レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:におい

 45歳の私は、専業主婦で昨年高齢出産で待望の子供を授かりました。歳が歳だけにママ友もいなく、いつも何となく子供の散歩たがら近くの公園に行くことが日課となっいました。その日も子供わベビーカーに乗せていくと、急に雨が降ってきたので、倉庫のひさしで雨宿りをしていました。2~3分すると歳は18ぐらいの高校を卒業した3人の若者か、同じ軒先に入ってきました。
 10分ほど3人とも私のことも気にせずにゲーセンのことなどしゃべっていたのですが、しゃがんでいる私を見て声をかけてきたのです。その日は雨が降りそうだったので、いつもなら授乳して外出するのですが、あわてて出てしまい、雨宿りをしている間にバストが母乳で貼ってきて痛く感じ、しゃがんでいたのです。続きを読む

 私は露出が大好きな19歳です。ちなみに私は矢田亜希子によく似ているといわれてかなりもてるのですが、自分の性癖のためにつきあったことはありません。子供の頃から、男の子にスカートめくりをされていて、いやがるふりをしていたけど本当はうれしくてたまりませんでした。

 痴漢されるのも大好きで痴漢初体験の相手です。これまでに自分がしたことをはなします。中学生の頃から、超ミニノーパン電車に乗るようになりました。電車痴漢されるのが大好きです。かっこいい人の前に座って寝たふりをして足を開いたりします。
 カバンを持っていて、寝てるふりをしてかばんをずらして、カバンと一緒にスカートがめくれるようにして、あそこを出したりします。続きを読む

人妻「知らない人にぶち込まれたいの...ねぇ、犯して、犯してください!」

暖かいある日、営業で歩いていると”パサッ”と何かが落ちてきた...
「おぉ!あぶねぇ~って...ん?」
落ちてきたのはレースの真っ白なパンティーだった。
おもむろに上を見ると、綺麗な女性が下を見ていた。

「持っていきましょうか~」
と言うと、
「すみません」
と恥ずかしげに言った。
その顔は色っぽかった。
実際にあってみると、これまた色っぽいと言うか、かわいい。タイプである。
「どうぞ」
と渡すと、顔を赤くして
「すみません、良かったらお茶でも。お礼にもなりませんけど...」
と部屋へ誘われた。
悪い気はしない。タイプの人妻と2人だなんて。続きを読む

 私、満員電車痴漢されるのが大好きなんです。あの人ごみの中で、人知れずいやらしいことをされるのがとっても 刺激的で、すごく興奮します。私は××県の自宅から都心の会社に、私鉄1本と地下鉄2本を乗り次いで通勤しているのですが、毎朝今の時間に家を出るようになってからもう1年位になります。

 私鉄にはいつも同じ時刻に、同じ位 置に乗り込むので、常連の痴漢さんが6~8人いて、毎日痴漢してくるんです。私が電車に乗ると、みんな少しでも良い位置を確保しようとして、私の腕や腰をひっぱって自分の方にたぐりよせるんです。
 そして、私が抵抗しないことを知っているから、いきなり触りはじめます。私はOLなので大抵スーツっぽい服を着ているんですけど、3人くらいが同時にスカートをたくしあげるので、タイトのスカートはす続きを読む

前に勤めていた会社での社員旅行の出来事です。私がまだ社員2年目の時、高卒だったのでちょうど20歳になったころです。

うちの会社は女子社員が少ないのに、何班かに分かれて旅行のスケジュールが組まれていて、私が入った班は私とひとつ後輩のK子の二人だけでした。

館での夕食は大広間での宴会で、それがお開きになると何組かのグループでそれぞれの部屋で集まって飲みなおし、私たちの部屋は女子の部屋ってことで、飲みなおしの部屋にはつかわれませんでした。

部屋での飲み会は出入りが激しく、みんな他の部屋を行ったりきたり。出入りが落ち着いたころには話が社内恋愛の話になり、誰と誰がつきあっているとかで盛り上がりました。続きを読む

このページのトップヘ