私は今年40歳、は29歳です。
大きな仕事も一段落し、夫婦で旅行に出かけることにしました。
平日だったので、館のお客さんも少なく、料理、サービスは特によかったのですが、ただタクシーの運転手にハメられてしまう出来事がありました。

私がその様子をすべて知っているのは、は知りません。
と男が繰り広げた痴態を私は覗き、射精していたからです。
私のはB95W59H87で、俗に言うグラマー体型です。



よく二人で出かけても、すれ違い様のいやらしい男の目線があり、私はそれを楽しんでいます。
この日も館に到着するのが早く、時間つぶしに近くの観光地に出かけることにしました。
荷物を館に預け、タクシーをお願いしました。


しばらくするとタクシーが到着し、運転手が丁寧に降りてきて挨拶を交わしました。
案の定運転手はの体を舐め回すように見、視姦しているのがわかります。
年の頃は50前半で眉毛の濃い、いかにも絶倫タイプの男性でした。

名前の交換をし3時間ほどですがよろしくと伝え、タクシーに乗り込みました。
タクシー内では、なれた口調で山崎さんが、楽しい話をし、も喜んでいました。
山崎さんとは運転手のことです。

その間もルームミラーで視姦する山崎さんがはっきりわかります。
はじめの観光地に着きました。
公園になっており、展望台、お土産やが数件あるところで、遊歩道もあり、はそちらのほうに行きました。

私はのどが渇いていましたので、お土産やのレストランでビールをお願いし、の様子を伺っていました。
すると山崎さんがに近づき何か話しかけています。
こちらから見ても、なにやら楽しげで、も楽しそうに話しております。

しばらくすると山崎氏が必要以上ににタッチする様になり、私もそれを見て嫉妬と興奮を味わっていました。
山崎氏は今頃を犯してる妄想中だろう、そう思うと、股間が熱くなり脈打ってきました。
も満更ではないようで、肩をもましたり、腰の辺りを擦らしたりと、微妙なタッチを許していました。

山崎氏の行動も段々と大胆になり、お尻を下から撫上げる感じで触りました。
すると意外なことに、も嫌がらず、じっとしているのです。
それどころか、山崎の手の動きに合わせる様、お尻を突き出しています。

の服装は白地に花柄のフリルの着いたミニにオレンジのタンクトップその上に黄色のシャツを着ていました。
今にもミニがたくし仕上がり、下着が見えそうになっています。
もう股間が破裂しそうな自分がいましたが、それと同時に怒りも芽生え、二人の元へ行くことにしました。

すると逆にがこちらに向かってきて、(山崎さんエッチな話ばかりして、おまけにお尻間で触ってくるの、私文句を言ってやったわ。)といいました。
私は内心お前も喜んでを突き出していたくせにと思いながら、(まあいいじゃないか、お前の体を見て理性が飛んでしまったのだろう、顔を見てみろ、スケベー丸出しじゃないか、もう少し楽しましてあげたら)といいをなだめました。

すると山崎も何事もなかったようにこちらにきて(どうです奥さん、この遊歩道の奥にきれいな滝があるのでいきませんか?)と声をかけてきました。
主人も一緒にどうですか、といわれましたがまだビールも残っていましたので、道順だけ聞き、に気分転換に言っておいで、と伝えふたりをいかせました。
私は、山崎がにどう接していくのか見たくそういいました。

少し距離を置き二人の様子を見てやろうと思いました。
を前に歩かせ相変わらず山崎は後ろから視姦しています。
こちらから二人が見えなくなるのを待ち、私も後を追いました。

店の外に出ますと、もう二人の姿はなく、意外に早いなと思い、聞いた道順で滝のほうに向かいました。
あまり急いでも気づかれると思い、様子を伺いながら行くと、誰にも会わず滝に着いてしまいました。
二人はどこに?そう思いながら、の携帯を鳴らしてみました。

中々出ず留守番になり、もう一度かけると、が出ました。
私もとぼけて滝の近くにいることを言わず、(どうだ、滝の様子は)と聞くと(すごくきれいよ、あなたどこ)とあからさまな嘘を言うのです。
おかしく思いもう少し探りをいれるため(まだビールを飲んでいるよ、でもどうかしたのか、息が荒く感じるけど)(急いできたからじゃない、道が結構きついから、あなたはゆっくりしていたら)(なんか聞こえにくいから、切るね)そういって携帯は途絶えました。

明らかに様子がおかしい、男の勘が働き、あのお尻を触られていた時点で、二人の間で話が出来ていたのでは、そう思うと、の嫌がらなかった態度、お尻の突き出しが裏づけになり、今までにない興奮が襲ってきました。
どこにいるのか分からない二人に、焦る気持ちと、が犯されていると言う嫉妬の気持ちで、私の股間は、はちきれそうに膨らみました。
もう一度電話を鳴らしますが、は出ません。

