レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

2017年02月

2004/04/01 16:26┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者882 名前:キャンプ場1 投稿日:03/02/09 17:44 ID:e0gVP17mこのあいだ埼玉の奥地の方に遊びに行きました。その日は某キャンプ場に泊まることになっていました。客は私以外に中学生くらいの団体が来ているだけでがらがらでした。中学生は男女半々で全部で20人くらいです。その中学生の中の一人に私は目を付けました。黒髪ショートヘアで色白のほっそりした広末風の子です。管理小屋のホワイトボードを見ると彼女達は昨日から来ていて明後日までいる予定みたいでした。続きを読む

2008/11/14 14:44┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者近所でも可愛らしく真面目で通っている裕実。私にとってはごく普通のである。は月に一度ボランティア活動に励んでいる。ボランティア活動といっても、不登校の少年宅を訪ね保護者に近況を聞くといった、お茶のみの延長のような活動であるのだが・・・。6月にはいっての日曜日、台風も過ぎ去り、もう外は 暑いぐらいの日中家事を済ませ、不登校児宅訪問の支度をしている。平凡な毎日に ちょっと気合が入る。月一回の家庭訪問の準備である。この活動を始めてから、どんな少年でも深く話せば理解しあえると確信を持ち始めた続きを読む

2008/11/14 13:03┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者父が不在の日になると、なぜかの様子が変わってしまう。は朝からそわそわとして落ち着きがなくなるのだ。化粧もいつもより入念だし、服装も、父を送り出してから再び着替える事が多くなった。父が居る時は楽そうなワンピースなどを着ているけど、着替えは、必ずといっていいくらいに、身体のラインがくっきりと目立つ服装になる。そんな日のは、朝に付けたばかりの下着すら穿き代えているらしく、顔を洗ったついでに覗く洗濯機の中には、父が出かけた後に限って、まだ洗い立てのような下着が放り込んであるのだった。父を送り出した後に、と、住み込み店員で夜学生のSさんと、小学生になっ続きを読む

2008/11/14 12:58┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者僕は両親が小さい頃に離婚して、に引き取られてからずっと二人で、子家庭として暮らしていました。はパートをしながら必死に働いて、僕を育ててくれていましたが、今度高校受験を迎える僕を塾に行かせる為に、住み込みで働けて家賃のかからない、現場作業員の寮の寮として働く事になりました。寮には十人の作業員がすんでいて、はその作業員達の食事の世話等をしていて、仕事の割には高いお給料を貰えて、はすごく喜んでいましたが、実はその高いお給料には、別の仕事の報酬が含まれていたのでした・・・。寮で働き始めて一ヶ月程たったある日、僕が塾から帰ってきて玄関に入ると、この寮に住む五十代から三十代の作業員四人が、僕との住む部屋に向かって歩いていました。続きを読む

2008/11/13 09:29┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者同じアパートに住む人妻の絵理。年は28歳くらいか。数か月前に念願だったらしい赤ちゃんを出産して、最近実家から戻って来たようだ。擦れ違う度にその赤ちゃんに手を振ると、絵理も幸せそうにほほ笑む。ただ俺の視線は赤ちゃんよりも絵理の胸元に注がれていた。母乳で育てていることを容易に類推させる張ったおっぱいの形が目について離れなかった。妄想と計画を膨らませた俺は、絵理の旦那が出勤したすぐ後に実行に移した。そう、レイプ計画を。ピンポーン、チャイムを鳴らして隣りの者である事を告げると、何の疑いもなく玄関を開けてきた。続きを読む

このページのトップヘ