レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:かわいい

今月の始めの話で
俺とツレ(A)と(B)の三人で居酒屋で飲んでた時、座敷のほうがすげー騒がしかったんだ。何だろーと思ってたらどうやら、高校の卒コンだったらしくて、か

なり盛り上がってた…
俺達は懐かしい思い出を肴に呑んでたわけさ。で、ふと見ると…
なっ!なんと女子校ではないか!?
俺達はもう気になって気になって思い出所じゃない!とりあえず、選別って事でよぉーく見渡すと皆さんかなり酔っている模様♪可愛い子もチラホラ♪
でも俺はもう30だからナンパなんて相手にされないだろうし

なんせ向こうは20人ほどの団体さん
A「無理でしょ…」
俺、B「だね…ハァ~」
あんまりうるさいので帰ることにしてキャバクラにでも行こうというわけで店を出る事に…

店を出て歩いていると居酒屋にライターを忘れた事に気付く俺。
10年も使っているジッポーを無くす訳にもいかないのでAとBに先に行ってもらい俺は先程の居酒屋へ…
卒コンは終わったらしくいつもの居酒屋に戻っていた。
ライターを受け取り店を出て、とりあえず一服…(-。-)y-゚゚゚
するとなにやら声がする…?「大丈夫?名前は?歳は?一人なのか?」
よくみると警察!?
酔っ払いはなんと!?
先程の騒いでいたうちの一人ではないか?
でも警察がいるので関わらないほうがいいかなと思い何気に素通り…
チラッと見るとマジカワイイ♪
しかも18には見えない

続きを読む

大阪支店にいた時の話です。
毎年社員行に行くのですがその年は仕事が忙しく中止になりました。
積み立て金が帰ってきたので、若いヤツだけでどこかに行こうという話になったのです。

大阪から近い淡路島に「ぱらだいす」があると深夜番組の○○ナイトスクープでやって
たんで一回行ってみようと言う話になり(単なる趣味の悪いキャンプ場ですが…)20
代の男女4人ずつでキャンプに行くことになりました。
エンジニア男3人と総務&経理部の女3人です。

明石大橋を渡ってPAや震災記念館を見て回っていたので、パラダイスについたのは
夕方になった頃でした。
すぐに夕食の用意を始めましたが、調理の最中から酒盛りが始まっていました。
その中で一番若い「香織ちゃん20才」が(性格&ルックスは若槻千夏かな)ワインを続きを読む

山本は電話口の向こうで黙りこんでしまった。
「ねぇ、聞いてるの?」
「・・・」電話からは山本の息遣いのみが聞こえてくる。
かなり呼吸が荒れているようだった。

「なんで、山本君があんな写真持ってるの?」
「・・・」
「ねぇ、聞いてる?」
「えっ・・・あぁ、うん」
「誰が撮った写真なの・・・」
「山本君?山本君が撮ったの?」
「・・・あっ、うん」

「どうして、あんな写真撮ったの?いつ撮ったの?」
「・・・」
「ねぇ、黙ってないで答えてよ!」
英子の口調はだんだんと激しくなっていった。

「他にも写真あるんでしょう?」
「・・・」
「デジカメで撮ったの?」
「・・・」
「聞いてるの?」
「う、うん・・・」
続きを読む

「美香が16の時22だったってことはそいつもう28くらいのおっさんじゃないかよ
そんな奴と・・・」
「違うよ、去年までしか会ったないから」
「1年も2年も一緒だろ!」
「怒らないでよぉ」
「だから言いたくなかったんだよ」村上はほとんど涙声でそう言った。
確かに、村上にとっては思い出したくもない出来事だろう。
それに、俺が無理やり聞き出そうとしていたのだし、怒るのは筋違いかもしれない。

「他にはいないのかよ?」
「お願いだから怒らないで」
「怒ってないよ!」
「何で、そんな言葉使いなの?普段みたいにしゃべってよ」続きを読む

私は、いけない女なのかもしれません。短大を卒業したばかりの、ol" target="_blank">OL1年生です。一般事務をしていて、悪戦苦闘しています。



就職した初めての夏、私は新しい恋をしているのです。

彼氏は一応います。短大時代からお付き合いしている、3つ年上の彼がいます。「いずれは結婚しようね」と、軽い話はしています。でも・・・・・。



盆を過ぎた8月後半のその日から、事は始まったのです。私の会社に出入りしている業者さんの中に、その人が来るようになったからです。担当交代ということで、その人が来社するようになりました。



その人とは・・・、私の高校時代からの親友の美紀のお父さん(勝彦さん)なのです。今年44歳になった営業課長さんです。美紀からは仕事先は聞いていましたが、取引している会社と思いもよりませんでした。

会議室にお茶を持って行き、その時初めて知り、お互いにびっくりしたのを覚えています。



ほんのしばらく話をして、その時は終わりました。

その後、何度か来社する勝彦さんは、「一度、ご飯でもどう?」と、誘ってくれたのです。「もちろん、美紀には内緒でさ」と、念を押す勝彦さん。なぜか私は、胸がドキドキしました。



高校時代にはよく美紀の家まで遊びに行ったものです。おじさま、としてカッコいいな、とは思っていました。自分の父親にはないものを持っている気がしたからです。

週末の金曜日、正式に勝彦さんから食事のお誘いを受けました。彼との約束もあったのですが・・・・、うまくキャンセルしたのです。


続きを読む

このページのトップヘ