レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

カテゴリ: 性的虐待体験

体育でさかあがりができず放課後残された時の話です。
補習が終わり片付けで倉庫にハイってたらがちゃんと鍵が閉まる音がして
ふりむくと先生がいて山脇お前さかあがりできないと卒業できないんだぞと言ってきました。
嫌かと聞かれ嫌と答えたら先生のいうことなんでも聞けば卒業させてやると言われ私は頷いてしまいました。
先生はよし、山脇裸になれと言いました。
私はとまどっていると先生は早くしろと言いながら私のブルマとパンツを一気に降ろしました。
私はきゃっと言い座り込みました。先生は私を押し倒しブルマとパンツを足から脱がせ、私の足を広げました。
続きを読む

中学二年の時の話だけど、私は水泳があまり得意じゃなかったんす。
そしてその日も普通に水泳の授業が終わって、制服着替えました。
そして次の国語の時間や音楽の時間が終わり、
今日も学校終わりかぁと思っていたら、水泳教えてくれてる先生がいきなり私たちの教室に来て、私を含め、あと男子6人くらいの名前をつげた。
女の子は私一人だったし、私の頭の中はハテナマークでしたが先生の次の言葉でわかりました。
お前達はいつも泳ぎがなってないから今から補修だっと言ったんです。
確かに名前呼ばれたメンバーは泳ぎが苦手な人ばっかでした。
続きを読む

私が小学校の一年生の時の思い出です
今は短大の19歳になりました、今になって思い出すと腹が立ってきます
不倫の相手と会う時は必ず私を連れて行きました
おじさんの家に行くと何時もテレビゲームで遊んでると、隣の部屋からお
さんの変な声が聞こえてきました
お母さんとおじさんに、隣の部屋は覗くなと言われていたのでゲームをして
ました ある日 お母さんの声があまり大きく変に聞こえるので襖を少し開
続きを読む

小学四年生の時の出来事を書きます。
ちょっと話がさかのぼるけど、私は小二くらいから、露出癖があったみたいで、普段着はミニスカートや薄手のシャツやタンクトップみたいな格好を好んでました。
下校途中、一人になると自らスカートに手を入れパンツを限界まで食い込ませたり、時には脱いでノーパンで歩いたりしてました。
誰もいない公園に寄り道したりして、ドーム状の遊具の上をノーパンで歩いて下から吹くスースーする風邪を股間で感じてたりしてました。
ちょっとヤバかったのが、工事の警備員さんが休憩してるのに気付かずアスレチックの丸太のつり橋をスカートを股上まで詰め歩いてるのを見られた時です。続きを読む

幼少じゃ無くて、つい最近なんだけど、私の家の近くに建設現場があって、そこの警備員さんにエッチされました。
一年くらい毎日いるからお話したりして仲良かったんだけど、たまに私の体、特に夏なんか薄着だから、シャツに透けた胸とか目で見たりしてたから友達連れてからかったりして遊んでました。
警備員さんが立ってる反対側の駐車場の壁に昇ってでパンツ見せて反応見て楽しんだり…。
で、私たちは日頃から近所のスーパー銭に行くから、その話を警備員さんに話して顔がデレデレするのを見たり、本当にからかっていました。
そしたら、『おじさんも行きたいなぁ、スーパー銭』と言うので『坂下にあるよ』と続きを読む

このページのトップヘ