました。 興奮した男は更に頭を強く押さえ付けて激しく前後させました。 段々と動きが早くなり男の口から激しい息遣いが聞こえるようになって来て、最後に喉を突き抜けそうになるほどに奥まで押し込まれました。 その時私の口の中はさっき までと違う味の液体が充満して来ました。  男は動かなくなり、私は何が起こったのか気付きました。 男は最後まで出し切ったように私の口から性器を抜き、私が吐 出そうとしたその時に片手で私の口を、もう片方の手で後頭部を押さえて吐き出せなくしているようでした。 頭を振ってもがこうとしても金髪男が私のアソコを掻 回していたので力が入りませんでした。  ついに私は男が放った熱くて臭い液体を飲 み込みました。