私が住んでいるR町では、小中学校の子供を持つお母さんたちが、毎夕、自転車 パトロールを実施しています。

 というのも、団地に面する森林公園に、よく痴漢が出るためだそうです。
 実際に、彼女たちの通報によって、一流私大四年生の痴漢が逮捕され、新聞の地方版に載った そうです。

 ちなみに、森林公園は駅前に出る近道となっており、私もよく利用するのですが・・・夜の七時ぐらいに 駅前のBOOK OFFへ買い物に行き、帰りにお母さんたちの痴漢パトロールに遭遇したときは、 正直どきどきしました。

・・・もちろん、彼女たちに咎められるようなことは、何もしてないですが。

 お母さんたちといっても、だいたいが二十後半~三十後半ぐらいの、“女盛り”という年代の方たちで、 髪の毛なんかは茶色で、しかも
けっこうきれいな人がいるんですよね・・・。

 そんな女性たち4~5人が、薄暗い夜道で私とすれ違い、ほんの少しだけこちらの顔を見て チェックをし、通りすぎていきました・・・。

 ああ、まじめにパトロールしている地域の若いお母さんたち、本当にすみません。
 私はどうしても悪い妄想をしてしまいます。

 それはもちろん、一度は通りすぎた自転車のパトロール隊が、「やっぱり今の人はあやしい!」って ことになって、戻ってくるという想像です。

 「ちょっと、あなた、待ってくれますか」
 「手荷物の中身を見せてくれませんか」
 「失礼ですが、どこへ行かれるのですか?」

 三十代の大人の女性に回りを囲まれ、こんな風に矢継ぎ早に質問されたら、きっと若い男一人など たじたじになってしまうでしょう。

 本当は警察官でもない彼女たちにそんなことを言われる筋合もないのですが・・・正義感が強く、まじめな彼女 たちは本気のようです。

 スラックスに、革っぽいブーツ、ダウンジャケットを着た若いお母さんが、無理やり私の手荷物を奪い取りました。
 中身はビデオですが、内容が“痴漢電車もの”なので、まずいです。案の定、それだけで大騒ぎになりました。

 「ちょっと!このビデオはなに?」
 「“嫌がる少女を無理やりに”って、あんたそういう願望があるの!?」
 「ヘンタイじゃないの」
 「ちょっと、この男あやしいわ。きちんと調べた方がいいんじゃないの?」
 「それがいいわ」

 あっという間に取り調べモードです。
 明かりがあるところで身体検査することになり、公園の女性用トイレ(ゆったりとした、妊婦さんや車椅子でも 入れる造りです)に連行されてしまいました。



 「ここならいいわ。さ、早く扉しめて。さっさと身体検査するわよ」
 「ほら、なにをぼやぼやしてるのよ。あんた自分の身の潔白を晴らしたいなら、ちゃっちゃと脱ぎなさい」
 「ズボンから順番に脱いで、こっちに渡すのよ」

 女性たちは、なんか楽しそうです。
 そうこうしているうちに、真冬なのに夜の公園のトイレパンツ一丁にされてしまいました。
 この日はたまたまビキニタイプのブリーフだったので、とても恥ずかしい・・・。

 「ふーん。最近の若い男の子って、そういうのはくんだ?」
 「もっこりパンツってやつね」
 「なんかイヤらしいわね」

 「フフフ・・・・・・震えてるわね。鳥肌立てちゃって・・・」
 「・・・なんかさぁ、こいつの鳥肌見てたら、いじめたくなってきちゃった」
 「あ・・・実はわたしも」
 「うふふ、痴漢もののビデオ買うようなやつだから、いいんじゃない?」

 お母さんたちの顔つきが、それまでの教育ママの顔から、ちょっと残酷でエッチな女の 顔に変わりました。

 「わたし、実を言うとね。前に大学生痴漢捕まえたときも、彼が泣いて土下座するの見て、 意地悪したい気分になってたんだ・・・」

 「あ、なんかそれ分かる。若い男の子、いじめたい気持ちってあるよね」

 「あるある~でも、普段そんなチャンスないしね・・・」

 「だいじょぶかな?途中でだれか来たりしない」

 「この時間なら、平気よ。それに、あくまでも痴漢に対する取り調べとして行うんですからね」

 「なるほどね・・・」

 女性たちは目を細めたり、口元をほころばせながら、近づいてきました。

 「どうやっていじめてやろうか・・・」

 「まずは当然、パンツ脱がして、さらし者の刑ね」

 「フフフ・・・・・・そのあとはチ○チンの皮を引っぱったりとか、煙草の火で毛を焼いたりとか・・・」

 「あぁ~♪あったあった、そうゆーの。高校のとき、クラスのいじめでそういうのやられてた 子いたよ」

 「そうそう、それで、教壇の前に立たせられて、みんなが見てる前でオ●ニーショーとかね」

 「フフフ・・・それ、決 定!」


 や、や、や、やめて、くれぇえええええええええええええええ!!