47歳のお母さん
スタイル抜群の美熟女

熟女が身近にいれば
普通の親子関係で済むはずは無い!

俺は中2の頃からへの想いが変わり
を女性として
意識するようになった

その頃から近親相姦にも興味を持ち
色々な子相姦サイトで
告白体験を読んでいた

そして高1の時に童貞を卒業してからは
今まで以上にとの子セックスの
淫夢を見る様になった

毎日の様にとの子セックスを
妄想しては自慰していた

そして高2の夏に等々長年の
夢を達成する事が出来た

当時のは41歳だと思うが
その完熟した肉体は
想像以上に素晴らしかった

同年代の女よりも
数段気持ち良いセックスだった

あの日は夏休みだった事もあり
俺は朝から家にいた

飲み物を取りに台所に行った時

リビングのソファで
が昼寝をしていた

は黒のTシャツにデニムの
短目のスカート

白肌の生足と
太股を見て体が熱くなった

胸元はツンと上を向いていて
形の良い乳房だと想像出来た

しばらくを眺めていると
が体を動かした

は左足をくの字に曲げてきた

俺は興奮した

なぜならそれが原因で
下着がチラ見えしたのだ

色っぽい太股の奥に
黒っぽい下着

俺は硬くなった肉棒を握りしめながら
欲情して理性を無くしていった

もう我慢の限界

そして胸元軽く触ってみた

ノーブラだった

そしてシャツの中に手を入れて
乳房に触れて軽く揉んでみた

柔らかく何とも言えない
お母さんおっぱいの感触

何度か揉んでいるとが目をさました

俺はの上に重なり
Tシャツを目繰り上げて
形の良い乳房を食らい付く様に舐め回した

は驚き悲鳴を上げながら
激しく抵抗してが

俺はもう覚悟を決めていたので
力付くで抑えながら
レイプした

10分以上乳房を愛撫していると
の抵抗が弱まってきた

そして片手を一気にスカートの中に
入れて下着の中にも押し入れた

の腟部はほんのり濡れていた

指を入れると
更に悲鳴を上げてきた

激しく指を動かすと次第に
音が出る程に濡れてきた

俺はもう我慢出来ずに
ズボンを脱ぐと下着も脱がし

一気に挿入レイプして
近親相姦した

激しく肉棒を突いた

は喘ぎ声を出していた

締まり具合の良さと
今まで感じた事の無い気持ち良さに
驚き激しく欲情した

その日は1日中
近親相姦セックスした

あの日、今でも週4回は
子相姦していて

は今では抵抗するどころか
淫靡な喘ぎ声をあげ
いやらしい顔をしながら
何度も絶頂するスケベなになっている