レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:いたずら



世の中には色々な性癖、願望を持っている女性がいる。。
名前はあゆみ(仮名)といい、あるチャットサイトで知り合った女性だ。。
まだ短大生で男性経験もそれほど多くはない。。
見た目は大人しい感じでミニスカートの良く似合う可愛らしいコ。。
髪は長めなので見た感じは清楚お嬢様といった印象だ。
ただ、それはあくまでも見た目の印象。。
見た目からは想像できない性癖をこのコは持っていた。。
チャットの会話でこんなやり取りがあった。。
「あゆみはどんなプレイが希望なのかな?願望とかあるのなら引いたりしないから話してごらん?」「絶対引くよ、絶対にね。」「そんなことはないよ、それに色んな性癖の女性を知ってるからオレが驚くことはないしね」「本当?」「ああ、本当さ。。だから話してごらん?」「えっとぉ…なんて言ったらいいか分からないけど」「うん。。」「外で…野外プレイっていうのかな、いやらしいことして欲しい」「野外プレイ?」「うん、外で恥ずかしいことや変態なことして欲しいの…」「例えばどんなこと?」「えっと…パンツ履かせなかったり、公園でいやらしいことしたり、痴漢レイプっぽくされたいの」「可愛い願望だね」「可愛いくないよぉ」「素直にそういうことが話せるってことはとっても大切だし、そういうコは可愛いと思うよ」「そかなぁ」「うん、あゆみは可愛いよ」「ありがと」多少うろ覚えではあるが概ねこんな感じ。。続きを読む



ある日、家の坂道を降りながら、おばさんの家の前を通りかかると、偶然おばさん出て来た。
「カズ君!今から何処行くの?」久し振りに話しかけられて焦った俺は「ん~ちょっと」と答えた。
何度、このおばさんのマンコを思い出し抜いた事か分からない俺は、やはりおばさんの体を舐める様に見てしまっていた。
長いロングスカートの中が気になって仕方ない。
心臓がドキドキして破裂しそうになりながら、おばさんを目で追っていました。
「どうしたの?」「ん~ちょっと・・・」「カズ君も大きくなったわよね。昔はこんなに小さかったのに」おばさんが近くに寄って来て、俺の隣に立ち背比べをしていた。
凄く良い匂いがして、益々心臓がバクバクする中、俺は頭が真っ白になっておばさんのスカートを捲り上げた。続きを読む



俺は婿養子の37歳。
は33歳で、の両親(義父58歳/義母54歳)と子供13歳と暮らしています。
義母は中々の美人で、熟女の色気が溜まりません。
色白肌に、ムチムチの体系!凄く真面目で、世間体を気にするA型。
と結婚し、ずっといいなぁと思っていた俺は、いつか義母を・・・何て考えていた。
義父もサラリーマンで、現役バリバリの会社役員!出張も多く、帰りはいつも遅い。
は中小企業で経理担当をしている。
月末や決算時は、忙しいらしく深夜に帰宅する事も多い。
その日は父もも帰宅が遅く、義母と子供達で夕食を済ませ、コタツに入って寛いでいた。
子供達は、やがて2階の部屋に戻り義母と2人でTVを見ていました。続きを読む

名無しさん(20代)からの投稿?-私はあるライブチャットのサイトで、チャットレディをしています。
最初はお金が必要だったので始めた事だったのですが、最近は…元々かなりエッチだった事も関係していると思うのですが、チャットでリードの上手い人に、本気で何度も逝かされてしまうんです。
リアルでは地味で、実際彼氏がいたのは、1回きりでほとんどエッチもした事はないんですが…。
その彼は蛋白な方で、私はエッチな自分を出したら引かれると思って、あまり気持ちいいエッチはなく、逝ったふりをしたりするくらいでした。
ですが、エッチな事には本当に人一倍興味があって…。
物心ついた頃には、机にアソコを擦り付けて角オナをしていたり、中学生では、親の本棚から官能小説を見つけてコッソリ読んではオナニーしたりしていました。続きを読む



俺らの地方では中1の春に野外学習(キャンプ)があった。
野外学習では当然男女別のバンガローに泊まる事になるが、先生の見回りが甘くなるとやはり別の部屋に移動する者も居た。
俺たちもそれだった。
しかし俺たちが夜落ち合う約束をしていた女友達の部屋には明日香が居た。
明日香とは典型的な点数稼ぎでチクリ魔、顔は学年で5本の指に入る程高レベルだが、前述の理由から男子にも女子にもあまり好かれては居ない女子だ。
俺や仲のよかった友達はあまりまじめな方ではなかったのでよく明日香に目をつけられ、明日香の点数アップのための肥やしにさせらていたため、超危険人物だった。
友達とメールで相談して、明日香が寝静まったところで女友達2人が俺らの部屋に来る事に。続きを読む

このページのトップヘ