レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:におい


「少し、やつれたかしら......」

 優良は、鏡に映る自分の顔をのぞきこんだ。

夏の昼下がり、寝室の鏡台には、浴衣姿の優良が映っている。

紺の浴衣をぱりっと着込み、長い髪はうしろにまとめあげられている。

おろしたての浴衣の襟元からは、成熟した女の色気が立ち上ってくるようだ。

 今晩は、近所で花火大会があり、夫婦おそろいで浴衣を着て、見物にでかけようということになったのだ。

すでに、遠くのほうから、心が浮き立つような祭りの太鼓の音が風にのって聞こえてくる。

 だが、一週間前の出来事を思い出すと、優良の表情に、暗いかげがよぎる。

 一週間前、優良は、真もいる自宅で、の恋人に無理矢理犯されてしまったのだ。続きを読む



私は、スキー場でアルバイトをしている26歳です。

今回は、あるバイト中に仲良くなった29歳の人妻との話しをします。

スキー場でのアルバイトが終了する4月中旬頃、打ち上げを兼ねた飲み会をしました。

他にも24歳男性・19歳男性・21歳女性・31歳女性がいましたが、唯一既婚の29歳の未来(仮名)と一番話が盛り上がりました。

聞けば旦那と上手くいっておらず、最近はセックスレスだって話でした。

未来は、ご無沙汰ということで、夫にやきもちを焼かせるために、他の女の子がキスマークをふざけて首筋に付けられました。

男も面白がって、手首を押さえ協力していました。

その後部屋で、雑魚寝で仮眠をとり、朝に私は未来に送ってもらうことになりました。続きを読む


せっかくバイブも持ってきてるしこのくらいでオレの怒りが収まるかと言い聞かせた。

実際その時はそんな事どうでもよくなっていたが。

手錠を一回はずし便器のパイプにからませてまたつけた。

足をひらかせバイブをつっこんだ。

そしてこれでもかというくらいピストンをしてやった。

ミオはもう感じすぎていて声がかすれていた。

ミオはセックスで声をよくからす。

あーっ、んっ、あっ、あぁぁ・・・激しく動かし左手でクリをさわった。

あっ、ダメっ、ダメ、やばいっビクンとなり腰を浮かせガクガクしている。

いかせてやった。

ミオはぐったりしている。

そして自分のシナリオどおり立ち上がってまだ、感覚が戻っていないミオにこういった。続きを読む

犯罪? (泥酔状態での体験談) 34320回

2007/11/07 14:56┃登録者:えっちな名無しさん◆Y/vRvEXw┃作者:名無しの作者
23 :えっちな18禁さん:2007/10/11(木) 21:41:27 ID:bC1u707R0ちょっとお題と違うような気もしますが・・・ 以前から焼肉に連れて行く約束をしていたので連れて行った。マッコリを頼んだのだが、席をはずした間に相手の容器に向精神剤と導眠剤を粉末に したものを混ぜておいた。 マッコリはもともとざらっとしているうえに白濁しているので、多少溶け残っても判らない。 しばらく飲食を続けると、「なんか酔ってきちゃいましたよ?」を連発。続きを読む

逆レイプを見た貴重な経験 (学校での体験談) 32052回

2004/08/04 05:45┃登録者:明智クン┃作者:名無しの作者
 高校時代、僕の学校は荒れてました。もう相当昔のことですが。不良たちがガラスを割ったり、女子は化粧したりパーマあてたり・・・女子でも不良に逆らったりすると、仲間の上級生が呼び出しをするというシステム(?)でした。 ハッキリ言って僕もそれほどマジメではなかったので、よく旧体育館の用具室で授業をサボっては寝てたりしました。 3年の体育大会の日でしたが、案の定、かったるくて僕は“指定席”にやってきたのですが、すでに不良の女子たちの溜まり場として占拠されていて、クソッと思いながら運動場へ戻ろうとしました。続きを読む

このページのトップヘ