レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:くびれ



こんにちは、僕は24歳の会社員です。

15歳の時からに興味があって、何度となくの入浴中を覗いたことがあります。

僕の家は一軒家ですが、風呂場は路地に入った私有地で夜は誰も来ません。
僕の背は175cmですが、ちょうどその高さに窓があって覗くことが出来ます。

でもは昔から用心深く、その窓も僕の記憶では数回しか開けて入浴したことはないはずです。
というのも、ずっと風呂に入っているを観察し続けたからです。
なぜにそこまでのことをしてるのか自分でも判りません。
顔が良いわけではなく、体が魅力的(たしかに胸は大きい)なわけではありません。





僕が男子校にいたせいか女性と接することが少なく、初めて16歳で付き合った彼女とはセックスも1年以上付き合った後でした。続きを読む


20歳の時、12月。

あるイベントの帰りの電車内での事、時刻は18時頃。

帰りに電車は、凄く空いていた。

両端に一人ずつ座っているだけの殺風景な車内。下車駅まで20分。

それまでほとんど乗客がおらず、ずっと空いたままの車内だった。

見渡すと、女性の乗客がいる。席の真ん中あたりに座っている。

様子を見ると、うつむいて目を閉じていた。

こげ茶のポニーテールで、顔立ちはついこの前見たカップルの女によく似ていて、十分に厚着をした上着と色あせて灰色がかった黒のジーンズ姿。

疲れている様子で熟睡しているようだった。

この女性の隣にこっそり移動して様子をしばらく見る事にした。かなり寝込んでいる。続きを読む

 わたしは埼玉から都内へ通勤しています30歳の銀行員です。ご存知のようにこのSSラインはとても混雑し、人身事故等で遅延した際は本当にすし詰め状態になります。当然、人と密着してしまうために自分の体に男性が触れていても仕方なく、痴漢でない場合がほとんどです。

 もちろん、かなり黒に近いグレーの痴漢のような経験もありますが、そう言う場合は自分から車両を変更するなどして身を守っていました。しかし、先週の水曜日と木曜日は遅延によって車内は非常に混み合っていて全く身動きができませんでした。この二日間の痴漢のような出来事にお話します。
 水曜日の朝、すでにとても混雑していた電車にわたしは乗り込みました。するとすぐに男性らしき人物がわたしの背後に密着するのが分かりました。続きを読む





真面目で、人の良い我がに変化を求め、私はものすごいことを実行してしまったのでした。
のおまんこに私以外のものが刺さっているのを見たくなり、飲み友達に頼んでいろいろ練った挙句、ついに犯してもらう事になったのでした。
○実行のときの思い出・・・(以前のあらまし)自宅で突如熟睡する私の横で、私のお友人に突如犯され、初めのうちは顔色を変えながら必死で抵抗していたが、やがて抵抗しても無駄だと悟り動きを止めた。

そして何分かの間、挿入されていると、いつもの私との時のような気分になっていったのか、ついには声を出し初め、男の言いなりになっていったのである。
男の「どうだ、気持ち言いか」問いかけにも、男の目を見ながら「うん」とうなずき、いろいろな要求に答えていたのであった。続きを読む



レイプされているのを
目撃してしまったんです

夜、私は寝ていると
隣室からの話し声に
目が覚めたんです

こんな夜中になんなんだろうと
の部屋を障子の隙間から覗くと
枕元の明かりに照らされて

後ろ向きで上半身裸の男性が
布団に仰向きで寝ている
を押さえ付け
着ている浴衣を力づくで
脱がそうとして強姦しているところでした

「イヤッ、だめです
お願いやめて下さい」

はかなり抵抗していました

でも、男の力に勝てなくて
やがて浴衣の帯を解かれると
一気に上半身から浴衣
剥ぎ取られてしまいました

浴衣の下はノーブラだったため
乳房はブルンと剥き出しとなり
下半身は白のビキニショーツのみ
続きを読む

このページのトップヘ