~某日の朝~
俺「やばい遅刻だ!今日は朝から塾だった!とにかく急げ!俺の再受験がかかってんだ!くそ、高2で中退しなければ!」
一方
唯「遅刻だ!そうだ。今日は憂、日直だった。高校3年生にもなって遅刻なんて、と言うか憂がいなくてもちゃんと出来なきゃ!もうじき大学生で1人暮らしするのに!」

ごっつん!

俺「痛てて。」(なんか手の先にプニプにした感触が…って目の前にパンツが!しかもタイツ越しで柄が水玉って俺何してんだ!俺は変態か!)
唯「痛てて。」(なんか胸がくすぐったい。気のせいだよね。)「って今確実に!私の胸揉んだよね!そしてパンツ見たよね!」(しかも足開いてた。って事は見られた。)
俺「ひゃあ!ごめんなさい。決して悪気があった訳じゃないけど。とにかくごめんなさい!!」
唯(どうしよう。私男の人にパンツ見られた上に胸まで触られた。)

~塾~
先生「どうした。暗い顔して。てか遅刻だぞ!そんな顔しても無駄だぞ」
俺「本当にスミマセン。今朝起きたら寝相が悪くて壊していたのか、目覚まし時計が壊れてました。」
先生「まったくうっかりにも程があるぞ!ていうか何故それなら電話しなかったのだ!電話してくれれば先生は貴方を叱らずに済んだのだぞ。こんな調子で高校行ってたら、また高校中退するぞ!就職してたらもっとアウトだ!まあ、済んでしまった事は仕方ないからいつも通り授業始めるぞ。」
俺「はい。お願いします。」(準備…あれ、なんか教科書が違うような、、、、気のせいか。)

俺「先生!この問題はどう解くのですか」
先生「この問題はこう解くんだ。わかったか?」
俺「はい!ありがとうございます。」
~昼~
俺(何か弁当がいつもと違う…まあ、気のせいだよな。)

~桜ヶ丘女子高学校
律「唯、思いっきり遅刻だぞ!憂ちゃんいるのにどうしたんだ?」
唯「実は、今日憂が日直だって事忘れててさ、起きたら寝坊してたんだ。」
律「ったくそんなんじゃ大学どうすんだよ!大学に行ったら一人暮らしだぞ!」
唯「面目ない!りっちゃん隊長!今後は気をつけますのでどうかお許しを!」
律「はいはい、もう過ぎたことは仕方ないから、授業受けようぜ!」
唯(授業の準備…あれ、なんかカバンの中身違う、気のせいだよね)
さわ子「じゃあ平沢さん、この問題解いてみて」
唯「これはこうでこうなってこうなります」
さわ子「あれ、平沢さん。それ解き方も問題もぜんぜん違うんだけど…まあいいや、○○さん平沢さんの代わりにこの問題を…」

~昼休み~
唯(何か、今日の弁当いつもと違うような。まあいいや、食べよう)
律「唯どうしたんだ?さっきからの唯変だったぞ!」
紬・澪「私達も同感」
唯「別にいつも通りだよ。」
律「唯、ちょっと教科書見せてみろ!」
唯「いいけど。りっちゃん達こそどうしたの」
律「これ、私達と違う教科書じゃいか!まさか憂ちゃんのと間違えたのか?」
唯「そうなの?知らなかった!ちょっとカバン見てみる」
唯「りっちゃんの言うとおりだったよ。やっぱりこれ私のカバンじゃない。でもあずにゃんにそっくりな人の写真がしかも隣に男の人と2人で写ってる。ていうか後ろにあずにゃんと男の人の名前が!私、あずにゃんと間違えたかも」
唯「ねえ、あずにゃん私のカバンと間違えてない?」
梓「唯先輩、何言ってるんですか?悪いけど私間違えてませんよ。」
唯「じゃあこの写真何?あずにゃんって彼氏いたの?」
梓「そ、それは…」(言えない。中学の時転校した私の幼馴染だなんて)
唯「隠さなくていいんだよ。もうあずにゃんったら照れ屋さんなんだから。」
梓「別に照れてないよ」
澪「こら唯、梓が困ってるだろ!って聞いてない」
唯「でも顔真っ赤だよ」
梓「そ、それはちょっと熱があるだけです」
唯「なら保健室へ行かなきゃ。じゃあ行くよあずにゃん」
梓「ひゃい」
澪「ったく唯はどこまで梓を困らせたら気が済むんだ。憂ちゃんからも言ってやってよ」
憂「澪さんの言うことよく分かります。でも、おちゃんの笑顔見るとすごくほっとするのです。」

