レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:お姉さん

トラウマってほど苦しい体験ではないですが、よく彼女に誤解されます…
私は髪の長い女性を目で追ってしまう癖があります。彼女と一緒だから見ちゃいけないって思っていても反射的に目で追ってるそうです。きっとそれは私の初体験に関係していると思います。
実際にあった事なので、昔を思い出しながら書こうと思いますが、少し長くなりそうですがもしよろしければお付き合いください。
私が小学年の夏休みから始まります。私は東京に住み、祖父の何回忌かわかりませんが父の実家の福岡に行きました。
のいる本家に泊まったのですが、広い居間に布団何枚か引いてそこでみんなで寝ていたのですが、私は緊張してい続きを読む

10年以上も前の高校時代の話。
僕こと佐々木祐太は壮絶な虐めを受けた。
男子からは四六時中暴行を受け、すべての女子からは無視され続ける、よく自殺しなかったものだと思う。
今思い出しても地獄のような高校生活だったが、一度だけ忘れることができない体験をした。
ロッカーに押し込められる、用具室に監禁されるなんて茶飯事だったわけだが、その日は放課後、クラスのボスたち数人から凄まじいリンチを受けた。
僕は喧嘩ができないうえ、6人がかりで攻撃されては勝ち目なんてあるはずなく・・・。
ぼこぼこにされた僕はジャージを脱がされ、白いブリーフ一枚にされた挙句、中庭に面したフェンスに連れていかれて大の字に縛られた。続きを読む

なんか、ずっと胸のうちにしまっておくのがつらかったからはかせてくれ。
 やっと結婚できそうなんだが、こんな秘密を持ったまま結婚していいのか分からなくて なんかどこかに吐き出したかった。
 昔、俺が高校1年生でやったバイトを止めるまでとその後の話。
 なんのバイトかは書くとばれるからかけないんだ。
ごめん。
 そのバイトは店長とか皆いい人だったが 男の社員からのセクハラに耐えられなかった。
 俺男なのに、夜相棒と働いてると俺だけ、事務所に呼ばれて、接客がなって無いってしつこく叱られて、体触られてた毎日だったんだが その時は、あんまりセクハラと思ってなかった。続きを読む



僕はすぐには家に帰れず、時間をつぶして3時間後に帰った。
ドアチェーンがかけられていたので、チャイムを鳴らすと、が「お帰
り。」と無理に笑いながらチェーンを外してくれた。

は普段と変わらず、何事も無かったように振舞っていた。
『たいした事されなかったのかな・・』とも思ったが、翌日、高木のビデオ
カメラを見て、再び僕は脱力感に襲われた。

高木・柿崎・前川達が、僕の家に押し入ってレイプしたその日と翌朝、
は何事も無かったかのような態度だった。
僕は、きっと大して酷い事まではされなかったんだ、と、少し罪悪感から開
放されて楽な気分になっていた。

 次の日、学校に行くと高木と柿崎と他数名は学校をサボって来ていなかっ続きを読む



大人3人は究極の親子丼&丼などと言いながら、3人それぞれに挿入
ていった。
信じられない事に、僕の家族全員が僕の目の前で輪姦されているのです。
中防や慎吾はさすがには嫌ったのか、を集中的にさんざん陵辱した。

同じクラスメートの不良慎吾に、元委員長の景子はさんざん犯されていっ
た・・・僕の前で・・・
さんざん犯しながらも、彼らは体に後など残らぬ様、細心の注意は怠らなか
った。

全てが終わった後、大人達はそれぞれの獲物に鎮痛剤の様な薬を注射していた。
何でも起きた時の下半身の違和感に気付きにくいそうだ。

その後・・・
さすがに大人のプロが付いただけの事はある。
絶妙の間隔と、パターンの違うシナリオを用意され、その後も数回3人は犯された。続きを読む

このページのトップヘ