レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:デート

電車の中で義父の指が私の股間に…

私は25才で、結婚2年目の主婦です。
 義父は現在、定年を二年後に控え一人暮らしをされています。その義父から連絡があり、出張の帰りに一泊されることになりました。そしてその日、義父に買い物に誘われました。
「玲子さん、ちょっと買い物があるんだけど、付き合ってくれないかなあ。一人じゃ不案内で一緒だと心強いから」「いいですよ。着替えてきますね」 私は寝室に行き、軽くメイクをしてスーツに着替えました。




ウエストが細く絞ってあり、スカートはミニで、膝上十センチ近くあります。
義父さん、お待たせしました」
 私はデートを楽しむかのように微笑みました。続きを読む

もっと見て!

今夜は主人の帰りが遅くなると聞いていたので、さっきまで家から少し離れたショッピングモールに行ってきました。

パートから帰りシャワーを浴び…黒いショーツを履き…ノーブラで黄色のキャミを着て…白いタイトミニを履き…裸足にサンダルという格好で出かけました。

近所の人に見られないようすばやく車に乗りショッピングモールに向かいました。

駐車場に着き車から降りた瞬間から、
”ああ…私…これから知らない男性達に視姦されるんだ…”
と勝手に思い込みドキドキし始めました。

ノーブラで体のラインが分かる格好で私は店内に入っていきます。

平日のせいか空いていました。歩いていても男性客をほとんど見ませんでした。続きを読む

彼女のイク姿が見たくて…

彼女の名前は美香、27歳。 付き合って4年、4歳年下彼女は僕にとっては可愛い恋人である。 
中肉中背の彼女美人かどうか微妙なところではあるが決してブスではなく、少し細身がかった身体にDカップの乳房はとても綺麗で僕を虜にしている。
なので、セックスは毎日とまではいかないが美香と会うたびにやっている。
 だけど二人のセックスにひとつ不満というか物足りないものがある。
それは何かというと、美香はクンニではイクのに、挿入してからはイクことがないということ。
 それなりに感じてはいるようなんだけど、挿入彼女がオルガスムズに達することはなく、最後は僕だけが果てて終わるといったパターンが続いている。続きを読む

男を撃退したら…

私はサラリーマンで、毎日電車通勤です。
そして朝のラッシュ時に同じ車両でよく見かけるOL風の女性がいました。
磯山さやかに似た感じの美人で、胸の大きい巨乳OLです。
ほぼ毎日会うので気になっていました。
ある日、その女性が私に
「すみません、痴漢です助けて下さい」
と言うので、女性の方を振り向くと、その女性が痴漢されているではありませんか。
私はその女性に痴漢をしている男の腕を掴み、
「何やってんだ」
と満員電車の中で騒いでしまいました。
その時ちょうど電車が駅に着いたものだから、痴漢男は私の手を振り切って逃げて行きました。
追い掛けようと思ったのですが、私も会社があるものですから、深追いは出来ませんでした。続きを読む

痴漢されて濡れる私の

2年前、私はある条件を飲んでと結婚した。
ちょっとMっ気のある私は、のSっぷりに惚れたんです。
キリッとした顔立ち(まぁ美人)に、ハッキリした性格と男負けしないは、仕事も真面目にきっちりこなすタイプでした。そんなと出会って、直ぐに一目惚れ。私から告白し数か月待ってのお付き合いとなったんです。
同棲はぜず休日に待ち合わせてデートを繰り返す中、私はに結婚を申し込んだんです。
は突然怖い表情で”直ぐには答えられないわ”と返事を後回しにされました。
数日が過ぎ、からの呼び出しメール。
夜の暗い公園で、が1人待っていました。
「この間の返事だけど・・・ちょっと先に行っておきたい事があるの!」
続きを読む

このページのトップヘ