レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

カテゴリ: 職権乱用体験告白

僕はある資格を持って不動産の鑑定事務所をやっている。不動産屋さんから
の依頼で土地とか建物の鑑定をすることが主。たまに保険会社から保険金支
払いの査定なんかを受けることもある。先日は地方のひなびた民宿を査定に
わざわざ時間かけて行った。雪深いとこで雪の重みで屋根が傾いたんだと
か言う。見ようによっちゃそうも見える。保険の適用は難しい旨伝えると屋
根に上ってよく見ろとのこと。旦那が買出しででかけていて歳の体格の
いい奥さんが案内した。天窓にはしごをかけて奥さんの後を上った。スパッ
続きを読む

まずは彼女をうつ伏せになって頂きました。
部屋を見渡すと…大きなカバン、ドライヤー、携帯、ノート、スミには先ほどまで着用していたであろうクリーム色のスーツ。
研修疲れでぐったりしているようです。先ほど見た感じでは彼女の胸は意外とありそうで全体に丸みのある感じでした。
 『お疲れの所はございますか』『首と…ふくらはぎを…』
このふくらはぎを女性側から言って頂けると、のちほどのオイルマッサージをしやすくなり、私は頭の中でしめた、と思った瞬間です。
さらに彼女の安心をよそう為に…昨日も同じ階でマッサージをさせて頂いたんですよとういような話をしました。、『研修たいへんです続きを読む


歳の初めて逢う女性が今私の前で全裸で仰向けになっております。
彼女の閉じた足側に回り ゆっくりと彼女の足を開き 私はその間に入りま
す。彼女の足を大きく広げ 私は丁度膝の位置辺りでしょうか、そして開い
た片方の右足を取り さらに膝を曲げ外側に倒します。彼女は恥ずかしさに
少しだけ力を加えますが 諦め私の言うとおり全裸を開きさらに右足は
くの字に曲げられ、彼女の中心部は丸見えです。生えそろったその部分が下
続きを読む

楓のはじめての撮影は順調には運びません。
緊張で顔表情が作れない楓。
この日はポーズの衣裳で一旦撮影は終わりになりました。
メークルームで落ち込む楓。
わたしは楓に『落ち込んでないで、シャワー浴びてサッパリしなさい。
着てるものは、この袋に入れてね』と袋とバスローブやタオルをわたします。
楓のシャワーが終わり、一旦楓を部屋から出します。
続きを読む

俺はある店で警備員の仕事をしているあるとき一人の綺麗な女性がいた
年は24歳ぐらいだと思うなんかそわそわして落ち着かない様子だったので
しばらく様子を見ていたらなんと万引きをしたところ目撃してしまった
俺は声をかけたがその女は急いで走り去ってしまい取り逃がしてしまった
女に逃げられるなんて落ち込んでいると手帳が落ちているではないか考えて
見たがその女が落としたとしか考えられない
中を見ると名前や勤め先がわかるでなないか某携帯に勤めていることがわかった
続きを読む

このページのトップヘ