レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

2014年05月



つい今まで俺の下に居たあやが、肉体を震わせ快楽の余韻に浸っている。
目を閉じ、襲ってくる絶頂の余韻に何度も何度も身体を痙攣させている。
後半試合開始から、俺は日本代表の動きに一喜一憂しながらあやを責めていた
からだ。
最後の20分くらいはずっとあやの中に居続けていた。
あやを責めながらも、気は日本戦に向いている為中々俺がイかない為だ。
その上、日本が攻撃中は俺も興奮して腰の動きを早め・攻められると動きが遅
くなる為、あやには快楽と焦らしが不定期に訪れイクにイけない状況での20分
だった。
「あぁ・・・お願いっイかせて!イかせて!」
と自らも腰を振ってくる。
しかし、俺はそれど頃ではない(笑) 続きを読む



向かいのマンションの人妻彩子36歳に強制種付けをしてやった。
旦那は東南アジア某国に単身赴任中、中学1年の娘がいる。
27日が排卵日である確率が高いことは事前の調べで解っていた。
娘も友人宅に外泊。
チャンス到来、そこで昨日26日深夜強制種付けを決行したのだ。

深夜、合い鍵で堂々と侵入。
(不用心にもポストの裏側に磁石で留めてあるのを知っていたので、コピー
するのは簡単だった)
奥さんの入浴中を狙ったタイミングだ、直ぐには出てこない。
まるで俺のために肉体を清めているように思えて勃起した。

俺は奥さんの寝室に侵入すると、衣類を脱ぎ全裸になり、ベットに奥さんを
辱める為の道具を準備した。 続きを読む



そして私は目を閉じ、苦しさから目に涙をためながらどうなるのか分からず
じっとしていました。すると私の舌に包まれた男のモノから、
何かが通って出てくる感触が舌を通じて感じられたと思った瞬間、
私の喉の奥に生暖かい液体がビュビュッと勢い良く吹き出てきたのです。

喉の奥まで肉の棒を突っ込まれるだけでなく、
何かわけの分からない液体を喉に注がれた私は一瞬ものすごい力が出て、
男の体を力一杯押して口から男のモノを吐き出しました。

そそり立った男のモノはそれでも、
離れた私の顔めがけて白い液体をビュッビュッと飛ばし続け、
私の顔にベッタリと生暖かい液体をかけたのです。

私は顔に手をやりながらゴホゴホと咳き込んだのですが、 続きを読む



私の体験を告白します。

私は現在、中小企業の会社員として昼間は働いていますが、実は社長の愛人であり、
更に社長と会う日以外の夜や休日は出会い系にどっぷりはまっているのです。
こうなったのは、今から10年前に私に起こった「ある出来事」が原因でした。

私の両親は、私が小学4年生の時に離婚し、
私はに引き取られて安アパートに二人で住んでいました。

私が小さい頃から夫婦ゲンカの絶えなかった両親でしたから、
仕方ないと私は考えていて、どちらかといえば顔を合わせる度にケンカをするよりも、
早く別れた方がいいのに、とさえ思っていたので離婚については
あまり感傷的になりませんでした。
続きを読む



俺は生意気そうな女を見ると興奮する。背が高く、スリムで、美しい女であればなお良い。
先日、電車の中でオレ好みの女を見つけた。
ニュースステーションにでている上山千穂をさらに美しくした
見るからに気が強そうで、生意気な感じのする女だった。
その女は座っていたのだが、よたよたしたババアが前に立つとさりげなく席をゆずった。
立ち上がって背筋をぴんとのばし、引き締まった表情のその女には
ショートカットの柔らかそうな黒髪がよく似合っていた。
凛とした、清潔な美しさを放っていた。
ババアに席をゆずったおんなが長身
しかもとびきりの美しい女だったので車内の注目を集めた。
その女は周りの好奇な視線など全く気にせず、真直ぐに前を向いていた。 続きを読む

このページのトップヘ