今年はすでに猛暑ですが、そのおかげか夏ばて気味でした。
おなかの調子が悪く、職場の人に相談すると、冷たいものを控えるようアドバイスを受けました。
そうして氷を入れた飲み物を控えたところ、2週間悩んだ体調不良が一変。
思わず勢いというか、五反田へ足を運ぶことにしました。

今回、候補はいくつかありました。
五反田はこうがん塾と寸止め抜き地獄。
高田馬場にある奥様FAN倶楽部。
この中でこうがん塾にしたのは気まぐれです。

電話連絡をすると、なんともおっとりした女性の受付の方が。
12時から入れるとのことですが、ホテルは自分で探すスタイルでした。
そのためいつもよりは割高だけど、きれいなホテルを選ぶことにしました。


今回お願いしたコースは100分13000円。
亀頭責めの完全専門店ではないのですが、そうであれば亀頭責めを長く味わえるよう長時間にしました。
受付の方には亀頭責めの得意な方と伝えてホテルへチェックイン。
『先にシャワーを浴びて待ってください』とのこと。

暑さを冷やすためにじっくりシャワーを浴び、ガウンに身を通して待ちます。
トントン。
ノックがされたので部屋のドアを開けると、そこには30代後半ぐらいの嬢が。
嬢は気さくで、いろいろ教えてくれました。

このお店の年齢層は60台ぐらいが多いこと。
亀頭責めはあんまり好まれず、睾丸マッサージで癒されに来る人が多いこと。
ということは、自分はこのお店では亜流かというと、
亀頭責め自体、どうやら最近できたオプションのようです。

嬢はベッドへ促します。
自身は下着になって用意。
自分は裸でベッドへ横になりますが、すでにサオは固くなっています。

嬢は僕の足の間に座り、股間を前にします。
そうしてフェイスタオルを股間にかけると、玉のほうからマッサージ開始です。
こうがん塾の名前らしく、こうがんマッサージが大切なのでしょう。

施術されながらも、僕は玉からサオに嬢の手が移ると、思わす「んん...」と声がでます。
嬢は目を輝かせるように、「どうしちゃったの?」とSっけを発揮です。
タオルをはさんでの刺激ですが、期待感から感じてしまいます。

嬢は僕の期待を察して、タオルを剥ぎ取ります。
そうしてローションを手に取ると、左手でサオを支えると、右の手のひらで亀頭を覆います。
いきなりの刺激。
手首のスナップを利かせて、指ではじくように亀頭をこすりあげます。

「うぐ! ああー」
「あら、もう感じちゃってる? 好きなんだ~」
嬢は手の動きを早めると、手首を回して円を描くように亀頭をさすります。
「あっあっああーーー」

僕の反応に、こうがんマッサージは開始すぐに終了して亀頭責めです。
くちゅ、くちゅっと、ねぶり回して責めると、「感じちゃってるね~」とサオを倒して圧迫亀頭責めです。

サオは尾のように嬢のほうへ倒されると、そそり立つ動きと嬢の手の圧で突き抜ける快感です。
「ああ、いいー!」
「いいの? 感じちゃってるね。いやらしいこんなにされても感じて」

熱い、亀頭が熱くなっているのです。
「亀頭がすごい!」
「本当ね。熱くなっちゃって。熱くしてあげる!」

嬢は大量のローションを取ると、亀頭の部分を握りこみます。
そうして、上下のピストン運動をして、くっちゅくっちゅと聴覚にも訴える責めです。
「いやらしい音がする、ああー!」
「あそこいやらしくしちゃってるのは柴田ちゃんでしょ?」
嬢の的確な言葉責めに、思わず腰を突き上げました。

「腰が動いちゃってるよ~」
嬢は僕の跳ね上げる腰の動きに合わせてピストンを続けます。
決して亀頭をはずさない。
そうしてますます怪しい笑顔で僕を見つめてきます。

思わず見詰め合う瞬間、SとMの視線のやり取りです。
視線で犯された僕は、さらに腰を振り上げて答えます。

嬢は亀頭へのぐりぐりと甘酸っぱい刺激を続けながら、僕の乳首に手を伸ばします。
乳首たっちゃって~」と、コリコリとつまんで刺激します。
乳首と亀頭。
両方からの責めが頭の感覚を溶かし、感じることのみで満たされるのです。

そうして、嬢は突然僕の両足を跳ね上げると、お尻むき出しの状態にします。
「丸見えになっちゃったね~」
そうして、膝で僕の足を落ちないように支えると、その体制で亀頭とお尻を刺激します。。

お尻のずんと来る刺激と、亀頭の突き抜ける刺激に、僕は頭を枕に押し付けて腰をぶるぶる震わせます。
「気持ちいいの? 感じちゃって」
もはや恥ずかしいという気持ちを感じたいという感情が超えて、腰を震わせるのです。

