結婚して3年目になるがいます。

とは同じ大学でしたが、学生の頃から付合っていたわけではなくて、就職した後、お互いに27才の時に再会し、30才で結婚しました。
は大学時代には凄くモテていて、当時の僕には高嶺の花でした。
の周りにはイケメン達が常にいました。
僕は親が経営している会社を継がなければいけなかったので、学生時代は勉強一筋で、ひたすら国家試験に合格する為に勉強していました。
  そして27才の時に、昔の仲間と飲んでいると彼女が現われて、そこから連絡をとるようになりました。
やはりこの位の年になると、イケメンだとかは関係無くなってきていたのか、社会的地位がある僕に対して彼女は興味を持ちはじめたんだと思いました。

僕はそれでもイイと思っていました。

少し残念だったのが、の方が身長が高くて、顔のつり合いもとれていないから、端から見たら典型的な『金でイイ女をモノにした奴』って感じでした。

そして更に大きな悩みは、セックスの相性が全然良くなかった事です・・・
最初はも我慢していたのか分りませんが、結婚して1年もするとセックスレスになりました。
もちろん僕はエッチがしたいと誘うんですが、はいつも「体調が悪い」とか「アソコが痛い」とか理由を付けて断られます。
それでしばし喧嘩もしたんですが、なんとか3年続いています。

ある時、会社の部下が、「うちのさんからショックな事聞いちゃったんですよ!」と悩みを打ち明けられて、良く聞いてみると、どうやらさんの過去の経験人数が結婚前は3人だったのに、実際は10人だったらしいって事でした。
しかもその中の一人は黒人だったらしいです!

僕はその時は笑ってしまいましたが、僕のもそうだったらって考えたらすごく苦しくなりました。
そして若干興奮している自分にも気がつきました。

僕も昔に過去の事を聞いた事がありました。
その時はも3人と言っていました。
さらに詳しく聞きたかったんですが、その時はカッコつけて聞きませんでした。

ちなみに僕はで2人目ですが、カッコつけて10人と言っています。

僕はどうしてもの昔が知りたくなって、その夜に聞いてみました。
でも、ただでさえセックスレスなのに、が下ネタに付合ってくれるはずありませんでした・・・
あきらめきれない僕は、週末に食事に行って、お酒を飲ませまくって聞き出そうと思いました。

そして週末、予定通りを食事に誘い、いい感じに酔わせて家に帰りました。
お風呂から出た後にベッドに入ったを追い掛けて、背中から抱きつく感じでに話しかけました。

僕:「なあ、昔の話聞かせてくれよ!」
:「またその話し?もう忘れたって言ったでしょ!そんなの聞いてどうすんの?」
僕:「いいだろ?興奮するんだよ!なあ、本当に3人だけなのか?ホントはもっといるんじゃないのか?」
:「バカじゃないの!知らないわよ!もう寝るから」
僕:「いいだろ少しぐらい!怒らないよ!そういうんじゃないんだ!ただ聞きたいだけだから!」
:「何なの?聞いてどうするの?意味ないわよ昔の事なんか」
僕:「お前がエッチさせないから、それをおかずにするんだよ!」
:「は?何言ってるの?それ本気?」
僕:「しょうがないだろ?」
:「・・・昔の事だから怒らないでよ」
僕:「分かってるよ!当たり前だよ!むしろ興奮するんだよ!」

はセックスレスの罪悪感があったみたいで、オナニーのネタにするって言ったら話してくれるようになった。
恐く自分に向けられる性欲が、他に向けられる事になるから協力したのかもしれない。
そして何より、僕が怒るのではなくて興奮するからって理由だったからかもしれない・・・

