レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:お母さん

ちょっと昔のことです。
俺は高校2年で、の静奈は俺の2歳年下です。

静奈は黒髪が長くて色白で、俺の自慢のです。
当時はその時期の少女特有の妖精のような儚さを持っていて、ヤバイくらいかわいかったです。
その日の静奈は半そでにミニのスカートを穿いていました。
学校は既に終わり、俺も静奈も偶然部活が無い日でした。
 
 
その静奈が家の離れにある、通称「本部屋」に入っていくところを見かけました。
その部屋にはあまり読まなくなった本や雑貨や粗大ゴミなどが置かれています。
日頃機会があれば静奈とセックスしたいと思ってた俺は後をつけました。

続きを読む

このあいだ商店街を歩いていると、25才前後の上品な若奥さんが子供を連れて歩いていた。
おれはちょっと溜まっていたこともありむらむらしていたので、あとをつけて、自宅をつきとめてそれから1週間くらい調べ上げた。

旦那とその子供の3人暮らしで、奥さんは仕事をしていなく専業主婦で旦那の帰りはだいたい夜の8時くらいだということを。

その奥さんの感じは、ちょうど、おれの好きな 水○真紀に似ていて上品で、こんな人をおれの言うとおりにいう事を何でも聞くおれのおんなにできたら最高だと思い、レイプするチャンスをしずかにねらっていた。

そしてある日、朝7時半ごろ旦那を送り出してしばらくした頃、掃除をしていたときに宅配便のふりをしてチャイムをおした。続きを読む

山本は電話口の向こうで黙りこんでしまった。
「ねぇ、聞いてるの?」
「・・・」電話からは山本の息遣いのみが聞こえてくる。
かなり呼吸が荒れているようだった。

「なんで、山本君があんな写真持ってるの?」
「・・・」
「ねぇ、聞いてる?」
「えっ・・・あぁ、うん」
「誰が撮った写真なの・・・」
「山本君?山本君が撮ったの?」
「・・・あっ、うん」

「どうして、あんな写真撮ったの?いつ撮ったの?」
「・・・」
「ねぇ、黙ってないで答えてよ!」
英子の口調はだんだんと激しくなっていった。

「他にも写真あるんでしょう?」
「・・・」
「デジカメで撮ったの?」
「・・・」
「聞いてるの?」
「う、うん・・・」
続きを読む

英子の頬を伝う涙は止まらなかった。

「どうしよう、ガソリンがなくなってきた」
山本は突然、口を開いた。
「えっ、えっ」
英子は泣いていた事を覚られまいとして慌てて顔をそむけたまま声を出した。
「秀樹を迎えに行く前に満タンにしておいたけど走り回ったからな・・・」
「途中で給油するつもりだったけど、頭に来ていたし英子ちゃんを励まそうとか
思っているうちに忘れていたんだ・・・」
英子はバックからハンカチを取り出して涙を拭きながら答えた
「えっ、どこかガソリン入れるところはないの?」
「えっ?あっ、あぁ、俺のバイト先が近くにあるけれども・・・」

「えーと、時間は・・・やべ、もう11時だ・・・」
「えっ?だめなの?」
続きを読む

「調べるから貸して」

山本は同じ引出しの中からもう一つのメモリーを取り出した。
「貸して」英子は山本からメモリーを取り上げるとそれもチェックした。
そのメモリーは山本の言うとおりデータは何もなかった。
「ほ、本当だったでしょ。じゃ、ほら、早く、食事しよう」
「携帯にはこの画像ないよね?」
「えっ?なんで?この画像送った時の履歴で残っているんじゃない?」
「えっ、そ、そうだね、でも、そんな昔の履歴残っているかな?」
「じゃ、メモリから何まで削除して」
「えっ、だ、ダメだよ」
「私、安心したいの。こんなんじゃ、安心できないよ」
「・・・」

「ねぇ、お願い」
「わ、分かった、全部削除するよ」
「じゃ、携帯貸して。私が削除してあげる」続きを読む

このページのトップヘ