~保健室~
唯「あずにゃん。熱あるなら無理しちゃだめだよ。」
梓「はい」(言えない…。幼馴染のこと思い出して懐かしさの余り涙が出るのを我慢してたなんて。)
律「ほら唯、そろそろ授業始まるぞ。梓、元気でな」

~放課後~
唯「あずにゃん大丈夫かな?」
澪「はじめに困らせたのは唯だろ」
唯「だよね。て言うかさ、実はね、今朝男の人とぶつかってね、パンツ見られた上に胸揉まれたの。その時にね、カバンが入れ替わっちゃったみたいなの。ひょっとすると、その男の人ってあずにゃんの幼馴染だったかな。澪ちゃんはどう思う?」
律「唯、そう言う事は早く言わんかい!」
澪「そりゃ私だって律と幼馴染だし、唯だって和と幼馴染だから、梓に幼馴染がいてもおかしくないじゃない?でも、そうなると、ムギはどうなのかな?」
紬「私も幼馴染はいるわ。ただ、その人は海外にいるから、学校も違うけど」
梓「スミマセン。遅くなって心配かけました。先輩達一体何の話してたんですか?」
唯「ねえねえあずにゃん。あずにゃんって幼馴染いるの?」
梓「おさななじみ?」
紬「唯ちゃんなら和ちゃん、りっちゃんなら澪ちゃんって感じで」
梓「じ、実はいます。」(言っちゃた…。どうしよう…)
唯「あずにゃん。そんなに恥ずかしがらなくても大丈夫だよ。学校は違っても幼馴染は幼馴染じゃん。ムギちゃんなんか、海外にいるんだよ!」
梓「実は、少し言い難いんですが、唯先輩の家の近くなんです。行けば分かると思います。」
唯「ごめんねあずにゃん。私、写真見た時、こっそりデートしてるのかと思ってて。そうなんだ。幼馴染だったんだ。」
梓「私が幼稚園の頃の話です。私その頃すごく恥ずかしがりやで、誰かと一緒に遊びたくても誰も誘えなかったんです。そんな時です。退屈そうにしている私を見て、一人の人が声をかけてくれたんです。私はその時、嬉しさの余り思わず泣いてしまいました。そしたら、『どうしたの』って。それ以来、私はその人と毎日遊んでました。しかし、中学2年生の時です。彼の両親の仕事の都合で彼は転校してしまったのです。私も彼もお互い離れ離れになる事はすごくショックでした。その日の夜は、その頃私はもう中学1年生でしたが、お恥ずかしながら、彼と一緒にお風呂に入り、一緒の布団で寝ました。彼が引っ越した後も時々彼は私の家に来てくれました。勿論私も彼の家に行ったりしました。そして、転校してから2年後彼は高校生、私は中学3年生になりました。しかし、彼が高校生でいたのも本の束の間でした。彼は、高校で嫌がらせを受け、たった1ヶ月で中退してしまいました。それ以来、彼は長年付き合ってきた私でさえも拒絶するようになり、家からも一切出てきませんでした。初めは彼と一緒の学校に行きたいと思っていましたが、行っても彼はいないし、彼のようになりたくないと思いこの高校へ希望を変更しました。でも唯先輩のおかげでなんかホッとしました。その時彼はどんな様子だったのか、分かりませんが、彼がやっと心を開いてくれたみたいで、安心しました。こちらこそ、昼休みは素直になれなくてすみません。」
律「よーし!じゃあ梓の幼馴染の所へ出発!」

~自宅~
俺「やっぱり今日のカバンの中身変だな?たまにはカバンの中を整理するか。…あれ、この身分証明書明らかに俺のじゃねぇ。てか、女子高生のじゃねぇか!まてよ、そう言えば、今朝、女子高生の人と衝突したな。って事はその時にカバンが入れ替わったのか!じゃあ、俺のカバンがその人の元へ!こうしちゃいられない。すぐにその人の家に届けないと。身分証明書の住所を見る限り、俺の家と地区同じだから、そんなに遠くねぇ。そうだ!ちゃんとお詫びしておかないと。何かお詫びになるものっと。あった!これを渡そう。本当は、今日俺の誕生日だから食いたかったけど。この際仕方ない。文字は書いてないから人にあげても大丈夫やし。あと、親がくれた5万円も慰謝料として渡そう。」