「こんな姿で感じるなんて~」
「あ、はあん、はっはあ~」

嬢は手をぱっと離すと、「今度は四つんばいになりなさい」と促します。
よろよろと四つんばいになると、サオをつかみ出すようにします。
そうして、亀頭をつかんでぐちゅぐちゅ。
「柴田さん、やらしいよ~」
しかし僕に答える余裕も無く、「あうううー、んはあー」とあえぐだけです。

と、突然刺激が変わったかと思うと、パンストです。
ザラザラの刺激は、まってましたの快楽です。
「うぐう、いいーー!」と答えます。

パンストいいんだ! ほら、感じちゃいな~」
「う、ううー、うはああーんん」
「みてみてやらしい。パンストに犯されちゃって~。犯されるの好きでしょ?」
「いい、犯して!」

嬢は体制を変え、僕のお尻に体を密着させます。
胸の感触を背中に感じると、嬢のまさぐる手が再度から亀頭をつかみます。

今年はすでに猛暑ですが、そのおかげか夏ばて気味でした。
おなかの調子が悪く、職場の人に相談すると、冷たいものを控えるようアドバイスを受けました。
そうして氷を入れた飲み物を控えたところ、2週間悩んだ体調不良が一変。
思わず勢いというか、五反田へ足を運ぶことにしました。

今回、候補はいくつかありました。
五反田はこうがん塾と寸止め抜き地獄。
高田馬場にある奥様FAN倶楽部。
この中でこうがん塾にしたのは気まぐれです。

電話連絡をすると、なんともおっとりした女性の受付の方が。
12時から入れるとのことですが、ホテルは自分で探すスタイルでした。
そのためいつもよりは割高だけど、きれいなホテルを選ぶことにしました。

今回お願いしたコースは100分13000円。
亀頭責めの完全専門店ではないのですが、そうであれば亀頭責めを長く味わえるよう長時間にしました。
受付の方には亀頭責めの得意な方と伝えてホテルへチェックイン。
『先にシャワーを浴びて待ってください』とのこと。

暑さを冷やすためにじっくりシャワーを浴び、ガウンに身を通して待ちます。
トントン。
ノックがされたので部屋のドアを開けると、そこには30代後半ぐらいの嬢が。
嬢は気さくで、いろいろ教えてくれました。

このお店の年齢層は60台ぐらいが多いこと。
亀頭責めはあんまり好まれず、睾丸マッサージで癒されに来る人が多いこと。
ということは、自分はこのお店では亜流かというと、
亀頭責め自体、どうやら最近できたオプションのようです。

嬢はベッドへ促します。
自身は下着になって用意。
自分は裸でベッドへ横になりますが、すでにサオは固くなっています。

嬢は僕の足の間に座り、股間を前にします。
そうしてフェイスタオルを股間にかけると、玉のほうからマッサージ開始です。
こうがん塾の名前らしく、こうがんマッサージが大切なのでしょう。

施術されながらも、僕は玉からサオに嬢の手が移ると、思わす「んん...」と声がでます。
嬢は目を輝かせるように、「どうしちゃったの?」とSっけを発揮です。
タオルをはさんでの刺激ですが、期待感から感じてしまいます。

嬢は僕の期待を察して、タオルを剥ぎ取ります。
そうしてローションを手に取ると、左手でサオを支えると、右の手のひらで亀頭を覆います。
いきなりの刺激。
手首のスナップを利かせて、指ではじくように亀頭をこすりあげます。

「うぐ! ああー」
「あら、もう感じちゃってる? 好きなんだ~」
嬢は手の動きを早めると、手首を回して円を描くように亀頭をさすります。
「あっあっああーーー」

僕の反応に、こうがんマッサージは開始すぐに終了して亀頭責めです。
くちゅ、くちゅっと、ねぶり回して責めると、「感じちゃってるね~」とサオを倒して圧迫亀頭責めです。

サオは尾のように嬢のほうへ倒されると、そそり立つ動きと嬢の手の圧で突き抜ける快感です。
「ああ、いいー!」
「いいの? 感じちゃってるね。いやらしいこんなにされても感じて」

熱い、亀頭が熱くなっているのです。
「亀頭がすごい!」
「本当ね。熱くなっちゃって。熱くしてあげる!」

嬢は大量のローションを取ると、亀頭の部分を握りこみます。
そうして、上下のピストン運動をして、くっちゅくっちゅと聴覚にも訴える責めです。
「いやらしい音がする、ああー!」
「あそこいやらしくしちゃってるのは柴田ちゃんでしょ?」
嬢の的確な言葉責めに、思わず腰を突き上げました。

