レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:アニメキャラ


~某日の朝~
俺「やばい遅刻だ!今日は朝から塾だった!とにかく急げ!俺の再受験がかかってんだ!くそ、高2で中退しなければ!」
一方
唯「遅刻だ!そうだ。今日は憂、日直だった。高校3年生にもなって遅刻なんて、と言うか憂がいなくてもちゃんと出来なきゃ!もうじき大学生で1人暮らしするのに!」

ごっつん!

俺「痛てて。」(なんか手の先にプニプにした感触が…って目の前にパンツが!しかもタイツ越しで柄が水玉って俺何してんだ!俺は変態か!)
唯「痛てて。」(なんか胸がくすぐったい。気のせいだよね。)「って今確実に!私の胸揉んだよね!そしてパンツ見たよね!」(しかも足開いてた。って事は見られた。)
俺「ひゃあ!ごめんなさい。決して悪気があった訳じゃないけど。とにかくごめんなさい!!」続きを読む








盆も過ぎる頃になるといつもなら涼しくなり始めるものだが、今年はとにかく暑い。
夏休みも後半ともなると町を歩く子どもたちの姿もぐっとまばらになる。
俺は新聞に目を通していた。いまのところ連続少女暴行魔のニュースは見当たらない。ボロボロに傷付いた体の少女たちが、このうえ社会的にさらし者にされるのを親も望みはしないということだろう。
俺にとっては好都合この上もない。そう思っていたところで、人通りのない街角で一人の少女が歩いているのを見つけた。
「・・3年生か、4年生かな? 人目もないことだし、いただくか・・」
由美と愛を堪能しつくしてから2週間以上なりをひそめていた俺は(あの経験が大満足だったせいと、さすがに全裸で解放したことから事が露見するのではないかと恐れていたので)抑制が効かなくなっていた。続きを読む



彼女は幼い頃から騎士に憧れていた。
 しかしこの国では、女で騎士になるなど、金と権力が無ければ到底無理な話だった。
 彼女はそれを努力で補い、そして運も彼女に味方した。
 彼女が男でも適わない剣術と、学者に負けない知識を身に付けた時、国王が死去し、王女が新たな王として即位したのだ。
 私に常に付き従い、身辺警護を行う騎士は女性の方が良い。
 そう王女が命令し、彼女は張れて王女の側近となる事が出来た。
 第一近衛騎士ライーザの誕生だった。
 「神よ。私はどんな事があっても、王女を守る事を誓います」 しかし、それがライーザにとって不幸の始まりだった。
 王女が彼女を指名した本当の理由は、ライーザを妬んでいたからだ。続きを読む



ある日突然召喚された、騎士“ホーク卿”。
「羽の生えた敵に襲われ、軍は壊滅状態です。どうか、我々をお助けください。」呼び出したのは、かの国の魔法使いスパロンであった。
ホーク卿は、軽々と敵を全滅させた。
「本当に残念だ。他の時に出会えたならば友になれたかもしれないのに………」「ホーク卿、なんと慈悲深い。憎き敵に対してまで。」「武人として当然のこと………ウッ」ホーク卿は腕を抑え、その場にうずくまった。
腕からは血が流れている。
「ホーク卿!?」スパロンは慌ててホーク卿に駆け寄った。
「不覚、刃に毒が。」スパロンはおもむろに立ち上がると、パチンとマントを外し始めた。
スルスルと、服を脱ぐ時の擦れる音がホーク卿の心を乱す。続きを読む


~某日の朝~
俺「やばい遅刻だ!今日は朝から塾だった!とにかく急げ!俺の再受験がかかってんだ!くそ、高2で中退しなければ!」
一方
唯「遅刻だ!そうだ。今日は憂、日直だった。高校3年生にもなって遅刻なんて、と言うか憂がいなくてもちゃんと出来なきゃ!もうじき大学生で1人暮らしするのに!」

ごっつん!

俺「痛てて。」(なんか手の先にプニプにした感触が…って目の前にパンツが!しかもタイツ越しで柄が水玉って俺何してんだ!俺は変態か!)
唯「痛てて。」(なんか胸がくすぐったい。気のせいだよね。)「って今確実に!私の胸揉んだよね!そしてパンツ見たよね!」(しかも足開いてた。って事は見られた。)
俺「ひゃあ!ごめんなさい。決して悪気があった訳じゃないけど。とにかくごめんなさい!!」続きを読む

このページのトップヘ