レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

カテゴリ: レイプ・痴漢

私、優太は36歳のごくありきたりな会社員で営業をしています。妻、愛美は今年で30歳です。友人の紹介で出会い、結婚してまだ半年の新婚です。先月、出張の日程が短縮になり、一日早く帰れることになりました。たった一日ですし急な変更だったので、特に妻に連絡せずに帰宅しました。家に着いたのは夜の7時くらいでした。
家は真っ暗で人気がありませんでしたので、もしかしたら妻は出掛けているのかな?と思ったのですが、玄関の鍵は開いていました。
「ただいま」と呼び掛けても返事は無し、おかしいなと思った時、二階から物音がしたので上がっていったのです。ですが様子が変なのです。ドタバタする音が響き、一段続きを読む

「あぁっ、ぁんっ、ぁぁあぁぁあっ」「マジでカワイイな、オマエ。反応もイイしよ。今年の新入生めてのアタリだぜ」「はぁっ、ぁあぁんっ、ぁはぁぁあっ」
――ナンダ、コレハ。酩酊した脳が、突然の状況に明確な答えを弾き出せない。
まるで電池の切れかけた電卓の様に、バラバラの思考が脳内に浮かんでは消える。
聞こえて来る声。
その持ち主は間違える筈もない、僕の彼女。
今時の学生にしては珍しい黒髪ロングの僕の彼女。
一緒の大学を目指して頑張って合格した僕の彼女。
今日も新歓コンパに一緒に参加した、僕の彼女。
周りの友人からも羨ましがられる清純派の――そうだ、僕の彼女だ。
「あーヤベ、きも続きを読む

「あぁっ、ぁんっ、ぁぁあぁぁあっ」
「マジでカワイイな、オマエ。反応もイイしよ。今年の新入生めてのアタリだぜ」
「はぁっ、ぁあぁんっ、ぁはぁぁあっ」
――ナンダ、コレハ。
酩酊した脳が、突然の状況に明確な答えを弾き出せない。まるで電池の切れかけた電卓の様に、バラバラの思考が脳内に浮かんでは消える

聞こえて来る声。その持ち主は間違える筈もない、僕の彼女。今時の学生にしては珍しい黒髪ロングの、僕の彼女。一緒の大学を目指して
頑張って合格した、僕の彼女。今日も新歓コンパに一緒に参加した、僕の彼女。
周りの友人からも羨ましがられる清純派の――そうだ、僕の彼女だ。
「あーヤベ、続きを読む

相手は妻なんですが、日頃のSEXについて語っていきます。
スペック
おれ 33歳
妻 26歳
  M
  レイプ願望あり
  165cm 56kg

夜子供を寝かしつけたあと、割と普通に始まります。
おれ「ねえねえ、今日どう?」
妻「えぇ…眠いんだけどなぁ…」
おれ「まあまあ、いいじゃん明日休みだし♪」
妻(仕方ないといった表情でベッドへ移動)

キスから始まる至ってノーマルなSEXですが、
妻はクリトリスがかなり感じるらしく、ゆっくりパンツを横へずらし
指をしゃぶらせ液をたっぷり塗らせてか続きを読む

私は26歳のOLです。

数年前までは、お天気さん">おさんの三浦奈保子ちゃんに、最近は料理研究家の森崎友紀先生に似てると言われます。

ちょっと意識してるかも。

お二人同様に胸も大きく、89cmのFカップあります。

ジムにも通っており、スタイルには今でも自信があります。

見た目は、森崎先生のようにSに見られますが、実際は三浦奈保子ちゃんのような大人しい娘・・・はっきり言ってドM女なんです。

ある日、高校からの友達と飲みに行ったその帰り。

なんとか終電に乗って、友達が一つ手前の駅で降りて私一人になり、続きを読む

このページのトップヘ