来た道を戻っていくと、本道から横にそれる細い道があり、その先に小さな小屋があります。
もしかしたら、と思い静かに近づきますと、なんと山崎とが小屋の中にいるではありませんか。
あわてて身を隠し、中の様子を覗き見ますと、すでにはタンクトップと黄色のシャツをたくし上げられ、たわわな胸を山崎に舐められていました。

何ともいえないの表情に思わず声が出そうになりました。
半開きの口元の脇からは、唾液がこぼれおちそうになっており、それを山崎がいやらしく舐めあげました。
二人の痴態はますますエスカレートし、の手は、山崎のチンポをしごいています。

私もたまらなくなり、自らもしごきました。
山崎が手馴れた様子でを真正面に連れて行き、ミニのスカートをたくし上げ、Tバックパンティごと、を揉みくちゃにしながら、いやらしく舌を伸ばし、の口に刺していきました。
もそれに答え、舌を絡めています。

すごい光景に私のチンポも今までにない緊張を保っています、しごくとすぐにでも射精思想で握っているのが精一杯でした。
いやらしいキスを済ますと、山崎はの両肩に手をかけ、自分の前にしゃがませ、フェラを無言で要求しました。
私は、心の中で(やめろ)と叫びましたが、そんな気持ちとは裏腹に、はおいしそうにチンポを咥えました。

仁王立ちの山崎の表情は、の口マンコを満喫しています。
髪の毛を鷲づかみにし、自分のいいペースで腰を振っています。
それに合わせるよう唾液を垂らしながら山崎のチンポを味わっています。

わたしは、今目の前で行われている行為に、理性を失い、チンポをしごき続けました。
濃厚なフェラを味わった山崎はを立たせ、壁にもたれかかせ、片足を上げ、クンニをはじめました。
もうの表情は視点があってなく、トランス状態です。

卑猥なあえぎを連呼するばかりのに山崎は容赦なく快感の波を送り続けました。
私は相変わらずしごき続けています。
そんな中は1回目のアクメに達したようで、腰をビクビク痙攣させながら、山崎の頭を自分のおまんこに擦り付けるように、手で引き寄せました。

(なんてことを)そう思いながら、次の痴態を期待する自分がいました。
を後ろ向きにし、ミニをたくし上げ、Tバックを横にずらし、山崎はイキリ立ったチンポをのおまんこにぶち込みました。
山崎の腰の動きに合わせ、も深い挿入を味わいながら、あっという間に気をいかし、またチンポを味わいの繰り返しです。

の腰は痙攣しっぱなしで山崎が手を離すと崩れ落ちそうなくらいの勢いです。
やがて山崎が大きくのけぞると、チンポを抜き、の顔をめがけ大量のザーメンを浴びせました。
それと同時に私も射精し、今までにないアクメを感じました。

はきれいに山崎のチンポを舌で掃除しています。
私は我に帰り、の携帯を鳴らしました。
が携帯を出るのが見える中で、話しかけ(そろそろいこうか)と声をかけの様子を伺いました。

山崎からもらったティッシュでおまんこを拭きながら(分かりました)といい、電話を切り、山崎のチンポをもう一度口に含みおいしそうに舐め始めました。
山崎がを抱え上げ、ドアのほうに向かってきたので、とりあえず身を隠し、後をつけるように土産やにかえって行きました。
道中何度も山崎はの口びるを奪い、お尻を撫ぜながら帰っていきます。

レストランに着き(どうだった)とに聞くと、(すごくよかった)とこたえ、山崎が(奥さんすごくよろこんでくれてましたよ)と私に伝え、すべてがバレてないように、平然と二人はタクシーに乗り込みました。
この体験の後、もうひとつ観光地によったのですが、そこでも二人は痴態を繰り広げました。
私はまたそれをネタに、射精しました。

先ほどの痴態が何もなかったように二人は会話し、私も何も知らない様子を保ち、タクシーの中の会話に参加しました。
山崎は相変わらずスケベー丸出しの目つきでを見、もそれに答えるよう、山崎に熱い視線を送っています。
すると山崎が、おいしいそば屋があるんですけど、寄りませんか?結構有名な店ですよ、の土産にどうです。

と話し、私はそれに同意し、店に案内してもらいました。
店に着き、店内に入ると、結構広いお店で、昼時は観光客でいっぱいになるらしく、部屋もたくさんありました。
この時は昼の時間も過ぎた頃ですので、店内には私たちだけでした。

奥の和風の部屋に案内され、注文をし雑談をしていますと、店主が挨拶に来て、時間もずれてますのでゆっくりしてください、と伝え、去っていきました。
部屋の感じは、席の足元が掘ってあり、畳ですが、いすに座る感じに作られておりゆっくりとくつろげる席になっています。
は窓際の席に座る山崎の横に行き、外を眺め、かわいいワンちゃんといい、外にいたプードルに興味を示しました。

そう言うとそのまま山崎の横に座り、そばをすすり始め、私の横からあっけなく移動してしまいました。
少し気分を悪くした私は、それを隠すようトイレにたちました。
さっきの痴態の後だけに余計嫉妬心が沸き、平静を保てなくなっていました。

