レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:お風呂



だけどなかなかうまくいかないもんなんだよな、これが
付き合う前は一番の理解者だと思ってたのに、付き合うとそれが一気に崩れた

いやなところしか目につかなくなった

でも好きだったから付き合ってた

そんなある日、Aはプチ卒業行なんだとか言って京都に紅葉を見に行くと言い出した
そもそも俺と行こうと約束していたのにも関わらず、友達と約束しちゃった。とか言い出す始末

俺はかなり落ち込んだ

俺はそれとなくMに話したんだ

「A京都に紅葉みにいくんだって」

M「いいですねぇ」

それから紅葉見に行ったことある?とか会話してたんだ
でも話してるうちにむかついてきて
なんとなくノリと勢いでMを誘ってみたんだよな

「俺も行きたいんだよね 一緒に行こうよ来週!」

続きを読む

私は現在東京の某出版関係で働いている23歳のol" target="_blank">OLです。私の出身は東京だ ったのですが、

高校時代から関西の方に興味があったことから、大阪の北部にあ る関○大学にいくことにしました。











私は、将来マスコミ方面に進みたかったので 社会学部に入学したのですが、

今日は学生時代の悲惨な体験を告白したいと思います。

それは私が4回生の時でした。就職活動も終わり、私は大阪での残りの学生生 活を楽しもうとしていました。

あれは、私の誕生日のことです。私の所属するゼ ミのクラスメートが、バースデーパーティーを開いてくれました。

その日は男の 子6人、女の子は私を含めて4人で大学の近くの居酒屋に行くことになりました。



私はお酒を飲むことは好きなのですが、それほどアルコールは強くありません。

続きを読む



土曜の夜は夫婦でまったりエッチの日ですが、愛美の浮気告白を聞いてからは少々内容が濃くなりました。
愛美と××氏とがしていたというエッチの再現プレイがきっかけで、
そっち系に移行してしまったからでしょう。。
ソフトとは言え、僕にとっては未知のゾーンだったSMの世界。
照れてしまいまして、はじめはなかなかうまくできなかったんですけどね。
愛美が上手に雰囲気を作ってくれるので、少しずつ慣れていきました。
自宅だと普段の生活感があり過ぎて盛り上がりがイマイチですから、
エッチはホテルでするようになりました。

夫婦でラブホテルに行くのもいいですよね。
目隠し・手錠などなど小道具一式をバッグに詰め、車でホテルまでお出かけです。

続きを読む



俺「じゃあ、、とりあえず別れてから考えてみたら?」
俺はもう眠気と疲労で一杯一杯だったが、振り絞って話しかけた。Sは寝たせいか結構元気
S「そうだね。まず別れる。でもLOD君。わたしと付き合わなくてもいいから、時々あってくれないかなぁ?。。。」
俺「いいよ。それは。でも、それでいいの?」
S「うん。」と言いつつ、俺に抱きついてきて、キスしてくる。舌が俺の中に滑り込んできた。
俺も拒絶する理由がないので、それの動きに合わせ舌を絡めた。
しばらく濃厚なキスをし、Sが俺のアソコを服の上から触ってきた。俺は疲れていたが
摩られてきて、不本意ながら勃起してしまった。
俺「ねぇ、、無理しないで。眠くないの?」
S「うん。大丈夫。LOD君疲れてたら、横になっていいよ?わたしLOD君を好きにしてるから・・」

続きを読む

始まりは結婚4年目の2年ほど前のことです。
・・・29歳(当時)150-40 C~Dカップ
よく幼く見られますが精神年齢も低いです(笑)
もと塾の先生でした。
私・・・33歳(当時)自営業(カフェバー)ビジネス街に店を出しているので
サラリーマンと同じく土日が休みです。
我が家は大阪市内まで電車で1時間以上掛かる
大阪といっても田舎の町にあります。
 
 
昔ながらの大きな家でコの字型に屋と離れが建っていて
20坪ほどの中庭があります。
間取りは玄関を入って左がダイニングキッチンとそれに繋がるリビング
玄関を右に行くと客間
玄関を突き当たると中庭を囲うようにコの字型の廊下があります。
廊下を左に行くとトイレお風呂
右に行くと客間を過ぎたところで左に曲がり私たちの寝室、私の書斎があり

続きを読む

このページのトップヘ