「腰が動いちゃってるよ~」
嬢は僕の跳ね上げる腰の動きに合わせてピストンを続けます。
決して亀頭をはずさない。
そうしてますます怪しい笑顔で僕を見つめてきます。

思わず見詰め合う瞬間、SとMの視線のやり取りです。
視線で犯された僕は、さらに腰を振り上げて答えます。

嬢は亀頭へのぐりぐりと甘酸っぱい刺激を続けながら、僕の乳首に手を伸ばします。
乳首たっちゃって~」と、コリコリとつまんで刺激します。
乳首と亀頭。
両方からの責めが頭の感覚を溶かし、感じることのみで満たされるのです。

そうして、嬢は突然僕の両足を跳ね上げると、お尻むき出しの状態にします。
「丸見えになっちゃったね~」
そうして、膝で僕の足を落ちないように支えると、その体制で亀頭とお尻を刺激します。。

お尻のずんと来る刺激と、亀頭の突き抜ける刺激に、僕は頭を枕に押し付けて腰をぶるぶる震わせます。
「気持ちいいの? 感じちゃって」
もはや恥ずかしいという気持ちを感じたいという感情が超えて、腰を震わせるのです。

「こんな姿で感じるなんて~」
「あ、はあん、はっはあ~」

嬢は手をぱっと離すと、「今度は四つんばいになりなさい」と促します。
よろよろと四つんばいになると、サオをつかみ出すようにします。
そうして、亀頭をつかんでぐちゅぐちゅ。
「柴田さん、やらしいよ~」
しかし僕に答える余裕も無く、「あうううー、んはあー」とあえぐだけです。

と、突然刺激が変わったかと思うと、パンストです。
ザラザラの刺激は、まってましたの快楽です。
「うぐう、いいーー!」と答えます。

パンストいいんだ! ほら、感じちゃいな~」
「う、ううー、うはああーんん」
「みてみてやらしい。パンストに犯されちゃって~。犯されるの好きでしょ?」
「いい、犯して!」

嬢は体制を変え、僕のお尻に体を密着させます。
胸の感触を背中に感じると、嬢のまさぐる手が再度から亀頭をつかみます。
「どーお? 後ろから犯しちゃう!」
「あぐぐー」
亀頭に感じて腰を振りますが、嬢が受け止めて逃げ場がありません。
頭をベッドへ押し付けますが、嬢は体をさらに押しつけ、亀頭の刺激を続けます。

「じゃあ仰向けに戻って~」
僕は息を切らせ、はあはあと呼吸しながら仰向けになります。
今日の時間は100分。
この快感地獄はまだ途中です。

嬢は再び僕の足の間に入ります。
そうして押し倒すようにして、再び圧迫亀頭責めです。
「ぐううー」声にならない声がでます。
それでも決してサオに触れないからか、いくことはありません。

嬢はふと腰を挙げたかと思うと、僕の右足に腰掛けます。
そして鋭い視線を向けて、亀頭をつかみあげます。
「体で拘束してるのよ」

確かに、足が絡んで動けない。
そこで亀頭責めをされると、快感に動こうとする腰が動かずじれったい。
「ううん、ああー」
嬢はその様子をみて、さらに笑みを強くする。

さらに、嬢は手にパンストをはめての亀頭責め。
「ほら、見て」
その手にはめられたパンストは、カリに引っ掛けられて亀頭のすべての面を刺激する。

「ああうううー、ぎ・も・ぢ・いいー」
「いいでしょ? すごく感じちゃってー」

刺激が突如変わります。
いつの間にかパンストをはずしてローションたっぷりの素手で亀頭責めです。
このザラザラする快感からネットリ素手の刺激へ変わるのは、これまた甘い刺激。
腰を再び突き上げてしまいます。

「ほおら、腰が動いちゃってる」
「気持ちいい!」
「手マンコ最高でしょ?」

まさにアソコに入っているかのように、ローションの蜜壷になった掌で嬢は亀頭をじゅぷじゅぷっと、刺激します。
腰を快感に突き上げる。
嬢はそれに答えて巧みに手をずらす。
体中で感じているうちに額にびっしょり汗をかきます。

嬢はそれをふき取ってくれます。
さらに添い寝の体制へ。
次第にいきそうになるのを寸止めです。
「まだいっちゃだめ~」

息も絶え絶え。
そうしてようやく、「いきたいの? じゃあいきなさい!」
じょぷじゅぷじゅぷじゅぷ...。

亀頭の刺激にたまらなくなり、僕は嬢の手に、白い液体を噴出していました。
「すごい、大量」

嬢はその後冷たく濡らしたタオルで股間を冷やしてくれました。
これもサービスなのでしょうか。
外は灼熱、しかしクーラーの聞いた部屋で亀頭を責められて熱くなって。
贅沢な時間を過ごすことができて、新店開拓は成功でしょう。

まだ、いきたいお店はありますが、ちょっと気候と相談していきましょう。