レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

カテゴリ: レイプ/犯された私

私の名前は奈津子、42才の主婦です。
きっかけや理由はどうであれ、娘の恋人を奪ってしまった酷い母親です。
10才年上の主人は関西に単身赴任中で、今は20才の一人娘と東京近郊にある海の近くの町に住んでいます。
娘の名前は真奈美。
都内にある女子大の2年生で、村上君と言う同じ高校を卒業した22才の彼氏が居ました。
外見だけで言えば、とても爽やかな感じの一流大学に通っている男の子で、正直に言えば、もしも私が若くて独身だったらこんな彼氏が欲しいと思うような子です。
真奈美には知られていませんが、今年の4月、私は真奈美の留守中に訪ねてきた村上君に犯されてしまい、それ以来泥沼のような不倫関係から抜け出せなくなっています。
その日の朝、真奈美はサークルの春合宿に3泊4日の予定で出かけて行きました。
掃除と洗濯を済ませて、ありあわせの昼食をとった後だったので、ちょうどお昼の1時を過ぎた頃に村上君は訪ねてきました。
私が不審に思ったのは、村上君は真奈美の彼氏なんだからこの日から合宿で居ないことくらい知っているはず、それなのに家に来たことです。
私は玄関先でそのことを聞いてみましたが、「合宿があることは聞いていたけど、就職のことなどで忙しかったからすっかり忘れていた」と言いました。
村上君は普段からとても律儀で真面目な子だったので、私もうっかり信じてしまいました。
そして、「せっかく来たのだからお茶でも」と言って、私一人しかいない家の中に招き入れてしまったんです。
村上君を居間のソファーに案内し、私がお茶の支度をしている時に悪夢は始まりました。
私は村上君に背を向けてお茶やお菓子を用意していたので、彼が背後から近付いて来ていた事に全く気付きませんでした。
ティーカップとお皿をお盆の上に置いた瞬間、村上君に後から羽交い絞めにされたんです。
私はパニックになり何が起こったのかしばらくの間理解できませんでした。
そしてそれに気付いた時、私は居間の隣にある和室に置いてあった干してベランダから取り込んだばかりの布団の上で村上君に組み敷かれていました。
続きを読む

38歳、結婚9年目の主婦です。
去年の秋に夫が突然の転勤で仙台に転勤になりました。
子供もまだなので一緒に行こうとも思ったのですが新居を建てたばかりなのと、転勤といっても1年間の研修みたいなものだから
ということで夫は単身赴任することになりました。
私たちは自分で言うのも何ですが仲が良く、旅立つときにはお互い本当につらくて泣いてしまったくらいです。
やさしい夫は、なるべくたくさん帰るからということで、最初のうちは頻繁に帰っていたのですが、やっぱり無理があったようでひと月半ほどで過労でダウンしてしまいました。
そんなことがあってから私も責任を感じて
「私の方は大丈夫だから、気を遣わなくていいよ。」
と帰ることを断るようになりました。
しかし、愛し合っていた二人が何週間も会えなくなると、時間をなんともどかしく感じるものか。
最初の頃は学生の頃から好きだった英会話やパソコンにのめり込んで気を紛らわせていましたが、一人の時間をもてあますようになりました。
特に夜。

続きを読む

仕事場の忘年会(温泉に泊まり)がありました。 
元々女の方が多い職場だったので、油断していたのもあるのですが、温泉に 
入って浴衣に着替えると、すっかりリラックスしてしまって、宴会の席で少し飲 
みすぎてしまいました。

ホロ酔いになって、トイレに行こうと立ち上がると、少しフラッとして倒れてしまい 
ました。同僚の女の子達もみんな結構ベロベロで、たまたま傍にいた先輩(男) 
が心配して、トイレ(入り口)までついて来てくれました。

「もしかして襲われちゃうかも」とドキドキしていた私は、拍子抜けしたままトイレ 
で用を足して出ると、まだその先輩が前で待っていました。 
そして、その先輩は「ちょっと飲みすぎたみたいだから少し休むと良いよ」 
と言って、私の部屋まで連れて行ってくれました。

部屋に入って、布団に横になると、なぜかその先輩も同じ布団に・・・ 
内心、「よっしゃ~~」と思いながらも、 
「ダメ・・・」と軽く拒みましたが、当然そのまま布団に・・・。

でも、先輩はそのまま何もせず寝てしまったので、私は少し拍子抜けした気分 
になりながら、私も寝てしまいました。 
しばらくして、私はなんか違和感があって目を覚ましました。 
そう大きくも無い胸を先輩に揉まれてました。

続きを読む

私は、45歳の主婦です。
同い年の主人とは20歳で結婚し、長女を産んだのが22歳。
けっして裕福な家庭ではありませんが、私も長年に渡り
契約社員として地元のメーカーで事務として働き、それ
なりに安定した家庭を築いてきました。
主人と共働きで育てた2人の子ども達も、すでに成人し、
最近では少しだけ生活にも余裕が出始めていました。
続きを読む

夫が帰って3日目の事です。 
 息『今日友人達と映画見に行くよ』 
 夫『何見るんだ?』 
 息『SF物だけど・・・』 
 夫『俺も行こうかなぁ?どうだお前も一緒に』 
 私『私も・・・』 
 夫『いいじゃないか?折角帰って来て、家でゴロゴロしているのも何だし・・・』 
 息『いいよ!一緒に行こうよ。ねぇお母さんも行くでしょ』 
息子が私の後ろに立ちお尻を撫でながら”行くよね”と囁いて来たんです・ 
 私『そうね。じゃ・・・』 
 息『友達も喜ぶかなぁ・・・お母さん人気あるから・・・』 
夫がトイレに行くと息子が 
 息『母さん、下着付けちゃダメだよ。短いスカートにしてよ・・・』 
 私『お父さんにバレちゃうわ・・・』 
 息『見られないように頑張ってよ・・・』 
ニヤケる息子が私のマンコに指を指し込み”こんなに濡らして・・・期待してるんでしょ” 
何も答える事も出来ないまま、私は息子の望む服装に着替えたんです。 
2階から降りて来る時も夫に見られない様に気を使い、リビングへ向かうと 
 夫『おっ・・・高校生とデートでもする気なのか?若々しいね』 
 私『まぁ、ちょっと気合入れちゃった・・・』 
 夫『似合ってるよ・・・高校生に好かれるのも分かる気がするよ』 
 私『もう・・・あなたったら』 
映画館に着くと、息子の友達5人が待っていました。 

続きを読む

このページのトップヘ