レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:スクール水着



身長は140cmくらいで、髪の毛は長めで前髪はパッツンでした。
帰省先なのか、爺さんと小学1年生程度の弟の一緒に来ていました。
知り合いがいないためか、女の子の着替えはゆるく割れ目や胸を何度も撮ることが出来、今日はついていると思っていました。。
また、スクール水着の名札から小学5年生で名前が「さやか」であることがわかりました。
流石に、人の目があるので「痴漢はできないかなぁ」と思っていると、さやかが1人でトイレに向かいました。
その公園は、横に広く南と北にトイレがあります。
ただ、大通りに近い駐車場が南にあるため北のトイレを利用する人は少なく、周辺に木があるため周囲の目も届きにくくなっています。続きを読む



339名前:えっちな21禁さん投稿日:03/07/2520:01ID:Un2oPgPDわたしは35歳の普通のサラリーマンです結婚をし、娘を一人作りましたが、その後離婚をしましたは子供が邪魔だといい一人娘を私に押しつけました今は娘と2人で暮らしています。
娘は12歳の小学6年生になりました今年の夏休みに娘と海の方へ泊まりがけで出かけましたそこは昔私が住んでたとこで、地理感もあり、砂浜も有名ではなく地元の人たちが来る程度のところでした。
最終日天気が良かったので、娘がひと泳ぎして帰りたいと言い出しました慌てて帰る必要もなかったので娘の要望通りひと泳ぎして車が止めてある駐車スペースへ行きました340名前:えっちな21禁さん投稿日:03/07/2520:02ID:Sylu7C+6車につきドアを開けようとしたとき、となりのワゴン車のドアが開き、男が4人ぞろぞろと出てきましたチラッとそっちを見ると1人は20歳くらい、3人は中・高生くらいでしたしかし突然娘が叫びました。続きを読む

私はもう限界でした。
しかし不思議なくらい冷静で、なんか、もうひろみが別人のような感じがして、その場にそれ以上いても無意味である、自分には関係ない、と何故か思っていました。
私は普通に玄関を開け、バタンと閉めて階段を下りていきました。
約一時間強、あの場に居ました。
最初こそ物音をたてないように気をつけていましたが、途中からは目眩を感じたりしゃがみ込むなど、思えば壁に無造作に手をついたりしていたはずです。
つまり、そんな音、私の存在すら気に掛からないくらい二人は?夢中だったという事でしょう…?私の身体は脱力しているのですが、意識だけははっきりとしています。
ささやかな復讐、せめてひろみと仁の二人の瞳に最大級の恐怖だけでも焼付けたい、そう思いました。続きを読む



名前 = 弥生年齢 = 18住んでる所 = 神奈川 職業 = 高校生アクセス = 自宅種類 = 私の体験告白 はじめまして、弥生といいます。
十八歳の高校三年です。
昨日たまたまレディス系のホームページでここのことが話題に上っていて、「露出」という単語を目にし、どうしても書きたくなって送ってしまいました。
私は普段自分をぼくといっているので、ここでもそう書かせていただきます。
 ぼくはたまに、三ヶ月に一回くらいでしょうか、どうしようもなく裸を人に見せたくなります。
確か中学校に入った頃からそんな感じでした。
部活はテニス部に入っていて(そこで「ぼく」と言うようになりました)、いつも練習が終わるのは陽が落ちてからでした。続きを読む



がパート先でお客さんのマコさんと仲良くなり、マコさんの旦那のケイスケさんと、僕との4人で遊ぶ事が多くなりました。
ただ食事をしてお話しをする程度だったのが、徐々に下ネタも混じり、色々あって、パートナー交換というとんでもないところまで行ってしまいました。
先日は、マコさんに呼び出されて、マコさんの家でのユキがケイスケさんとセックスしている録音を聞きながら、マコさんとセックスをしてしまいました。
そして、録音の中では、ユキがケイスケさんに中出しをされていました、、自分のが、他の男に”中に出して”と叫んでいるのを聞きながら、異常なまでに興奮してしまった僕は、後戻り出来ないほど寝取られ性癖が育っている事を自覚しました、、、だけど、それはケイスケさんも同じようで、僕とマコさんがしているのを、クローゼットからのぞいていました、、、そんな事があったのに、僕とユキの夫婦仲は悪くなるどころか、最高レベルと言っていいくらいまで良くなっていました。続きを読む

このページのトップヘ