レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:おっぱい

相手はなんですが、日頃のSEXについて語っていきます。
スペック
おれ 33歳
 26歳
  M
  レイプ願望あり
  165cm 56kg

夜子供を寝かしつけたあと、割と普通に始まります。
おれ「ねえねえ、今日どう?」
「えぇ…眠いんだけどなぁ…」
おれ「まあまあ、いいじゃん明日休みだし♪」
(仕方ないといった表情でベッドへ移動)

キスから始まる至ってノーマルなSEXですが、


続きを読む

先週末にお持ち帰りしました。
9月から入って来た新人(まきちゃんとする)を一人受け持つ事になって教えてるんだけど、
覚えは悪くないが鈍くさい初めて女の子を指導する事になったから、
女の子はこんなもんかと思いながらやってたんだけど他の女の子を受け持つやつに聞くと、
どうやら人一倍どんくさいみたい金曜日も仕事が終わりきらなくて、残業だったんだけど、
最後は俺とまきちゃん二人になって連休は実家に戻る予定だったから早く帰りたくて、少しきつく当たったんだ











「すいません、迷惑掛けて」と何度も謝ってくるまきちゃん俺反省、
仕事終わったらご飯でもおごってご機嫌を伺おうと考えた
「これ終わったら飯ご馳走するから、パパパッと終わらせよう!」と俺よく考えたら予定有るかも知れないけど、

続きを読む

私が短大生だったときの話を書きます。 1年生の夏休み近づいたころです。
私はレポートの資料集めに、短大の図書館に行っていました。











短大の図書館には地下2階、地上10階の書庫があって、私はその8階にいま
した。いろいろと書棚の本を探していると、Y先生が入ってきました。
Y先生は、30代後半で、色黒で、ちょっとかっこいい先生でレポートの課題も、
この先生が出したものでした。

「おー早速資料集め?えらいなー」 みたいなことを言いつつ、先生が私の後ろ
に立ちました。 私の体に、先生の体がくっつくくらい近くに先生は立って、私の
開いている本を覗き込みました。
「どんな本を探してるの?」という先生の口は私の耳元で、先生の息が耳にか

続きを読む

2013/02/25 (Mon)

が犯されるのを見てしまった」を書き込んだ者です。

あれから、仕事中などにも頭から離れず、考えを巡らせた結果、やはり大矢さんに話をつけた方がいいと考えました。
しかし問い詰めるにも証拠が無いことが気掛かりで、やはり映像なり音なりで現場が残っていないとこちらからも強く出られないのではないかというのが結論でした。

私自身、を信じていますから一度の過ちでを傷つけたくはないですし、本当には男を受け入れるようなことをするのかもう一度確かめたい気持ちもありました。
もしも万が一、もう一度があの男と関係することがあるとするなら、その現場を押さえられない方が問題だと思いました。

そのため私は賭けにでることにし、作戦を立てました。
その作戦とは家に大矢さんを招き、二人にしてしまうというものでした。

確かにリスクはあります。
しかしもしもがあの男と関係を持つ気なら、いずれ私の知らないところで遅かれ早かれ持ってしまうわけで、証拠を押さえるためにも、また、を信じてはっきりさせたいという思いもありました。

私はに、品物を頂いたお礼に大矢さん夫を招いて夕食を食べることを提案しました。おそらく結婚以来はじめてのこういった提案には明らかに動揺していましたが私はそのまま話を決め、もちろん奥さんではなくあの男の方に連絡しました。

続きを読む

「どうしたんだよ」
さすがに別れた女とはいえ女の涙には弱かった。

「違うの・・・」英子は泣きながらそうつぶやいた。
「何が違うんだよ」俺には全く理解できなかった。
英子が山本といないということが分かると少しホッとしたようななんともいえない
妙な気分だった。
「私たち・・・違うの・・・」
「私たちって、英子と誰のことだよ?」

「グスン、私と・・・」
英子は途切れ途切れにぼそぼそと話していた。

「私と秀樹のことなの・・・」
「えっ?」
いよいよ俺は理解できなくなった。
「何言ってんだよ!俺、頭おかしくなったのかな?」
俺は本当に混乱してきていた。

「何言ってんだか訳わかんねぇよ!」
「それに、なんでないてんだよ」続きを読む

このページのトップヘ