以前から目を付けていたノー☆☆ダム女学院の娘を、ついにGet。
典型的なお嬢様学校制服も野暮ったいしガードも堅いのだが、この子の家は両親とも帰りが遅いうえに、体面を気にするオカネモチなので表沙汰になる可能性はかなり低いときている。
北区の御屋敷街は昼間でも人通りがまばらなので帰宅途中を堂々と待伏せ、例によって腹に右フックをたたき込むと車の後部シートに積込み山奥へ直行し、夕方四時前から十時過ぎまで、六時間じっくりとなぶってやった。
まず後ろ手にガムテで縛り制服のガウンと上着とブラウスの前を破らないよう注意しながらはだけ、スカートとパンティを脱がしてM字に開して固定してやった。
まだおも小さく内腿に贅肉も付いていないのだが、乳房は意外と大きく、乳暈も五百円玉より広かったが、とても綺麗な桜色をして盛上がり乳首も陥没していた。
陰毛はまだウブゲに近く少なかったが、ドテは柔らかく高く、ビラビラまで薄いピンクだったので、デジカメに収める前に見とれてしなった。
泣き叫ぶ両頬を軽く張り写真を撮り続けているとべそをかいているのに全身が桃色に上気しオ☆コが濡れて光りだした。
かなり敏感なたちらしく思えたので指先で触れるか触れないかというほどそっと乳房を撫で上げると、それだけで歯を食いしばりながら上半身を反らして胸を突き出してきたので、乳首にしゃぶりついて吸出し揉みまくって、胸全面に歯形とキスマークをつけてやった。
その間、「あっはっ、うっ、くっ、」と、細い声であえぎ身を捩らせながら胸を押しつけてくるので、下に目をやると、すっかり濡れそぼり、溢れた汁が肛門から下に敷いたスカートまで滴れていた。
あんまり感じるので疑問に思い、割れ目を開いて見ると処女膜もちゃんと有る。
ただクリが妙に大きく赤く突き出ていた。
耳元で「処女のくせにずいぶんエロいなぁ?いつも一人で、ここ、悪戯してるだろ?」と聞くと、泣きながら首を横に振るので「うそつくとお仕置きや」と囁いて耳たぶを舐めながら乳房を鷲掴みにしてやると、真っ赤になってうなずいた。
正直に認めたご褒美にローターをオ☆コに押し当ててやると何度も内腿に痙攣がはしり、最後には腹筋が浮き出るほど全身を息張らせて白目をむいて失神してしまった。
涙と鼻水とよだれと汗でぐしゃぐしゃになった顔を見ながらチ☆ポを挿入したが、ぬるぬるになっているのに締め付けがすばらしく、思い切りつきまくってしまった。
中出ししたあと開ききったオ☆コから流れだすところを静止画と動画で記録し、そのあと体をうつぶせにさせてバックからも三回犯してやった。
最後には全く無反応になったので肛門にローターをさしこんでやると少し締まりが良くなったが、完全に脱力して何も考えられないようすだった。
さんざんオモチャにした後顔と股間をきれいに拭き、服を元どうりに着せて自宅前まで送ってやった。
目の前で撮ったばかりの画像をハンディプリンタで出力して見せて脅し、口止めしてから、お土産にオ☆コにはバイブを、肛門にはローターをそれぞれ挿入して玄関まで歩かせ、そこでスカートをまくり上げさせてその姿も撮影してから解放してやった。
もちろん、まだ家人はだれも帰宅してはいなかった。
その後、毎日下校途中に三時間ほど弄んでいる。
そろそろ肛門でもチ☆ポを受け入れるようになってきた。
次には、Sをキメて、チ☆ポなしではいられない身体にしてやろうと思っている。
先日、ここに書いたダ☆女の生徒のその後をしるす。
2月7日・いつものように下校途中に車に乗せまず、パンティの中にローターを入れさせてから山中峠のパーキングエリアへ行く。
ここは、琵琶湖を一望でき景色が良い。
運転席でそれを眺めながら「いつものようにご挨拶しなさい」と言い付けフェラチオさせる。
小さい口で懸命に頬張り吸ってくれるのだが、ローターの刺激で時折動きが止まり、イきそうなのを我慢する姿がかわいらしい。「欲しいかい?」と聞くとしゃぶりながら「ほひぃへふ」と言うので、後席に移り対面座位で入れてやった。
当然、中で出した