私は、叔が好きではなかった。
私の母親とは思えない程の、強欲で心の貧しい女性だった。
母親も、自分自身のながら、褒められたものじゃない…と言っていた。
 
その叔からは、お正月のお年玉、入学祝い等その類のものは貰った事がない。
でも、私の母親は、そんな叔達夫婦に色々と世話を焼き、贈り物も欠かさない。
イヤだった、そんな叔の家に行く事さえも。
 
ある時、叔の子供が私の家に来て、部屋の中で転んだ。
「大丈夫」
「うん。」
私がケガを心配すると、叔が怒鳴り出した。
「ちょっと 下手に触らないでよ ばい菌でも付いたら大変だから。」
本当に、イヤな叔だった。
「まったく、こんな所、来ない方がよかったね。」
私は心の中で、「二度と来ないで」と叫んだ。
 
そして、或る日曜日、私が家で勉強していると、叔父がやってきた。
「お父さん、いませんよ…。」
叔父がここに来るのは、父に用事がある時くらいだ。
すぐに帰るだろう…と思ったら、叔父が靴を脱いであがりこんだ。
「今日は、遅くなると思いますけど…。」
普通、叔父・叔には砕けた言葉使いが出来そうだが、この叔父・叔には距離を置いて話してしまう。
「今日は、アンタに、謝りに来たんだ…。」
「えっ」
私は、意外だった。
だって、叔父に謝って貰う理由はない。
「ごめんな、ウチのちゃんが、アンタに意地悪い事言ってさ…。」
何となく頼りなさそうな、ぼうっとしたような叔父だったけれど、結構、見直した。
「そんな事を言うために、わざわざ、こんな時刻に…。」
「いやあ、他に誰か居る時じゃ、アンタにも言いにくいし…。」
話しを聞くと、叔父も叔の性格に困っているらしい。
そこに電話がかかってきた。
「はい…。」
「ちょっと、おそらく違うとは思うけれど、ウチの父ちゃん、そっちに居ないよね」
からの電話だった。
私は困った。叔父は、ここに来ることを行っていないようだった。
私が叔父を見ると、叔父は、手を横に振った。居ないと言ってくれ…とでも言うかのように…
「あっ、こちらには来ていませんが…。」
「あっ、そう。」
電話が切られた。
「ウチのちゃん」
「はい…。」
叔父は、もう一度私に謝ると、玄関を出た。
私は、叔父が気の毒に思えた。
 
そして、次の日曜日。
私は、思わぬ事に…。
その前の日曜日に叔父が来たのと丁度同じ頃、今度は叔が来た。
「この、泥棒猫が」
訳の分からぬ言葉、叔が叫んでいる。
「どうしたんですか」
そう言うと、いきなり床の上にあったスリッパを投げつけられた。
「何を するんですか」
「それは、お前の方だよ」
は家の中にあがりこみ、私の首を掴み、突き飛ばした。
「痛い…。」
頬を叩かれ、服を脱がせようとしている…。
「やめてっ」
すごい形相の叔、もう、(放送禁止用語で言えば)気違い状態だった。
「ウチのを誘惑したろっ」
完全に勘違いしている叔、私は殴られるままにはしておけず…。
逆に、叔の首を掴み、向こうへ追いやった。
も畳の上に投げ出される形に…。
「何すんだあ このオンナ」
が再び向かって来た。
鈍い音とともに、目元の上に痛みが走った…。
 
気絶したわけではないと思うが、気づいた時は、両親が帰っていた。
「大丈夫かい」
心配そうに語りかける
お母さん…。」
「ごめんよ、しょうがない…オバサンだよ。」
 
事情を辿ると、その前の日曜日、叔父が家に来て、帰る所を近所の人が見たらしい。
その人が親切にも、叔に「この前、ダンナさんが来たみたいね…」と言ったようだ。
それを、叔が勝手に叔父の浮気だと勘違いし、私にその恨みを向けた…。
まったく、とんでもない叔だ。
 
お母さん、私、もう叔さんとは会いたくない…。」
私は不覚にも、を責めるみたいに、そんな事を言ってしまった。
「本当に…ごめんよ。」
 
叔父が、次の日の夜、また私の家に来た。
そして、私達の前に座りこみ、頭を下げた。
むせび泣くように、ただ謝るだけだった。
叔父が小さく見えた。
私は、叔父の方こそ、可哀想に思えて仕方なかった。
だって、叔の実
の悪口を言うことなく、ただ謝るしか…。
 
私は、叔の中に居る悪魔を殺したかった。