レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:シチュエーション

つい先日、長年友達のような付き合いを続けてた女の子にいたずらしてしまいました。

相手が撲のことをどう想ってたのかはわかりませんが、先日遊びに出かけた帰りにそのまま撲の家に来たのね。
で、二人で飲んでるうちに彼女が寝てしまったのです・・・
その時は変な考えはなかったのですが、いったん起こしてベッドに寝かせ、クーラーが効いた部屋だったので布団をかけてやったのです。

それから30分程たったころ(撲はまだ一人で飲んでました)に彼女をみたら布団をはねのけていました。
彼女の格好はチビTにダボダボのズボン。おなか丸出しにして眠ってるではないですか!?
友達付き合いをしてるとはいえ撲は彼女が大好きなのです! 

そんな彼女がおなか丸出しで無防備な格好のまま撲の目前にいる!!しかもチビTは推定Cカップをクッキリと浮かびあがらせているではありませんか!!続きを読む

「いいの?おばさん、裸で下に服、取りにいかなきゃいけないんだよ?しかも、何とか無事に服をとりにいけても、精液べったりなんだよ?」
「やめなさい!」

ヒロキの母親が血相変えて立ち上がる。
そしてこっちに来るから、俺はさっと窓のほうへほうり投げる手つきをした。
ヒロキの母親は、悔しげに唇噛んで、硬直した。

「おやぁ、おばさん、幼稚園バスが帰ってくるのかな。近所のおばさんたちがあつまってるよ?」
と、窓の外を見て、俺は言った。
おばさん、ちっとも言う事きかないし、服、なげちゃおうかなぁ。おばさん裸で、あの人たちのそばまで服を取りにいけるのかな?」
「・・・・・・わかったわよ!」
涙が、あふれだす。あーあ、また泣かしちまった。続きを読む

昨年の正月明けの話。同じ課に飯島直子に少し似ている可愛い子がいる。自慢ではないが、漏れは会社
では結構もて、その日は飲み会の後、家の方向が同じなので一緒に帰った。
電車の中で、
「私○○さんと一緒に帰るのすきなんですう。」なんて、彼女は酔っ払って
言ってくれた。普段の言行からあながち冗談ではないと思ったが、
「俺も同じだよ。2人だけで邪魔者もいないしなwww」
なんて、応じていたら電車が揺れ、彼女は俺に寄りかかってきた。コート
越しに柔らかい胸の感触がした。

「おい、大丈夫か?けっこう飲んでたもんな・・・」
「○○さんによっかかれるから大丈夫で?す」
なんて、言ってますます体を密着させてきた。
「あ?あ、ずっと駅に着かなければいいのに」
俺「そうだな、○子ちゃんとこうやってピッタリくっついていられるしなww。」
「○○さんのエッチ!」


続きを読む

全部です。投稿者:恭子◆vA7figsdCM投稿日:12月9日(日)13時52分15秒



こんにちは。恭子です。



11月の末、仕事帰りに同僚と飲みに行きました。



私も含めて女性ばかりの4人組です。



この4人組は同期入社で、私が特に仲良くしているメンバーです。



ときどき仕事帰りに飲みに行ったり、食事に行ったりするのが恒例になっています。



この日の私たちは、まだ行ったことのない初めての店を開拓することにしていました。



「たまには、ボロっちい安い店に行ってみようよ」ということで4人で盛り上がっていました。


続きを読む

もう十?年前になるが、俺にもスレタイのような経験がある。
最初は俺が中2、が小6の冬。
俺が学校から帰るとが居間の炬燵で寝ていた。
当時住んでた家が古い作りの家で、炬燵は掘り炬燵。
通常の炬燵と違い、足が降ろせて、そして1辺に2人ずつ座れるくらい広い。
古いだけでなくボロい家で、何しろ冬が寒い。
俺ももそれぞれ自分の部屋があったけど、居間にしかテレビがなかったし、
冬の間はほとんど炬燵が居場所。(親父の方針で子供部屋にはテレビを置かない)
は勉強も炬燵でしていた。
は仰向けで爆睡。
宿題かなんかやっていたらしく、教科書とノートが広げてあり、
そのまま後にひっくり返った格好。(掘り炬燵は横向きには寝づらい)
そのままだと風邪ひくから起こそうとしたが、全く起きない。
ちなみに、その時まではを女とは思っていなかったので、純粋に心配して起こした。
しょうがねえな、と思いつつ背中に手を入れて無理やり起こそうとしたら、炬燵の中に何か落ちる音がした。


続きを読む

このページのトップヘ