レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:おもちゃ





輪姦ではないのですが、それに近い経験はあります。
昭六の時に仲の良かった男の子たち4人と輪姦もどきなことをしてました。
きっかけは4人のうち一人の家で遊んでいたときに突然「おっぱいみたい」と言われたことでした。

私はそれまであまり異性であることを意識してなかったので結構驚いたのですが、4人は違ったようで前々から話し合っていたかは分かりませんが結束して嘆願してきました。
「無いよ。」と答えたのですが彼らはそれでもと頼んでくるので「まあいいか」と思って見せてあげました。



4人して「おおー。」とか「ありがとう。」と言ってまじまじと少ししかないおっぱいをみてました。

満足したかなあとか思ってると彼らのうちの一人が触ってきて、他の3人もそれに続きました。続きを読む

ゴールデンウィーク初日の午前9:30。
好天に恵まれた大型連休初日の強い陽射しが徹夜明けの私に容赦無く降り注いでいました。
前夜のテレクラのオールナイトコースが空振りに終わり、パチンコタワー開店まで空いたドトールで朝食&暇つぶしを決め込むつもりだった私は、まだ人気もまばらな渋谷・道玄坂を上っていました。
ふと道路の反対側に目をやると、一人の女の子が目にとまりました。
年齢は二十歳前後、赤い服に全身を包み、素足に真っ赤なミュールを履いたその娘は、
人気の少ない朝の道玄坂で一際目を惹く存在でした。
全身赤の装いもさることながら、その露出振りが見事なのです。
全身にぴたりと張り付いているその服は、衿ぐりが極度に広く、両方の肩と肩甲骨が丸出しになっていました。続きを読む


これからお話する事はすべて実話です。

ここにいる皆さんが同じような経験をされているみたいなので、私もお話します。

私とは結婚してもう4年目を迎えました。

私26歳、25歳。

娘も生まれ今とても幸せな毎日を送っています。

そんな幸せな家庭でも、我々夫婦間には決して触れてはならない過去があるのです。

それは私達が出会った頃の話。

今でも鮮明に覚えている、あの忌々しい事件の事をお話したいと思います。

始めに手前味噌で申し訳ありませんが、は私にはつりあわない程の美形です。

スタイルもよく、皆から羨ましがられる自慢のです。

「一つ屋根の下2」に出演していた、あの意地悪役の女優、伊藤裕子?でしたっけ?によく似ています。続きを読む

28歳の人妻です。 主人の上司挿入され、その動画まで撮られてしまいました。
先日、主人の長期出張中に、突然、上司の児島さんが自宅へ来ました。 急ぎの書類を取りに来たとのこと。主人の留守中に部屋に入れるのは…と思い『どこにあるのかを主人に電話で確認します』と言うと、もう連絡済みで、場所も聞いた、と。
とにかく急いでいるとのことでしたし、児島さんとは数回お会いしたこともあるので ためらいながらも主人の書斎へ案内してしまいました。
しばらくは書類を探しているフリをしていましたが、 児島さんは私の身体をいやらしい目つきでジロジロ見つめ、こう言いました…。

奥さん、今日も綺麗ですね。
でも清楚に見えて、実はすごいんでしょう?
続きを読む

美里の家に里佳子と俺が3人でコスプレ衣装の追い込みかけるためにお邪魔した時の話 。今思えば着替えたり、細かな寸法なおしたりしてる間に相手の体に触れる事で それぞれ抵抗感がなくなってきてたのかもしれない。
もともと下ネタOKな仲だったし、作業しながらも体の線がどうとか、美里と里佳子はついでに胸の触りあいっこしてるし…
私胸板フェチ~などと俺の胸板が良いとかで触ってきたり。
もちろん「よ~しこのままHアリアリの空気になれって!」ねらってたさ。
まあ一応俺から二人の胸を触ることは無かったが、その流れでまあまあ大きい美里の胸をペンで突っついたりはじめた。
「やめてよ~」と、ほんとに嫌がっていない様子(良し良し)。続きを読む

このページのトップヘ