レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:クンニ

先週末の武勇伝を書いちゃいます。
事の始まりは高校の同級生と飲んだ日。
集まったのは男が4人に女が2人。
個人個人とは飲んだり連絡取ったりしてたけど、全員が集まるのは1年以上ぶりだった。
全員高1の時のクラスメイト。
互いの恋愛とかも知っている間柄なので、何でも喋りあってると思ってた。

実はこの集まりに来ていた優奈に高1から密かに好意を持っていた俺。
だけど先輩と付き合い出してすぐに手が届かない存在になっていってた。
俺が知る限り高校から今に至るまでに、彼氏は6人と聞いていた。

優奈は周辺の他高にも噂されるぐらい典型的な美形。
シャープな顔立ちで目も大きく、痩せてるのに自称Dカップというスタイル。
頭なんて超ちっちゃくて、大学の時は興味本位で読者モデルもやってた。

続きを読む

相手はなんですが、日頃のSEXについて語っていきます。
スペック
おれ 33歳
 26歳
  M
  レイプ願望あり
  165cm 56kg

夜子供を寝かしつけたあと、割と普通に始まります。
おれ「ねえねえ、今日どう?」
「えぇ…眠いんだけどなぁ…」
おれ「まあまあ、いいじゃん明日休みだし♪」
(仕方ないといった表情でベッドへ移動)

キスから始まる至ってノーマルなSEXですが、


続きを読む

彼女泥酔状態でした。終電にほど近いに女性が一人でフラフラ歩いていました。年の頃は22~25歳と言ったところ。そそる体とは言えないが、普通体型。
 スーツ姿ではあるが、なんだかあどけない感じが抜けない雰囲気を持った子だった。
 僕は31歳の男。と子供が眠っているので、ちょっとコンビニに買い出しに行くつもりで外へ出ていた。そこで、駅の方からフラフラと歩いてくる彼女を発見したのだ。

 一旦、彼女とすれ違ったのだが、なんとなく下心が芽生え、彼女に話しかけた。
「大丈夫ですか?」
 すると、彼女は眠そうな顔を僕に向け、「だいじょ~ぶ、ですぅ。」と、愛嬌のある笑顔で答えた。
 思わず僕も笑顔になったが、その途端、ふらついた彼女

続きを読む

俺 34歳 175cm スポーツはそこそこ現役でちょっとアニオタ

同僚女 29歳 一応部下 155cm 細めでメガネ 綺麗系だけど腐

仕事 いくつか本を出している出版関係というとこまでで。

基本、チームで本を作っているのだけど、俺のパートって特殊で、他のメンバーが手を出せない。
で、すごく多忙だったんだけど、そんな俺を見かねた上司がアシスタントに付けてくれたのが同僚女。ちょうど今から4年前かな。











彼女のスペックは書いたとおり。

細面でちょっとつり目なんだけど、くっきりした二重。

顔立ちは綺麗系。いかにも文系女子って感じで好感だった。

特に、肩より少し長い髪は、一度も染めたことがないとかで、つやつや黒くて柔らかい。

続きを読む

うちのクラスのYは、たぶん、世界最強の女。
クラスの男子、18人中16人がやられてる。
まじ最強。高校生でSEXするの平気な女は、まじ、最強。
そして、やりたい盛りの男はまじ、へたれ・・・・・・orz











最初はこんな感じだった。

「あのさ、私、男の子のオナニー見たいんだよね」
昼食時のことだった。
俺たち高校一年生にとって、女の子のこんな台詞はそれだけでチンコを勃起させる力があった。
「見たいなー・・・」Yは繰り返した。

でも、誰も見せようとはしなかった。

続きを読む

このページのトップヘ