先日、取引先へ行った帰りに、「しばらくサボってから戻ろうかな」とイケ
ナイことを考えました。バーゲンに行っても疲れるだけだし、スタバも混ん
でる。そうだ、映画館でお昼寝しよう。夏休みなので、どこも子供でいっぱ
い。ロードショウ館なんて入ったら昼寝どころではありません。そこで目に
付いたのは、寂れたえっち映画館。切符を買うのに題名をいわなくちゃいけ
ないのは嫌だな、と思っていたら、「大人一枚」だけで済みました。中は割
綺麗だけれど、混んではいない。良かった、と思いつつ、一番後ろの左隅
へ。ここなら邪魔されずにゆっくりできるかな。
大画面ではカラミが。女優さんのアエギ声が結構激しくて、ちょっとうるさ
い笑。それでも、暑さから逃れた安心感と寝不足で、うとうとし始めま
した。しばらく良い気持ちで居眠りしていたところ、ふと人の気配を感じま
した。でもね、あまりに眠くて目が開かないの。ちょっと夢うつつでぼーっ
としていたら、胸の辺りにサワサワとんんと思う間もなく、誰か
の手が私の左胸を、ブラウスの上から触っています。え、痴漢と思うと
同時に目が覚めました。いつのまにか、隣には半ばのスーツ姿の男性が
座っています。その男が私に覆いかぶさるようにして、右手で左胸を包んで
いるんです。「ちょっと、何してるんですか」映画館なので、一応小さな
声で囁きました。すると、肩を抱きかかえるようにして左手で口を塞がれま
した。その一瞬、怒りより怖さの方が勝ってしまったのです。
男はそれを見透かしたかのように、ゆっくりとブラウスのボタンをはずして
いきます。今日の私はフロントホックブラ。嫌、どうしよう、と思った瞬
間、ホックがはずされ、私の両胸はむきだしになっていました。男の手は遠
慮もなく、乳房を包んでゆっくりと揉み続けます。下からぎゅっと揉み上げ
たり、手の平で乳首を転がしたり口を塞ぐ男の手の下で、私の呼吸が
少しずつ速くなっていきます。私は男の体を押しのけようと、右のひじで肘
鉄を喰らわせました。「いてっ」と小さな声がしたその瞬間、私は頬に痛
みを感じました。驚きと恐ろしさで声がでません。男は、ネクタイをはずす
と、私の両手首をまとめて縛り、頭の上に上げました。唇を震わせている私
を見て、男は安心したのでしょう、片方の胸に口をつけたのです。ざらつい
た舌で乳首舐め回しながら、男は座っている私の前に移動しました。正面
にしゃがみ込み、左手で私の胸をまさぐり、尚も乳首を吸ったり舐めたりし
ています。男の右手は、スカートを捲り上げようと躍起になっていました
が、タイトスカートなんて簡単には捲れないのです。諦めた男は、スカート
のファスナーに手を掛け、あっという間に引き下ろしました。そして、両手
で私の足を掴み、座席から引きずるように前に出したため、背中で腰掛ける
ような形になった瞬間にスカートが足元に落ちました。私は膝を閉じように
も、男の体が邪魔になって閉じることができません。男は、ストッキングに
爪を立て、ぴりぴりと破っていきます。すっかり役に立たなくなった私のス
トッキング。下着の上からゆっくりと指でなぞり始めました。前後したと思
うと、小さな円を描き、じんわりと温かいものを感じた頃、ふと見ると下着
には染みが浮かんでいました。男は、さらに膝を開かせると、口を付けまし
た。下着を齧りとるようにして、私に吸い付く男。舌を硬くして、前後させ
ているうちに、下着の上からでも、クリトリスの位置がはっきりとわかる
ようになりました。男は下着に手をかけて足元に落とし、私の足を両肩に担
ぎ上げました。
スクリーンの光を受けて、そこがぬらぬらと光っているのが見え、私は思わ
ず目をそむけたのです。冷たい空気に触れているのに、じんわりと温かいそ
こ。男の指でさらに広げられた時、ぴちゃと微かに音が聞こえまし
た。その瞬間、つつーっと何かが流れ出るのを感じ、私は思わず目を閉じま
した。暗闇の中、舌がぺっとりと舐め回し、続いて指がそっと谷間を探り
出します。クリトリスの根元を擦られ、一番深い場所に圧力を感じ男
は、クリトリスを舐めながら、時間をかけて中に指を入れてきました。一瞬
の抵抗を潜り抜けて男の指先が中で曲げられた瞬間、私が詰めていた息は、
「あぁ」というあえぎとなって出たのです。男は唇を離すと、私の耳
元で、「大丈夫、声を出しても誰も気付かない」と囁きました。画面からは
大音量で女優のあえぎ声が流れています。男は片手で胸をまさぐりつつ、指
の出し入れを始めました。自分の声なのか、映画の音なのか、私にはもうわ
かりませんでした。
「嫌嫌っ、ん、んあっ、んーっ」「嫌なの嫌じゃないでし
ょ良いんでしょ」
男の指の速度が増していきます。指が動くのと同時に手の平でクリトリスが
擦られ、私の頭の中は真っ白になっていました。絶え間なく流れ出す愛液
せいで、ぐちゅぐちゅと音が聞こえてきます。男は胸に吸い付き、乳首を舌
舐め回し、さらに深く突いてきました。ケータイが鳴り出すのが遠くで聞
こえましたが、私は意識を保つのに精一杯でした。奥深く沈んだ指が敏感な
部分に触れた瞬間、私は「いや」という声と共にのけぞり、つ
いにイッてしまったのです。
男は指を中に残したまま、ケータイをチェックしました。「楽しかったよ。
残念だけど戻らなくちゃ。叩いたりしてごめん。」と耳元で囁き、指を抜く
と私の手首からネクタイをはずしました。服を整えて出て行く後姿をぼんや
り見ながら、私はのろのろとスカートを拾い上げました。
* 感想など聞かせてくださいね。