あれは2ヵ月ほど前の事…契約社員として事務の仕事をしていた私。
もう契約の更新はできないと宣告された…簡単に言えばクビって事。
あの時は、契約の更新はできないと宣告されて、ショックを受けて、精神的にも参っていたのだろう…周りの事なんてよく見えてなかったし、冷静な判断もできなかったんだ。
あの日、仕事を終えた私は、いつものように自転車に乗って、家に帰ろうとしていた。
その途中一人の男性が、私に声をかけてきたの
「あの…今何時ですか」
ただ時間を聞かれただけとしか思わなかった私は、自転車を止めて、身につけていた腕時計で時間を確認して伝えました。
「あ、ありがとうございました。」男性はそう言って微笑んだ。
「いえいえ」私そういって、その場を去ろうとしました。
すると「待ってください」男性は私の事を引き止めました。
何まだ何かあるのそんなことを思っていると、
「いやよかったぁやっと話しかけられた」と、男性は嬉しそうに言いました。
私にしてみれば、はぁ何言ってるのって感じです。
そしてその男性からは、思いも寄らない言葉が…
「僕ね、ずっと君の事見てたんだぁ毎日ここを自転車で駆け抜ける君を見て、かわいいって思ってた…」
な、何何何なのこいついきなり何を言い出すの
何が何だかわけがわからなかった私は、頭がパニックで、何て言葉を返せばいいのかわからなかった。
すると男性は、「今時間あるどこかでお茶しながら話がしたい」と行ってきた。
これはやばい、危険だ…
パニックになりながらも、身の危険を感じた私は、「ごめんなさい、急いでいるので、ムリです」と言った。
すると男性は、「ダメちょっとだけでもダメ」と言って、私の手を触った。
「ごめんなさい、用があって急ぐんです…悪いけど帰らないと…」私はそういって、男性から逃れようとした。
すると男性は、「じゃあ仕方ないね、お茶はあきらめるよ…でもさ、5分だけ、5分でいいから僕に時間をちょうだい」と言ってきた。
普通に考えれば、5分だけなんてウソ、私を引き止める為の口実に過ぎない…冷静に考えればわかるはずだった。
でも、仕事の事で色々あって、精神的に参っていた私は、冷静な判断が出来ず、なんでもいいからこの男性から逃れたい…それしか考えてなくて、5分だけ、5分相手をすれば解放されると思ってしまい、「5分だけなら…」と言ってしまった。
そんな事を言われれば、男性のテンションが上がらないわけはなく、「やったあそこで腰掛けて話そう」と、嬉しそうに言った。
私も男性も自転車に乗っていたため、人の邪魔にならないところに自転車を止めて、場所を移動した。
あたりを見渡せば、住宅街ではあるものの、外は人気のないところだった。
男性は、田んぼの脇にある低いブロック塀を指差して、「ここに座って」と指示を出す。
私は言われたとおりにブロック塀に腰掛ける。
すると男性は「かわいいね、世界一かわいい…僕はそう思うよ」と言った。
「はぁ」私は何も言えず、苦笑いするしかなかった。
そんな私の顔色を伺うこともなく、男性は一方的に思いを伝えようとしてくる。
「僕、君に会えてすごくうれしい…ずっと話がしたいと思っていたからさぁ声かけることが出来てうれしいんだ」
ずっと見てたか知らないけど、私はあんたのこと、一度も目にしたことないし…心の中ではそんな事を思っても、
口に出しては言えない私…怖くて怖くて、男性の顔を見ることも出来なかった。
すると男性は、私の目の前に立ち「好き…」と言って、私にキスをした。
そのキスは、舌が入ってきそうなほどの勢いで、私は「ん」とうなって、抵抗し男性を押しのけた。
そして口元に手を当てて、嫌な顔をして男性の顔を見る。
すると男性は「初めてだった」と聞く。
「うん」私は生まれて度もキスした事はなくて、これが初めてのキスだった。
