レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:おばさん



 私は結婚して2年になります。28歳です。
 夫は32歳。会社員です。昔風に言うと『慶応ボーイ』。育ちの良い人です。
 お見合いで結婚しました。子供はまだいません。

 私自身は結婚前に2人ほどお付き合いがありまして、SEXもそれなりに経験してはいたのですが、実は正直あまり好きではありませんでした。
 相手が求めるから、仕方なくといった感じです。もちろん快感は感じていましたが、それほど燃えるようなものでも、とろけるようなものでもありませんでした。
 それは主人と結婚してからも換わりはありませんでした。

 結婚後も勤めは辞めず、専業主婦にはなりませんでした。
 それなりに自分の収入があった方が好きな事もできるからです。続きを読む



夫が帰って3日目の事です。
 息『今日友人達と映画見に行くよ』
 夫『何見るんだ?』
 息『SF物だけど・・・』
 夫『俺も行こうかなぁ?どうだお前も一緒に』
 私『私も・・・』
 夫『いいじゃないか?折角帰って来て、家でゴロゴロしているのも何だし・・・』
 息『いいよ!一緒に行こうよ。ねぇお母さんも行くでしょ』
息子が私の後ろに立ちお尻を撫でながら”行くよね”と囁いて来たんです・
 私『そうね。じゃ・・・』
 息『友達も喜ぶかなぁ・・・お母さん人気あるから・・・』
夫がトイレに行くと息子が
 息『さん、下着付けちゃダメだよ。短いスカートにしてよ・・・』
 私『お父さんにバレちゃうわ・・・』
続きを読む



息子が高校受験した年、夫が海外転勤となりました。
中学の時は、野球一筋で高校でも続けるんだと思っていました。
それが第一希望の高校に落ちてしまい、私立の高校へ進学する事になったんですが、
ちょっと悪い噂も聞こえる高校で、心配していたんです。
高校に入って直ぐに息子の口から吐き出されたのが”野球はしない”だったんです。

息子は高校生になると凄く雰囲気も変わり、大人に成長したと言うよりは悪い連中の香りが
したと言った方が良いかも知れません。
そんな時、友人数人が我が家に遊びに来たんですが、髪は茶髪で柄の悪い連中ばかり
しかも部屋でタバコを吸っていました。
夫に電話で相談するも”まぁ高校生になると意気がる時もある”と楽観的な考えで、タバコは
続きを読む

彼女とのデートで食事をし、ホテルで一発やって、
明日はバイト早いからってその日はそれで別れた。

何時頃だったろ?終電間際に自分が住むJRの新大久保駅について
家に帰るために新大久保駅のそばを歩いていたら、
三十路半ばのおばさんが妙に愛想を振りまきながら笑顔で近寄ってきて
僕の手を取るとある方向に引っ張って行こうとするんです。

僕は積極的なたちんぼだなぁ~と思いながら

「金が無いから今日は付き合えないよ!」

と言うとそのおばさん

「別にお金は要らないわよ。
あんた、ちょっといい感じだから付き合ってよ。」

逆ナンパ?って思ったけどあまりにも手馴れて強引。
さすがの俺も何やら危険な香りがするので警戒する。続きを読む

42才の主婦です。20才の一人娘の婿は21才、3人兄弟の末子で幼い頃母親を亡くし、結婚が決まった時は我が家に同居する事をとても喜んでくれて、私のことを実ののように接してくれていました。それは7月の中旬のことでした。婿殿は夏休みで、朝から二人きりになりました。
結婚出産が早く、趣味のテニスを続けていることもあってスタイルには自信があり、娘と並んで買い物に出かけると若い子達に声を掛けられることも何度かありました。
 私は、暑いのでショートパンツノーブラでTシャツを着て洗濯物を干していました。
洗濯ネットの中では私のパンテイーと婿のトランクスがからみあっていて、思わず苦笑してしまいました。

物干し竿に洗濯物をかけていると自分でも乳首が立ち、心なしか透けているのに気付きましたが気にも留めずいる続きを読む

このページのトップヘ