僕:「で?本当は何人なんだよ!」
:「・・・ホントに怒らないでよ!もう過ぎた事なんだから・・・たぶん・・・20人ぐらい・・・わかんないけど」
僕:「ええええ!全然違うジャン!」
:「だから!怒らないって約束でしょ!」
僕:「わかってるわかってる!違うよ!ビックリしただけだよ!それって全員彼氏なの?だったら期間短くない?」
:「・・・全員彼氏じゃないわよ・・・彼氏は5人ぐらいかな?・・・たぶん」
僕:「ちょっとちょっと、えっ、あっ、あとの15人は何?どう言う事?」
:「もういいでしょ?知らない、忘れたから、もう寝よ」
僕:「いやいや、そこが一番聞きたいんだよ!頼むよ!」
:「若気の至りよ!皆してる事でしょ!・・・だからナンパとか色々あるでしょ!もー」
僕:「じゃあ、一晩限りってのもあるのか?なぁ?」
:「・・・昔でしょ!もう忘れてよ!バカ!」
僕:「もっと詳しく聞かせてくれよ!」
:「・・・だから、ナンパだって!友達がオッケーしちゃったら断れない空気もあるでしょ?そういうこと!」
僕:「でもお前もオッケーしなきゃヤラないだろ?え?」
:「酔っぱらってたから覚えてないよ!」
僕:「ちゃんとゴムしたのか?」
:「知らないわよ!そんなの毎回ちゃんと出来ない時もあるでしょ!」
僕:「まさか寝取り・寝取られ95とかもあるのか?」
:「覚えてない!あるんじゃないの?」
僕:「そこを詳しく教えてくれよ!」
:「・・・もー、外に出してって言っても勝手に出されるんだからしょうがないじゃん!」
僕:「お前それで怒らないの?」
:「出しちゃったんだからしょうがないじゃん!」
僕:「お前ひょっとして、セフレとかっていたのか?」
:「・・・昔ね、若い時だけよ・・・」
僕:「本当か?その時は彼氏いたのか?」
:「・・・いた時もあるかも・・・」
僕:「彼氏ともエッチして、そいつともエッチすんのか?」
:「そうよ!バカなこと聞かないでよ!」
僕:「でも彼氏は好きなんだろ?罪悪感はないのか?」
:「・・・彼氏は好きだったけど・・・セフレは・・・違うとこが好きなの・・・」
僕:「何だそれ?どっちも好きなのか?セフレ寝取り・寝取られ00か?」
:「全然寝取り・寝取られ00じゃないよ・・・どっちかっていうとカッコ悪いし・・・」
僕:「じゃあ何でセフレになってたんだよ!」
:「・・・エッチが上手かったの!もういいでしょ!」
僕:「何何?ホントに?それ教えてよ!」
:「もー・・・だから、彼氏より全然エッチが良くて、私がハマっちゃったの」
僕:「そうなの?何が良かったの?デカイの?」
:「・・・おっきよ、すごく・・・あと色々知ってるから、一日中イカされまくったし・・・」
僕:「イカされまくった?お前一度もイッた事無いって言ってたじゃん!」
:「もー色々言わないで!もう話さないよ!」

は予想外の過去を持っていて、驚きは隠せませんでしたが、それ以上に興奮してしまいました。
僕はセフレとの話に興奮し過ぎて、いつの間にかパンツをおろして自分でシゴキながら話を聞いていました!

---

僕はの過去の話に凄く興奮していました!
とくにセフレがいたっていう事実が衝撃的でした!

僕の知ってる限りのは、どちらかというとセックスもタンパクで、下ネタなんかは飽きれて付合ってもくれません。
それなのにセフレがいたんです!
セフレがいるって事は、ただ単純にエッチが好きじゃないとありえませんよね?
あのが、エッチがしたい為にカッコ良くない男と遊んでるのが信じられません!
全く想像出来ない世界でした。
だから僕はそのセフレの詳細を知りたくてたまりませんでした!

