レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:お母さん

普通のサラリーマン家庭に生まれ、普通の女子高に通っていたあたしには、非合法組織の標的になって輪姦されるだなんて、全く想像もできないことだった。
 あたし本人に原因はなかった。
家族ですら無関係だった。
きっかけは、あたしの叔父であるところの陽太おじさんが、ヤクザといざこざを起こした末に、暴行してしまったことだった。
相手は幹部クラスだった。
 陽太おじさんは行方をくらましたが、三日後には捕まり、拷問の末、再び行方不明になった。
今度は誰かに見付かることはないだろう。
 それで話が終われば良かったのだが、彼らは、現代日本じゃ珍しい武闘派集団で、刃向かうものはとことん追い詰める無法者たちだった。続きを読む

その日、私は高2になったばかりで、新しいクラスの子と一緒に「新クラスをどういうクラスにするか」という先生の宿題に対する相談をすることになっており、一度家に帰ってから、同じ団地に住むKちゃんの家にいくことになっていました。
午後2時40分頃家に着いたのですが、階段を上るときに30歳くらいの男の人とすれ違いました。
私が、家に着いてトイレに入っているとチャイムが鳴り、そのままにしていたのですが、私服に着替えようとしていたらもう一度チャイムが鳴り、私は慌てて玄関に出て行きました。
開けると、さっき階段ですれ違った人が立っていて、「お母さんと約束しているものですけど、家の間取りを見せてください」といいました。続きを読む

僕は・・実際その時はものすごいショックでした。
 僕は中学生の頃ほんとどうしようもない弱虫で いじめと恐喝の的だった。
 殴られては金をせびられたが中学生の僕にそんなにお金があるはずもなく結局親のお金を盗んでは不良達に渡していた。
 しかし回数を重ねていく事でとうとうその現場をに見つかってしまった。
 に問い詰められて僕は本当の事を話した・・。
 するとはその子達と話をすると言い出した。
 僕は話なんて通じないと言い張ったが聞き入れず結局不良達の溜まり場に案内する事になった。
 不良達の溜まり場はリーダー格のAの家だった。続きを読む

前編は以下のとおり先日、ボールギャグ(口枷)を買いました。
口が閉まらず涎が垂れ流しになる、アレです。
「はい、あーんして」と口にボールを押し込み、頭の後ろでベルトを締め、ついでに目隠し
さらに両手首を頭の上で縛ってあげたら、もう恍惚の表情になっていました。
仰向けに寝かせたまま、オムツを変えるような格好でアナル舐め
「ふぅっ、うーっ」と声を洩らすので、「声出したら駄目やで、動いても駄目」と言い聞かせ、腰の下にタオルを敷き、少し指で慣らしてからアクアモールを挿入しました。
ピストンさせると「ぅ…ふっ…」と、小さな声を漏らして感じてる様子。
みじめな格好で喘ぐ姿が本当に愛しくて可愛くて、もっと感じさせてあげたくなっちゃいます。続きを読む

このあいだ、東京までの夜行バスに乗りました。
いつもは使わないのですが、どうしてもお金がなかったので。
案の定狭いシートに詰め込まれて、バスの前方が男性とカップル
後部が女性のみに分けられたのですが、僕はギリギリに予約したからなのか、なぜか女性の席の方でした。
後ろは4列ほど。
女性ばかり。
前は小学生くらいの男の子と女の子を連れた地味な女性でした。
僕は2席を1人で使ってました。
前の子連れの女性は僕を一瞥した後、子供は僕と反対側の席にやり、自分が僕の前に座りました。
どうやら子供が騒がしくて迷惑をかけると困る、と僕を見て思ったんでしょう。
僕は人から怖そうなイメージがあると言われます。続きを読む

このページのトップヘ