レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

2017年06月

私は男の子と話すのも出来ない恥ずかしがり屋なくせに、人に体を見られたり、外でエッチな事をするのに異常な興奮を覚えます。でも自分からは絶対に言えないので、付合った男性が変態だと、本心はメチャクチャ嬉しいです!そんな私が学生の頃にアルバイトで家庭教師をしていた時のお話です。当時私は大学生でしたが、真面目に通っていた事もあり、単位も足りていたので最後の一年はほとんどアルバイトをしていました。就職活動も早めに終わったので、海外旅行へ行く為のお金を稼ぐ目的で、時給の高い家庭教師をしていました。教え子は二人いて、二人とも高校二年生の男の子でした。後々分かったのですが、二人は高校が同じで、一人の男の子は、「健児君」と言って、かっこイイ感じでは無くて、がっちりした体に坊主頭で色黒、柔道部にいる感じの男の子でした。続きを読む

は、僕の同級生レイプされた。犯った奴等の主犯格は、高木・柿崎の2人。僕は私立の男子高校普通科の2年生だが、その2人は工業機械科。工業機械科は学校の中でもガラの悪い生徒が群れなしており、僕ら普通科の生徒はかなり虐げられていた。高木と柿崎の2人は特にガラの悪い中心グループの主要格で、工業科の3年生と仲が良く1年生に慕われていた。主犯格の高木・柿崎は許せないが、もっと最悪に許せないのが、僕と同じ中学校出身で、友達だと思っていた前川。前川は中学校時代、僕の家にたまに遊びに来ては、僕のに勉強を教えてもらったりしていた。前川はいつも「美人お姉さんがいていいなぁ・・」と、僕を羨ましがり、僕をいい気分にさせてくれていた。続きを読む

俺には困った癖が有った。街中で飛び抜けて可愛い子、飛び抜けた美人を見かけると、尾行して可能なら家まで突き止める。個人的に、親元でも飛び抜けた可愛い子や、賃貸暮らしの子はリストを作っている。住所や名字から、104で下の名前まで調べられる事も有った。そうしてリストを作ると共に、何とかして知り合いになりたいなぁ、とか、セックスしたいなぁとか、妄想にふける危ない奴だった(今もだが)。しかし、ニュースで報道されるレイプ犯みたいに、押し入りレイプをする勇気も無く、いつかはレイプしてみたい!と言う思いだけは強かった。しかし、捕まるのが恐かった。リスト先の子の家には、暇を見て定期的に巡回しており、近隣住民の入居の有無は押さえてあった。続きを読む

私が大学を卒業し、ある会社の人事部に配属されて二年目に入ってすぐの話です。
私は自分の一年後輩の新人導入研修のお手伝いの仕事をしました。指導するというより、
相談に乗ったり緊張をほぐしてあげたりするのが役目でした。
メンバーは私の他には男性社員が二人。同期入社の小倉君と、入社4年目の渡辺先輩でした。
小倉君は普段から仕事の相談をしたり愚痴を聞いてもらったりする仲でしたが、
渡辺先輩とはそれまで話をしたことは無かったと思います。
でも場の雰囲気を盛り上げるのが上手で、よく気がつく面倒見の良い人で新人さんにも人気がありました。
研修の最終日には、打ち上げ替わりの新入社員による余興などがあり、人事部長など偉い方もいらっしゃって
賑やかに楽しく終了しました。
新入社員は研修センターに泊まりますが、私達はビジネスホテルに泊まっていました。
その研修の最終日、「佐々木(私)、小倉、お疲れ。俺たちも打ち上げしようぜ」と世話好きな
渡辺先輩に誘われ、先輩の部屋で飲むことになりました。
ビジネスホテルですので狭いです。ソファに私と小倉君、渡辺先輩はベッドに座っていました。
続きを読む

私が学生の頃にアルバイトで家庭教師をしていた時のお話です。
当時私は大学生でしたが、真面目に通っていた事もあり、単位も足りていたので最後の一年はほとんどアルバイトをしていました。
就職活動も早めに終わったので、海外旅行へ行く為のお金を稼ぐ目的で、時給の高い家庭教師をしていました。
教え子は二人いて、二人とも高校二年生の男の子でした。
後々分かったのですが、二人は高校が同じで、一人の男の子は、「健児君」と言って、かっこイイ感じでは無くて、がっちりした体に坊主頭で色黒、柔道部にいる感じの男の子でした。
そしてもう一人は「靖史君」と言って、こちらもイケメン風ではなくて、オタク系の男の子でした。
私は当時彼氏もいたので、新しい出合いを期待していた訳ではありませんが、出来ればかっこイイといいな!とは思っていました。
でも現実は、どちらかというと二人とも生理的に合わないかも?っていうタイプでした。
私はとにかく貯金の為にハードスケジュールで頑張っていました!
続きを読む

このページのトップヘ