レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:ザーメン

あれから男をマンションの自宅に迎え入れたのは、今日で5回目になります。
男の言うように、私は男の訪問を拒むことができず、ズルズルと淫らな関係を続けてしまいました。
そして、回を重ねるごとに、この憎き男によって、女としての悦びをさらに深く、教え込まれているのです。
「さあ、お前も脱げ。今日は一緒に入るぞ。」お風呂に一緒に入ることを命じられたのは、この日が始めてでした。
「いえ、私は朝、シャワーを浴びましたから・・・」私は苦しい言い訳をして、何とか男と一緒に入ることを避けようとしました。
なぜなら、この男がただ一緒にお風呂に入るだけで済ませるわけがないからです。
それこそ、せまい浴室の中で、いつものように執拗な愛撫にあったら・・・その声はご近所にも響きわたってしまうでしょう。続きを読む



夕暮れ時 とあるドラッグストアの前に立つ一人の少女。
細く締まった体、すらりと伸びた健康的な脚、ぷっくりとした上向きのお尻、微妙に膨らむ胸、肩口までの漆黒のストレートヘアー。
体に対して大き目のスニーカー、白地にパステルピンクのボーダー柄のハイソックス、股の付け根ぎりぎりのジーンズ調のホットパンツ、ジュニアブランドのパステル調のTシャツ。
そんな風貌のどこから見ても子供、小学校の5,6年生と思しき少女。
その少女が何の迷いもなくドラッグストア前に設置してある『スキンの自動販売機』を利用しようとしていたら……皆さんならどうされます?注意しますか?少女に直接、『子供の買うものじゃないよ』と注意しますか?それとも、見て見ぬ振りをしますか? 今の世の中 学生服でタバコを堂々と買っている中高生に注意できる大人は少ないですよね。-----続きを読む



174名前:飛び入り◆Vi5dkZqWDY投稿日:03/04/0622:11ID:PoEl8Wby「よーし、次の撮影を始める!」カメラマンのフジシロの一言でスタジオ全体に緊張が走る。
露光の測定、照明の位置の確認等を終え、スタッフはスタジオからぞろぞろと退出してゆく。
入れ替わるようにバスローブを纏った上原多香子が控え室からカメラの前に出てきた。
これから行われるのは彼女のセミヌード撮影。
そのために、スタッフを全員外に出し、カメラマンのフジシロと多香子の2人だけで、ギリギリまで際どいショットを収めるのである。
175名前:飛び入り◆Vi5dkZqWDY投稿日:03/04/0622:11ID:PoEl8Wby「多香子ちゃん、早速用意して」フジシロの言葉で多香子は、やや顔を赤らめるそぶりを見せつつ、バスローブを脱いだ。-----続きを読む

忘れもしない大学1年の冬休みのことです。
俺は親友の健太郎と正志と俺の彼女の美穂の4人でスキーに行きました。
俺たち4人は高校からの仲良しでした。
美穂は身長は152cmで小柄だけどショートカットの似合うかわいい子で、俺たちのアイドル的存在でした。
高2のとき、俺は意を決して美穂に告白すると、そのまま付き合うことになり、ずっと喧嘩もなくうまくやってきました。
みんな美穂のことを狙っていたので、最初は羨ましがってたけど邪魔をすることもなく俺と美穂を応援してくれてずっと仲良しでした。
スキーには、最初は日帰りの予定だったけど,そこは宿泊用にコテージが点々としていて綺麗なコテージだったので、勢いで泊まることにしました。-----続きを読む

数年前のこの時期に生まれて初めてレイプというものをやってしまった。
あれは私がまだ社会人になりたての頃の暑い夏の日だった。
私の仕事はビルの警備でそれなりに大手の警備会社に就職しそれなりの生活をしていた。
その日は夜勤明けで朝9時まで働いており、疲れきった私は電車に1時間ほど揺られながら地元の駅まで帰った。
この日は明日が休みということもあり相当リラックスしていた。
私は駅前のラーメン屋で朝食兼昼食を取りながらビールを数本飲んでしまった。
「帰りはバイクだがまぁいいか」そう思いつつ昼前までゆっくりと飲んでいた。
今思えばこれがいけなかったのかもしれない。
酔った頭でバイクにまたがり、鼻歌交じりに大通りを帰っていくと、対抗車線のバスから3人の○○生の少女が降りてきた。-----続きを読む

このページのトップヘ