~自宅の外~
俺「えーと、平沢って家探さなきゃ。おっと早速我が家の隣に発見。とりあえず『平沢唯』って名前の人いるか聞いてみよう。」

~平沢家の玄関~
俺「ごめんくださ~い」
憂「はーい」
俺「スミマセン。お宅に『平沢唯』って名前の方いらっしゃいますか?」
憂「はい、いますが、どちら様ですか。ひょっとして、中野梓さんの知り合いですか?」
俺「はいそうですが。って何故俺が梓の知り合いって事知ってるんですか?」
憂「実は、今日、学校で貴方と梓ちゃんが一緒に写ってる写真を見たんです。」
俺「そうですか。と言うより今、平沢唯さんって方いらっしゃいますか?」
憂「今は出かけてます。おちゃんに何の用でしょうか?私、おちゃんを悲しませるような事だったら貴方をただじゃおきませんよ。」
俺「実はこれ、今朝、その平沢唯さんって方とぶつかってしまい、その時に俺の荷物と彼女の荷物が入れ替わっちゃったみたいです。俺自身気づいたのが、塾から家に帰ってからで、無論本来その人の物であろう、ノートを一部使用した上に昼飯を食べてしまいました。本当に申し訳ございませんでした。お詫びとしては難ですが、これ本人に渡しておいて下さい。これで許さないって事でしたら警察に通報していただいても結構です。あと、お手数ですが本人が帰って来たら、本人が持っている方の荷物を私の家に持って行くよう伝えてください。俺の家は、平沢さんのお宅の隣の『禁則事項』って名字の家ですのですぐ分かると思います。それでは、私はこれで失礼します。あと、梓の事よろしく!」

~下校中の唯たち~
梓「彼の家はここです。」
唯「そうなの!ここ私の家の隣だよお!どうしよう?私ストーカーされてるかもう。ここは危ないから玄関の前にカバンを置いたらすぐ帰ろう。」
梓「唯先輩!どうしてそんな事言うんですか!彼はそんな事する人じゃありません!」
律「梓、それは分からないぞ!高校生にもなると男は女に変なことするって言うからな!それで捕まってる人は結構いるんだぞ。」
梓「律先輩まで!」
澪「梓、梓の気持ちは分かるけど、律の言う事も一理あるぞ。」
紬「そうよ。梓ちゃん。澪ちゃんの言うとおりだと思うわ。それより、せっかくここまで来たんだから、唯ちゃんの家でお茶しない?唯ちゃん、寄って行ってももいい?」
唯「いいよ。じゃあ、玄関前に荷物置いたし、みんなでお茶しよ。」

~唯の家~
唯「ただいま!」
澪律紬「おじゃまします。」
梓「…」
憂「お帰り。おちゃん。みなさん、どうぞゆっくりしていって下さい。あと、おちゃん。ちょっと話があるからこっちに来て。みなさんはこちらへどうぞ。」
唯「どうしたの憂」
憂「実はね、おちゃんが帰ってくる前、お隣さんが来てね、朝ぶつかった時にカバンが入れ替わったみたい。だからね、そのカバンうちに届けてくれたの。それでね、彼から『ノートの一部と昼飯はすみません』って言ってね、お詫びとしてこれをくれたの。あと、おちゃんが持ってる荷物、家に届けてってさ。お隣の『禁則事項』って家だって。私も一緒に行くから、お茶し終わったら一緒に行こう。」
唯「その事なんだけど。実は、さっきカバンをその家の玄関の前に置いてきたの。その人あずにゃんの幼馴染でね、あずにゃんがその家知ってたの。」
憂「そうなんだ。じゃあ、私達もみんなとお茶しよ」
律「唯遅いぞ、みんな唯を待ってたんだぞ!」
唯「ごめんね。あとこれ、お隣さんがカバンと一緒に持ってきてくれたみたいでね、開けたらケーキが入ってたから、みんなで食べよ」
律「ちょっと待った!そのケーキには毒が入ってるかもしれないんだぞ!って梓どうしたんだ?」
梓「私、ちょっとトイレ行ってきます」
澪「律!ちょっと言いすぎだぞ!律が余りにひどい事言うから、梓ショックで落ち込んじゃったじゃないか。て言うか唯、梓が戻って来たら、彼の家に行こう。さっき唯と憂ちゃんを待ってる時に冷静に考えてみれば、みんなで行けば怖くないし、それにそのケーキもせっかくだから食べてみよう。もし病気になっらたその時はその時だよ。」
唯「えっ!みんなで行くの?私達もう死ぬかもしれないね。でもあずにゃんの為なら私、人肌脱ぎます!りっちゃん隊長!準備万端でしょうか!」
律「いきなり唯まで何だよ!しゃあねぇ!澪も唯も行くなら私も行こう!」
梓「本当ですか?」
律「梓、びっくりさせんなよ!てか、拭いたか?」
梓「当たり前ですよ!そう言う律先輩こそどうなんですか?」
律「私だってそれ位しとるわい!」
澪「いいから行くぞ!」
憂「じゃあ、私も行きます。」
澪「憂ちゃんはここで待ってて!憂ちゃんは私たちがもし、30分しても戻ってこなかったら警察に伝えて!」
憂「分かりました。じゃあここで待ってます。ではみなさん無事を祈ります。」

