レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:スレンダー

俺が大学2年の時、付き合っていた4年生の先輩の後釜で塾講師のバイトをしていた。先輩が卒業した後、大学3年と4年の2年間、俺は3人同時に付き合うことになった。今から8年前の話だ。



1人は塾の経営者で41歳の百合さん、もう1人は塾の教え子だった15歳の有美、そして同じ塾の教え子で有美の幼馴染のタケル君の3人だった。そう、タケル君は男が好きな15歳だった。



百合さんのご主人は単身赴任なので、週末以外は俺の体が性欲の捌け口になっていた。百合さんには、オンナが悦ぶセックスを教わった。



俺は百合さんに言われたとおりに腰を動かす。百合さんは、ギャンギャン喘いで逝きまくった。



165cmと女性にしては長身で、スレンダーな肢体が艶かしい百合さんは、普段は知的で清廉な淑女だが、俺とセックスするときはまるで別人だった。



俺は有美に、タケル君と付き合って欲しいと言われて絶句した。

そこで、俺は交換条件として有美の青い性を要求した。



俺は有美に中学時代制服を着せて猥褻なデジタル画像を撮影した。まだ男を知らない性器もドアップで撮影してから、処女喪失動画を撮影した。今でも俺の宝物だ。




続きを読む

少し前に投稿された「工学部の女の子」に刺激されて綴った。



オレ、某地方大学の工学部出身。

5年程前、大学3年の時の話。

クラス(電子工学科)にたった一人、サトミって女の子がいた。

顔は十人並み+αぐらいだが、小柄スレンダー

キャラ的にもかわいく、紅一点ということもあって、アイドル的存在だった。

一方オレは、普段からあまり目立たない存在で、当然、モテ系でもない。

サトミは、そんなオレにも親しげに話しかけてくれる、とてもいい子だった。



ある日、クラスのみんなで遊びにいこうってことになった。

最終的に、メンバーは10人ぐらい集まったと思う。

車3台に、バイクが1台。

バイクはオレ。

YAMAHAのSR400って、少しマニアックなやつ。


続きを読む

16:名無しさん@入浴中:

今日、初めての二輪車

体験してきます。



18:名無しさん@入浴中:

16さんのレポお待ちしてます



21:名無しさん@入浴後:

16さん、初の二輪はどうだった?



22:16:

遅くなりました。

のんびりレポします。



ソプ自体は何度か経験あるものの、二輪車は経験なかった。


続きを読む

1911日目の17sageNew!04/03/2914:53ID:5ZMHmaE9
では、始めさせて頂きます。駄文ですがよろしくお願いします。
あれは去年の花見での出来事です。
♂3人(俺、A、B)で純粋にナンパ目的で某花見会場に向かいまいした。
俺達は高校からの付き合いで、その時は3人とも大学生3年でした。
途中、酒屋でビールや日本酒、つまみを買いそろえ下準備はOK!
で、会場につくが無論、場所取りなどは一切無し!
缶ビールを飲みながら会場をぐる?と一周。♀だけのグループを検索、捜索。
すると会場の隅の方に♀4人組発見!
2211日目の17sageNew!04/03/2914:55ID:5ZMHmaE9
(逝きま?す!)と、Bが缶ビール片手に「ハイハイ!乾杯?!」
と、挨拶も無しで女の子達の輪に入っていく。援護射撃として
俺とAが「差し入れっす!」と、ビールとつまみをばらまく。いつも通りの手順です。
突然の襲撃に女の子達はビックリしているが。既に酔っぱらっている様で
「あははっ乾杯?!」と拒否される事なくすんなり輪に入る事に性行。


続きを読む

ちょっと昔の話。

その当時付き合っていた彼女は結構可愛く、大人しく真面目な子でした。

色白、童顔小柄スレンダーなのにDカップあるおっぱいは美巨乳で、昔から男受け、特にオヤジ受けが良かったようだ。

そんな彼女と付き合ってた俺は結構心配で、彼女から周りの男の話を聞くようにしていた。

その話の1つに、当時彼女が勤めていた会社の社長の話があった。

彼女が入社したての頃、

「社長が結構格好良いの」

と話した事があった。

あまり他の男を褒めない彼女だったので何となく気になり、それからというもの事あるごとに会社の話を聞くようにした。

その社長は独身で、お金もあるしかなりの遊び人だという話だった。

しばらくして、彼女が少し暗かったので何かあったのか聞くと、その社長にセクハラをされている、との事。

俺は憤慨するのと同時に軽い興奮を覚えてしまい、詳細を聞いた。

最初のうちは、会社で2人きりになると食事に誘ってくるだけだったようだが、そのうち体に触れてくるようになり、おっぱいを触ってくる事も日常茶飯事になったという。

でも立場上我慢するしかない…という事で、彼女が我慢できるなら…と俺も納得せざるを得なかった。

内心は、社長がカッコいいから我慢できるんじゃないか?と疑心暗鬼に駆られていたが。


続きを読む

このページのトップヘ