厨房の中の店員トイレを聞き、トイレで用を足していますと、先ほどの店員の男二人の話し声が聞こえてきました。
あの奥さんすごいエロいよなぁ、ああやりてぇー旦那がうらやましいよ、それにしてもあの格好、あれ完全に見せつけじゃねぇ?そう思うだろ、なんか妙に腰も振ってさ、あのミニめくって後ろから突きたいよ、なんか起って来たよ俺、それと一緒に来たオッサン、あれってすごくスケベーな顔してただろ、あれはチンポもでかそうで、奥さんとやりたくてしょうがないんじゃないの、にしてもいいよなぁーあの奥さん、ああーやりてーーそんな会話を聞き、私はまたもや興奮していました。
が山崎だけではなく、ここの店員にも視姦されている。

そう思いながら席に帰りました。
何気なく前を見ると、手前の部屋のふすまが開いており、その隙間からと山崎の様子が見えていました。
またもや山崎がの股間に手を伸ばし、唇を吸いながら激しくピストンを送り込んでいる様が見えました。

テーブルの下での腰は小刻みに痙攣しアクメに達したようです。
なんといやらしい女だ、それにしても山崎のテクニックには参りました、一瞬でをいかし、また平然とそばをすすっています。
私は咳き払いをし、近くにいる事を促し、席に帰りました。

当然も、何もなかったようにしています。
そうしていますと山崎がまだ時間があるので、少し休憩していきましょう。
といい、私ももそれに同意し、にビールを注文しにいかせ、山崎と雑談していました。

しばらくするとと店主が来て、ビールと一品を持ってきて、サービスです、ゆっくりどうぞ。
といい店主は去っていきました。
店主は去り際にの大きなおっぱい視姦しているのがわかりました。

そうするとも、さっきのプードルを見せてもらうといい、厨房のほうへ行ってしまいました。
私は犬には興味がなく、山崎との雑談をしていましたが、しばらくすると山崎もいびきをかきだし、寝入ってしまいました。
仕方なく私も厨房の方に行きますと、の姿も、店主と男の姿がありません。

ここでさっきの男二人の会話を思い出し、もしかしてと思い、厨房に入っていきました。
奥にドアがあり、それをゆっくり開け中を覗くと、なんと男二人にがいたぶられていたのです。
一人の男が、の背後に回りTシャツとブラを上にたくし上げ、両方の乳首を引っ張り出し、大きなおっぱいを楽しんでいます。

その様子を伺いながらもう一人は服を脱ぎ、の手をとり自分のチンポをしごかせ、唇に下を突っ込んでいます。
は恍惚の表情でそれに答え、いやらしく舌を絡めています。
どうだ奥さん俺のチンポはそう問いかけながら、ミニのスカートをたくし上げ、ケツを揉みくちゃにし、Tバックの横から指をねじ込み、の蜜部をいじくり、準備を整えました。

バックスタイルにし、一人の男がTバックを横にずらし、のおまんこにチンポをあてがいました。
どうしてほしいの?奥さんああー、い、入れてだめだよそんな言い方じゃ、旦那より大きくて太いチンポを私のおまんこに入れてください。
とお願いするんだ言うな、そう思った瞬間の口から旦那より立派なチンポで私のおまんこをうってください。

信じられない言葉に、私は興奮していました。
その言葉と同時に男がゆっくりとピストンを開始しました。
ああーすごい、すごいのこのチンポ、もっといっぱい突いてーの隠語の連発にもう一人の男も答えそれ奥さんもう一本も味わえよといい、の口にチンポをねじ込みました。

の頬はチンポの形がはっきりわかるくらいに膨らんでいます。
ビクビクと腰を痙攣させアクメに達しました。
私もチンポをひっしでしごきました。

もう一人が代われと言い、今度は違うチンポを突き上げました、これもいいのーすごい、こんなのはじめてーそういいながら何回も気をいかし、の腰は痙攣しっぱなしです。
もう一人もバックスタイルの下にもぐりこみ、大きなおっぱいを揉みしだき、チンポを咥えさせています。
奥さんもう俺もいきそうだよ、どこにほしいんだするとは子宮にいっぱいかけてほしいのそういった瞬間男はのけぞりの中で果てました、もう一人もその異常の発言に興奮し、すごい勢いで射精しています。

幾度もチンポを脈打たせ、飛び散らしました。
はそれを受けようとしながら、腰をグラインドさせ、挿入なしのアクメを迎えたようです。
私も男と同様最高の射精をあじわいました。

事が終わり、男たちがに宿泊先を尋ね、それに答えたは、携帯の番号を男たちと交換し、今夜の約束をしていました。
まだやるのか、そう思いながら、私は席に帰り、の痴態を思い出し、また股間を熱くしていました。
しばらくしてが帰ってきました。

どうだった、二匹いて、とても可愛かったわ。
そう答えたの右側の耳もとの髪に、さっきの男の精子がついているのを、私は見逃しませんでした。