~俺の家~
唯「ご、ごめんくだしゃい」
俺「ハ~イ。今行きま~す。」
唯「あ、あのう、こ、このカバン、ま、間違ってたよ!」
俺「ありがとうございます。と言うより、ひょっとして平沢唯さんですか?」
唯「何で私の名前知ってるの?やっぱりストーカーだったの!あずにゃん、この人やっぱりストーカーだ。」
俺「あの!今朝は本当に申し訳ございませんでした。実は、身分証明書を見て、知りました。スミマセン。私も今日初めて知ったんですが、実は隣でした。」
梓「ちょっと某!なんで、あの時私に言ってくれなかったの!私すごく心配したんだよ!なのに家に行っても出てきてくれないし!部屋はドアがネジで固定してあるし!いつ私の事、嫌いになったの?私凄く悲しかったんだよ!」
俺「梓、本当にゴメン。実は、俺、高校を中退しちゃったからさ、梓がそんな俺に幻滅したのかと思ったんだ。だから、外へ出られなかったんだ。本当は梓の事忘れたくても忘れられなかった。本当にごめんな。」
梓「ごめんなじゃないよ!そんな事はもういいの!過ぎた事でいつまでもイジイジしないで!今年再び受験するんでしょ!分からない所あったら教えてあげるから、もう私の事忘れようとしたりしないで!私は今でも某の友達なんだからね!あと、誕生日おめでとう!」
俺「覚えてくれててありがとう梓。じゃあ俺は受験があるからこれで」
梓「ちょっと待って!私、今日ここに寝泊りするから!今日は金曜日だから明日休みだし!いいでしょ!じゃあちゃんと待っててね!」

~唯の家~
唯「ただいま。憂私達無事だったよ!」
憂「良かったあ。(ポロポロ)私、信じてたよ。おかえりおちゃんとみなさん」
梓「あのね憂、今から隣の家に一緒に来てくれない?実は、憂は知ってるかもしれないけど、隣の人、私の幼馴染でね、今日は彼の誕生日なの。あと、唯先輩、澪先輩、律先輩、ムギ先輩もお願いできますか?」
唯「あずにゃんの為なら私も行くよ。あとこのケーキもみんな一緒に食べればいいじゃん。」
澪「まあ、梓あれだけ言い張ってたもんな。私達も結構誤解してたし。一緒に行ってあげよう。」
紬「私も賛成」
律「しゃあねぇな!私も行ってやるぜ!」
梓「みなさんありがとうございます。」(ポロポロ)