僕:「なぁ、頼む!そのセフレの話を詳しく教えてくれ!」
:「えー、何で?そんなの聞いてどうすんの?」
僕:「だって、ほら!触って!すっごいでしょ?マジで興奮するんだよ」
:「ちょっと!なに固くしてるの!バカじゃないの!本気で?」
僕:「マジマジ!お願い!いいでしょ!ね!」
:「・・・まぁー別に・・・絶対怒らないならいいけど・・・」
僕:「絶対怒らない!約束する!じゃあ、そのセフレはどこで知り合ったの?」
:「和也先輩いるでしょ?その友達
僕:「マジで?じゃあ超遊び人じゃないの?」
:「んー、そうだね、学生時代はすごかったかも・・・あたしの他にもセフレ5人位いるっていってたし、でもカッコ悪いよ!しゃべりだけでいつもナンパしてるっていってたし」
僕:「でもなんでそのカッコ悪い先輩とセフレになったの?」
:「んー、一回和也先輩の家で飲み会して、和也先輩が先に寝ちゃって、あたしもかなりベロベロで、トイレに行った時に鍵をかけ忘れて、そしたらそのセフレが入ってきて、ビックリしたけど、無理矢理トイレでアソコ舐められて、入れられちゃったの・・・」
僕:「抵抗しなかったの?和也さんも大声出せば来るでしょ!」
:「・・・酔ってて訳が分らなかったのと・・・なんか・・・すぐイッちゃったの」
僕:「マジで?一瞬で?」
:「・・・うん、ビックリした・・・だって当時の彼氏とか、元カレとかだと全然イッた事もなかったのに、その人一瞬で弱い所分かっちゃうみたいで、なんか痙攣しちゃって、気が付いたら入れられてた・・・」
僕:「えっ、生で?」
:「うん・・・だってもう入っちゃったんだもん・・・それでも彼氏に悪いと思って、必死に逃げようとしたんだけど・・・セフレのアソコが凄くて・・・形とか大きさとか固さとか・・・逃げられないっていうか、逃げたくないって感じになっちゃって・・・」
僕:「で?どこに出したの?」
:「・・・中」
僕:「ええええ!無理矢理出されたの?」
:「・・・セフレが中に出したいって言うから、あたしも出して欲しくなって、いいよって言ったの・・・」
僕:「えええ!僕の時はいつもダメって言ってたじゃん!」
:「知らないよ!その時はそう思ったの!昔の話しでしょ!」

僕はかなりショックでした・・・はどっちかっていうとしっかり者のイメージがあったのに、快感に身をまかせて成りゆきで生寝取り・寝取られ95する女ではないと思っていました。
もしくはそのセフレが凄いのか・・・
僕はその後の事も詳しく聞きました。

僕:「それで?その後どうしたの?」
:「トイレでしてから、そのセフレが自分家に行こうって言うから無理矢理連れ出されて・・・彼の家に行ったの・・・和也先輩の家から歩いて15分位だったから、夜中に歩いて行ったんだけど、途中の物陰とかでフェラさせられたり、バス停で普通にアソコいじられたり、公園でまた寝取り・寝取られ95されたりして帰って・・・」
僕:「マジで?野外とかした事無いってたじゃん!」
:「・・・そんなの言わないでしょ普通!」
僕:「嫌じゃなかったの?」
:「・・・そんな事されたの初めてだったから、なんか凄い興奮しちゃって、外なのに何度もイッちゃった・・・」
僕:「マジで・・・その後は」
:「あたしそれまでは、そこまでエッチ好きじゃなかったけど、その人とは凄かった・・・その後も家に帰って、ヤリまくっちゃったし、次の日も授業休んで一日中しちゃって・・・アソコから精子がドンドン溢れてきちゃうぐらい中に出されて、もうホントに何回出されたのかわかんないし、あたしも何十回もイカされて、それで彼と離れられなくなっちゃったの」
僕:「そんなに凄いの?」
:「・・・うん、体力もすごいし・・・アソコもずっと固いの・・・ホントに絶倫って感じで・・・」
僕:「えっ、じゃあ、僕なんかより全然気持ちいい?」
:「そんな事聞かないでよ!知らない!」
僕:「いやいや、頼むよ!怒らないから!ホントの事聞かせてよ!」
:「・・・セフレはホントに特別なのよ・・・普通じゃないから気にしないで!あなただって他の元彼に比べたら普通よ!」
僕:「じゃあセフレの方がイイのか?ハッキリ言ってくれよ!」
:「・・・そうよ、だってしょうがないじゃない!生まれつきの物なんだし・・・気にしないでよ!」

