レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

カテゴリ: 性的虐待体験

私は小さい頃水泳が苦手で夏休みに入ってから昼から夕方まで補習を受けていました。
友達や、私と通学路が同じ子のほとんどは泳げてたので、帰宅は一人でした。
ある日、両親が旅行抽選か何かで当たったらしく、私はいきたくないと言ったのでに出ていて、学校の帰りに食べ物を買って帰ろうとしました。
ちょっと人通りが少ないけど、近道できる道を通っていたら、後ろから知らないクルマが走って停車しました。
珍しいなと見てたら、中から一人の男が出てきたんです。
そして私に「どうしたの」「一人」と尋ねてきました。
疑い事を知らなかった私は、「一人だよ」「水泳の帰り」「家には誰もいないの続きを読む

私は現在私立女子高で現国を教えている才になる女教師です。
小の時、近所の高校生五人のレイプされました。
夏休みの夕方、塾からの帰り道でした。
塾から家までの道に、一部土手の道があり、ひとりそこを歩いて
いました。
川には大きな橋が掛けられていて家に帰るにはその橋を渡らなけ
ればなりません。
続きを読む

私がまだ小学年生の頃、と電車で新宿まで買い物に行った時でした。
その帰りの車内はすっごく混んでいて、私はの手を握っているのが精一杯でした。
何番目かの駅でさらに人が乗って来て私は手を放してしまい、急いで混雑の中を探しました。
やっとを見つけると様子が変。
周りは気付かなかったけど、背の低い私にはの異変が判りました。
は見知らぬ男に痴漢をされていたのです。
男はのスカートを大胆にあげ、パンスト越しにおを撫でていました。
続きを読む

 義父に性的虐待を受け続けています。が幼い私を連れ、義父と再婚したのが
私が未だ歳の時でした。経済的な理由から、私の将来を考えは再婚を決意
したようでしたが、結果は悲惨なものでした。元々義父は亡くなった父の知り合い
で以前から用も無いのに家を訪れてはを悪戯して泣かしていた、そんな人なんで
すが、父は仕事の上で大変お世話になっていた為に見て見ぬ振りで我慢していたん
です。小学年生になった春、長年の心労からが亡くなり、の日記を見て子供
ながらに全てを理解できました。
続きを読む

思い出すと胸が熱くなる小一学期終業式の日でした。
担任から音楽室の掃除を手伝ってと言われたの。断る理由もないし先生が好きだったから
しました。
終業式が終わって友達から遊びに行こうって誘われたけど何とか理由を考えて断ったの。
私は先生が待つ階隅っこの音楽室へダッシュ。先生は待ちわびていたみたいだった。
掃除を終えて外を見渡したら綺麗な夕焼け。道具を片付けてたら後ろから抱きしめられたの

続きを読む

このページのトップヘ