レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:イカセ

前編は以下のとおりある日会社に有給をとっての行動を監視した。
レイプされていることはわかっていたが、もしこの日レイプされなければ仕事中に抱く妄想から少しは解放されるかもしれないと思ったからだ正直女々しいとおもった、情けなかった。
だがそんなことを言っている余裕などなかった。
毎日毎日レイプされているというのは俺の妄想にすぎないことを確認して少しでも楽になりたかった俺は普段どおり7時過ぎに家(マンション)を出て近くの駐車場で時間をつぶした。
正直かなり罪悪感があった、
怖かった。
およそ30分後、が息子を連れて家をでてきたマンションの近くで保育園の送迎バスに息子を乗せ自宅に戻っていった緊張して見守りつつもここまでは何事もない平穏な日常で少しホッとした続きを読む



俺が高坊だったころ、チームの先輩達に誘われて溜まり場の廃ビルの地下1Fにある元事務所らしき部屋に行った。
そこには、付き合いのある別のチーム(女)のメンバーがいた。
なにが始まるのか先輩に聞いたが、面白いことが始まるとだけしか教えてくれなかった。
そのチームのリーダーのA子の前に二人の女が呼び出された。
T美とK子だった。
T美はそのチームの中でかなりかわいくて、狙ってるヤツはいっぱいいたが、特定のヤツと付き合っているという話はなぜかなかった。
T美は特攻にありがちな化粧もしてなくて、チームの中で、ゴマキ的な雰囲気がある娘だった。
A子の前に二人が立たされたあと、A子がチームメンバーに向かって言った。続きを読む

中学に上がってショウとあだ名されてるやつと友人になった。
ショウの家に遊びに行くといつも、廊下をダダダダッと全力で走ってきて、大きな声で 「いらっしゃいませー!」 と、彼のが迎えてくれた。
メイド関連ビジネス顔負けのハイテンション。
常に満面の笑みで(オフの時に怖い顔をしているのも偶然見たが)俺たちから離れなかった。
彼女はもう美少女と呼んではばからないほどのルックスでプロポーションも抜群だった。
その上、たまにノーブラのことがあって、Tシャツごしではあるが張りのある形の良い乳に魅せられて、今になって正直言うと俺には目当てで遊びに行っていた側面もあった。
ある日、確か他の友人から聞いてだと思うが、ショウのちゃんが知恵遅れだと知った。続きを読む


69の体勢になるようにと高司さんが言いました。

いつもが恥ずかしがるので私はと69をしたことがありませんでした。

しかしはためらう様子はほとんどなく高司さんの顔の前に自分のアソコを近づけました。

「ジュル、チュパ、ああっ、ズチュ、ズチュ」

横から見ていての快楽をむさぼり、他人の肉棒を夢中でしゃぶる姿は本当にいつものとは思えませんでした。

奥さんマンコからどんどんいやらしい汁が垂れてくるじゃないですか?チンポぶち込んで欲しくてしょうがないでしょう?」

「ああ、欲しいの、もう入れて、、」

「ふふふ、旦那さんが聞いたら凄く喜びそうなセリフですね、じゃあそろそろ使わせてもらいましょうかね?」
続きを読む



初めての他人棒でがたっぷり中出しされましたwww

私達は32歳同士の夫婦です。私自身にを他人抱かれたい願望があって、 以前からを説得したり、相手を募集したりしていました。 は全くの拒否という姿勢ではありませんでしたが、 怖いとか本当にそんなこと出来るのかなとか不安な感じを持っているようでした。 ただ、興味はあるようで心の奥でドキドキしているのも何となく伝わってきていました。

何とかの了承も得て、相手の人はネットで探しました。 その中で1人、42歳の高司さんという人と知り合いました。 高司さんはこの手の話しのベテランということで、いろんな経験があるとのことでした。 私は実際に一度会って、信頼出来そうな人柄や、 何より肉体やテクニックに自信がありそうな所に惹かれて相手を高司さん続きを読む

このページのトップヘ