僕はのアソコを触りました・・・もの凄いビチョビチョでした・・・恐くセフレを思い出して濡れてしまったのでしょう。
残念な事に、僕が知る限り今まで一番濡れています・・・僕がどんなに愛撫しようが、セフレの思い出にすら勝てなかったようです。
は珍しく興奮しているのか、触っても嫌がりません。
僕は調子に乗って、パジャマをズリ下して、ビンビンになったアソコを挿入しました!
も嫌がる事無く「あっ、いきなり?あっ、はぁあああ」と声を出しました。

僕:「セフレにもこうやって生で入れられたのか?」
:「あんっ、そう、そうよ、いつも生だった、危険日でも関係ないの、いつも勝手に中に出しちゃうの」
僕:「セフレはお前の事が好きだったんじゃないのか?」
:「あんっ、ハァハァ、違うの、彼はいつも中に出したらすぐ帰っちゃうの、あんっ、出したい時に性処理に使われるの」
僕:「それで良かったのか?」
:「いいのおお、それでもいいの、あんっ、それでも彼に犯されるのを毎日待ってたの、あんっ、あああ」
僕:「こうやって奥を突かれるのか?」
:「ああんっ、違うの、もっと、もっと凄いの、壊れちゃうぐらい犯されて、あんっ、アソコがいっぱいになって、ああああ、もっと、潮がでてきちゃうの、あああああ、あたし気持ちいいとおしっこいっぱいしちゃうの、あああああ、これじゃダメ、ダメなの」
僕:「何がダメなんだ!」
:「あんっ、あああああ、だって、ああ、だって、こんな小さいのじゃダメなの、あああああ、もっと、もっとおっきいのが欲しい」
僕:「じゃあまたセフレとやりたいのか?今逢ったら犯されたいのか?」
:「ああああっ、犯して欲しい、彼に犯されたい、彼なら何回もイカせてくれるの、すごいんだもん、またイキたいの、あああああ、もっと、もっと凄いのがイイ、ああああ、もっと太いのがイイのおおおおお」
僕:「じゃあセフレの精子が欲しいのか?」
:「ああ、そう、そうよ、あああん、彼の精子が欲しいの、彼の子供が欲しかったの、ああああ、ダメ、思い出しちゃう、ああ、また犯してほしい、あああああ、ダメ、もう我慢出来ない、彼に逢いたい、犯して欲しい、あああ、中に出してええええええええええ」

僕はその声での中に射精してしまいました。
皮肉にも、セフレを思い出して「中に出して」と言ったんでしょうが、僕はそれに便乗してしまいました。
は終わった後も興奮がさめないのか、起き上がってリビングに行ってしまいました。
結局僕ではを満足させる事は出来ない事が分りました・・・

---

の過去の話で興奮してしまい、その勢いでセックスをして以来、セフレの話が頭を離れませんでした。
そして隙あらばからもっと話を聞き出そうとするんですが、中々話したがりません。
この前は酒の勢いでついつい話してしまったようでした・・・

それでも何度か挑戦して、が酔っぱらったらしつこく迫りました。
そして何回か成功して、セフレの話を聞きながら寝取り・寝取られ95する事に成功しました!
やはり最高に興奮しました。

でも、それを繰り返すうちに、セフレの本気エッチを目の前で見てみたいと思うようになりました。
禁断の扉だと分かっていましたが、どうしても見たい衝動にかられました。

そして正直にに話すと、呆れた顔をされました。
まるで変態を見るような顔でした・・・
最初はそのリアクション込んでしまい、話を続けられませんでした。
でも数日経つと開き直ってきて、変態と思われるのも気持ち良くなってきました。
だからガンガンに頼み込みました。

するとも呆れた顔をしながらも、「本当に見たいの?知らないよ?後で怒らないでよ?」と言い出しました。
僕は「もちろん怒らないよ!」と言うと、「じゃあ、連絡してみる・・・」と初めて協力的な言葉が出てきました!
たぶんかなり前から考えていたのかもしれません。