~俺の家~
梓「某!来たよ!」
唯澪律紬憂「おじゃまします!」
俺「あれ、梓、この人たちは?それにそのケーキ!」
憂「些細な事なのに態々気を遣ってくださいましてありがとうございます。梓ちゃんの事は私たちに任せてください。今日は貴方の誕生日ですね。」(ニコ)
俺「本当にいいの?俺、今朝女の子にぶつかっちゃった上にタイツ越しにパンツまで見てしまって、おっぱいまで触ってしまったし、カバンまで間違えちゃったし、これじゃ俺どう考えても…」
梓「もう!過ぎた事でイジイジしないでって言ったじゃん!そんな事はもういいですよね!唯先輩!」
唯「あずにゃんがそう言うならいいよ。その代わり、某君私を貰ってね!」
梓「ちょっと唯先輩!いきなり何言ってるんですか!私の方が唯先輩の倍彼のこと知ってるんですからね!」
唯「だって、パンツ見られた上に胸揉まれたんだよ。これじゃあもうおに行けないよ。」
澪「それなら私を貰ってよ!私なんか、高1の学園祭のライブの時、退場しようとしたら足がケーブルに引っかかってこけて大勢の人にパンツ見られたし、クリスマスの日にもさわ子先生に玄関前でズボン脱がされて、しかもそのタイミングでドアが開いて、また人にパンツ見られるし、たまたま、それが和だったからまだましだけど、結局2度もパンチラした上に見られたんだよそれこそもうおに行けないよ。」
梓「じゃあ私はどうなるんですか?彼には何度もお風呂で裸を見られてるんですよ。勿論私も彼の裸、見てますけど。確かに私と彼は兄みたいなものですけど!」
律「もう争うのはいいから、さっさとパーティー開こうぜ!」
俺「ありがとう。」
梓「某!18歳の誕生日おめでとう!じゃあ!受験頑張るんだよ!」
俺「ありがとう梓!それにみなさん!あと高校なんだけど、今年から桜ヶ丘女子高学校が共学になって桜ヶ丘高等学校になる事になったから、今年ここを受けようと思ってる。理由は勿論我が家に近いからだけど。」
梓「本当!実は私達みんなこの学校の生徒なんだよ。じゃあ、絶対合格してね!私、待ってるから!」
俺「本当!じゃあよろしくお願いします。梓先輩!」
梓「もう!先輩なんて呼ばないで今まで通りに呼んで!私達兄なんだから!今日は、一緒にお風呂入るんだからね!あと布団もね!」
憂「私も梓ちゃんと待ってるね!私の事も普通に呼んでね!」
俺「梓たちがそう言うならそうするよ。じゃあよろしく」
唯澪律紬憂「じゃあまたね」
梓「唯先輩と澪先輩は残っててください!さっきの続きです!勿論お二方も彼と一緒にお風呂に入るんですよ!」
俺「ちょっと待った!梓は幼馴染で見慣れてるからいいとして、他の二方はちょっと…」
梓「3人とも私だと思いなさい!」
澪「私も男の人に裸を見られるのはちょっと」
唯「私は別にいいよ」
澪「おい!唯!そこは女の子なんだからもうちょっと恥ずかしいと思えよ。梓も梓だ。いくら幼馴染だからといって梓も年頃なんだから、もうちょっと…」
梓「澪先輩は私に負けるのが怖いんですか?」
澪「そんな事言ってないだろ。でも、そう言われると何か悔しい。やってやるよ!」
梓「そう言うことだから、某さっさと入るわよ!」
俺「ってもうお前ら全裸かよ!」

と突っ込みなど聞いちゃいねぇ。俺は、強引にも梓に全裸にされ、浴場に押し込まれた。梓以外の女性がいる事もあってか、女子高生の裸はとても刺激が強かった。その為俺は勃起してしまった。そう、俺は女性の裸に欲情してしまったのだ。こうして俺は、3人もの女子高生に勃起した陰茎を見られてしまった。そして、上がった後、俺たち4人は服も着ずに布団へ入ってしまった。朝起きたら澪と唯に抱き付かれていた。そして梓は、俺の勃起した陰茎を口にくわえていた。その後、俺は、桜ヶ丘高等学校に入学し、軽音部へ入部した。メンバーは梓、憂、純、俺の4人だった。翌年、梓憂純は卒業し、俺は一人になった。その後、唯澪梓が妊娠し出産した。しかし、子供は任せてと言われたので俺は高校を続けた。新入生が4人も入り、廃部は免れた。その後、憂も妊娠し出産したが、同じく子供は任せてと言われたので俺は高校を続けた。卒業後も廃部になることなく軽音部は続いていた。結局俺は、唯・澪・梓・憂の4人と、その子供と俺とでずっと暮らし、それっきりである。