すると男性は「急にこんな事してごめんね、びっくりしたよね」と言って私の肩に手を置き、もう一度キスをしようとしてきた。
「いや」私は目をつぶって抵抗した。
そんな私に男性はこう言った。
「ごめんごめん。僕君が好きだから…キスは好きって気持ちを伝えるのに大事な行為で、好きな気持ちを伝えるのにはキスが番だからさ…」
はぁ好きな気持ちを伝える為にキスをする大事な行為なに訳わかん何いってるのよ、私生まれて度もキスした事ないの、これがファーストキスだったのよ
それをこんな見ず知らずの変な男に奪われるなんて…
私はそんな事を思い、判泣きになっていた。
そんな私の顔を見た男性は、「ごめん…びっくりさせちゃってごめん」そう言って私を抱きしめた。
でもいややめてなんて声には出せず、黙って抱きしめらるしかなかった。
すると何も言わないのをいい事に、男性の行動はエスカレートし、私の耳を舐めはじめた。
いやキモイ思わず声を出しそうになった。しかしふと見た視線の先には、小学生ぐらいの子供が遊んでいるのが見えた。
私達には気付いてないようだが、今声を出したら確実にこっちを見るだろう、そうなったら何て思われるか…
そう思ったら、声を出しちゃいけないって思ってしまい、ぐっとこらえた。
気を良くした男性は私にこんな要求をした。
「ぎゅってして、僕の腰に手を回してぎゅってして」
正直言って嫌だったけど、ここはひとまず言うとおりにしよう。
機嫌を損ねさえしなければ、無事に開放してもらえるだろう…
そう思った私は、言われたとおりにぎゅと抱きしめた。
「ありがとう…うれしいよ」
男性はそう言うと、私をまたブロック塀に座らせた。
そして私を見つめて、「本当にありがとう」そう言って、座ったままの私に抱き付いてきた。
それから、抱きついたまま抵抗できない私の太ももを触りだし、股に手を滑らせて触りだしたのだ。
って言っても、普段から自転車通勤している私は、パンツスタイルでズボンをはいていたので、触られたと言っても、ズボンの上からですが…
さらに男性は、感じるだあろう女性のあそこま○こを触って、「ここ弄ると、気持ちよくなるんだよ」っと言った。
さすがに、座って足は閉じた状態で、ズボンの上からあそこを触られても、全然ま○こにはあたっておらず、気持ちよくなることはなかった。
しかし男性は手を止めようとはしないで耳元でこう囁いたのだ。
「今度、ここま○こ舐めてあげるよ」
いやぁキモイ…変な目で私を見ないで…もうやだ、はやくこいつから逃れたい…そう思った。
すると男性は「すっかり暗くなっちゃったね。」そう言ってカバンからケータイを取り出した。
何何ケータイを取り出したと言う事はまさか…
「また会いたいからさぁ連絡先教えてよ。君ともっと話したし、あげたい物もあるし、テートしようよ」
思った通り、男性は私に連絡先を聞いてきた。
ってか、連絡先教えてはともかく、あげたいものあるし、デートしよう…って、私達付き合ってないし、いいって返事もしてないし…ってか付き合う気もないし…
おかしいでしょ何なんだこの展開は…って感じだった。
「あの、連絡先はちょっと…」
私がそう言うと、男性はこう言った。
「何で僕は君が好きなの、真剣なんだ、僕の気持ちを受け止めてほしい…好きって言うの、すごく勇気のいることで、僕勇気だして言ったんだよ。
だから前向きに考えて、気持ちに答えてよ…ね」
「いやでも私あなたのことよく知らないし…」
そう言うと、
「そんなの、ますはデートしてそれから知っていけばいいんだよ。付き合ってみれば、僕の良さがわかるから…怖がる必要なんてないし…」
いやいやいや、初対面でファーストキス奪われた上に、耳舐められてあそこまで触られて、怖がらないわけないでしょと心の中でつっこんだ。
