レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

2018年11月

つい最近の話です。私と彼とで日帰り観光ツアーに行く計画を立てていました。私は行が好きなので大変楽しみにしていたのですが、当日になり彼の体調が悪くなっていけなくなってしまったんです。私もやめようとは思いましたが行は行きたかったし彼も『いってきなよ』って言ってくれたので、当日キャンセルは代金の返還もないので行く事にしました。バスまで行くとイメージしていたバスよりも小さくて、ツアーの人も8人ほどでした。午前中に何箇所か回り昼食を食べた後、午後は温泉にいく予定だったのですが、お昼を食べた後に私は疲れからか、ちょっとぐったりしてしまい、1箇所回らないでバスで休ませてもらう事にしました。バスから外の続きを読む

「感じてるの?良いよ、イっても!」(だ、誰が、あんたなんかに・・・イヤァ、イヤァ、イヤァァァァァ) 香奈子の決意も空しく、香奈子は思いっきり仰け反り、ビクビク痙攣を始め、果てた・・・ 息子の前で、ビデオカメラの前で、毛嫌いしている男達の前で、香奈子は果てた・・・ 「じゃあ、さっきの約束守って貰おうか!テーブルに両手を付いて、カメラ目線で尻を振りながら、ナスよりあなたのオチンチンを私のおまんこに下さいってね」 香奈子の耳元で優しく小声で呟く出歯亀、香奈子は深い溜息を付く、(もう・・・言う通りにするしかないの?もう・・・)「せめて、せ-----めて、避妊して下さい!」「ダァァメ!」 香奈子の願い続きを読む

新古書店で夢中でセドリしてる最中に全く知らない女から、「本売ろうとして来たんですけど身分証ないから引き取ってくれなくて・・・かわりに売ってもらえませんか?」と声かけられた。その一瞬でおれは、頭の中でその後のシナリオをたてた。「いいけど、君のすぐあとにおれが同じ物持って行ったら店員に怪しまれるかもだから別の店行こう」と、俺はひとまず彼女を店の外に連れ出した。エスカレーターで店外に降りる際舐めるように彼女の体をチェックしつつ。身分証ない、ってのは嘘で盗品か?ずいぶん若いよなあでも平日の昼間だし学生では-----ないよな。この店はセドリによく使ってるからまずいな。それにしても良い体つきだ。ぐへへ・続きを読む

その女子大生家庭教師をしていた。彼女が教える生徒は、中学一年生の少年だった。小柄で内気そうな教え子の少年は、学生">小学生の頃からイジメられっ子だった。週に2日ほど教えに来ていた娘は、少年の顔に殴られたアザを見るたび心を痛めた。「どうしたの?大丈夫なの?」 娘はいつも少年を気づかい優しく話しかけた。「ひどいことするのね。」 一人っ子の彼女は少年を弟のように感じていた。今年の春、彼女は大学2年生になっていた。1年生の間に取るべき単位は全て取得した。部活やサークルから幾度も勧誘されていたが、そのたび彼女は丁寧に断-----り続けてきた。 厳格な両親が許さなかったせいもあるが、娘もあまり興味を示さなかっ続きを読む

前職を私のわがままで辞職し、生活資金の為、アルバイトをしていた居酒屋での事。そこの従業員は以下の通り。1)恰幅のいい、料理長である40歳代中盤のオーナー。2)小柄だが、ガッチリした体型の、30歳代前半の副料理長。3)結構な年齢で調理師の資格をとった50歳代前半の調理師の原野さん。4)ハゲを1:9の髪型で姑息に隠す、ホール担当40歳代後半今井さん。以上が、社員のメンバー。5)23歳の就職浪人の高野君(男)6)その日暮でフラフラしていた私。以上が男のバイトのメンバー。7)女子高生で真面目-----な感じの可愛い美香ちゃん16歳。8)女子高生で、何かエロっぽい、綺麗系の麻衣ちゃん16歳。9)女子高続きを読む

このページのトップヘ