私は四十代の主婦ですが数ヶ月前に複数の男達に犯されたんですそれも白昼に…
 
その日いつものように買い物をする為私はショッピングセンターへ徒歩で向かっていました
そして昼間で遊ぶ子供も散歩をしている人もいないどこの住宅街にもあるような公園の前まで来た時です
前から歩いて来た三人の若い男達が私の前に立ちはだかると突然ナイフを取り出して私の喉元に突き立ててきて驚きと恐怖で声も出せず立ちすくむ私は男達にナイフで脅されながら公園の中へと連れていかれたんです…
 
殺されるかもしれない死ぬかもしれない恐怖に震えながら男達の言う通りに誰もいない公園の中へ向かう私は公衆トイレの身障者用の個室へと連れ込まれるとドアの鍵を閉めた男達にナイフで脅されながらコンクリートの床へと押し倒された私は口を手で塞がれながらスカートを脱がされパンストを引き裂かれて下着を強引に剥ぎ取られた時男達がこれから何をしようとするのかこれから私の身に何が起ころうとしているのか全てを悟った時ズボンを脱いで覆いかぶさってきた男に息を荒げながら私は身体を揺り動かされたんです…
 
恐怖に支配されて悲鳴を上げる事も何も出来ない事をいい事に男達の狂った性欲を満たす道具にされる私の身体…ざらざらする舌で私の耳や首筋を舐め衣服越しに乳房を揉みながら代わる代わる冷たいコンクリートの上で私の身体を揺り動かしては最後に短く唸って動きを止める男達
涙を流しながら首を振って男達の行為を拒絶する事くらいしか出来ない私を嘲笑うかのように気持ち良さそう表情を浮かべて…男達は無情にも次々と射精を行って私の体内も心も汚したんです…
 
そして男達は一度では満足せず再び私を汚している時でした
外で人の声がして私は助けてっ!!と叫びたかった…でももしかしたら声を上げた瞬間に殺されてしうかも…死にたくない生きてもう一度子供達や主人と会いたい…そう思うと声を出す事も出来ずやがて声が遠ざかっていく中で男から身体を揺り動かされているとペニスが脈動するのが分かる程激しく震えました
終わらない堪え難い屈辱…妊娠するかもしれない恐怖に気がどうにかなってしまいそうでしたがこれを我慢すればまた子供達や主人に会えると思い私は苦痛に堪えながら射精が終わるのを待ったんです…
 
射精を終えた男がペニスを引き抜いて私から離れた時全てが終わってやっと解放されると信じました
しかしそれはただの淡い希望でしかありませんでした…
男達は
誰にも気付かれてないな…まだ大丈夫だ
と小声で話すと再び私に襲い掛かってきた男達の行動は乱暴さを増して強引に引っ張ってボタンが弾け飛んだカーディガンやブラウスを開けさせると肌着やブラジャーをナイフで切り裂いて私に
口を開けろババァ!!
とナイフで脅しながら主人にしかした事のない行為を強要して激しく咽びながら苦しむ私の様子を見ながら気持ち良さそうに笑いながら射精をする男…
おいオバサン立てよ
激しく咳込みながら精液を床に吐き出していると男から無理矢理立たせられ背後からペニスを挿入された私は両手を壁について腰を男に両手で持たれながら身体を突き動かされました…
どうして…どうして私なの……あぁっお願い…もう止めて!!……
若い子ならまだしも何故私みたいな年増な女がこんな目に合うの…そう自問していた私は洗面台の鏡に写る引き裂かれた着衣が乱れて露呈した乳房を揉まれながらズタズタ破かれたパンストが纏わり付く以外は下腹部が丸裸の姿で犯される自分の哀れな姿を見て許しを乞う様子を一人の男は笑いながらもう一人の男は携帯電話で話しながら見ている前で男は非情にも射精を行ってからペニスを引き抜くと膣中に溜まった精液がボトボトと太股を伝ったりしてこぼれ落ちたんですそれも大量に…
あなた…ごめんなさい……許して……許して…お願い……
主人以外の男達に身体を散々貪られて汚された事に私は許しを乞いながら力無く床に座り込みました…しかし男達の魔の手は緩む事無く無理矢理仰向けにされ再び揺れ動かされる私の身体…何度も何度も男に身体を揺さ振られているとドアをノックする音がしたんです
私は誰かが気付いてくれた…この姿を見られてもいいから助けてほしい!!
そう期待しながら一人の男がゆっくりとドアを開けるのを見ていると中に入ってきたのは三人の男でしかも三人の男はまだ歳の私の息子と同い年ぐらいの少年でさっきの男の電話はこの子達を呼び寄せたんでしょう…
うぉっマジですげぇ!
少年達は私の姿を見るなり声を上げると私を犯している男が
次お前達にも犯させてやるからな
まぁオバサンだけど我慢しろよ
と言うと同時に少年達は歓喜の声を上げたんです…
やがて男が果てると少年がすぐに覆いかぶさってきて激しく腰を打ち付けてきました
嫌嫌ぁっ…お願いっお願いだから止めてぇ…
まるで自分の息子に犯されているような感覚に私は涙ながらに少年を諭し拒絶しました
うるせぇよオバサン黙ってろ!!
しかし少年は声を荒げて私の口を手で塞いで身体を揺さ振り続けると絶頂の声を上げながら私を身体の中まで汚したんです…
 
それから私は二人の少年にも犯されました
ごめんなさい…もう私はあなた達のお母さんじゃないの……
少年達にまで犯され性欲のはけ口にされた私は身を汚された嘆かわしい女でもうあの優しい息子達のなんかではとの思いに苛まれる中さらに三人の男達も加わってきて私は代わる代わる身体を揺り動かさ狭い身障者用トイレの中で六人の男達に様々な体位を強要されながら何度も何度も犯され続けました
私……もう…誰のでもでもない……
…男達の終わらない狂った性欲の宴にやがて身も心もボロボロになり人形のように動かなくなって下腹部の痛みも感じないもう家族の事も何も考えられない放心状態の私に少年が射精を行うと男達はズボンを履いてドアの隙間から外の様子を伺ってから全員足早に外へと消えていったんです…
 
しばらくその場に横たわっていた私は男達から受けた仕打ちに溢れ出す涙を止める事などできませんでした…
私は嗚咽を漏らしながら股に大量に付着した精液を拭い取り出来るかぎり身なりを整えてからトイレから出ると時よりよろめきながら誰にも気付かれない様に家へと向かったんです…
 
その後私はこの忌まわしい出来事を自分の中に封印して警察にも身内にも相談する事はありませんでした
私は事を荒げて今の幸せな生活を失うのが怖かっんです…
しかしその後夜な夜な男達に犯される夢に悩まされ人前や狭い場所やトイレで気分が悪くなったり気持ちが落ち着かない日が続いたりともうあの忌まわしい出来事の前の穏やかで幸せな生活が出来ないボロボロの身体になっていたんです…
 
こうして身も心もボロボロになった私に更に追い打ちをかける出来事が…それは私の体内に新しい命が宿っている事がわかってもちろん主人の子では無くあの男達との望まない子なのは間違いありません…
もう私は今もこれからもどうしていいのか分かりません…一体どうすればいいのか……