とても暑い夏でした。当時、中学3年生・14歳だった私は水泳部に所属しており、中学最後の大会に向けて夏休み、学校プールで練習をしていました。

プールは、校舎からグランドをはさんで一番奥にあり、部室もプールに隣接していました。

プールの奥は竹林になっており、外灯があるものの夜はとても暗く寂しい所です。

その日、顧問の先生は私用があり早く帰ってしまいました。

一番最後まで練習していた私は、辺りが暗くなっていることに気付き部室に戻ると明かりがついていた為、誰か待っていてくれたのかと思い中に入りました。

するとそこには、黄色いランニングシャツを脱ぎ捨て上半身裸になり、白い短パンを膝まで下げ部員の水着臭いを嗅ぎながら、むき出しになった自らの男根をクチュクチュ音をたてながらしごいている黒人
男性がいました。

初めて見る男根は、真っ黒で先っぽが光っており天に向かってそそり立ち、太く硬そうで長さは30センチ近くありそうでした。

両脇の玉袋は、ながらく放出してないのか重く垂れ下がってました。

唖然と立ちすくす私に気がついた彼は、短パンをずり上げ近寄ってきました。

このままでは、危険だと思い裸足で逃げ出しましたがグランド中央の芝生で捕まってしまい抱きかかえあげられると芝生にたたき落とされました。

そして頬にビンタをくらいました。私は、軽い脳震盪をおこしました。

彼は、私のスクール水着を腰骨あたりまでずりさげると日焼けした水着のあとをみて興奮したようです。

意識朦朧の私に口づけをしざらざらした舌を入れてきました。

耳・首筋・脇の下をなめまくり、やっとふくらんだ小ぶりの乳房をもみだし、舌で丹念に乳首舐め、吸い始めました。

男性にそんなことされるのが初めてでしたので、乳首がたってしまいました。

へそを舐められ、じょじょに彼の舌が局部に近づいてきました。

私のスクール水着の大事な部分をずらすと少しはえた陰毛臭いを嗅ぎながら指でクリトリスを丁寧にいじり始めました。

そしてざらざらした舌でクリトリスと陰部を舐めなくりました。

少し、意識の戻り始めた私は、今迄味わったことのない感覚とあそこが濡れてくるのがわかり、おもわず「あー」と声を漏らしました。

彼の短パンの前は、今にも破れんばかりに盛り上がっており男根の一部が顔を出してました。

おもむろにパンツ脱ぎ捨て、私のあそこが濡れているのを確認すると、スクール水着をずらしいきなりいきり立ったものをメリメリと音をたてるように挿入してきました。

あまりの痛さに意識を取り戻した私は「痛い」と叫ぶのが精一杯であとは「うー」といううめき声をあげてました。

局部が熱くなり涙がこぼれおちました。

彼は、激しくピストン運動ょしながら「ジャパニーズ キムスメガール ベリーグー」と叫び雄汁を放出しました。

放出は、信じなれないくらい長く続き彼が男根を抜くと血の交ざった大量の雄汁が溢れで、スクール水着に溜まり太ももを伝わって芝生に流れ落ちました。

処女を散らされ、涙が止まらず早く彼が立ち去ってくれるのを望みましたが彼はまだ満足せずスクール水着をずらすと茫然としている私の局部に溢れ出る自らの雄汁舐めだしました。

挿入された痛さから先程の感覚はなく、ただされるままでした。

反応しなかったのがおもしろくなかったのか放心状態の私を抱き上げるとプールサイドにつれていき、水着を脱がせうつ伏せにすると腰を手前に引きお尻を出させ自らプールに入り、プールサイドにいる私のバックから挿入してきました。

「痛い やめて」と声をあげ彼からなんとか離れようと腰を動かすのが精一杯でした。

今度は楽しむようにゆっくりとピストン運動をし暫くするとそのままプールに引きずり込まれ、乳房を揉まれながら立ちバックで犯されました。

何度も首を振り「いや やめて」と言いましたがやがて低いうめき声をあげ私の膣の奥深くで再び雄汁を放出し始めました。

放出は前にもまして長く続き彼が男根を抜くと雄汁が溢れ出、プールに白濁の液体がいくつも浮かびあがりました。

彼は、満足したのか私をプールサイドにあげると足早に去って行きました。

私は、その場に泣き崩れ暫く立ち上がることが出来ませんでした。

試合用の水着を捨て大会を欠席し部活を辞めました。妊娠していることがわかり、中絶し転校しました。

後で聞いた話なのですが、私をレイプした黒人は体育館の改修工事を行っていた業者が臨時に雇った従業員で、私以外にもテニス部の娘を部室で、ソフトボール部の娘を体育館隣の用具室でレイプしていたことを知りました。

男性不振に陥った私は、女子高・女子大と進み就職先も女性の多い職場を選びました。

交際を申し込まれたことも何度かありましたが、あの夏のことがトラウマになってお断りをし今でも独身です。

街で黒人男性を見かけると今でも息苦しくなる時があります。