そしてに連絡を取ってもらい、セフレと会う約束をさせました。
リアルなやり取りを見たかったので、セフレには僕が覗いている事は内緒にしてもらいました。

セフレが電話するとすぐに会いたがっていたようでした。
どうやら向こうは結婚もしていなくて、今もかなり遊んでいるようでした。

そして次の日曜日、僕は仕事で居ないという事にして、セフレを家に呼びました。
僕はリビングの収納の中に隠れて、予め外しておいた取っ手の穴から二人の様子を覗いていました!
もうセフレが来る前から心臓がドキドキしていて、本当にこれで良いのか直前まで迷いました・・・
でもチャイムが鳴った時点で諦めて、後悔しつつも見守る決意をしました。

セフレがリビングに入って来ました。
いい年なのにギャル男みたいな感じで、色黒で金髪でした。
ただ、予想外に大柄な強そうな男でした。

は短かめのスカートを履いていて、上も薄着で厭らしい感じの服でした。
セフレは家に入ってからほとんど喋らず、をジロジロ見ていました。

そしてが「久しぶりだね、まあ座ってよ!」と言った瞬間、いきなりの体を、リビングのテーブルに伏せるように押し付けて、スカートをまくり上げて、パンツを引きちぎるようにズリ降ろしました!
もビックリして、「ちょっと!やだあ!何するの!」って叫びました。
でも直後にお尻が「ビシャッ」っと思いっきり叩かれて、「うっせーよ!犯されてんだろ?」と怒鳴られて、セフレはズボンを脱ぎました!

ズボンを降ろした瞬間、30代とは思えない角度でとんでもない巨根が飛び出してきました!
デカいとは聞いていましたが予想をはるかに超えたデカさで、鉄で出来てると思わんばかりのテカり具合でした。

セフレはお腹に着きそうな巨根を無理矢理下に向けて、バックから穴にあてがってるようでした。
そして、「なんだよ、結局ヌルヌルじゃねーか、何もしてねーのに」と言いました。
その瞬間僕は、胸が苦しくなりましたが、同時に勃起してしまいました。

そしてセフレのアソコに乱暴に巨根をぶち込みました!
私の位置からはの表情が良く見えました。
私はこの時のの表情を一生忘れられません・・・

は物凄く切なそうに眉間にシワを寄せて、涙目になりながら、口を半開きにして、今にもヨダレが垂れそうな感じでした。
そして奥まで巨根がブチ当たると、「はぁっ、ぐっ、はぁはぁ、あぐっ」と声にならないうめき声みたいなのを発して、ブルブル震えていました。
そしてセフレがゆっくり引き抜いて、またゆっくり奥まで入れて、その後の腰を思いっきり掴んでグリグリ押し込むような動作をすると、が「あぐっ、ああ、ひぐっ、いぐっ、かはぁああ、はぁはぁ、ひっ、ひっ、ひぐっ」と変な声を出しながら簡単にイッてしまいました。

は完全にヨダレを垂らして、ガクガク震えていました・・・
セフレの体のイジり方を完璧に把握していました・・・
僕は今までのとのセックスが何だったんだろう?って凄く恥ずかしくなりました・・・セフレの前ではまるで子供の遊びみたいなセックスでした・・・

セフレはその後に、お尻の穴に指を突っ込んだようで、は「ビクッ」って反応していました。
そして指を入れたままピストンをはじめると、は泣きながら叫ぶような感じで、「いやああ、それえええ、それだめええ、あぐっ、あああああ、またひぐっ、あああああ、いぐっ、いっ、ああああああ」と叫んで続けてイってしまいました。

それからセフレは容赦なくピストンをはじめました。
そして、ものの5分もしないうちに、は5回もイカされていました。

は散々イカされて、テーブルに伏せながらビクビク震えていました。
セフレは一度巨根を引き抜くと、足での体をテーブルから蹴り落としました。
は力が入らない様で、ひっくり返されたカエルみたいなみっともない格好になっていました。

