レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:のぞき



 秘めやかな花唇を引き裂かれ、怒張の根元までくわえこまされてしま
った先生は、絶望と羞恥に苦悶する。
 「あぁ、いや・・、お願い・・もうやめてぇー・・・・。」教師とい
えども、犯されてしまった女の哀しさか、しかし、その声は消え入るよ
うにはかない。
 「先生の恥ずかしいところに入ったぜ。ずっぽりな。女教師のオ○ン
コってのは、いい味してるんだな。初めて知ったぜ。えぇ、由○子先生
よぉ。」

 下半身を蹂躙する圧迫感に、先生は息も出来ぬほどだ。自分でも触れ
たことのない膣の粘膜を通して、不良生徒の凶器と結ばれてしまったこ
とを嫌が上にも思い知らされ、先生の顔には困惑と羞恥の表情がはっき続きを読む



 S島にに行きたいと言ったのは、私の方でした。
 グアムやサイパンより少しだけ遠いのですが、最近になってアメリカ軍のあいだで大評判のビーチリゾート、直行便がないので、日本人もびっくりするくらい少ない、まさに「最後の楽園」旅行会社の言葉をうのみにしたわけではないのですが、ちょっと遅い夏休みをここでとることには、もとりたてて反対はしませんでした。
 結婚してもう4年にもなるのに、なかなかまとまった休みがとれなくて、海外旅行も新婚旅行いらいです。
 は2年前、沖縄にいったときに買った、オレンジのビキニバックに入れながら、これまだきれるかなあーなんていってました。
 当日、成田空港のカウンターへ行ってみると、私達の他は、50代の夫婦だけ、という、なんとも寂しいツアーでしたが、続きを読む

1か月前、私の友達痴漢に犯されました。
私は電車通学で、ある時から頻繁に、しかも同じ人に痴漢されるようになりました。
パンツの中に手を入れてクリを擦ったりアナルを弄ったりする過激な痴漢で、私は我慢できなくて友達の「優奈」に思い切って相談することにしたんです。
優奈は中学からの友達で、男女ともに人気のある活発な子です。
相談を受け彼女は「じゃあ明日は一緒に登校しょ。もしされそうになったら私が止めるから。」と私の相談を真摯に聴いてくれました。
優奈と一緒に登校を初めてすぐに私は再び痴漢に遭います。
そこで彼女は言った通りに痴漢を「何してるんだよ!」と止めてくれました。
次の瞬間、痴漢彼女の手を振り切って開いたドアから逃げたんです。続きを読む



俺と彼女の麻由美が電車に乗った時の話です。
花火を見に行こうという事で電車に乗って某有名花火祭に出かけましたが、さすがに
有名なだけに祭に行く人たちで電車の中はいっぱいでした。

麻由美と俺は比較的空いている車両に乗って「浴衣着てくれば良かったね」
「じゃ、次の時は着てくるよー」などとぽつりぽつりと会話を交わしていました。

そんな時に俺の腕を掴んでいる麻由美の手が突然、ビクッと震えました。
あれ、どうしたのかな、と思いつつも麻由美を横目で見ましたが、少し目を伏せて
いるだけで特に異常は感じませんでした。
でも、その後にも腕を強く掴んできたり、何かを訴えるようにチラチラ見てきたり
するのを見てピンッと来ました。続きを読む



僕は、大学1年生です。
ちょうど2年前、高2の時にが犯されるのを見てしまいました。
は、真由美その時41歳です。
スチュワーデスで僕が言うのも変ですが松坂慶子に似ていて美人です。

父は、海外赴任をしています。
当時僕は、学校の不良たちからいじめを毎日のように遭っていました。
ある日、と買い物の途中、2つ上の不良のリーダー弘樹に会ってしまいました。
弘樹は、に丁寧に挨拶をすると僕に「困ったことがあったら電話して来いよ」と
携帯の電話番号を書いた紙を渡しました。

は、僕がいじめに遭っているのを知っていたので、弘樹のことをいろいろと聞いてきました。
数日後、弘樹にばったり会った時に、続きを読む

このページのトップヘ