犯したよ、、犯してやった。
おなじ会社にいる郁って娘をね。
じつは彼女、結婚していて、しかも妊娠している。
ある意味好都合ってなもんでね。
犯してやったよ。
ある日の夕刻、この日は珍しく会社の人間がいなかった。
郁はデスクにむかってなにやらやってる。
郁は背が低く、150cm弱だろうか。
髪は肩くらいまでだろうが、いつもむすんでいる。
あの日の服装は、スカートにブーツという、これまたたまらない。
郁がいるスペースは、ドアがついており、そこを閉めちゃえばなんでもできる。
レイプにはもってこいの場所だ。
俺は、周囲に気をはりながら、何気ない顔してそこに入り込む。
警戒心のない郁は、すんなり俺をそこへ入れた。
そこからは一気にことを進める。
ドアの鍵をしめ、郁を見つめる。
「な、なんですか・・・?」どうもこうもしない、ただ、お前を犯したいだけだよ。。
「え・・・?!」郁の顔がみるみるうちに怯えはじめ、身構える。
「お前、妊娠してんだろ? 無事に元気な赤ちゃん産みたいよな。。。」そう言うと、郁は震えながらも首を縦にふる。
「なら、わかってるよな、俺がいまなにしたいか」郁は顔面蒼白で、いまにも泣き出しそうな顔でうつむく。
じりじり郁に近づき、彼女の両肩をおさえてキスをした。
「・・・ん・・・・んんん・・・」彼女は嫌がりながらも俺に唇をあずけた。
俺は間髪入れずに胸を揉む。
外見からは想像はできなかったが、なかなかの感触だ。
シャツのなかに手をもぐりこませ、ブラジャーごしに胸も揉む。
「なあ、旦那とはいつもどんなセックスしてんの?」その言葉を皮切りに、卑猥な言葉を投げかけ、辱めてみた。
「お、お願いですから、やめてください・・・」泣きながら俺に訴えてきた。
やめるわけもなく、俺は、郁のスカートをまくりあげた。
淡いブルーのパンティがお目見えし、俺はますます興奮。
「妊娠してっから、セックスは控えてんだろ? じゃ、濡れてるだろ」と、パンティのなかへ手を忍ばせ、穴を探す。
穴へたどりついたとき、指を一本入れてみた。
「・・・・くぅ」郁はなんとも言えない艶っぽい声をあげ、アソコはしっとりしていた。
もうおさえられない。
俺は、がばっと郁の手を引っ張り、デスクに両腕をつかせた。
郁のスカートをお尻のほうから一気にまくりあげ、パンティを脱がせた。
小ぶりな郁のが、たまらなくいい。
郁は怯えきってて震えている。
俺は、郁のお尻を両手でがっと開き、アナルとアソコを眺めた。
そして、アソコからアナルにかけて舐めてやった。
郁の身体がのぞけり、震えがさらに強くなったようだ。
俺は自分のパンツも脱ぎすて、肥大した自身を取り出し、そのまま挿入した。
「あああ・・・!! ・・・いたい!!」郁の身体はまたのけぞり、俺の興奮は頂点に達した。
くちゅくちゅ音をたてながら、俺はひたすらピストン。
「・・・は・・・・あ・・・あ・・・」と、ときおり嗚咽をもらす郁。
「なあ、郁ちゃん、いま妊娠してんだよね。じゃ、中だしってことで」そう言うと、「い、いや、、、やめて、、、、おねがいですから、、、、」と懇願してきたが、俺は止まらない。
さらに激しくピストンして、そのまま中だしした。
最後の一滴まで残らず中だしした。
郁は力尽きたのか、デスクにうなだれ、泣いている。
そんな郁をみながら、数分後、また挿入してやった。
一度目の中だしから数分後、郁にふたたびバックから挿入
「くぅ・・!」郁の小柄な身体が、すこしだけのけぞる。
スカートをまくりあげ、パンティだけ下げての挿入
なんていう支配感。
ますますの興奮に身をまかせ、俺はさらにピストンする。
おい、旦那のとどっちがいいよ?「・・・もう、やめてください、、、やめてください。。。」だから、どっちがいいって聞いてんだろが?!「・・・あ・・・う・・・・」こうやって子供つくったんだろ。
俺はピストンを止めず、ときにゆっくり、ときに激しく郁を突いた。
二度目の挿入、郁の中がぬるぬるして気持ちがいい。
よくよく見ると、一度目に中だしした俺の精子が膣から流れでていた。
なんていい光景だ。
郁の膣に出入りする俺自身。
もちろん、生だ。
「は・・・あ・・・は・・・」もうあきらめたかのように嗚咽をもらす郁。
郁の両足は震えはじめ、それでもなおピストンはやめない。
ふと、思い立ち、一度俺のチンコを一度抜いた。
ぐったりした郁を、床に寝かせた。
俺と目を合わせようとせず泣いている郁。
郁の両足をこれ以上ないっていうくらい大きく開き、眺める。
俺の精子が流れ出ている膣に唾を吐きかけ、正常位で挿入
「・・・はあぁぁ、、、」その瞬間、俺は二度目の射精を郁の中にした。
気持ちよさ頂点だった。
郁が妊娠していたからこその快感。
郁が妊娠していたからこその中だし。
あられもない郁の姿を写真におさめ、俺は会社をあとにした。
明日、また犯す約束だけとりてけて・・・。