セフレは今度、正常位で入れていました。
そしての顔にセフレの顔が近付いた瞬間、が我慢出来なかったような勢いで、首に手をまわしてキスしていました。
物凄く濃厚なキスです。
時々セフレ唾液をたらしてに飲ませていました。
そしてセフレはゆっくりピストンをはじめました。

セフレ:「お前、ずっと俺に犯されたかっただろ?」
  :「あんっ、あうっ、うんっ、犯してほしかった、ああああ」
セフレ:「つーかお前さ、俺に惚れてただろ?」
  :「ああんっ、ああああ、うんっ、好き、あああんっ、好きだったの、ああああ」
セフレ:「今は?」
  :「今もっ、あああんっ、ああああ、好き、あああんっ、すごい好き、すごい好きなのおおお」
セフレ:「じゃあまたこのマ○コ使わせろ!いいか?」
  :「ああんっ、いいよ、あんっ、いつでもいいよ、あああんっ、いつでも好きな時に使って、ああんっ」
セフレ:「旦那じゃ満足できねーか?」
  :「あんっ、ダメっ、全然ダメなの、あああ、コレがいいの、コレじゃなきゃダメえええ」
セフレ:「旦那は小っちぇーのか?お前デカいの好きだからな!」
  :「あんっ、あああ、そう、小さいの、あああ、満足できないのっ、あああああ、おっきのがいい、あああ」
セフレ:「俺が結婚してやろうか?あははは」
  :「あああん、あああ、ハァハァ、ひどいよ今更、ああああん、ああ、結婚してって言ったのに、あああ」
セフレ:「うるせーよ、嘘にきまってんだろ?お前は俺の便所なんだから結婚なんてするかよ!」
  :「ああっ、あんっ、ひどいっ、あああああ、ひどいよ、ハァハァ」
セフレ:「あっ?じゃあやめるか?便所やめるか?」
  :「ああっ、いやあああああ、やめちゃいやああ、あああんっ、便所でいいから、おねがいいいい」
セフレ:「そうだろ?俺に犯されてーんだろ?」
  :「ハァハァ、ごめんなさい、ああんっ、犯して、昔みたいに毎日犯して、おねがい、毎日犯してえええええ」
セフレ:「あああ、そろそろ一発出すか、安全日か?」
  :「あああんっ、ちがっ、危険日、ああああ、ハァハァ、でもいいよ、いつもみたいに中でいいよ、ああああん」
セフレ:「知らねーぞ、勝手におろせよ、ああああ、出そう」
  :「いいのおおお、ああああ、もうどうでもいいの、中に、中にほしい、おねがい、すごい好きだから、中に出して」
セフレ:「ああああ、イクぞ、イクぞおおおおお、あああああ」
  :「きてええ、イク、ひぐううう、ああああ、ぐっ、ああああああ、ひぐうううううううう」

セフレの中に出しました・・・
壮絶なセックスでした・・・
そしてなにより初めて聞く話ばかりでした・・・

が好きだった?結婚したいって言った?
は本気でセフレの子供を産みたがっているように思えました・・・

それから、少し休むと二人は裸になって、またエッチをはじめました。
そこにはいつもの面倒くさそーにエッチを拒むの姿はありませんでした。
積極的にフェラをしたり、オナニーショーをしたり、隠語言ってぶち込まれたり・・・初めて見るの姿でした。

その日は結局夕方までヤリまくっていました。
リビングだけで無く、キッチンや寝室、風呂場、一体何度射精すれば気が済むのでしょうか?
最終的にリビングに戻ってきたは、一人では立つ事も出来ない状態でした。

そしてセフレは、「じゃあまた抜きたくなったら来るわ」と言って帰って行きました。
はリビングでぐったりしていて、僕は収納から中々出る事が出来ませんでした。
そしてしばらくしてが風呂場に行ったので、収納から出て、何度も射精してしまった床を掃除しました。

が戻ってきても、二人とも会話が出来ませんでした・・・
はまだ膝がガクガクしていました。

寝取り・寝取られH/エッチ寝取り・寝取られ89」カテゴリの最新記事

<<<<