私は当時中学2年生だった。
そのころの私はクラスでも目立つほうで、自分で言うのも変だけどいつでもクラスの中心にいるような女の子だった。
彼氏はいなかったけど、告られたりするのは結構あったし、男友達も多かった。
私は友達の家で、明日の期末テストに備え遅くまで勉強していた。


そして、10時になろうとしたところで、
「もうそろそろ帰るね、ありがと」
「そう?じゃあ下まで送るよー。」
「いいよいいよ、寒いし、ありがと。おじゃましましたあ。」
と、家の人たちに聞こえるように挨拶をして、家をでた。
家に帰って、もう一回だけ復習をしようと、英語のワークを探す。
「あちゃー…英語のワーク学校に忘れちゃったし…明日テストだしなあ…取りに行こう!」
私はそう決心して学校へ向かう。
真夜中の学校を前にして多少の恐怖心はあったものの、英語のワークのほうが大事だと想い、柵をのりこえ、校内にはいった。
そして暗闇のなか2年5組の教室にたどりつくと、幸いにもドアは開いていたので机から英語のワークを取ると、急いで教室をでた。
ちょっと恐怖心もあったかもしれない、私は急いで昇降口へと向かった。
「誰だ!?」
やっば…走った音でばれちゃったんだ…それは私の担任の先生、川崎先生だった。
「私です…あの、小谷です…」
「小谷か?何をしてるんだ、もう10時半まわってるぞ?」
「英語のワークを忘れたんで取りに来ました。」
「そうだったのか…とりあえず宿直室に来なさい。」
嫌だ。と言いそうになったけれど、無断で校舎内にはいった件を考えればここは素直に従ったほうがいいだろうと想い、先生の後についていった。
「入れ。」
宿直室のなかは意外と広くてきれいだった。
私はそこに座ると、先生がお茶を出してくれた。
「あ、ありがとうございます。」とお礼を言って一口飲む。すると温かいお茶が冷えたからだにしみわたって行って私は一気に飲みほした。急に眠くなってきた。
「小谷?眠かったら寝ていいんだぞ?」
「す、すい…ま、せ…ん」
ちゅ…ちゅぱ…ちゅ変な音で目が覚めた。体が自由に動かない。手を縄で後ろにゆわかれてる。そして足は柱と柱に縄でつながれ、足を開くような形になっていた。
「か、川崎先生?何してるの?」
「おー、起きたか小谷。」
するとビビッと体に快感が走った。
「小谷はここが感じるのかあ~」
先生はクリをなめている。
「や、…やめてください。あ…い、いや」
先生は私の服を脱がしてブラも取りパンツも取ってしまった。
「なにするの!?」
「なにってこれから小谷と遊ぶんだよ」
そういうと、先生は胸を優しく揉んできた。
「あ…んはっ…や」
嫌と拒絶の言葉がはっきり言えなくて、だんだんと気持ちよくなってきた。
先生乳首を執拗に攻めてくる
「あふ…ひゃ…あん…あっ…ん」
「あんま声だすともうひとり先生がいるからばれちゃうよ?」
私は声を出すまいと必死だった。
「もう…やめて先生ー…」
「やめてとか言いながらここはもうこんなに濡れてるぞ?やらしいなあ、小谷は」
「はあ、、、んんっっそ、そこはだめぇ」
先生は指をいれてぐちょぐちょとかき回している。私はそれが気持ちよくてイってしまった。
「小谷はここ弱いんだ」
すると先生はズボンのファスナーを開けると、大きいものが、突き出した・
「小谷、これをなめろ」
「い、いやで、す」
「いやとかは聞きたくないんだよはいと言え。」
「い、いや」
そういうと、先生は私の頭を掴んで自分のモノへと近づけると、無理やりくわえさせた。
そして頭をつかみながら上下させる。
私はのどまで来て苦しかったので、せき込んだ。
「ちっ、お前下手だな。まあいいや。いれるぞ」
「え?やあ…んぅあああああっ」
先生のモノがわたしの仲に入ってきた。
「お前感じやすいんだなあ」
「あああっいやあ…ん、ああもっと…もっと奥まで入れてぇ」
「お前淫乱だなああ奥にいれてか…しょうがねえな」
先生は急に腰をぐっといれてきた。
「あああっきもちいーーーーイクイクっイクーーーー」
すると私ははてた。
このことがあってから、先生が宿直の日は毎回宿直室へ行くようになりました。
先生はとっても上手です