「こめんなさい。私あなたとは…」とにかく私はなんとか断ろうとした。
しかし私の話など聞いてはおらず、
「いつにしょうか…今度の週末は予定ある無理なら来週でもいいし…」と次に会う日を決めだしたのだ。
「無理です…」はっきり言ってやった…つもりだった。
「そんな事言わずに僕の為に予定空けてよずっごく楽しいデートにするから…」あんな言い方ではひるむことはなかった。
楽しいとか楽しくないとか、そんな問題じゃなく、おまえ自身が嫌なんだよ。
そう心の中でつっこんだ。
「ごめんなさい。私もう帰らないと…もうおそいし…」そう言うと
「あ、そうだねごめんね遅くまで引き止めちゃって…」そう言って微笑んだ。
なんだよその微笑みは、悪いって思うなら、もっと申し訳ないって顔しろよ…そう心の中で突っ込んだ。
でもまぁ開放してくれそうだしいいけどね。
しかし開放してくれると思ったら大間違いで、
「じゃあ連絡先を教えて」と言い出し、
男性は私の連絡先を聞くまで、開放しない感じだった。
「だから連絡先は…あそうだ、今日ここで会えたってことは、またここで会えるんじゃないいつも私のこと見てたんでしょだったらまたここで会えば…」
私はとにかく開放してほしいいっしんで、言った。
すると男性はこう言った。
「それは無理だよだって僕の仕事忙しくてさ、いつもいつも残業で遅いんだよね。今日はめずらしく定時で帰れたから、君に会うことができたけど、
次出会えるのなんてなかないと思うんだ、だからいつでも連絡取れるようにしておきたいし、出来れば次会える約束もしておきたいし…」
いつも残業で遅くて、こんな時間に帰れることなんてめったにないってか
いつもいつも私のこと見てたんじゃないのかよ…残業で遅かったんなら、帰る時間も違うんだし、私を見かけることないでしょ
言ってる事がおかしいぞ
そう心の中で突っ込んだ。
「ねぇ日だけでいいんだ、とこか日予定をあけて、ぼくにちょうだい。ね」この男性は、自分の想いは通す性格で、OKをもらうまでは開放しない感じだった。
しかし私は「いや私忙しいし、あなたの為に予定をあけるなんて無理って言うか、私あなたとは…」とはっきり断ろうと思った。
でもそんな言葉言わせてはくれないのがこの男性。
私の話を最後まで聞かずに、またキスしようとしてきたのだ。
「ごめんなさい。」そう言って抵抗すると
「大丈夫、もう怖くなんかないからキスしよう…」と言った。
「無理です」そう言って逃げようとすると、
「分かった分かったもうキスはしないから…キスは次までとっておくよ」と言った。
「ごめんなさい。」もうどうしていいか分からず、ただただ誤る事しかできなかった。
「君がいそがしいのなら、来月の○○日はどう何時でもいいから会いたい」私がなかなかOKしないものだから、男性は自分から日にちを指定してきた。
正直言ってもう会いたくはなかった…でもこいつ、やだなんて言ったら何で何でってしつこいんだろうなぁ
ここはとりあえず分かったって了承して満足させて、早く開放してもらおう…そう思った。
「分かったにここに来るから」本当に会う気なんてないけど、安心させる意味でとりあえずOKした私。
男性はすごく喜んでいて、楽しみにしてるよと言って微笑むと、じゃあこれ以上遅引き止めるのは悪いからと、やっと私を解放してくれた。
その後私は逃げるようにして家に帰った。
分なんていいながらも分は経っていた。
次の日からは帰る道を変えて、あの男性に会わないようにした。
次に会う約束の日はどうなったって
もちろん次に会う約束なんて無視してすっぽかしてやりましたよ。
これ以上関わる気はないからね。
あれからヶ月、仕事も辞めた私は、あの道を通る事もなくなったので、一安心と言った感じです。
しかし、クビ宣告された日に襲われるなんて、最悪な日だったなぁ